また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4440325 全員に公開 ハイキング 金剛山・岩湧山

金剛山 / 妙見谷は水のワンダーランドだ!

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年06月26日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
金剛登山口周辺に有料駐車場多数あり
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:22
距離
6.7 km
登り
681 m
下り
650 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.6~1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
1時間41分
合計
6時間19分
S金剛登山口バス停09:1410:02妙見滝10:2612:34九合目(千早本道)12:3512:43転法輪寺12:45金剛山12:5112:56転法輪寺13:0213:05山頂広場13:5614:00六地蔵14:0114:10ツツジオ谷下降点15:01腰折滝15:1215:24ツツジオ谷入口15:2515:33黒栂谷道分岐G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
高巻き、へつり等危険個所多い。ルートファインディングに長け、岩場の経験を十分積んだ上級者向けコース。
過去天気図(気象庁) 2022年06月の天気図 [pdf]

写真

富田林から仰ぎ見る大和葛城山と金剛山。
2022年06月24日 17:20撮影 by A002SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富田林から仰ぎ見る大和葛城山と金剛山。
1
さあ妙見谷へ!
2022年06月26日 09:24撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ妙見谷へ!
1
最初の難関、グラグラ揺れるアルミ梯子。
2022年06月26日 09:48撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の難関、グラグラ揺れるアルミ梯子。
1
妙見滝に到着。今日は水量も多く見ごたえがある。
2022年06月26日 10:09撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙見滝に到着。今日は水量も多く見ごたえがある。
1
滝の上からこんにちは。
2022年06月26日 10:17撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の上からこんにちは。
1
沢の中をジャブジャブと遡行していく。
2022年06月26日 10:21撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の中をジャブジャブと遡行していく。
1
まあまあスリルのあるトラバース。
2022年06月26日 10:27撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあまあスリルのあるトラバース。
1
滝の横をロープにつかまってよじ登る。
2022年06月26日 10:52撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の横をロープにつかまってよじ登る。
1
ナメコかな?
2022年06月26日 11:12撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメコかな?
1
なんか美味しそう。食えるのかな?
2022年06月26日 11:18撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか美味しそう。食えるのかな?
1
中央突破。
2022年06月26日 11:29撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央突破。
1
沢の水も徐々に涸れてくるとゴールは近い。
2022年06月26日 12:16撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の水も徐々に涸れてくるとゴールは近い。
1
山頂へ。
2022年06月26日 12:43撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ。
1
2本並んで立っている夫婦杉。
2022年06月26日 12:46撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本並んで立っている夫婦杉。
1
12:45、葛木神社到着。
2022年06月26日 12:53撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:45、葛木神社到着。
1
転法輪寺の不動明王。
2022年06月26日 12:59撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺の不動明王。
1
山頂広場にて。
2022年06月26日 13:53撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場にて。
1
この日の眺望はイマイチ。
2022年06月26日 13:54撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の眺望はイマイチ。
1
タカハタ道から下山します。
2022年06月26日 14:12撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカハタ道から下山します。
1
水場。冷たくて美味い!
2022年06月26日 14:36撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場。冷たくて美味い!
1
丸木橋を渡るとツツジオ谷を経て山頂へ。
2022年06月26日 15:03撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸木橋を渡るとツツジオ谷を経て山頂へ。
1
腰折滝。こっちは水量あまりなかった。なぜ?
2022年06月26日 15:15撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腰折滝。こっちは水量あまりなかった。なぜ?
1
豆腐を買って帰ります。
2022年06月26日 15:49撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豆腐を買って帰ります。
1

感想/記録
by clary

夏に初めての山小屋泊での遠征山行を計画している我等にこさわ山岳会(仮称)。
それに向けてのトレーニングに行こうということで、当初は釈迦ヶ岳を予定していたのだが、どうも大峰山脈方面は天気予報があまりよろしくなく、どこに変更しようかと悩んでいると、ひるねが妙見谷歩いて山の豆腐も買いたいと言うので金剛山へ行くことに決定。妙見谷好きやな。

朝の6時にひるね実家に義妹と残念さんを迎えに行き、朝マックを食って金剛山へ。
ところが富田林あたりから雨がパラつきはじめ、さわやかトイレの駐車場に着くころにはまあまあの本降りに。仕方がないので車の中で雨が止むのを待つ。9時前ごろに雨が上がり青空が広がり始める。ヘンな天気。
装備を整えて出発。10分ちょい車道を歩いて妙見谷へ。道が登山道らしくなってきて左の対岸に見事な連瀑が見えてくると妙見谷最初の難関、グラグラ揺れるアルミ梯子だ。オレとひるねはこれで3回目なのでそれほど難儀せずに通過したが、初めて来る義妹と残念さんはまずハシゴに乗るところからギャアギャア言いながら四苦八苦していた。
連瀑の上部から沢に入り、しばらく進むと落差15m(もないように見えるが)の妙見滝へ到着。前日と朝の雨のせいか今日は水量が豊富でなかなか見ごたえがある。
しかしあれだけの雨の直後だというのに、水が濁っておらず透明度が高い。思うに妙見谷は土があまりなく、岩や砂礫ばかりなのだろう。美しい沢だ。
妙見滝の左岸からロープに掴まって滝の上に上がり、水の中をジャブジャブと進んでいく妙見谷の遡行の始まり始まり。
今回で3回目だが、やはりこのルートは変化に富んでいて楽しい。スリリングでテクニカル、流れる水は美しく、渡る風は涼やかだ。今日は水量が多いのでその分若干難易度も上がっているがそれもまた楽しい。
義妹と残念さんは時々深い場所にドボンとはまったり急斜面の登攀に失敗して滑落したりと苦戦しながらも楽しんでいる様子。
ルートの斜度が急になってくるとやがて左手正面に滑落死亡事故のあった進入禁止のロープが張られた崩壊地があり、右手にある沢の本流に沿って森の中へと入っていく。
ガレた沢は徐々に水量が少なくなり、笹の茂った尾根に乗るとやがて千早本道と合流して山頂広場の一角に出る。

12:45、山頂の葛木神社到着。
山頂広場に戻り昼メシを食い、タカハタ道から下山する。時間のかかった登りと比べて下りは比較的スムーズに進み、腰折滝を経て黒栂林道へ下山、ひるねの楽しみにしていた山の豆腐屋さんで豆腐を買い込む。
車を30分ほど走らせて太子温泉で汗を流して帰る。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:121人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ