また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4130888 全員に公開 雪山ハイキング 槍・穂高・乗鞍

十石山は北アルプスの大パノラマ広がる穂高の展望台だった

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年04月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
十石山登山口手前の路駐スペースに駐車 外気温−6℃早朝白骨温泉手前で道路に出た水が10辰曚票侈盟缶姪犒襯謄テカでよく滑った 他は道路に雪はなし
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:01
距離
10.1 km
登り
1,101 m
下り
1,085 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
1時間16分
合計
5時間59分
S十石山登山口06:0206:10スーパー林道方面道標06:1107:02湯沢ノ平07:0208:11十石東尾根08:1609:15十石山10:1910:24十石峠避難小屋10:3210:56十石東尾根10:5611:27湯沢ノ平11:2711:51スーパー林道方面道標11:5111:57十石山登山口11:5812:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
先行者のトレースあり 締まった雪で歩き易い アイゼン使用 帰りまで踏抜くことはなかった ワカンとピッケルの出番なし
その他周辺情報白骨温泉 公共露天風呂4月の中旬まで冬季休業 泡の湯旅館13:30まで かつらの湯丸永旅館14:00まででした
過去天気図(気象庁) 2022年04月の天気図 [pdf]

写真

十石山登山道入口よりスタート 先行車2台の為100端蠢阿力肩駐車スペースに駐車 外気温−6℃
2022年04月02日 06:01撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十石山登山道入口よりスタート 先行車2台の為100端蠢阿力肩駐車スペースに駐車 外気温−6℃
2
下山後の温泉は迷わず白骨温泉に決まり
2022年04月02日 06:09撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後の温泉は迷わず白骨温泉に決まり
2
最初の急登に入る 雪は締まっていて歩き易い 先行者のトレースもバッチリ 夏道とはだいぶ違うようだ 予定ルートから外れた警告案内がでた 踏抜きはないのでアイゼン装着 陽射しと無風で暑いのでジャケットを脱いで登る
2022年04月02日 06:24撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の急登に入る 雪は締まっていて歩き易い 先行者のトレースもバッチリ 夏道とはだいぶ違うようだ 予定ルートから外れた警告案内がでた 踏抜きはないのでアイゼン装着 陽射しと無風で暑いのでジャケットを脱いで登る
2
右手の山をちょっとアップで どこの山かなぁ?凛々しい山並が見える 
2022年04月02日 08:15撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の山をちょっとアップで どこの山かなぁ?凛々しい山並が見える 
2
左手に中央アルプス 八ヶ岳も見渡せた
2022年04月02日 08:35撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に中央アルプス 八ヶ岳も見渡せた
2
右手の凛々しい山並は穂高岳だった
2022年04月02日 08:36撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の凛々しい山並は穂高岳だった
2
ビクトリーロードを登る 右に進むと避難小屋 左が山頂 前を行く方 つま先立ちでガンガン蹴り込みガシガシ登っていく 真似をしたがすぐに脚が攣りそうになり断念 ああいう人を健脚と言うのだろうと感心 写真撮ろうとスマホ用意している間にどんどん離れていった
2022年04月02日 08:57撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビクトリーロードを登る 右に進むと避難小屋 左が山頂 前を行く方 つま先立ちでガンガン蹴り込みガシガシ登っていく 真似をしたがすぐに脚が攣りそうになり断念 ああいう人を健脚と言うのだろうと感心 写真撮ろうとスマホ用意している間にどんどん離れていった
3
左側の乗鞍高原は近い
2022年04月02日 09:16撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の乗鞍高原は近い
3
で 十石山山頂到着 山頂はなだらかで山頂標識は無い  山頂目印の棒が一本立っている
2022年04月02日 09:16撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で 十石山山頂到着 山頂はなだらかで山頂標識は無い  山頂目印の棒が一本立っている
3
笠ヶ岳から穂高岳の大パノラマが広がる
2022年04月02日 09:17撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳から穂高岳の大パノラマが広がる
3
抜戸岳から笠ヶ岳への稜線 一昨年歩いたのが懐かしい
2022年04月02日 09:18撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜戸岳から笠ヶ岳への稜線 一昨年歩いたのが懐かしい
3
西穂 奥穂高岳 吊尾根を経て前穂高岳 の絶景 雲ひとつないどピーカンそして空の紙コップを置いても動かないほどの無風
2022年04月02日 09:18撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂 奥穂高岳 吊尾根を経て前穂高岳 の絶景 雲ひとつないどピーカンそして空の紙コップを置いても動かないほどの無風
3
で 1枚撮っていただく 西穂の左側に槍の穂先が見える
2022年04月02日 09:28撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で 1枚撮っていただく 西穂の左側に槍の穂先が見える
6
次は乗鞍高原方面へ
2022年04月02日 09:28撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は乗鞍高原方面へ
3
アップにしないでも乗鞍高原はすぐそこ 時間が許せば歩いて行けそう
2022年04月02日 10:09撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップにしないでも乗鞍高原はすぐそこ 時間が許せば歩いて行けそう
3
乗鞍高原の右側に未踏の地 白山 
2022年04月02日 10:09撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍高原の右側に未踏の地 白山 
2
入れ代わりで乗鞍高原方面へ進む方とスライド 被写体があると一段と映える
2022年04月02日 10:12撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入れ代わりで乗鞍高原方面へ進む方とスライド 被写体があると一段と映える
3
再び山頂に戻って お二方の写真を撮ったら撮りますかと言われたのでお願いしました
2022年04月02日 10:17撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び山頂に戻って お二方の写真を撮ったら撮りますかと言われたのでお願いしました
3
十石山避難小屋へ 奥に穂高岳
2022年04月02日 10:21撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十石山避難小屋へ 奥に穂高岳
2
避難小屋は半分埋もれている 脚立で2階から出入りできるようだ アイゼンなので入らなかった
2022年04月02日 10:22撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋は半分埋もれている 脚立で2階から出入りできるようだ アイゼンなので入らなかった
3
小屋に置いてある移動山頂標識をお借りして穂高を望むところを撮っていただく 
2022年04月02日 10:27撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に置いてある移動山頂標識をお借りして穂高を望むところを撮っていただく 
5
小屋の山頂標識と穂高岳 2525叩‘四で焼岳を見おろしていたわけだ 
2022年04月02日 10:31撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の山頂標識と穂高岳 2525叩‘四で焼岳を見おろしていたわけだ 
3
八ヶ岳や中央アルプスをみながら下山開始 富士山も見えていました 尻ぞり持ってこなくて正解 尻ぞりで滑ったら何処に行ってしまうのか不明 そしてスピードが出過ぎて止まりそうにない 地道に歩いて下山
2022年04月02日 10:35撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳や中央アルプスをみながら下山開始 富士山も見えていました 尻ぞり持ってこなくて正解 尻ぞりで滑ったら何処に行ってしまうのか不明 そしてスピードが出過ぎて止まりそうにない 地道に歩いて下山
3
山頂では どピーカンだったけど雲がでるのか?
2022年04月02日 10:47撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂では どピーカンだったけど雲がでるのか?
3
12:00ジャスト路肩駐車スペース着 踏抜き地獄にはまる前に下山完了できた 時間はたっぷりあるので白骨温泉で濁り湯を堪能予定
2022年04月02日 12:00撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:00ジャスト路肩駐車スペース着 踏抜き地獄にはまる前に下山完了できた 時間はたっぷりあるので白骨温泉で濁り湯を堪能予定
3
ここから歯車が狂いだす 温泉地に行けば温泉に入れると思っていたが下調べ不足だった 
公共露天風呂は4月の中旬まで冬季休業中 橋から覗き込むと湯船は雪に覆われている
まだまだ時間はたっぷりあるので観光案内所にいくが不在でパンフレットとにらめっこ 
直ぐ左隣の球道に行ったが風呂場のメンテナンス中でクローズ
仕方なく白骨斎藤売店にてお土産買いながら情報収集 
泡の湯旅館が14:00まで入浴可能との事 急いで向う
泡の湯旅館につくと13:30までの看板 30分しかないので諦めた
ダメもとでかつらの湯で訪ねたら14:00までオッケー ギリギリ滑り込みセーフって感じ
2022年04月02日 12:31撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから歯車が狂いだす 温泉地に行けば温泉に入れると思っていたが下調べ不足だった 
公共露天風呂は4月の中旬まで冬季休業中 橋から覗き込むと湯船は雪に覆われている
まだまだ時間はたっぷりあるので観光案内所にいくが不在でパンフレットとにらめっこ 
直ぐ左隣の球道に行ったが風呂場のメンテナンス中でクローズ
仕方なく白骨斎藤売店にてお土産買いながら情報収集 
泡の湯旅館が14:00まで入浴可能との事 急いで向う
泡の湯旅館につくと13:30までの看板 30分しかないので諦めた
ダメもとでかつらの湯で訪ねたら14:00までオッケー ギリギリ滑り込みセーフって感じ
2
1時間弱だが 白濁の白骨温泉に入る事ができて満足 これから長い帰路が待受けている 頑張るのは休憩中の右脚
2022年04月02日 13:45撮影 by SOG04, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間弱だが 白濁の白骨温泉に入る事ができて満足 これから長い帰路が待受けている 頑張るのは休憩中の右脚
3

感想/記録
by renten

十石山 聞き慣れない山の名前だった わが街行田には百万石という銘菓がある 十石なんてたいした事はないのだろうと思っていたが でもそこは乗鞍高原 笠ヶ岳 穂高岳の大パノラマが広がる北アルプスの展望台だ 槍の穂先も見えていました背後には浅間山から八ヶ岳 富士山に中央アルプスが見渡せた 
山頂では どピーカンの無風 1時間強ゆっくりと食事休憩しながら大展望を満喫 早目の下山は踏抜きも無く順調に下山 ワカンもピッケルも出番なし 1ヶ月ぶりの雪山ハイクを堪能 温泉は下調べ不足でした
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:359人

コメント

rentenさん、おはようございます。
この土日は気温が低く凍結高度が1500mくらいだったため、標高を下げて浅草岳BCにしました。先週訪れた隣の金山岩から十石山と避難小屋がよく見えましたよ!十石東尾根も結構な標高差がありますね。その分北ア南部のナイスビューが楽しめて良かったですね!どうもお疲れ様でした。
hareharawaiより
2022/4/4 4:51
hareharawaiさん おはようございます
実は十石山って知りませんでした hareさんのBCレコみて気になっていたお山でした 下山後白骨温泉も楽しめるようなので参考にさせていただきました 山頂にて2名のBCの方とお話ししましたが登りは板着けて 帰りは何処に降りて行くのか分からないところを滑りおりるのですから凄いですよね 体力と技術お見逸れします もし尻ぞり持っていったら何処に行ってしまうのか分からないほどでした とにかく絶景が楽しめ空いている良い山でした コメントありがとうございましたm(_ _)m
2022/4/4 10:11
すいませんが小屋関係者です。看板は持ち出ししてほしくはありません。メンバーが苦心して作り上げたもので、安易に扱ってほしくはありません。真似する人が次から次へとでるので、ここに記載しておきます。
2022/4/9 21:15
Raicho-Hotakaさん 
申し訳ございませんでした 過去レコみて真似をしていました 以後気をつけます 
2022/4/10 11:27
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ