また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4417149 全員に公開 アルパインクライミング 谷川・武尊

一ノ倉沢烏帽子沢奥壁凹状岩壁

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年06月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
・車は谷川ベースプラザに駐車しました。
・谷川ベースプラザから一ノ倉沢出合までの区間の移動は自転車を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
10:05
距離
11.0 km
登り
1,559 m
下り
1,553 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間45分
休憩
2時間21分
合計
10時間6分
S谷川岳ベースプラザ03:0303:31一ノ倉沢出合03:3904:00テールリッジ基部04:33中央稜取付04:5505:00凹状岩壁取付(登攀開始時刻05:18)05:3208:57凹状岩壁終了点(登攀終了時刻09:14)09:2409:31衝立の頭09:5309:55北稜下降路の懸垂下降開始地点(懸垂下降開始時刻10:02)10:0711:40ピナクル11:4711:58衝立前沢に合流12:35一ノ倉沢に合流12:46一ノ倉沢出合12:5713:09谷川岳ベースプラザG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・コースタイムはヤマパン基準です。
・凹状岩壁登攀中のGPSログデータ暴れてます。
コース状況/
危険箇所等
▶群馬県谷川岳遭難防止条例により危険地区内を登山する方は登山届け又は登山計画書の提出が必要になります。
 (一般登山者は登山しようとする日の10日前までに、山岳会所属の登山者は登山しようとする日までに谷川岳登山指導センターへ提出。)
https://www.police.pref.gunma.jp/seianbu/02tiiki/tozan-todoke_no.2.html

▶ルート状況(ルートグレードは参考にしたトポ図からで、あとは個人的な感想です。一ノ倉沢の雪渓の状態は2022年6/19現在のものです。)

◆アプローチ(一ノ倉沢出合〜テールリッジ基部)
・一ノ倉沢出合からテールリッジ基部まで雪渓通しで歩けます。
・雪渓歩きに慣れてない人はチェーンスパイク等があると安心だと思います。

◆アプローチ(テールリッジ基部〜中央稜取付〜凹状岩壁取付)
・岩が乾いている状態なら問題なく歩けますが濡れているときはスリップ注意!!(濡れ防止や軽さをも求めてアプローチシューズ以外の靴を履いてくると濡れている岩では滑って怖いらしいです。靴が濡れることは諦めクライミング時用の替えの靴下を携行してくることをお勧めします。)

◆一ノ倉沢烏帽子沢奥壁凹状岩壁(4級下、+)

ルート全般
・岩が脆いので岩が剥がれたり落石させたりしないよう注意が必要です。
・5P目のカンテを越えるまでは中央カンテの落石が凹状ルートに落ちてくるので中央カンテに入るパーティーよりも先に取付いた方が良いと思います。また先行パーティーがいる場合も同様に落石の注意が必要です!
・1P〜6P目までと8P目の終了点まで新しいコングのハンガー2つ(8P目終了点は1つ)になっていました。整備された方、ありがとうございます。

1P バンド〜フェース + 40m(torrentリード)
・バンドのトラバースは相変わらず歩き辛いです。
・フェースは特に問題なく登れました。
・残置支点はそれなりにあります。
・終了点はハンガー2つ
 
2P 緩いフェース 掘50m(torrentリード)
・特に問題なく登れました。
・残置中間支点はほとんどありません。
・終了点はハンガー2つ
 
3P  緩いフェース 掘15m(torrentリード)
・特に問題なく登れました。
・残置中間支点は2〜3だったかな?
・終了点はハンガー2つ

4P 垂壁 + 30m(yama_poundリード)
・ホールドはしっかりしたものを探せばそれなりにありスタンスも外傾はしていますが多くあるので普通に登れました。
・残置中間支点はロープスケル30mでリングボルトと残置ハーケンの2つ。(残置中間支点が少ないので精神的なプレッシャーを感じる人もいると思います。)
・終了点はハンガー2つ

5P カンテを越え右のハングを越える 検35m(yama_poundリード)
・濡れていると嫌らしいと思いますが今回は乾いていたので大胆なムーブでハングを越えました。
・残置中間支点はカンテを越えるところにリングボルト1つ、ハングを越えるところに残置ハーケンが2つ。
・終了点はハンガー2つ

6P 脆いリッジ状〜凹角 + 40m(yama_poundリード)
・6P目はルーファイに迷いました。スタートから少し上がってリッジへと右上してリッジを越えて凹角に入りバック&フットで高度を上げてからリッジの方へ戻ってリッジ沿いに登りその後凹角を登りました。残置支点を見るとおそらくリッジ上を登るのが正解のような気もしますが面白いムーブで登れて面白かったです!皆さんも是非(笑)(フォローのtorrentさんには凹角には出なくてもリッジを登れますと伝えました。)
・残置支点はそれなりにありました。(バック&フットした凹角内には下の方(スタンス用?)に残置ハーケンが1つのみ。)
・終了点はハンガー2つ

7P 凹角〜草付 掘30m(torrentリード)
・7P目は染み出し(草付のせい?)なのか岩が濡れていて滑りそうで悪かったです。
・岩のところには残置支点があり草付は灌木で中間支点がとれます。
・終了点はフレーク状クラックが始まるテラスの1段下のテラスの残置ハーケン3つのところで構築。

8P 草付フェイス〜フレーク状クラック〜草付の階段状 + 40m(yama_poundリード)
・出だしの草付フェイスは濡れていて滑りそうで悪かったです。
・フレーク状クラックが始まるテラスには残置ハーケンが固まって4つありました。(ここでピッチも切れそうでした。)
・フレーク状クラックはレイバック気味で登りました。
・草付の階段状へ豪快に乗越そうとクラック上部の岩を掴んで荷重したら胴体ぐらいの岩が動いたのでそっと登りました・・・。
・残置支点はそれなりにありました。
・終了点はハンガー1つと大きな岩に巻かれた残置スリング。

◆下降(凹状岩壁の終了点から衝立の頭)
・踏み跡あるので迷いはしないです。
・1箇所、それなりの傾斜で高さのある岩壁をクライムダウンします。(古びた残置ロープがあるので命綱代わりに思いっきり荷重しないように掴みながら下りました。)

◆下降(衝立の頭からピナクル)
・衝立の頭から北稜の下降路を懸垂下降しました。(衝立の頭から踏み跡を辿って下っていくと懸垂下降支点があります。)
・懸垂下降の回数は6回。
・トポでは3回目の懸垂下降以後は懸垂下降したあとに右下にある次の懸垂下降支点まで移動してまたそこから懸垂下降をするという感じの図になっていましたが、次の懸垂下降支点までめいいっぱい懸垂下降し、フリーで下る状況を作りませんでした。
・北稜下降路は2人とも2回目なのでスムーズに下れました。(初見でガスっていて視界が効かない場合は支点を探すのに苦労するかもしれないし迷うかもしれません。)
・懸垂支点、ロープスケル、ワンポイントアドバイスは以下のとおりです。(カッコ内の数字ははトポの懸垂下降ロープスケル+右下へのフリーでの移動分です。)
 .魯鵐ーボルト、40m、問題なし。
 ¬擇了鎮屮好螢鵐亜カラビナ、40m、問題なし。
 リングボルトとハーケン、50m(40m+10m)でぎり、笹薮がひどくなる。スタックに注意!!
 ぬ擇了鎮屮好螢鵐亜カラビナ、40m(20m+20m)、だいぶ右の方向へ下るのでロープが屈曲します。先行者は懸垂下降終了したらロープが引けるか確認を忘れずに!!また、スタックにも注意!!(この区間、下り始めてから5mぐらいのところにも懸垂下降支点がありますがそこはスルーしました。そこでピッチを切っても右へ右へと更に屈曲するのでここでピッチを切ってもスタック対策になるのかなー?)トポのとおり20m真っすぐ下ってから残りの右へ右へと下る区間をフリーで下ることもできないことはないと思いますが(フリー区間は灌木を掴みながらクライムダウンできそうではあるが・・・)落ちたら終わりなのでフリーはおすすめしません!
 ヌ擇了鎮屮好螢鵐亜カラビナ、50m(40m+10m)、若干の空中懸垂があるが問題なし。
 Ε魯鵐ーボルト、50m(20m+30m)、ピナクルまで行けます。(ピナクル脇にリングボルト2つの残置支点があります。)

◆下降(ピナクル〜衝立前沢〜一ノ倉沢)
・ピナクルでロープは片付けました。
・雪渓までは踏み跡を辿って下ります。
・雪渓が残っていましたがチェーンスパイクは使いませんでした。無名沢(衝立前沢の一つ手前の沢)の右岸側の雪の無い灌木帯の際を灌木を掴みながら下っていき、灌木を掴んで雪渓を横断できるところ横断、左岸側の際を灌木を掴みながら登って衝立前沢に合流しました。
・衝立前沢はクライムダウンを交えながらフリーで下り(トラロープがフィックスしてあるところが右岸側に1箇所あり)、終盤に50mロープ1本で懸垂下降を1回しました。(トポではロープスケル20m)
・衝立前沢のスノーブリッジ状になっている雪渓へは右端から乗りました。まだまだ崩れそうになさそうでしたが状況判断に注意が必要です。
・一ノ倉沢出合までは雪渓通しで歩けました。
過去天気図(気象庁) 2022年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 クライミングシューズ アプローチシューズ アルパイン用クイックドロー×6 ロックハンマー ハーケン×2〜3 捨て縄 その他登攀装備1式 チェーンスパイク(携行したが使用しなかった)
共同装備 ファーストエイドキット ツエルト リンクカム×2 クイックドロー×2 50mダブルロープ×2 特定小型トランシーバー×1セット 折りたたみ自転車×2(一ノ倉沢出合にデポ)

写真

谷川岳登山指導センターで登山計画書を提出
2022年06月19日 03:09撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳登山指導センターで登山計画書を提出
3
テールリッジを目指し一ノ倉沢の雪渓を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テールリッジを目指し一ノ倉沢の雪渓を登る
1
テールリッジ基部
2022年06月19日 04:00撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テールリッジ基部
1
雪渓と岩の間はそこまで開いてなかった
2022年06月19日 04:00撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓と岩の間はそこまで開いてなかった
1
いつも衝立岩
2022年06月19日 04:12撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも衝立岩
5
中央稜取付でクライミングシューズとロープ以外の装備を付ける
2022年06月19日 04:55撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜取付でクライミングシューズとロープ以外の装備を付ける
2
凹状岩壁取付に到着して準備する
2022年06月19日 05:00撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凹状岩壁取付に到着して準備する
2
凹状岩壁登攀開始
2022年06月19日 05:18撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凹状岩壁登攀開始
2
1P目終了点でビレイするtorrentさん
2022年06月19日 05:39撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目終了点でビレイするtorrentさん
2
2P目終了点でビレイするtorrentさん
2022年06月19日 06:01撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目終了点でビレイするtorrentさん
3
3P目終了点でビレイするtorrentさん
2022年06月19日 06:18撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目終了点でビレイするtorrentさん
2
4P目を見上げる
2022年06月19日 06:27撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目を見上げる
1
4P目を登ってくるtorrentさん
2022年06月19日 06:55撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目を登ってくるtorrentさん
4
5P目、ヤマパンリード
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目、ヤマパンリード
3
5P目終了点の真上を見上げる
2022年06月19日 07:22撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目終了点の真上を見上げる
2
右上のリッジ(木で見えないところ)を越えて凹角内はバック&フットで登れて面白かった(笑)
2022年06月19日 07:22撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上のリッジ(木で見えないところ)を越えて凹角内はバック&フットで登れて面白かった(笑)
2
6P目、ヤマパンリード
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6P目、ヤマパンリード
2
7P目終了点でビレイするtorrentさん
2022年06月19日 08:40撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7P目終了点でビレイするtorrentさん
4
8P目のフレーク状クラックを見上げる
2022年06月19日 08:50撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8P目のフレーク状クラックを見上げる
2
フレーク状クラックが始まるテラスには残置ハーケンが固まって4つありました(ここでピッチを切るのもあり)
2022年06月19日 08:50撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フレーク状クラックが始まるテラスには残置ハーケンが固まって4つありました(ここでピッチを切るのもあり)
2
8P最後の草付の階段状
2022年06月19日 08:56撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8P最後の草付の階段状
2
8P目終了点(凹状岩壁終了点)に到着
2022年06月19日 08:57撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8P目終了点(凹状岩壁終了点)に到着
1
衝立尾根を見上げる
2022年06月19日 08:57撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衝立尾根を見上げる
4
ローソク岩
2022年06月19日 08:57撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ローソク岩
5
衝立の頭への踏み跡
2022年06月19日 08:57撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衝立の頭への踏み跡
1
8P目を登ってくるtorrentさん
2022年06月19日 09:12撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8P目を登ってくるtorrentさん
3
ローソク岩を左手にポーズをとるtorrentさん
2022年06月19日 09:25撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ローソク岩を左手にポーズをとるtorrentさん
5
ここはクライムダウン
2022年06月19日 09:27撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはクライムダウン
2
古びた残置ロープを命綱代わり掴んでクライムダウン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古びた残置ロープを命綱代わり掴んでクライムダウン
3
クライムダウンするtorrentさん
2022年06月19日 09:29撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライムダウンするtorrentさん
3
中央稜終了点を通過
2022年06月19日 09:30撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜終了点を通過
2
衝立の頭で要らない装備を片付けながら休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衝立の頭で要らない装備を片付けながら休憩
2
国境稜線を指差すtorrentさん(次回は国境稜線へ抜けますか?)
2022年06月19日 09:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国境稜線を指差すtorrentさん(次回は国境稜線へ抜けますか?)
4
踏み跡を辿って北稜下降路の懸垂下降支点へ
2022年06月19日 09:54撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡を辿って北稜下降路の懸垂下降支点へ
1
1回目の懸垂下降中のtorrentさん
2022年06月19日 10:03撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1回目の懸垂下降中のtorrentさん
2
1回目の懸垂下降支点
2022年06月19日 10:04撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1回目の懸垂下降支点
2
2回目の懸垂下降支点
2022年06月19日 10:20撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目の懸垂下降支点
1
2回目の懸垂下降中
2022年06月19日 10:20撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目の懸垂下降中
3
3回目の懸垂下降中のtorrentさん
2022年06月19日 10:29撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3回目の懸垂下降中のtorrentさん
3
3回目の懸垂下降支点
2022年06月19日 10:29撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3回目の懸垂下降支点
1
3回目の懸垂下降中
2022年06月19日 10:37撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3回目の懸垂下降中
1
4回目の懸垂下降支点
2022年06月19日 10:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4回目の懸垂下降支点
2
4回目の懸垂下降支点のコップスラブ側は開けている
2022年06月19日 10:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4回目の懸垂下降支点のコップスラブ側は開けている
1
コップ状岩壁もいつかは・・
2022年06月19日 10:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コップ状岩壁もいつかは・・
2
4回目の懸垂下降はこっちの方へ
2022年06月19日 10:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4回目の懸垂下降はこっちの方へ
1
4回目の懸垂下降中、下り始めてから5mぐらいのところ
2022年06月19日 10:56撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4回目の懸垂下降中、下り始めてから5mぐらいのところ
1
4回目の懸垂下降中、下り始めてから5mぐらいのところにも懸垂下降支点がありますがスルーします
2022年06月19日 10:57撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4回目の懸垂下降中、下り始めてから5mぐらいのところにも懸垂下降支点がありますがスルーします
1
5回目の懸垂下降支点
2022年06月19日 11:12撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5回目の懸垂下降支点
1
5回目の懸垂下降支点から上を見上げる
2022年06月19日 11:12撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5回目の懸垂下降支点から上を見上げる
1
5回目の懸垂下降準備中のtorrentさん
2022年06月19日 11:12撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5回目の懸垂下降準備中のtorrentさん
2
5回目の懸垂下降中
2022年06月19日 11:23撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5回目の懸垂下降中
1
5回目の懸垂下降中のヤマパン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5回目の懸垂下降中のヤマパン
2
6回目の懸垂下降支点にいるtorrentさん
2022年06月19日 11:23撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6回目の懸垂下降支点にいるtorrentさん
2
6回目の懸垂下降支点でロープ回収中
2022年06月19日 11:26撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6回目の懸垂下降支点でロープ回収中
2
6回目の懸垂下降支点
2022年06月19日 11:31撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6回目の懸垂下降支点
1
コップスラブからのコップ状岩壁
2022年06月19日 11:35撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コップスラブからのコップ状岩壁
2
北稜下降路
2022年06月19日 11:35撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北稜下降路
2
6回目の懸垂下降でピナクルに到達したtorrentさん
2022年06月19日 11:36撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6回目の懸垂下降でピナクルに到達したtorrentさん
2
6回目の懸垂下降中のヤマパン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6回目の懸垂下降中のヤマパン
2
ピナクル脇の支点
2022年06月19日 11:45撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピナクル脇の支点
1
ピナクルからは踏み跡を辿って下ります
2022年06月19日 11:45撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピナクルからは踏み跡を辿って下ります
1
ピナクルから下ってくるtorrentさん
2022年06月19日 11:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピナクルから下ってくるtorrentさん
3
雪渓を横断せずに無名沢の右岸側を下る
2022年06月19日 11:51撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を横断せずに無名沢の右岸側を下る
1
無名沢の右岸側を下って灌木を掴んで雪渓を横断できるところ横断しました
2022年06月19日 11:55撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名沢の右岸側を下って灌木を掴んで雪渓を横断できるところ横断しました
1
無名沢の左岸側の際を灌木を掴みながら登って衝立前沢の合流部へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名沢の左岸側の際を灌木を掴みながら登って衝立前沢の合流部へ
2
登ってくるtorrentさん
2022年06月19日 11:58撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってくるtorrentさん
2
衝立前沢の合流部
2022年06月19日 11:58撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衝立前沢の合流部
1
衝立前沢を下る
2022年06月19日 11:58撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衝立前沢を下る
1
衝立前沢を下る
2022年06月19日 12:03撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衝立前沢を下る
1
衝立前沢を下る(トラロープのあるところ)
2022年06月19日 12:17撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衝立前沢を下る(トラロープのあるところ)
2
衝立前沢の懸垂下降支点
2022年06月19日 12:21撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衝立前沢の懸垂下降支点
1
懸垂下降の準備をします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降の準備をします
2
大きな口を開けた雪渓は右側から乗りました
2022年06月19日 12:32撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな口を開けた雪渓は右側から乗りました
3
懸垂下降した衝立前沢の滝
2022年06月19日 12:32撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降した衝立前沢の滝
2
一ノ倉沢出合まで下山
2022年06月19日 12:46撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢出合まで下山
2
谷川岳ベースプラザまで下山して登山終了
2022年06月19日 13:09撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳ベースプラザまで下山して登山終了
2

感想/記録

6/19(日)は山岳会山行で布岩の予定でしたが日曜日の天気予報がいまいちだったので前日の6/18(土)に日程が変更となった。
なので予報の悪い日曜日は『ジムか?レストか?それとも里山で歩荷トレか?』と思ってましたが、金曜日に天気予報を見ると日曜日も何とかなりそうな予報に!!
そこで6/12(日)に計画して雨で流れた凹状岩壁〜一ノ倉岳をIさん、KRさんに打診したところ両名とも予定ありとの返答が・・・(残念)
torrentさんに凹状岩壁(北稜下降)にどうですか?と打診するとOKの返事をもらい(やったー)日曜日は凹状岩壁を登れることになった。2回敗退している凹状岩壁・・・今回は登れるか?
Climbing

ヾ響

・前回は5P目でリードIさんのフォール負傷で敗退、前々回はテールリッジ途中で雨敗退でしたが、今回は問題なく上まで登れました。(torrentさんにお願いして4〜6Pと8Pをリードさせてもらいました。A0無くオールフリーで登れて良かったです。)

・お昼過ぎから雨予報の天気予報もあったせいか日曜日なのに他のパーティーは見かけませんでした。(3ルンゼに知人が入ってたと下山後に知りましたが。)

・前回濡れていた4P目は乾いていたので難なく登れました。

・6P目はルーファイに迷いました。スタートから少し上がってリッジへと右上してリッジを越えて凹角に入りバック&フットで高度を上げてからリッジの方へ戻ってリッジ沿いに登りその後凹角を登りました。残置支点を見るとおそらくリッジ上を登るのが正解のような気もしますが面白いムーブで登れて面白かったです!皆さんも是非(笑)

・7P目は染み出し(草付のせい?)なのか岩が濡れていて滑りそうで悪かったです。torrentさんナイスリード(笑)

・8P目は岩が硬くて快適とのネット情報があったので草付の階段状へ豪快に乗越そうとクラック上部の岩を掴んで荷重したら胴体ぐらいの岩が動いたのでそっと登りました(こわ!)

・懸垂下降はtorrentさんがいつも杉滝岩で懸垂下降の練習をしているの知っていたので今回は時間もあるし楽をさせてもらおうと思ってtorrentさんに懸垂下降のトップを全てお願いしました。

反省

・懸垂下降4回目でロープがスタックして少し登り返しました。(草付なので草を掴みながらフリーで。)この区間の懸垂下降は右へ右へと屈曲しながら下る懸垂下降で、木が倒れ木の根の部分がむき出しのところがあり、ロープが土付きの木の根に食い込んでロープスタックしてました。(昨年下りたときこんな状態の木は無かったと記憶してますが・・・)2番手の私が懸垂下降時にロープが木の根に干渉しないよう工夫して下りれば良かったのですが大丈夫だろうと(記憶ではそこまで右へ屈曲するとは思ってなかったのでロープスタックはしないだろうと思いました。)そのまま下降したのが悪かったと思います。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:298人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ