また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4302220 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

滝子山〜大蔵高丸 イワカガミ群生地とスリリングな岩場

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月18日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
・行き
JR中央本線
甲府駅 〜 笹子駅:590円

・帰り
甲州市バス 甲州市(塩山・勝沼・大和)縦断線
やまと天目山温泉 〜 甲斐大和駅:300円
JR中央本線
甲斐大和駅 〜 甲府駅:510円

※ バス・電車共に運行本数が少ないので時刻に注意
甲州市民バス
https://www.city.koshu.yamanashi.jp/docs/2021020300053/

土日祝と一部の平日は同じ路線の違うバスも運行してます
栄和交通 大菩薩上日川峠線
http://eiwa-kotsu.jp/root.html

下山路の県営林道焼山沢真木線は工事中の為、車両通行が禁止
(令和4年7月中旬解除予定)
湯の沢峠へ向かう場合、林道日川線からの通行のみ
https://www.pref.yamanashi.jp/rindoujyouhou/kisei.php?id=77
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:35
距離
19.4 km
登り
1,606 m
下り
1,227 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間51分
休憩
42分
合計
7時間33分
S笹子駅08:3108:35笹一酒造08:45吉久保入口バス停08:49稲村神社08:5008:57桜森林公園08:5909:03寂惝苑入口分岐09:0509:19高圧線鉄塔No83笛駒線09:2009:26大鹿林道横断点(南稜)09:2710:03滝子山南稜10:0411:00浜立・寂ショウ尾根分岐11:0211:14滝子山11:2111:22滝子山・三角点峰11:2311:27鎮西ヶ池11:2811:38アモウ沢乗越12:18大谷ヶ丸12:2012:33米背負峠12:3412:47天下石12:4913:23ハマイバ丸13:2813:51大蔵高丸14:0114:26湯ノ沢峠14:2815:16湯ノ沢峠登山口15:1716:02やまと天目山温泉16:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
滝子山まで続く寂悄尾根はVR扱いだが、良く踏まれてて明瞭。
ただし全体的に急登で、終盤の岩場が連続するので要注意。

滝子山〜大蔵高丸は、広々とした登山道が続き気持ち良いトレイルが続く。
この区間は危険箇所は全くありません。

湯ノ沢峠〜湯ノ沢峠登山口は、沢に沿って緩やかな下りが続く。
倒木が多く何度も不安定な岩を伝って渡渉します。
入笠山のテイ沢に似た印象ですが、多種多様の花が咲いててとても魅力的。

湯ノ沢峠登山口から終点のやまと天目山温泉まで、4kmの林道歩きが続く。
途中工事区間があるので、通行する際は重機に注意が必要。
途中のヘアピンカーブはショートカット出来る場所と難しい場所があるので慎重に。
その他周辺情報「やまと天目山温泉」
営業時間
10:00 〜 19:00
定休日:水曜日
入浴料(市外)
1日:830円
3時間:520円
http://www.daibosatsu-kankou.com/facility/yamato_tenmoku_hotspring.php

「道の駅 甲斐大和」
普通車:60台
http://kaiyamato.com

「日川渓谷レジャーセンター」
・バーベキュー
・釣り
・食事処 天目庵
・バンガロー宿泊etc…
https://daibosatsu-kankou.com/leisure/
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 バックパック:THE NORTH FACE Ouranos35ℓ 登山靴:SALOMON X ULTRA 3 GTX ドライレイヤー:finetrack DRYLAYER-BASIC ベースレイヤー:TERNUA Ternua Fly ミッドレイヤー:Haglofs LIZARD II JACKET ボトム:Haglofs LIZARD II PANT インナーソックス:Injinji ライナークルー ソックス:C3fit ランニング アーチサポートショートソックス サングラス:SWANS Airless Wave キャップ:THE NORTH FACE Futurelight Cap カメラ:Canon EOS80D カメラホルダー:PeakDesign Capture V3 レンズ:TAMRON SP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD レンズケース:エツミ セミハードレンズケース L 携帯:Apple iPhone XR

写真

本日は電車を利用して笹子駅へ移動。
滝子山のイワザクラを見に登山開始。
2022年05月18日 08:31撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は電車を利用して笹子駅へ移動。
滝子山のイワザクラを見に登山開始。
14
しばらく20号を歩き桜森林公園へ向かう。
2022年05月18日 08:46撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく20号を歩き桜森林公園へ向かう。
6
おっと、偶然にもエビネランを発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、偶然にもエビネランを発見。
56
ちょっと分かり難い場所でひっそり咲いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと分かり難い場所でひっそり咲いてました。
22
前回三ッ峠山のとうざんの里以来のエビネラン。
貴重な花に出会えてラッキー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回三ッ峠山のとうざんの里以来のエビネラン。
貴重な花に出会えてラッキー。
42
ここから寂惝尾根に入る。
2022年05月18日 09:05撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから寂惝尾根に入る。
8
序盤は緩やかな登山道ですが、中盤から急登が続く。
2022年05月18日 09:10撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は緩やかな登山道ですが、中盤から急登が続く。
5
ヤマツツジがあちこちで咲いてた。
2022年05月18日 09:42撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジがあちこちで咲いてた。
38
ギンリョウソウはこの一つしか見つけられなかった。
2022年05月18日 10:06撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウはこの一つしか見つけられなかった。
28
中盤・終盤になると岩場の連続。
2022年05月18日 10:16撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中盤・終盤になると岩場の連続。
11
鎖場もちらほら。
2022年05月18日 10:27撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場もちらほら。
8
場所によっては高度感ある岩場もあり。
緊張感高めて進む。
2022年05月18日 10:28撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
場所によっては高度感ある岩場もあり。
緊張感高めて進む。
12
お目当のイワカガミを発見。
2022年05月18日 10:37撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当のイワカガミを発見。
36
周囲の人達もイワカガミ目当てで登ってて、撮影会の開始です。
2022年05月18日 10:41撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲の人達もイワカガミ目当てで登ってて、撮影会の開始です。
20
綺麗なピンク色。
2022年05月18日 10:41撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なピンク色。
64
あちらこちらで咲いてて撮り放題。
でも足元は不安定なので、注意しながら撮影する。
2022年05月18日 10:42撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらこちらで咲いてて撮り放題。
でも足元は不安定なので、注意しながら撮影する。
34
ちょっとづつ移動しながら撮影。
2022年05月18日 10:43撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとづつ移動しながら撮影。
22
斜面を覆うイワカガミの大群生。
2022年05月18日 10:45撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を覆うイワカガミの大群生。
22
イワカガミを前後にボケで利用したりと、群生地なので色々と撮影を楽しめた。
2022年05月18日 10:47撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミを前後にボケで利用したりと、群生地なので色々と撮影を楽しめた。
18
イワカガミ群生地、見頃を迎えてるのでオススメですよ。
2022年05月18日 10:48撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ群生地、見頃を迎えてるのでオススメですよ。
29
終盤ですが上部に綺麗なミツバツツジも残ってました。
2022年05月18日 10:49撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終盤ですが上部に綺麗なミツバツツジも残ってました。
19
フモトスミレは1cm程度と小さいが、イワカガミと同じ区間によく咲いてたので見つけやすいかも。
2022年05月18日 10:54撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フモトスミレは1cm程度と小さいが、イワカガミと同じ区間によく咲いてたので見つけやすいかも。
36
う〜ん、ツルキンバイかな?
黄色系は同定が難しい…
2022年05月18日 11:00撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん、ツルキンバイかな?
黄色系は同定が難しい…
27
滝子山山頂に到着。
標高は1,620mと表記されてるが、調べると1,615mや1,610mなどもありどれが正確な標高なのかな?
2022年05月18日 11:17撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝子山山頂に到着。
標高は1,620mと表記されてるが、調べると1,615mや1,610mなどもありどれが正確な標高なのかな?
46
ちょっと雲がかかってるけど、富士山もどーんと見えた。
2022年05月18日 11:17撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと雲がかかってるけど、富士山もどーんと見えた。
28
周囲の山々を一部紹介。
滝子山から南側の山々。
本社ヶ丸(1,631m)
御巣鷹山(1,775m)
三ッ峠山(1,785m)
杓子山(1,598m)
鹿留山(1,632m)
御正体山(1,681m)
2022年05月18日 11:18撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲の山々を一部紹介。
滝子山から南側の山々。
本社ヶ丸(1,631m)
御巣鷹山(1,775m)
三ッ峠山(1,785m)
杓子山(1,598m)
鹿留山(1,632m)
御正体山(1,681m)
32
これから向かう北側の山々。
黒岳(1,987m)
ハマイバ丸(1,752m)
大蔵高丸(1,781m)
大谷ヶ丸(1,644m)
左奥のちょっと離れた甲武信ヶ岳(2,475m)
国師ヶ岳(2,592m)
2022年05月18日 11:21撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう北側の山々。
黒岳(1,987m)
ハマイバ丸(1,752m)
大蔵高丸(1,781m)
大谷ヶ丸(1,644m)
左奥のちょっと離れた甲武信ヶ岳(2,475m)
国師ヶ岳(2,592m)
26
ここからは湯ノ沢峠へ続く縦走路。
次のピーク大谷ヶ丸へ向かう。
2022年05月18日 11:24撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは湯ノ沢峠へ続く縦走路。
次のピーク大谷ヶ丸へ向かう。
6
タチツボスミレ。
2022年05月18日 11:28撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ。
21
晴れた日でしたが、樹々深く適度に日よけになってて快適。
2022年05月18日 11:44撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れた日でしたが、樹々深く適度に日よけになってて快適。
24
これもお目当だったワチガイソウ。
あちこちで咲いてた。
2022年05月18日 11:57撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもお目当だったワチガイソウ。
あちこちで咲いてた。
53
様々なスミレが咲いてたけど、同定が難しい…
2022年05月18日 12:00撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
様々なスミレが咲いてたけど、同定が難しい…
27
大谷ヶ丸(1,644m)山頂。
周囲の展望はほぼ無し。
2022年05月18日 12:20撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸(1,644m)山頂。
周囲の展望はほぼ無し。
12
アケボノスミレかと思うが自信無し…
2022年05月18日 12:28撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケボノスミレかと思うが自信無し…
25
道幅広くて快適な登山道。
心地よい森林浴をしながらゆったりと進む。
2022年05月18日 12:31撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道幅広くて快適な登山道。
心地よい森林浴をしながらゆったりと進む。
12
天下石に到着。
2022年05月18日 12:49撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天下石に到着。
9
ここから先は先ほどの樹々に覆われた登山道とは違い、開けたトレイルが続く。
右奥のピークはハマイバ丸。
2022年05月18日 12:53撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は先ほどの樹々に覆われた登山道とは違い、開けたトレイルが続く。
右奥のピークはハマイバ丸。
18
見晴らしが良い場所から、これまで歩いてきた道のりを振り返って。
2022年05月18日 12:56撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしが良い場所から、これまで歩いてきた道のりを振り返って。
13
フデリンドウ。
2022年05月18日 13:01撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フデリンドウ。
34
シロバナノヘビイチゴ。
2022年05月18日 13:02撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナノヘビイチゴ。
28
ハマイバ丸(1,752m)山頂に到着。
少し疲れたのでおにぎりでチャージ。
2022年05月18日 13:22撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハマイバ丸(1,752m)山頂に到着。
少し疲れたのでおにぎりでチャージ。
15
オオカメノキ。
2022年05月18日 13:29撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカメノキ。
17
良い景観と気持ち良いトレイルが続く。
場所毎に雰囲気もかなり変わるので、全然飽きずに楽しめる。
2022年05月18日 13:33撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い景観と気持ち良いトレイルが続く。
場所毎に雰囲気もかなり変わるので、全然飽きずに楽しめる。
13
途中に植生保護エリアあり。
じっくり探して見たが、このクリンユキフデ位しかなかった。
2022年05月18日 13:38撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に植生保護エリアあり。
じっくり探して見たが、このクリンユキフデ位しかなかった。
18
西側には甲府盆地と白峰三山。
2022年05月18日 13:40撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側には甲府盆地と白峰三山。
17
ラストピークの大蔵高丸(1,781m)に到着。
山頂に居合わせた方としばし談笑。
滝子山からすれ違ったのは、この一人のみ。
2022年05月18日 13:56撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストピークの大蔵高丸(1,781m)に到着。
山頂に居合わせた方としばし談笑。
滝子山からすれ違ったのは、この一人のみ。
29
かなり霞んでいるが、南アルプス山脈も視認できた。
右側から紹介。
甲斐駒ヶ岳(2,967m)
アサヨ峰(2,799m)
小仙丈ヶ岳(2,855m)
観音岳(2,841m)
北岳(3,193m)
間ノ岳(3,190m)
農鳥岳(3,026m)
塩見岳(3,052m)
櫛形山(2,052m)
2022年05月18日 13:57撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり霞んでいるが、南アルプス山脈も視認できた。
右側から紹介。
甲斐駒ヶ岳(2,967m)
アサヨ峰(2,799m)
小仙丈ヶ岳(2,855m)
観音岳(2,841m)
北岳(3,193m)
間ノ岳(3,190m)
農鳥岳(3,026m)
塩見岳(3,052m)
櫛形山(2,052m)
21
こちらの山々もいつか縦走して見たいな。
黒岳(1,987m)
白谷ノ丸(1,920m)
雁ヶ腹摺山(1,874m)
2022年05月18日 13:59撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの山々もいつか縦走して見たいな。
黒岳(1,987m)
白谷ノ丸(1,920m)
雁ヶ腹摺山(1,874m)
14
湯ノ沢峠へ向かう途中、ワチガイソウがわんさか咲いてた。
2022年05月18日 14:12撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠へ向かう途中、ワチガイソウがわんさか咲いてた。
24
湯ノ沢峠から湯ノ沢登山口まで沢沿いを下っていく。
2022年05月18日 14:28撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠から湯ノ沢登山口まで沢沿いを下っていく。
5
少し下った所に水場もありました。
2022年05月18日 14:32撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下った所に水場もありました。
6
沢沿いにはネコノメソウの仲間がたくさん咲いてた。
多分イワボタン。
2022年05月18日 14:34撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いにはネコノメソウの仲間がたくさん咲いてた。
多分イワボタン。
22
これはツルネコノメソウかと思う。
ネコノメソウも種類が多く難しい。
2022年05月18日 14:39撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはツルネコノメソウかと思う。
ネコノメソウも種類が多く難しい。
18
コチャルメルソウ。
ピント合わせがシビア。
2022年05月18日 14:42撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コチャルメルソウ。
ピント合わせがシビア。
35
サンリンソウかな?
2022年05月18日 14:45撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンリンソウかな?
23
ミヤマキケマン。
2022年05月18日 14:48撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキケマン。
19
序盤・中盤と沢のすぐ側を歩いていく。
2022年05月18日 14:51撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤・中盤と沢のすぐ側を歩いていく。
7
三脚とNDフィルターを持ってきて、スローシャッターで撮影したい。
2022年05月18日 14:53撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三脚とNDフィルターを持ってきて、スローシャッターで撮影したい。
7
サンリンソウの群生地もあちこちにあって見応え有り。
2022年05月18日 14:55撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンリンソウの群生地もあちこちにあって見応え有り。
22
入笠山のテイ沢に似た雰囲気です。
2022年05月18日 14:59撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山のテイ沢に似た雰囲気です。
13
渡渉を何度も繰り返します。
2022年05月18日 15:02撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉を何度も繰り返します。
8
結構不安定な場所もあって一筋縄にはいかない場所もあり。
2022年05月18日 15:06撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構不安定な場所もあって一筋縄にはいかない場所もあり。
5
クリンソウもポツポツ咲いてた。
2022年05月18日 15:08撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリンソウもポツポツ咲いてた。
31
クリンソウは必ず真上から撮影したくなる。
2022年05月18日 15:08撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリンソウは必ず真上から撮影したくなる。
27
終盤にはヤマブキ。
2022年05月18日 15:13撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終盤にはヤマブキ。
14
ゆったり観察しながら撮影してたら時間が押してきたので、ムラサキケマンで〆。
2022年05月18日 15:15撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆったり観察しながら撮影してたら時間が押してきたので、ムラサキケマンで〆。
12
湯ノ沢登山口に到着。
ここからやまと天目山温泉まで4kmの林道歩き。
2022年05月18日 15:18撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ沢登山口に到着。
ここからやまと天目山温泉まで4kmの林道歩き。
4
県営林道焼山沢真木線は工事中の為、令和4年7月まで車両通行禁止。
2022年05月18日 15:47撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県営林道焼山沢真木線は工事中の為、令和4年7月まで車両通行禁止。
6
初めて見かけた藤の花。
あしかがフラワーパークの大藤、いつか見に行きたいな。
2022年05月18日 16:04撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて見かけた藤の花。
あしかがフラワーパークの大藤、いつか見に行きたいな。
28
やまと天目山温泉に到着。
本日は定休日なので、温泉は次回のお楽しみに。
2022年05月18日 16:05撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やまと天目山温泉に到着。
本日は定休日なので、温泉は次回のお楽しみに。
4
甲州市民バスに乗って甲斐大和駅へ移動し、電車に乗って終了。
このバス一日6便しか運行してないから要注意。
2022年05月18日 16:27撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲州市民バスに乗って甲斐大和駅へ移動し、電車に乗って終了。
このバス一日6便しか運行してないから要注意。
25
撮影機材:

感想/記録

数年前に何度かプランを立ててきたがタイミングが合わず未踏の山。
イワカガミが見頃を迎えて天気も良かったのでチャレンジ。

・桜森林公園〜滝子山〜桜森林公園の周回。
・桜森林公園〜滝子山〜初狩駅のルート。
・桜森林公園〜滝子山〜湯沢峠の縦走路。
交通機関を使えば数えきれないルートを選択できます。
今回はいつか縦走したいと思ってた大菩薩嶺〜滝子山区間の、南半分の下見を兼ねて湯沢峠までの縦走路にしました。

結論から言うと個人的にお気に入りTOP10以内に入る素晴らしいトレイルです。
・スリリングな寂惝尾根。
・寂惝尾根に咲くイワカガミ群生地。
・富士山の絶景。
・奥秩父らしいゆったりとした縦走路。
・気持ち良い森林浴。
・大蔵高丸からの開けた展望。
・湯ノ沢峠からの沢歩きetc...
距離が長い縦走路ですが変化が多く楽しめるポイントが多数で、全然飽きずに気持ちよく歩けました。
上記の項目全部良かったが、湯ノ沢峠からの沢沿いに歩くコースもいい感じです。
三脚とNDフィルターでスローシャッターも楽しめそうだし、この季節は花も多くて花好きにはたまらないコースかと思います。
沢沿いは倒木や渡渉箇所も多いので、簡単ではないがせせらぎを感じながら歩けます。

ただ難点が二つ。
一つは湯ノ沢登山口から最寄りのバス停があるやまと天目山温泉まで、ロードが4kmとやや長いのが難点かと思うが、それを考慮してもまた訪れたいと感じました。
もう一つはやまと天目山温泉からのバス運行本数が少ないこと。
今回利用した甲州市民バスは16:24発。
その前が13:38発で、その後ろは17:32発。
バスの時刻に合わせてペースを考える必要あり。
でも早く到着しても天目山温泉でさっぱりできるのが救いかと思います。
(定休日は水曜)
甲州市民バス 甲州市(塩山・勝沼・大和)縦断線以外の路線バスもあります。
栄和交通の大菩薩上日川峠線で、こちらは土日祝と一部の平日が運行してるので参考までに。

夏山の時期は八ヶ岳やアルプス、百名山の遠征などで近場の山が疎かになってたけど、奥秩父の良さを再認識できたのが収穫。
比較的涼しい時を見計らって、奥秩父山塊を楽しもうと感じました。

いつか歩いて見たい縦走路の一つ。
・丸川峠〜大菩薩嶺〜小金沢山〜大蔵高丸〜滝子山の縦走路。
今回は南側半分を歩けたので、次回は北側半分を歩き最終目標は全区間をテント泊しながら縦走したいな。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:726人

コメント

harukitiさん、こんにちは。
いつかは寂しょう尾根のイワカガミはいつか見たいと思っていました。
でもそんなにスリリングだとは…十二ヶ岳とどっちがスリリングかな?

それにしてもしっかりとバスの時間も調べてあって、ちゃんと予定のバスに乗れるのが素晴らしい!
テン泊しながらの縦走も楽しそうですね。harukitiさんは麦ジュースでザックがいっぱいになりそう(笑)
2022/5/20 19:13
yomo-nyanさん、こんにちは。

寂しょう尾根のイワカガミの群生地、期待を裏切らないと思いますよ。
十二ヶ岳と寂しょう尾根?
スリリングさは十二ヶ岳の方が上。
十二ヶ岳はザレた下りが厄介だけど、寂しょう尾根は上り一辺倒なので楽かな。

十二ヶ岳下山後のバスで大失敗したので、今回はちゃんと時刻表調べました。
麦ジュースはGWに帰省した時、肉フェス・オクトーバーフェストで麦ジュース飲みまくって現在自制中。
麦ジュースが収まるよう大型バックパックで挑む予定。
(*・∀-)b
2022/5/21 11:21
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ