また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 432037 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 芦別・夕張

トナシベツから1415峰

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年04月20日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
5℃(山頂8℃)
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

十梨別(7:00)→トナシベツ川林道→ポントナシベツ川林道の桔梗川出合(9:00)→1415頂上(14:10〜40)→出合戻り(16:30)→十梨別戻り(18:30)
過去天気図(気象庁) 2014年04月の天気図 [pdf]

写真

十梨別を出発
正面に吉凶岳
2014年04月22日 06:49撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十梨別を出発
正面に吉凶岳
林道の途中から鉢盛山
2014年04月22日 08:30撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の途中から鉢盛山
桔梗川左岸から吉凶岳
2014年04月22日 10:12撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桔梗川左岸から吉凶岳
吉凶岳北回廊
沢筋の上部
2014年04月22日 11:08撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉凶岳北回廊
沢筋の上部
鉢盛山とポントナ
2014年04月22日 12:28撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢盛山とポントナ
1415のモッコリ
2014年04月20日 22:04撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1415のモッコリ
1
主脈の広い尾根に出て1415へ向かう
2014年04月20日 22:06撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主脈の広い尾根に出て1415へ向かう
2
シューパロ南稜
2014年04月22日 13:19撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シューパロ南稜
3
夕張岳と前岳
2014年04月22日 13:27撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕張岳と前岳
4
1415頂上から夕張中岳が渋い
2014年04月22日 14:16撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1415頂上から夕張中岳が渋い
3
1415頂上からシューパロ南稜
2014年04月22日 14:17撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1415頂上からシューパロ南稜
6
頂上から北日高の山並み
真ん中に幌尻
2014年04月22日 14:35撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から北日高の山並み
真ん中に幌尻
2
頂上から夕張と前岳
2014年04月22日 14:52撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から夕張と前岳
1415登頂を終えて振り返る
2014年04月22日 15:08撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1415登頂を終えて振り返る
2
スキー滑降開始
2014年04月22日 15:12撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー滑降開始
2
沢筋の滑降
2014年04月20日 22:12撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢筋の滑降
1
桔梗川出合
2014年04月20日 22:14撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桔梗川出合

感想/記録

1415は芦別〜夕張間の無名峰。標高はひくいが、石狩平野ならどこからでも山座同定できる尖峰である。
この山に積雪期にのぼるとなれば、芦別〜夕張の縦走途中、スルーせずに取り付くのが一般的なようだが、てついでとなってしまい可愛そうなかんじだ。この山単独の訪問となれば、石狩側からも富良野側からもアプローチが遠く沢筋もふかいので、積雪期は難儀しそうである。なので、今の残雪期ならば沢の雪崩もおさまって一気に里からロングアタックが可能であろう、という目論見でキンドー氏と出発した。

金山の集落は、キンドー氏が学生時代の30年前、地質調査の為に寝泊りし、毎日のように山裾まで往復した思い出の地。十梨別沿いの林道は除雪も無く、車で2kmちょっとしか入れずにいきなり落胆したが、快晴の空の下、スキーを背負って林道のカタ雪を踏みしめながら進む。正面に吉凶岳、鉢盛山と夕張山群のマイナーな山々を眺めつつ、2hほどで桔梗川の出合へと至る。

ここから1415へのルートは、北回り(滝の沢川経由)と南回り(桔梗川経由)の選択肢がある。事前に地図とにらめっこしたところ、桔梗川の下部ゴルジュの左岸中腹沿いに古い開削の痕が見受けられたことから、興味も手伝って南回りとなった。

桔梗川は雪解けがすすんで増水気味。出合から雪伝いに遡行できる状態ではなかった。転石伝いの河原歩きから始まり、残雪伝いに左岸側へ取り付く。支沢の渡渉2回程で中腹にある開削痕(古い伐採の作業道らしかった)のテラスに乗ると、ようやくスキーがはけるようになった。途中の急崖でテラスが途切れた部分のトラバース中、キンドー氏がずり落ち、沢底まで転がり落ちてしまうかというヒヤリ場面もあったが、なんとか無事に岩峰間に挟まれた回廊のような広い沢筋へと導かれる。ブロック雪崩の危険は感じず、ぐいぐいと高度を稼いでいくと、南に真っ白な夕張岳の北面が目に飛び込んでくる。北には大きな山容でポントナの南面。シューパロの南稜はステゴザウルスの背びれのようだ。次回の為、じっくりと偵察する。次第にダケカンバの樹間から1415の異様なモッコリが姿を現わした。

モッコリの攻略は、北側の岩壁からは登攀装備がないと無理そうなので、南側のカンバ混じりの雪壁から取り付くしかない。シーデポしてつぼ足で取り付く。傾斜はきついが雪は緩んでおり、キックステップで充分往復できた。ピッケルはあったほうが良かったか。

スノーキャップとなった狭い頂上に立つと、360度の展望台だ。西の方は霞がかかりピンネ、エニワ、タルマエ止まりだったが、東はトマムからポロシリ、イドンナップまでの北日高の連なりがくっきりと見えた。雌阿寒まで見えた。ゆっくりしていると日が暮れてしまうので、名残惜しい山頂を後にする。

帰りはザラメの広い尾根から沢筋へと春の滑降を楽しみ、日没ギリギリになって十梨別へ帰着。鹿角2本ゲットした。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2085人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ