また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4401344 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

入笠山 すずらんと貴重な花々

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年06月17日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢入登山口を利用。
40台:無料(トイレ有)
https://tozanguchinavi.com/trailhead/trailhead-2785

ゴンドラでアクセスする方は、富士見パノラマリゾート駐車場へ。
富士見パノラマリゾート
2,000台:無料
http://www.fujimipanorama.com/summer/access/#car
経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:00
距離
9.9 km
登り
615 m
下り
615 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間27分
休憩
1時間33分
合計
4時間0分
S沢入登山口11:2112:04入笠湿原12:1512:21アカノラ山12:21入笠すずらん山野草公園13:1513:25入笠湿原13:3313:35山彦荘13:4014:04岩場コース 迂回コース分岐14:16入笠山14:2214:27岩場コース 迂回コース分岐14:33御所平峠登山口14:3414:43山彦荘14:4514:48入笠湿原14:5415:20沢入登山口15:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
沢入登山口付近の登山道は、若干整備されてて歩き易くなりました。
入笠湿原へは緩やかな登山道が続く。

入笠湿原は整備された登山道で危険箇所は無し。
木道や階段なども整備されてて、とても快適に歩けます。

入笠山山頂へは登山道らしい岩交じりの道になってるが、問題ないと思います。
その他周辺情報「富士見パノラマリゾート」
・ゴンドラ往復券
大人:1,700円
子供:1,100円
・ゴンドラ片道券
大人:800円
子供:500円
http://www.fujimipanorama.com/summer/

下山後の温泉に最適
「富士見温泉 ゆーとろん水神の湯」
入浴料
大人:910円
子供:710円
毎週木曜日定休(8月は無休)
10:30 〜 21:00
http://yuutoron.com

装備

個人装備 バックパック:Black Diamond Distance15 登山靴:SALOMON X ULTRA 3 GTX ドライレイヤー:finetrack DRYLAYER-BASIC ベースレイヤー:TERNUA Ternua Fly ボトム:MILLET TYPHON 50000 ST TREK PANT インナーソックス:Injinji ライナークルー ソックス:C3fit ランニング アーチサポートショートソックス サングラス:SWANS Airless Wave レインウェア:mont・bell ストームクルーザー キャップ:THE NORTH FACE Futurelight Cap ゲイター:OUTDOOR RESEARCH Flex-Tex II Gaiters Black カメラ:Canon EOS80D カメラホルスター:HAKUBA GWアドバンス カメラホルスターライト アンカーリンクス:PeakDesign 17×43mm AL-4 レンズ:TAMRON SP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD 三脚:Velbon UT-43 リモートスイッチ:Canon RC-6 NDフィルター:Kenko NDフィルター PRO1D ND16 ドライサック:Sea To Summit ウルトラSIL 4ℓ 携帯:Apple iPhone XR

写真

入笠山に花散策しに来ました。
沢入登山口に中途半端な時刻について車を停めることが出来ず、下山者が来るまで30分待機してからスタート。
2022年06月17日 11:23撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山に花散策しに来ました。
沢入登山口に中途半端な時刻について車を停めることが出来ず、下山者が来るまで30分待機してからスタート。
11
登山口付近は少し改修され歩き易くなりました。
森林浴を楽しみながら入笠湿原へ向かう。
2022年06月17日 11:26撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口付近は少し改修され歩き易くなりました。
森林浴を楽しみながら入笠湿原へ向かう。
10
オオヤマフスマ。
2022年06月17日 11:30撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオヤマフスマ。
18
ササバギンラン。
入笠湿原まで向かう途中に、ちらほら花が咲いてます。
2022年06月17日 11:40撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササバギンラン。
入笠湿原まで向かう途中に、ちらほら花が咲いてます。
15
入笠湿原に到着。
2022年06月17日 12:03撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠湿原に到着。
11
ゴンドラ山頂駅へ向かう階段。
階段両サイドには、見頃を迎えた日本すずらんが沢山。
2022年06月17日 12:04撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ山頂駅へ向かう階段。
階段両サイドには、見頃を迎えた日本すずらんが沢山。
16
ウマノアシガタ。
2022年06月17日 12:06撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウマノアシガタ。
11
階段途中ですれ違った小学生の集団。
挨拶した回数は数えきれず…
まぁ入笠山あるあるです。
2022年06月17日 12:13撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段途中ですれ違った小学生の集団。
挨拶した回数は数えきれず…
まぁ入笠山あるあるです。
18
見頃を迎えてる日本すずらん。
2022年06月17日 12:14撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見頃を迎えてる日本すずらん。
36
階段から降りることはできないので、バリアングル液晶を覗きながらローアングルで撮影。
2022年06月17日 12:17撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段から降りることはできないので、バリアングル液晶を覗きながらローアングルで撮影。
24
ひっそり咲いてたベニバナイチヤクソウ。
2022年06月17日 12:17撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそり咲いてたベニバナイチヤクソウ。
28
調査中。
2022年06月17日 12:23撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
調査中。
7
ゴンドラ山頂駅に到着。
ドイツスズラン畑と八ヶ岳の展望が広がる場所。
2022年06月17日 12:25撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ山頂駅に到着。
ドイツスズラン畑と八ヶ岳の展望が広がる場所。
3
ドイツスズランはほぼ終了。
わずかに残った綺麗なのを撮影。
2022年06月17日 12:29撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドイツスズランはほぼ終了。
わずかに残った綺麗なのを撮影。
20
レンゲツツジ。
前日に登った甘利山のレンゲツツジは凄かった。
2022年06月17日 12:30撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンゲツツジ。
前日に登った甘利山のレンゲツツジは凄かった。
16
サラサドウダン。
2022年06月17日 12:31撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラサドウダン。
13
アヤメ。
今年は久しぶりに櫛形山のアヤメを見に行きたいな。
2022年06月17日 12:34撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ。
今年は久しぶりに櫛形山のアヤメを見に行きたいな。
12
グンナイフウロ。
2022年06月17日 12:35撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グンナイフウロ。
12
ちょっと離れた場所に咲いてるニッコウキスゲ。
2022年06月17日 12:38撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと離れた場所に咲いてるニッコウキスゲ。
12
ニョイスミレ。
1cm程度ととても小さい花。
2022年06月17日 12:39撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニョイスミレ。
1cm程度ととても小さい花。
12
イチヨウランコーナーへ向かう途中にマイヅルソウがわんさか。
2022年06月17日 12:46撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチヨウランコーナーへ向かう途中にマイヅルソウがわんさか。
12
山野草観賞エリアが拡張されイチヨウランエリアが出来て、イチ沢山咲いてました。
2022年06月17日 12:50撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山野草観賞エリアが拡張されイチヨウランエリアが出来て、イチ沢山咲いてました。
31
イチヨウラン以外にもタケシマランやマイヅルソウなど、多くの花が咲いてます。
2022年06月17日 12:50撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチヨウラン以外にもタケシマランやマイヅルソウなど、多くの花が咲いてます。
18
過去に数回しか見たことないので、撮影できて大満足。
2022年06月17日 12:52撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
過去に数回しか見たことないので、撮影できて大満足。
13
ササバギンラン。
2022年06月17日 13:01撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササバギンラン。
12
なんだったかな?
2022年06月17日 13:04撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだったかな?
5
オオアマドコロ。
2022年06月17日 13:07撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオアマドコロ。
12
チゴユリ。
2022年06月17日 13:10撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チゴユリ。
13
釜無ホテイアツモリソウ。
例年に比べて数が少ない印象でした。
2022年06月17日 13:12撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜無ホテイアツモリソウ。
例年に比べて数が少ない印象でした。
15
絶滅危惧II類(VU)のレッドリストに指定。
盗掘すると1年未満の懲役、100万円以下の罰金に処せられます。
2022年06月17日 13:12撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶滅危惧II類(VU)のレッドリストに指定。
盗掘すると1年未満の懲役、100万円以下の罰金に処せられます。
19
ズダヤクシュ。
2022年06月17日 13:14撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズダヤクシュ。
11
ニッコウキスゲ。
2022年06月17日 13:15撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ。
13
入笠湿原に戻って来ました。
ズミがあちこちで咲いてます。
2022年06月17日 13:28撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠湿原に戻って来ました。
ズミがあちこちで咲いてます。
12
クリンソウも見頃を迎えてました。
2022年06月17日 13:30撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリンソウも見頃を迎えてました。
15
これも定番のアングル。
真上から撮影すると、打ち上げ花火の様に見える。
2022年06月17日 13:33撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも定番のアングル。
真上から撮影すると、打ち上げ花火の様に見える。
29
キュウリグサと思ったが訂正。
ワスレナグサかノハラムラサキのどちらかと思います。
2022年06月17日 13:35撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キュウリグサと思ったが訂正。
ワスレナグサかノハラムラサキのどちらかと思います。
13
いつもの場所でキバナノアツモリソウ。
2022年06月17日 13:37撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの場所でキバナノアツモリソウ。
15
最高のタイミングだったのか、想像以上に多く咲いてました。
2022年06月17日 13:37撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高のタイミングだったのか、想像以上に多く咲いてました。
27
なんとも不思議な形ですね。
2022年06月17日 13:38撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとも不思議な形ですね。
14
複数の小学校の生徒で賑わってました。
2022年06月17日 13:39撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
複数の小学校の生徒で賑わってました。
7
カゴメの森に咲いてるクリンソウ群生地。
なかなかの迫力。
2022年06月17日 13:48撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カゴメの森に咲いてるクリンソウ群生地。
なかなかの迫力。
17
こちらも日本すずらんが咲く御所平。
2022年06月17日 13:50撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも日本すずらんが咲く御所平。
8
キバナノヤマオダマキ。
2022年06月17日 13:51撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナノヤマオダマキ。
14
御所平のすずらんも見頃を迎えてますが、もうしばらく楽しめそう。
2022年06月17日 13:53撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御所平のすずらんも見頃を迎えてますが、もうしばらく楽しめそう。
13
ツマトリソウ。
2022年06月17日 13:59撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ。
17
可愛らしいすずらん、また来年も来よっと。
2022年06月17日 13:59撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛らしいすずらん、また来年も来よっと。
11
花を十分楽しんだので、山頂へ向かう。
登りは岩場コースを選択。
2022年06月17日 14:05撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花を十分楽しんだので、山頂へ向かう。
登りは岩場コースを選択。
3
山頂までそんなに距離がなく、サクッと登れます。
2022年06月17日 14:14撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までそんなに距離がなく、サクッと登れます。
9
入笠山(1,955m)山頂に到着。
雲が無ければバックに中央アルプス山脈が見えます。
2022年06月17日 14:15撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山(1,955m)山頂に到着。
雲が無ければバックに中央アルプス山脈が見えます。
21
こちらは南アルプス山脈北部方面。
甲斐駒ヶ岳(2,967m)
鋸岳(2,685m)
間ノ岳(3,190m)
仙丈ヶ岳(3,033m)
2022年06月17日 14:16撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは南アルプス山脈北部方面。
甲斐駒ヶ岳(2,967m)
鋸岳(2,685m)
間ノ岳(3,190m)
仙丈ヶ岳(3,033m)
7
北アルプス山脈方面は雲に隠れて見えず。
2022年06月17日 14:17撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス山脈方面は雲に隠れて見えず。
8
本当は今日登る予定だった八ヶ岳。
ツクモグサとウルップソウを見に行きたい。
今度の休みも微妙な天候で、今シーズンは無理かも…
2022年06月17日 14:18撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当は今日登る予定だった八ヶ岳。
ツクモグサとウルップソウを見に行きたい。
今度の休みも微妙な天候で、今シーズンは無理かも…
13
マナスル山荘。
こちらのソフトクリームは何度か食べたが、濃厚で絶品です。
2022年06月17日 14:34撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル山荘。
こちらのソフトクリームは何度か食べたが、濃厚で絶品です。
9
最後に入笠湿原の木道をぐるっと一周回ってから下山。
2022年06月17日 14:51撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に入笠湿原の木道をぐるっと一周回ってから下山。
7
緩い登山でしたが、無事に下山完了。
2022年06月17日 15:21撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩い登山でしたが、無事に下山完了。
5
撮影機材:

感想/記録

今年もすずらんを眺めに入笠山へ来ました。

来るタイミングが少し遅かったので、ドイツスズランは終了。
でも日本すずらんは見頃を迎えてました。

花の山なので、すずらん以外にも魅力的な高山植物が多種多様咲いてます。
・釜無ホテイアツモリソウ
・アツモリソウ
・キバナノアツモリソウ
・イチヨウラン etc..
今年からイチヨウランコーナーも出来て、より魅力的な山になりました。

初夏にはレンゲショウマも楽しめるので、オススメですよ。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:272人

コメント

harukitiさん、こんにちは!

入笠山行ったんだー!
私もね、19日に行ってきたのよ。
千頭星山やめて、急遽入笠山に変更して、テイ沢探検❣️素晴らしかった〜
写真がもっと上手に撮れたらいいんだけど、また、そこは雰囲気だけでも見てもらえたら!って感じ笑笑

イチヨウランのところ、いいよね!
先日、三つ峠で一輪見つけて大騒ぎしたのが嘘みたいにたくさん咲いてて😄
タケシマランは花が終わっていて見られなかった…残念!
あと、キュウリグサ!あれってレコ作る時に散々迷って、私はノハラムラサキにしたんだけど、いまだに??なんです。
花撮ることに夢中で観察不足だったことを反省!ニリンソウとサンリンソウの区別もできずに写真かなりカット💦反省反省でした。
harukitiさんの写真は相変わらず綺麗だし、枚数もやたら多くなりすぎず、とってもいい。
次回への反省いろいろ。

それにしても、入笠山は本当に花の山だね🌸
すごく楽しめたね!
お疲れ様でした\(^o^)/
2022/6/21 8:30
grindelさん、こんばんは。

千星頭山から入笠山に変更したんですね。
しかもテイ沢探検とはいいな〜。
自分もテイ沢へ寄る予定で三脚担いだのに、時間が無くて断念したので次回に持ち越し。

新しいイチヨウランエリアは良かったね。
益々魅力的な山に進化してる。

キュウリグサは大きさと色味だけで判断したから間違ってるかも…
あの手の花の同定も難しい。
?(◞‿◟)?

只今プチ遠征中なので、grindelさんのレコは後日確認します。
今日登った山も最高でした👍
2022/6/22 19:23
harukitiさん、こんにちは。
入笠山のあいさつ地獄はじまりましたね(笑)
金曜日なのに沢入駐車場は順番待ちなんですね。さすが人気の入笠山!

たくさんのお花の写真ありがとうございます。みんな生き生きと咲いていますね。
クリンソウの真上からの写真、本当に打ち上げ花火みたい!
次にクリンソウを見たらやってみます(笑)
2022/6/21 19:28
yomo-nyanさん、こんばんは。

入笠山名物、怒涛の挨拶地獄でした。
礼儀正しい子供達で皆んな挨拶してくれたので、しっかり挨拶返しました。
(^◇^;)

沢入登山口は平日は楽勝かと踏んでたが、すずらんの季節は平日でも大混雑らしいです。

ぜひ訪れた時はクリンソウの花火を打ち上げて下さい。
( ´ ▽ ` )ノ
2022/6/22 19:30
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ