また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4315658 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

220522 STM 鞍馬駅〜蹴上

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
出町柳(6:32)→鞍馬(7:03)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:47
距離
31.1 km
登り
1,678 m
下り
1,861 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
概ね良好

写真

先週に引き続きで鞍馬駅からスタートします。
今朝の電車には数人乗っていましたが、トレランさんやハイカーさんはいませんでした。
もう少し遅めのスタートなのかな?
2022年05月22日 07:16撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週に引き続きで鞍馬駅からスタートします。
今朝の電車には数人乗っていましたが、トレランさんやハイカーさんはいませんでした。
もう少し遅めのスタートなのかな?
鞍馬駅から北へ進み、鞍馬の街を歩いたところにあるNo43を曲がり、少し歩いたところにあるNo42。
ここからトレイル道を歩きます。東海自然歩道との併用なので、歩きやすいが登り道です。
2022年05月22日 07:19撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍馬駅から北へ進み、鞍馬の街を歩いたところにあるNo43を曲がり、少し歩いたところにあるNo42。
ここからトレイル道を歩きます。東海自然歩道との併用なので、歩きやすいが登り道です。
薬王坂。No41。
思ったよりも登りで少し疲れる。
ここから先少しガレ道です。くだりなので足元注意。
その後静原の集落を通りぬけ、府道と合流。
府道には歩道のないところがあるので、通行される際には注意してください。
2022年05月22日 07:28撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬王坂。No41。
思ったよりも登りで少し疲れる。
ここから先少しガレ道です。くだりなので足元注意。
その後静原の集落を通りぬけ、府道と合流。
府道には歩道のないところがあるので、通行される際には注意してください。
府道から一旦それでトレイル道を歩き、江文峠で再び府道に合流。No31。
その後府道を100mほど歩き再びトレイル道へ。
2022年05月22日 08:03撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
府道から一旦それでトレイル道を歩き、江文峠で再び府道に合流。No31。
その後府道を100mほど歩き再びトレイル道へ。
大原の集落に入りました。
これから向かうであろう山々が見えます。
2022年05月22日 08:13撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大原の集落に入りました。
これから向かうであろう山々が見えます。
戸寺のバス停。
前回、ここまで歩いても良かったかなぁ。と、ルート作成の予習しながら思った。
2022年05月22日 08:22撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸寺のバス停。
前回、ここまで歩いても良かったかなぁ。と、ルート作成の予習しながら思った。
害獣よけのゲートが出現。右端に扉があります。ロックを外して、山へ入ります。
2022年05月22日 08:27撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
害獣よけのゲートが出現。右端に扉があります。ロックを外して、山へ入ります。
No20。
ここから登りが始まるので〜のつもりで撮影したが→
2022年05月22日 08:38撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No20。
ここから登りが始まるので〜のつもりで撮影したが→
木の根道な上、急坂〜直登な登り。ここで半分くらいだろうか。
2022年05月22日 08:46撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根道な上、急坂〜直登な登り。ここで半分くらいだろうか。
No19。
ボーイスカウト道(森造林道)らしい。
登りよりもくだりの方がつらいかもしれない。
転倒したら下まで転げ落ちるかもしれん。
ここからは再び東海自然歩道との併用区間。
歩きやすいがまだまだ登る。
2022年05月22日 08:52撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No19。
ボーイスカウト道(森造林道)らしい。
登りよりもくだりの方がつらいかもしれない。
転倒したら下まで転げ落ちるかもしれん。
ここからは再び東海自然歩道との併用区間。
歩きやすいがまだまだ登る。
No18、仰木峠。
ここでまだ標高600mたらずってことは、まだまだ登るってことか。
2022年05月22日 09:00撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No18、仰木峠。
ここでまだ標高600mたらずってことは、まだまだ登るってことか。
No17。根本中堂って書いてあるからまっすぐ(階段)かと思いきや、京都トレイルは右側なのね。
2022年05月22日 09:07撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No17。根本中堂って書いてあるからまっすぐ(階段)かと思いきや、京都トレイルは右側なのね。
水井山山頂。
本日最初の山頂。
この辺りの登りくだりは、岩や木の根の階段なのでスピードが出せない。
2022年05月22日 09:27撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水井山山頂。
本日最初の山頂。
この辺りの登りくだりは、岩や木の根の階段なのでスピードが出せない。
No17。横高山山頂。
ここの少し手前で、トレランの集団に出会った。
先ほどは足場が〜と書いたが、彼らには関係ないのか颯爽と走り抜けていった。
2022年05月22日 09:38撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No17。横高山山頂。
ここの少し手前で、トレランの集団に出会った。
先ほどは足場が〜と書いたが、彼らには関係ないのか颯爽と走り抜けていった。
玉体杉。
かがみ込んで、なんとかフレームに入れた。
2022年05月22日 09:50撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉体杉。
かがみ込んで、なんとかフレームに入れた。
釈迦堂。
いちおう拝観料の必要なエリアなので、端のほうからパシャする。
2022年05月22日 10:12撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦堂。
いちおう拝観料の必要なエリアなので、端のほうからパシャする。
道がえぐれているが、ここを進むらしい。
2022年05月22日 10:14撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道がえぐれているが、ここを進むらしい。
ここを左に進むと延暦寺。関所があって拝観料が必要。
トレイルは右を進む。
2022年05月22日 10:25撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左に進むと延暦寺。関所があって拝観料が必要。
トレイルは右を進む。
大比叡山頂はあきらめ、そのまま歩くことに。
スキー場のところにある案内で道を間違え、別道で到着。スキー場は横切らずまっすぐ進んで回り込むのが正解。
ここで北山ルートは終わり。
2022年05月22日 10:49撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大比叡山頂はあきらめ、そのまま歩くことに。
スキー場のところにある案内で道を間違え、別道で到着。スキー場は横切らずまっすぐ進んで回り込むのが正解。
ここで北山ルートは終わり。
写真でよく見かけるやつや〜。と思いながら、人のいないうちに撮影。
ここで軽く昼ごはん。
2022年05月22日 10:56撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真でよく見かけるやつや〜。と思いながら、人のいないうちに撮影。
ここで軽く昼ごはん。
ここから東山ルートの始まり。
2022年05月22日 10:59撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから東山ルートの始まり。
タイミングよくケーブルが降りていきました。
2022年05月22日 11:01撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイミングよくケーブルが降りていきました。
軽快にくだっているとNo 69。
少し見にくい位置にあるので、注意が必要です。
2022年05月22日 11:18撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽快にくだっているとNo 69。
少し見にくい位置にあるので、注意が必要です。
瓜生山山頂。
祠があったので、この先の安全をお祈りした。
2022年05月22日 12:00撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瓜生山山頂。
祠があったので、この先の安全をお祈りした。
病院の横に出てきた。
登りの人は壁沿いの道を進んでください。
2022年05月22日 12:17撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
病院の横に出てきた。
登りの人は壁沿いの道を進んでください。
白川通りに出てきました。
ここで終わりにしようかと考えていましたが、まだ時間が早いので、もう少し先に進めることにした。
2022年05月22日 12:27撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白川通りに出てきました。
ここで終わりにしようかと考えていましたが、まだ時間が早いので、もう少し先に進めることにした。
銀閣寺の近く。
この辺りは観光客が多い。
右に曲がって哲学の道を少しばかり歩きます。
2022年05月22日 12:32撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀閣寺の近く。
この辺りは観光客が多い。
右に曲がって哲学の道を少しばかり歩きます。
No48を曲がってから、激坂を登る。
疲労の蓄積した足にこたえる。
2022年05月22日 12:46撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No48を曲がってから、激坂を登る。
疲労の蓄積した足にこたえる。
No47-2。
ここからトレイル道を進みます。
2022年05月22日 12:50撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No47-2。
ここからトレイル道を進みます。
桜門の道。
ここの山肌を歩くのだが、ここまでの登りで疲労のたまった足にはかなりこたえる登り。
滝の見えるところで、休憩するが登りはまだまだ続く。
2022年05月22日 13:01撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜門の道。
ここの山肌を歩くのだが、ここまでの登りで疲労のたまった足にはかなりこたえる登り。
滝の見えるところで、休憩するが登りはまだまだ続く。
山からの下山グループは左から右へ階段を降りていったが、私は山肌をくねくね曲がって登ってきた。
2022年05月22日 13:06撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山からの下山グループは左から右へ階段を降りていったが、私は山肌をくねくね曲がって登ってきた。
ここからは少し登りと道が親切になるけど、もういっぱいいっぱい。
2022年05月22日 13:08撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは少し登りと道が親切になるけど、もういっぱいいっぱい。
少しトレイルをそれて大文字山へ向かう。
2022年05月22日 13:40撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しトレイルをそれて大文字山へ向かう。
大文字山山頂。
看板や名札は見当たらなかったので、とりあえず三角点のみパシャする。
2022年05月22日 13:28撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大文字山山頂。
看板や名札は見当たらなかったので、とりあえず三角点のみパシャする。
登りで疲れ果てて、ゆっくり景色を見る余裕がなかった。
ここで2回目のお昼ごはんにする。

たくさんの人が談笑、食事タイムを楽しんでいました。
2022年05月22日 13:29撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りで疲れ果てて、ゆっくり景色を見る余裕がなかった。
ここで2回目のお昼ごはんにする。

たくさんの人が談笑、食事タイムを楽しんでいました。
No38。
プレートの手前からやってきたので、右前か左前か悩んだが、右側の方が線が太いようなので、右側へ進んだ。
しかし、その先の左に曲がる分岐点が分からず、日向大神宮に到達せず→
2022年05月22日 14:14撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No38。
プレートの手前からやってきたので、右前か左前か悩んだが、右側の方が線が太いようなので、右側へ進んだ。
しかし、その先の左に曲がる分岐点が分からず、日向大神宮に到達せず→
出てきたのは南禅寺の蹴上インクライン。
左に進んで行ったほうが分かりやすかったのかもしれない。と思ったが、蹴上駅方向に向かうことにした。
2022年05月22日 14:29撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出てきたのは南禅寺の蹴上インクライン。
左に進んで行ったほうが分かりやすかったのかもしれない。と思ったが、蹴上駅方向に向かうことにした。
南禅寺の山門。
ここも多くの観光客がいてました。
2022年05月22日 14:34撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南禅寺の山門。
ここも多くの観光客がいてました。
上からの日差しとアスファルトの照り返しにフラフラになりながら、なんとかNo29に到達。
軽い脱水症状か頭が少し痛いので、今日はここまでにした。
2022年05月22日 14:47撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上からの日差しとアスファルトの照り返しにフラフラになりながら、なんとかNo29に到達。
軽い脱水症状か頭が少し痛いので、今日はここまでにした。
京阪三条駅に到着。

おつかれさまでした。
2022年05月22日 15:02撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京阪三条駅に到着。

おつかれさまでした。

感想/記録

ルート作成の予習段階で京都トレイルの残りは50キロ弱。あわよくば今回で完踏できるんじゃね?と思いながらスタートしたが、天気が良く気温もぐんぐん上昇。山にいる時は標高も木陰もあり快適に歩けたが、下界におりると日影はない、アスファルトの照り返しにやられる。
また大文字山へ向かう急坂で足の疲労はピークに。惰性でゴールすることもできたかもしれないが、無理をして今後の山歩きに支障が出ては行けないので、最寄駅に近いところでドロップアウトした。
いつもは帰りの電車で山行記録を書き込むのだが、今日は座った瞬間に寝落ち。ひさしぶりに疲れた山行になりました。

京都トレイル北山ルートは案内プレート以外に、木々に京都トレイルのリボンが巻いてあり、すいすい進むことができたのだが、東山ルートに入るとそのリボンがほとんど見当たらず、分岐点の案内プレートのみで、歩いている道が正しいのか不安になった。倒木等で過去のルートが変更になったりもしているので、先輩方の情報だけでは難しいのかな?とも思った。

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:90人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ