また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4265719 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 霊仙・伊吹・藤原

鈴鹿 (佐目〜高室山〜保月〜鍋尻山〜山女原)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR南彦根駅からあいのりタクシー多賀乗車で登山口の佐目降車800円
下山口の山女原からあいのりタクシー多賀乗車でJR南彦根駅降車800円
経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:52
距離
11.0 km
登り
1,115 m
下り
1,099 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間26分
休憩
44分
合計
5時間10分
S十二相神社07:4308:44高室登山口08:4509:08高室山09:1809:21ザラノ取り付き点09:52ザラノ09:5410:50鍋尻山駐車地10:53フクジュソウ自生地10:5411:10フクジュソウ自生地11:1111:26鍋尻山11:4711:59ダケノ峠12:03岳の畑12:1012:14ダケノ峠12:51妛原12:5212:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
感想に記載しました。
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

十二相神社。ここから入山しました。  
2022年05月07日 07:41撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二相神社。ここから入山しました。  
1
無意味に鞍部に下って損した気分。 ここに直接来る踏み跡が来てました。
2022年05月07日 08:09撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無意味に鞍部に下って損した気分。 ここに直接来る踏み跡が来てました。
植林が一瞬終わり、キラキラになりました。
2022年05月07日 08:27撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林が一瞬終わり、キラキラになりました。
1
出ました!熊?、いや林道にです。
2022年05月07日 08:44撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました!熊?、いや林道にです。
高室山から 琵琶湖方面。
2022年05月07日 09:08撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高室山から 琵琶湖方面。
1
高室山から 鍋尻山&霊仙山
2022年05月07日 09:09撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高室山から 鍋尻山&霊仙山
1
高室山から 横根、烏帽子岳、三国岳、焼尾山、鈴北岳
2022年05月07日 09:10撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高室山から 横根、烏帽子岳、三国岳、焼尾山、鈴北岳
p777辺りです。
2022年05月07日 09:28撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
p777辺りです。
ヌタ場がありました。
2022年05月07日 09:31撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌタ場がありました。
素晴らしい雰囲気の尾根です。
2022年05月07日 09:40撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい雰囲気の尾根です。
1
イワカガミがあっちこっで咲いていました。
2022年05月07日 09:45撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミがあっちこっで咲いていました。
ザラノに到着。
2022年05月07日 09:52撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラノに到着。
アサハギ谷への降下中、手前から地蔵山、鍋尻山、霊仙山が見えました。
2022年05月07日 10:00撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサハギ谷への降下中、手前から地蔵山、鍋尻山、霊仙山が見えました。
アサハギ谷に着地しました。
2022年05月07日 10:15撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサハギ谷に着地しました。
緩やかな流れが好ましいです。
2022年05月07日 10:25撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな流れが好ましいです。
1
山中に、突然有ります。
2022年05月07日 10:30撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中に、突然有ります。
こんな山中に何か祠のようなものがあると思って近づいたら、実は墓地でした。
2022年05月07日 10:42撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな山中に何か祠のようなものがあると思って近づいたら、実は墓地でした。
保月の廃屋。
2022年05月07日 10:47撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保月の廃屋。
1
ニリンソウが一杯咲いていました。
2022年05月07日 10:48撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウが一杯咲いていました。
ラストは鍋尻山です。
2022年05月07日 10:51撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストは鍋尻山です。
かわいい〜
2022年05月07日 11:04撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわいい〜
1
もうすぐ鍋尻山山頂。
2022年05月07日 11:15撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ鍋尻山山頂。
高室山 ザラノ 地蔵山。
2022年05月07日 11:19撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高室山 ザラノ 地蔵山。
頂上南端部から 北部鈴鹿の明峰。
2022年05月07日 11:20撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上南端部から 北部鈴鹿の明峰。
山上の男。
2022年05月07日 11:26撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上の男。
1
霊仙山西南尾根。ずいぶんハゲてきてます。
2022年05月07日 11:49撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山西南尾根。ずいぶんハゲてきてます。
公園みたいと感心していたらルートを外していました。
2022年05月07日 12:02撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園みたいと感心していたらルートを外していました。
1
P696辺り。
2022年05月07日 12:10撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P696辺り。
振り返って鍋尻山。
2022年05月07日 12:11撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って鍋尻山。
道が判然としません。
2022年05月07日 12:20撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が判然としません。
鬱蒼とした植林を抜けました。
2022年05月07日 12:30撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬱蒼とした植林を抜けました。
入谷が山に包まれて見えていました。
2022年05月07日 12:34撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入谷が山に包まれて見えていました。
山女原に下山しました。
2022年05月07日 12:55撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山女原に下山しました。
よつぼし糸切餅に我が家のワル猫の左手がー!
2022年05月07日 15:52撮影 by moto g(10), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よつぼし糸切餅に我が家のワル猫の左手がー!
2

感想/記録
by udone

同じ過ちは繰り返しません。昨日のうちに電話予約をつつがなく済ませ、あいのりタクシー多賀で多賀町佐目へ。下山口の多賀町山女原も同じくあいのりタクシー多賀をお願いしました。今日は佐目から高室山、鍋尻山経て山女原に抜ける山行。佐目からのルート、植林ばかりでつまらないし、採石場の重機の音が始終聞こえてていけませんね。でも、頂上付近だけはガラッと見晴らしが開けて、360度の展望。まるで高畑山みたいでしたね。

頂上で亀山から来た方とお話したとこでは、御池に2日前に登った際、はや、ヤマビルのご登場だったそう。ご参考まで。

高室山から保月まては一般ルートではないので、ご参考程度にしてください。ザラノに向う尾根は、高室山直下の取付きだけは注意が要ります。尾根に乗ると二次林の明るく歩きやすい所が前半で、ザラノが近づくとアセビの細尾根となり歩きにくくなって、ザラノ着。アサハギ谷へは、山頂からこれまた解りにくい降り方向、北西方向を確認するのに磁石が役にたちました。このアサハギ谷への下降、始めは尾根らしき所もそのうちに全面一大斜面となり、粗の荒い石の斜面を滑り降りる感じでしたので、少々危ないですね。アサハギ谷は、左岸にある作業道を伝い歩く感じで楽で、使われていない山小屋が突然ありました。地形図でこの辺を保月に乗り越す破線道が保月側から半分来てましたので、適当に保月方向の低そうな所を探して進みましたら、山中に墓地のような物が見えたので行くと、ほんまもんの墓地です。なんでこんな山の中にあるのかと思ってた私。でも、保月は目と鼻の先だったので、保月の人の墓地だったのでした、とどうでもいい話ですね。

保月から鍋尻山までは一般道なので何も語ることはありません。以前の鍋尻山の印象は、広々とした展望のある所でしたけど、樹が伸びたのかパッとしませんでした。少し手前の好展望地で写真を撮っといて良かったです。

山女原への下山、ここも下り口の方向を定めるのが難しいかったです。丸い山頂ですからね、頼りは時々あるピンクテープ、明確な踏み跡がない斜面を下り、広場に出ました。この先、尾根続きに続くピンクテープに従って進んでいったのですが、何だか様子がないヘン、左に曲がり降りるのがルートのはずなのに気配がありません。地図を見てみると、さっきの広場辺りが左折ポイントのようでしたので、パックバック。なぞのピンクテープはどこへ誘うのでしょうか。

広場に戻りよく左側を見てみると、斜面の下方にもあるピンクテープがあり、この斜面が下山方向のようで、踏み跡無き斜面をこれまたギザを適当に切る降下が続きました。方向的には右斜め下側気味に降りて行く感じで、途中で下から登山者が1組運良く登って来られたので、あー合ってるなーと安心したくらいの怪しさです。その先、下り道は植林の中に突っ込み、相変わらず判然としないので中心を意識して進むうちに、植林から抜けると、一転して、細い尾根筋になり迷うことなくグングン高度を落として山女原に届けてくれました。

予約していた、あいのりタクシー多賀が乗車時刻より半時間程度迎えに来てくれ乗車、「相乗り」なので途中、多賀大社の停留所で他のお客さんを拾うため寄り道。多賀大社停留所の発車時間より半時間以上前に到着してしまったので、時間つぶしに多賀と言えば「糸切餅」ということで、運転手さんとブラブラ買いに行きました。「糸切餅の店って2軒ありますよね。どっちが本家とかあったりしますか?」とお尋ねしましたら、運転手さん曰く「店構えが新しいぽく豪勢なお店と古そうで地味なお店があって、私は地味な方のお店が本家だと思っていて、いつもそちらで買いますよ」と仰られたので、2人して莚寿堂さんにてお買い上げしました。
糸切餅のおみやげを買えてちょっと得した気分ではありました。でも、あいのりタクシー多賀は路線バスの代わりであることを忘れてはいけません。他のお客さんがあれば定刻の時間に時刻表通りにバス停に行くことをお忘れなく。

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:154人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ