また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4305536 全員に公開 ハイキング 丹沢

檜洞丸(ツツジ新道↑石棚山稜↓)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年05月19日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
新松田駅7:15発西丹沢VC行バスにJR谷峨駅より乗車。到着時にすでに満員状態。詰めて貰って、やっと10人程度の谷峨駅乗車組が全員乗れた。西丹沢VCには約30分遅れで到着。
西丹沢VCからの帰りのバスは、14:40、15:40、17:05、19:00の4本。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:19
距離
11.7 km
登り
1,366 m
下り
1,358 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
1時間28分
合計
7時間18分
S西丹沢ビジターセンター09:0309:09ツツジ新道入口09:2209:58ゴーラ沢出合10:0110:45展望台10:5211:43休憩ベンチ11:4612:00ツツジ新道・石棚山稜分岐12:15檜洞丸13:0413:20ツツジ新道・石棚山稜分岐13:34石棚・同角分岐点13:3513:42テシロノ頭13:4313:59白ザレノ頭14:09新山ノ頭14:1014:18石棚山14:35ヤブ沢ノ頭15:00板小屋沢ノ頭15:1016:21西丹沢ビジターセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
板小屋沢ノ頭北西尾根ルートは一般ルートではありません。危険な急勾配のザレ場、岩場、痩せ尾根が随所にあります。踏み跡不明瞭な上、支尾根が四分五裂しています。随所に赤ペンキ矢印が立木に塗られており頼りになりますが、GPSと地図読み能力/ルートファインディング能力が必須です。間違いやすい支尾根には赤ペンキで×印がしてあることもありますので見落とさない様にします。
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

ツツジ新道入口。
2022年05月19日 09:22撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ新道入口。
ゴーラ沢出合。先日の大雨の影響か、水量は普段より多くなっているようです。
2022年05月19日 09:57撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢出合。先日の大雨の影響か、水量は普段より多くなっているようです。
2
そして、水はきれいに澄んでいます。
2022年05月19日 10:01撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、水はきれいに澄んでいます。
1
展望園地を過ぎて、シロヤシオがちらほら出て来ました。
2022年05月19日 11:03撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望園地を過ぎて、シロヤシオがちらほら出て来ました。
2
展望園地には展望はありませんが、ここの休憩ベンチには展望があります。そして、シロヤシオも。
2022年05月19日 11:42撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望園地には展望はありませんが、ここの休憩ベンチには展望があります。そして、シロヤシオも。
瑞々しい新緑が青空に映えています。写真では再現できていないのが残念です。
2022年05月19日 11:42撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞々しい新緑が青空に映えています。写真では再現できていないのが残念です。
ここから、石棚山への分岐までの間が、シロヤシオの見どころです。
2022年05月19日 11:43撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、石棚山への分岐までの間が、シロヤシオの見どころです。
4
檜洞丸山頂でお昼を済ませたのち、北尾根を少し下って見ました。ツツジ(多分トウゴクミツバ)がこれから花開くところでした。
2022年05月19日 12:50撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸山頂でお昼を済ませたのち、北尾根を少し下って見ました。ツツジ(多分トウゴクミツバ)がこれから花開くところでした。
2
去年に比べて、今年は、シロヤシオは少ないようです。
2022年05月19日 12:56撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年に比べて、今年は、シロヤシオは少ないようです。
4
対面は大きく開けていて、のびやかな新緑の風景が広がっています。
2022年05月19日 12:58撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対面は大きく開けていて、のびやかな新緑の風景が広がっています。
1
再び頂上に戻って、証拠写真を。
2022年05月19日 13:03撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び頂上に戻って、証拠写真を。
1
石棚山稜コースを下ります。こちらは、シロヤシオの木が多いです。
2022年05月19日 13:23撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石棚山稜コースを下ります。こちらは、シロヤシオの木が多いです。
4
なかなか脚が前に進みません。
2022年05月19日 13:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか脚が前に進みません。
3
一面のブナ林。
2022年05月19日 13:39撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面のブナ林。
ブナの新緑にシロヤシオとツツジが控えめに色を添えています。
2022年05月19日 13:50撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの新緑にシロヤシオとツツジが控えめに色を添えています。
1
清楚、という言葉がピッタリです。
2022年05月19日 13:53撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清楚、という言葉がピッタリです。
2
気持ちの良い尾根道です。
2022年05月19日 14:16撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根道です。
石棚山山頂1,351m。あまりにもなだらかな道なので、標識が無ければそれと気づきません(この350m手前の1401mピークが本当の石棚山じゃないのかな?)。
2022年05月19日 14:17撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石棚山山頂1,351m。あまりにもなだらかな道なので、標識が無ければそれと気づきません(この350m手前の1401mピークが本当の石棚山じゃないのかな?)。
玄倉方面への分岐を右に石棚山西尾根コースに入ります。今までの優しい尾根道に替わって、ガレが多くなって来ました。
2022年05月19日 14:22撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄倉方面への分岐を右に石棚山西尾根コースに入ります。今までの優しい尾根道に替わって、ガレが多くなって来ました。
板小屋沢ノ頭道標からコースを外れ、北西尾根に入ります。
2022年05月19日 14:56撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板小屋沢ノ頭道標からコースを外れ、北西尾根に入ります。
これから先、難関が待っていました。あまりにも厳しすぎて、写真を撮る余裕はありませんでした。
2022年05月19日 15:23撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから先、難関が待っていました。あまりにも厳しすぎて、写真を撮る余裕はありませんでした。
急傾斜のザレ、岩場、痩せ尾根をこなしてやっと、普通の斜面に入りました。ホッとします。それでもまだ傾斜の急な斜面が時折出て来ます。
2022年05月19日 15:38撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急傾斜のザレ、岩場、痩せ尾根をこなしてやっと、普通の斜面に入りました。ホッとします。それでもまだ傾斜の急な斜面が時折出て来ます。
ヤマツツジが束の間疲れを癒してくれます。
2022年05月19日 15:45撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジが束の間疲れを癒してくれます。
2
道も随分なだらかになってきました。西丹沢VCはもう直ぐです。
2022年05月19日 16:00撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道も随分なだらかになってきました。西丹沢VCはもう直ぐです。
撮影機材:

感想/記録
by sancj

檜洞丸へシロヤシオを見に行きました。久しぶりの晴れ間とあって、西丹沢VC行の朝のバスは超満員。谷峨駅から果たして乗れるかな、と心配でしたが、詰めて貰ってやっと乗り込むことが出来ました。

シロヤシオは、ツツジ新道では標高1,500mの休憩ベンチから石棚山稜との分岐までの約300mの間が見所です。これを過ぎると頂上まではあまり多くありません。頂上から北尾根を少し下って見ましたが、今年は花付きがそう良くないのか、あるいはもう終わってしまったのか、去年程の見事さはなく、早々に引き返すことにしました。

頂上からは、石棚山稜コースを下ることに。このコースは私は始めて歩くコースでしたが、ツツジ新道や犬越え路ルートと比べて、広々とした開放感あふれる尾根ルートで、ブナ林の新緑の中、とても気持ちの良い歩きを楽しむことが出来ました。シロヤシオも次から次へと現れ、ムラサキヤシオやトウゴクミツバツツジ、ヤマツツジもチラホラと目を楽しませてくれます。

途中箒沢公園へのルートを離れ、板小屋沢ノ頭から北西尾根を通るバリルートに。急傾斜のザレ、ガレ、岩場、痩せ尾根が続き、頼りになる木や枝、根を探しながら緊張の連続でした。やっと傾斜が緩やかになったと思ったら、尾根が至るところに分岐し、よほど注意しないと変なところに迷い込みかねません。同行してくれたKさん、Sさんがいなければ、一人ではとても歩けないルートでした。

好天気に恵まれ、花あり、緑あり、バリありの楽しみ所特盛りの贅沢な山歩きの一日でした。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:205人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ