また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4447774 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

西穂高岳 (2日間の好天に恵まれた岩稜ハイク)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年07月01日(金) ~ 2022年07月02日(土)
メンバー
天候DAY1:晴れ、DAY2:快晴
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
7.6 km
登り
877 m
下り
878 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

■DAY1(7月1日)
11:00新穂高温泉→ (RW 0:15)→ 11:25西穂高口11:55→ 13:05西穂山荘
■DAY2(7月2日)
5:00西穂山荘→ 5:15丸山→ 5:55西穂独標→ 6:25ピラミッドピーク→ 7:15西穂高岳7:35→ 8:20ピラミッドピーク8:25→ 8:50西穂独標8:55→ 9:30丸山→ 9:45西穂山荘10:20→ 11:20西穂高口11:40→ (RW 0:15)→ 12:05新穂高温泉
その他周辺情報駐車場: 何も考えずに、一般観光客用の有料駐車場に泊めたら、2500円を払うことに。登山客用に無料駐車場は1Kmほど手前にあったので、次回はそこに。

写真

11:25 ロープウェイで西穂高口に到着。ここでラーメン食べてお昼にした。展望台から、ちょっとガスがかかっている西穂高岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:25 ロープウェイで西穂高口に到着。ここでラーメン食べてお昼にした。展望台から、ちょっとガスがかかっている西穂高岳。
12
11:55 西穂山荘に向けて、西穂高口を出発。やっぱりテン泊ザックはずっしり重い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:55 西穂山荘に向けて、西穂高口を出発。やっぱりテン泊ザックはずっしり重い。
3
西穂山荘の屋根が見える。この時は。あんなに近いのかと思ったが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘の屋根が見える。この時は。あんなに近いのかと思ったが・・・
3
まだフレッシュなムラサキヤシオに逢えるとは、びっくり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだフレッシュなムラサキヤシオに逢えるとは、びっくり。
20
樹林帯の中を抜けていくが、そう簡単に着くわけはない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中を抜けていくが、そう簡単に着くわけはない。
2
コイワカガミや、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワカガミや、
8
まだ咲いているエンレイソウ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ咲いているエンレイソウ、
6
ズダヤクシュが応援してくれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズダヤクシュが応援してくれる。
8
発電機の音が聞こえてきたと思ったら、ナナカマドの向こうに、西穂山荘が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発電機の音が聞こえてきたと思ったら、ナナカマドの向こうに、西穂山荘が見えてきた。
9
ナナカマドの花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの花。
7
ここのナナカマドは、紅葉したら、きっときれいだね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのナナカマドは、紅葉したら、きっときれいだね。
8
ミヤマキンポウゲ。山荘の廻りは、花だらけだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ。山荘の廻りは、花だらけだ。
12
13:05 西穂山荘にとうちゃこ。テント泊の受付(@2000)をして、我が家をつくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:05 西穂山荘にとうちゃこ。テント泊の受付(@2000)をして、我が家をつくる。
11
テン場には、既に8張ほどあり、霞沢岳(左)と乗鞍岳(右)がよく見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場には、既に8張ほどあり、霞沢岳(左)と乗鞍岳(右)がよく見える。
15
我が家(左緑)が完成し、まずは缶ビール500(@800)を買って乾杯。うめ〜〜!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が家(左緑)が完成し、まずは缶ビール500(@800)を買って乾杯。うめ〜〜!!
11
ちょっと休んで、1時間ほど、山荘の廻りの花を見学に出る。我が家の後ろに咲く、キヌガサソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと休んで、1時間ほど、山荘の廻りの花を見学に出る。我が家の後ろに咲く、キヌガサソウ。
14
そして、シナノキンバイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、シナノキンバイ。
8
シナノキンバイは、そろそろ終盤かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノキンバイは、そろそろ終盤かな。
11
カラマツソウに、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツソウに、
6
そして、コバイケイソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、コバイケイソウ。
7
足元にひっそり咲いているヤマハタザオ(たぶん)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にひっそり咲いているヤマハタザオ(たぶん)。
5
ナナカマドに隠れて、サンカヨウも、たくさん咲いていて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドに隠れて、サンカヨウも、たくさん咲いていて
21
どれも、まだフレッシュだ。いい時に来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どれも、まだフレッシュだ。いい時に来た。
7
そしてキヌガサソウも、たくさん咲いている。本当に、ベストタイミングだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてキヌガサソウも、たくさん咲いている。本当に、ベストタイミングだった。
17
ベニバナイチゴも、今が盛り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニバナイチゴも、今が盛り。
6
ミヤマキンポウゲもフレッシュだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲもフレッシュだ。
7
19:15 日の入りのちょっと前にタイマーをかけて起きてみると、いい感じじゃない。霞沢岳が、染まっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19:15 日の入りのちょっと前にタイマーをかけて起きてみると、いい感じじゃない。霞沢岳が、染まっている。
24
笠ヶ岳方面。たぶん太陽さんは、こちらにいるはずだが、見つからない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳方面。たぶん太陽さんは、こちらにいるはずだが、見つからない。
7
そして5分もすると、ガラモンの頭をもつファルコンに変形した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして5分もすると、ガラモンの頭をもつファルコンに変形した。
14
19:20 これで、今日の夕景のドラマはおしまい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19:20 これで、今日の夕景のドラマはおしまい。
24
20:40 夕景から1時間ほどスマホ(電波入ります)をいじっていたが、飽きてきて外を見てみると、星が見えていたので。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20:40 夕景から1時間ほどスマホ(電波入ります)をいじっていたが、飽きてきて外を見てみると、星が見えていたので。
10
星景チャレンジ: 丸山方面の星空。ただ星や星座の名前については、ぜんぜんわかりません。ただいま勉強中です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星景チャレンジ: 丸山方面の星空。ただ星や星座の名前については、ぜんぜんわかりません。ただいま勉強中です。
13
星景チャレンジ: 霞沢岳の上の天の川。天の川を撮るには、まだ時間が早過ぎるようです。また一眠りしよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星景チャレンジ: 霞沢岳の上の天の川。天の川を撮るには、まだ時間が早過ぎるようです。また一眠りしよう。
10
星景チャレンジ: 1:15 また起きてきました。丸山方面の星空。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星景チャレンジ: 1:15 また起きてきました。丸山方面の星空。
15
星景チャレンジ: 乗鞍岳の上に天の川。なかなかいい感じじゃない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星景チャレンジ: 乗鞍岳の上に天の川。なかなかいい感じじゃない。
27
4:25 外が少し明るくなってきました。もう朝ラーメンし、テントも片付け始めています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4:25 外が少し明るくなってきました。もう朝ラーメンし、テントも片付け始めています。
8
乗鞍岳がまとう紫の帯。この朝の、なんとも言えない紫色が、自分の大好物です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳がまとう紫の帯。この朝の、なんとも言えない紫色が、自分の大好物です。
13
5:00 サブザックで西穂山荘を出発。笠ヶ岳にも、陽が当たり始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:00 サブザックで西穂山荘を出発。笠ヶ岳にも、陽が当たり始めました。
7
山荘からちょっと登ったところから振り返ると、焼岳がスポットライトを浴びてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘からちょっと登ったところから振り返ると、焼岳がスポットライトを浴びてました。
26
朝の凜とした空気は少し冷たくて、登山にはちょうどいいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の凜とした空気は少し冷たくて、登山にはちょうどいいです。
9
岩の間に、イワツメグサが咲いてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の間に、イワツメグサが咲いてます。
8
雲ひとつありません。お願いですから、山頂に着くまで、このままで・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ひとつありません。お願いですから、山頂に着くまで、このままで・・・
10
5:10 霞沢岳に水平に差してくる朝日。いい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:10 霞沢岳に水平に差してくる朝日。いい感じ。
13
そして、笠ヶ岳にも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、笠ヶ岳にも。
18
ナナカマドの花。この辺りも、紅葉の頃に来てみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの花。この辺りも、紅葉の頃に来てみたい。
9
5:15 丸山にとうちゃく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:15 丸山にとうちゃく。
10
丸山からの登り。雷鳥が出てきそうな感じなので、探してみましたが、天気が良すぎるみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山からの登り。雷鳥が出てきそうな感じなので、探してみましたが、天気が良すぎるみたい。
5
5:25 ちょっと登ったところから振り返って。山塊の目覚めという感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:25 ちょっと登ったところから振り返って。山塊の目覚めという感じ。
12
5:35 独標、その先にも、もう人がいる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:35 独標、その先にも、もう人がいる。
7
ミヤマダイコンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ。
14
5:45 自分も早く行きたい。ポンコツエンジンを、オーバーヒート限界まで廻す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:45 自分も早く行きたい。ポンコツエンジンを、オーバーヒート限界まで廻す。
7
花もたくさん咲いていて、こちらにも気を盗られる。コイワカガミや、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花もたくさん咲いていて、こちらにも気を盗られる。コイワカガミや、
8
こんなお花畑がたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなお花畑がたくさん。
9
ハクサンイチゲとミヤマキンポウゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲとミヤマキンポウゲ。
12
この岩場を登れば、独標だが、こんなに急だったっけ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩場を登れば、独標だが、こんなに急だったっけ!!
6
5:55 西穂独標(11峰)にとうちゃこ。いい天気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:55 西穂独標(11峰)にとうちゃこ。いい天気です。
21
独標から、登ってきたところを振り返って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標から、登ってきたところを振り返って。
7
これから進む岩稜体、すごいじゃない。6:00 水分を補給して、出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む岩稜体、すごいじゃない。6:00 水分を補給して、出発。
22
独標を下りたところのお花畑。でも危なくて、とても近づけない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標を下りたところのお花畑。でも危なくて、とても近づけない。
6
笠ヶ岳をバックに、ミヤマシオガマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳をバックに、ミヤマシオガマ。
11
イワウメ。もしかしたら、初めてかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウメ。もしかしたら、初めてかも。
13
独標を振り返って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標を振り返って。
8
6:10 本当に登っていけるの?って感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:10 本当に登っていけるの?って感じ。
17
なかなかの、いい景色です。1ヶ月後に挑戦予定の霞沢岳が気になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの、いい景色です。1ヶ月後に挑戦予定の霞沢岳が気になります。
13
チシマアマナ(たぶん)とミヤマキンバイ。チシマアマナは、まちがいなくお初です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チシマアマナ(たぶん)とミヤマキンバイ。チシマアマナは、まちがいなくお初です。
9
6:25 ピラミッドピーク(8峰)。ここでも水分補給。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:25 ピラミッドピーク(8峰)。ここでも水分補給。
13
ピラミッドピークから、振り返って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークから、振り返って。
7
ピラミッドピークから、上高地方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークから、上高地方面。
8
ピラミッドピークから、吊尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークから、吊尾根。
5
ピラミッドピークから、抜戸岳方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークから、抜戸岳方面。
8
6:35 あのチェーンがあるところが、怖そうだけど、行ってみるとたいしたことはなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:35 あのチェーンがあるところが、怖そうだけど、行ってみるとたいしたことはなかった。
12
たぶん、あれは山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん、あれは山頂です。
6
6:45 西穂の山頂が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:45 西穂の山頂が見えてきた。
7
左半分は行ったことがある山域、右半分は未知の山域。そんなことを考えながら・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左半分は行ったことがある山域、右半分は未知の山域。そんなことを考えながら・・・
11
6:50 振り返って、かっこいいギザギザの岩稜体。残念ながら、勉強不足で、どれが何峰かわからない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:50 振り返って、かっこいいギザギザの岩稜体。残念ながら、勉強不足で、どれが何峰かわからない。
11
こうやって見ると、なかなかの高度感。いい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやって見ると、なかなかの高度感。いい感じ。
11
7:00 もうじき山頂。今日は岩が乾いていて、登山靴のグリップは全く心配なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:00 もうじき山頂。今日は岩が乾いていて、登山靴のグリップは全く心配なし。
8
イワベンケイがきれいに咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワベンケイがきれいに咲いている。
13
ギザギザの連続。山頂手前のスラブ状の岩がちょっと緊張しましたが、問題なく通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギザギザの連続。山頂手前のスラブ状の岩がちょっと緊張しましたが、問題なく通過。
7
7:15 西穂高岳にとうちゃこ。予定より1時間近く早く着いてしまった、ポンコツエンジンもがんばってくれました。全方向、絶景で、最高です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:15 西穂高岳にとうちゃこ。予定より1時間近く早く着いてしまった、ポンコツエンジンもがんばってくれました。全方向、絶景で、最高です。
26
奥穂高に向かう、禁断のルート。なかなかの迫力で惹かれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高に向かう、禁断のルート。なかなかの迫力で惹かれます。
17
山頂から、振り返って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から、振り返って。
7
山頂から、上高地方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から、上高地方面。
13
山頂から、槍ヶ岳方面。槍ヶ岳周辺の地形がわかって、いい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から、槍ヶ岳方面。槍ヶ岳周辺の地形がわかって、いい感じ。
11
見えている所は、自分には未知の山域で、どこが何山だか全くわからないが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えている所は、自分には未知の山域で、どこが何山だか全くわからないが、
13
今後のために、山頂付近をズームしておいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今後のために、山頂付近をズームしておいた。
7
みんな個性があって、りっぱな山に見えてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな個性があって、りっぱな山に見えてくる。
9
手前の稜線は、西鎌尾根。ここも未知の山域。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の稜線は、西鎌尾根。ここも未知の山域。
7
あのたおやかな稜線は、歩けるだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのたおやかな稜線は、歩けるだろうか。
8
笠ヶ岳。ロープウェイの案内で、あの水平の横筋はカルデラ火山の証拠だと行っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳。ロープウェイの案内で、あの水平の横筋はカルデラ火山の証拠だと行っていた。
12
乗鞍岳と御嶽山(後ろ)。今日は、空気も澄んでいて、遠くまでくっきり撮れる。いい日に来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳と御嶽山(後ろ)。今日は、空気も澄んでいて、遠くまでくっきり撮れる。いい日に来た。
8
槍ヶ岳の西側山容。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳の西側山容。
11
7:35 山頂でのんびりしたいが、皆さん長居せずに下山しているので、下山開始。穂高さん、また来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:35 山頂でのんびりしたいが、皆さん長居せずに下山しているので、下山開始。穂高さん、また来ます。
7
下山は、滑落しないように気をつけて、花を撮りながら、ゆっくり行きましょう。イワウメ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は、滑落しないように気をつけて、花を撮りながら、ゆっくり行きましょう。イワウメ。
5
ハクサンイチゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。
10
ハクサンイチゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。
11
7:55 吊尾根にも陽が当たってきました。ここには、残雪が見えてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:55 吊尾根にも陽が当たってきました。ここには、残雪が見えてます。
5
ハクサンイチゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。
3
8:20 ピラミッドピークまで戻ってきました。ここから見る西穂高が、一番かっこいい気がする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:20 ピラミッドピークまで戻ってきました。ここから見る西穂高が、一番かっこいい気がする。
11
吊尾根が、なかなかきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根が、なかなかきれいです。
11
尾根の続きを、もう一枚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の続きを、もう一枚。
9
いい天気の日に来れたと、なんども感動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気の日に来れたと、なんども感動。
7
タイツリオウギ(たぶん)、初めて見ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイツリオウギ(たぶん)、初めて見ました。
7
8:40 ピラミッドピークを下りてきたところから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:40 ピラミッドピークを下りてきたところから。
7
もうすぐに、独標です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐに、独標です。
5
8:55 よくこんなところ行ってこれたと感心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:55 よくこんなところ行ってこれたと感心。
16
8:50 西穂独標。水分補給。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:50 西穂独標。水分補給。
10
独標の標識の下に咲く、イワツメグサ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標の標識の下に咲く、イワツメグサ。
7
独標から、焼岳。まだ活火山であることを主張しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標から、焼岳。まだ活火山であることを主張しています。
9
そして、遠くの白山。こんなにくっきり見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、遠くの白山。こんなにくっきり見えます。
19
乗鞍岳。左にちょっと見えるのは御岳山、望遠レンズの圧縮効果で間近に見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳。左にちょっと見えるのは御岳山、望遠レンズの圧縮効果で間近に見えます。
11
独標からの最後は、ジャンダルム。どうやって行くのか見当もつきません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標からの最後は、ジャンダルム。どうやって行くのか見当もつきません。
18
独標を下りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標を下りてきました。
6
ここまで来ると一安心。笠ヶ岳がきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると一安心。笠ヶ岳がきれいです。
7
9:15 振り返って西穂高岳。この辺りから見える西穂高が、一番好物です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:15 振り返って西穂高岳。この辺りから見える西穂高が、一番好物です。
7
まだ、上がってくる雲もなし。朝一に計画して大正解でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ、上がってくる雲もなし。朝一に計画して大正解でした。
8
9:30 丸山を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:30 丸山を通過。
10
丸山から、下ってきたラインを振り返って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山から、下ってきたラインを振り返って。
4
前穂高から明神岳につながる稜線でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高から明神岳につながる稜線でしょうか。
5
イワツメグサや、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツメグサや、
3
ゴゼンタチバナを撮って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナを撮って、
4
9:40 だいぶ下ってきました。陽が当たると、いろいろな緑が混じった美しい山でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:40 だいぶ下ってきました。陽が当たると、いろいろな緑が混じった美しい山でした。
8
9:45 西穂山荘にとうちゃく。登山者で溢れています。
サブザックから、デポしておいた大型ザックに詰め替えるなど下山の準備をして、10:20 下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:45 西穂山荘にとうちゃく。登山者で溢れています。
サブザックから、デポしておいた大型ザックに詰め替えるなど下山の準備をして、10:20 下山開始。
8
お世話になったテン場にも、さようなら。もう新しいテントが5張ありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になったテン場にも、さようなら。もう新しいテントが5張ありました。
9
11:20 西穂高口に到着、ロープウェイで、12:05 新穂高温泉 にとうちゃく。お疲れ様でした。好天、絶景、たくさんの花、ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:20 西穂高口に到着、ロープウェイで、12:05 新穂高温泉 にとうちゃく。お疲れ様でした。好天、絶景、たくさんの花、ありがとうございました。
6

感想/記録

・長野でも36度の異常な猛暑で私の頭はフリーズ寸前。90才になる親が住む実家の寝室に急いでエアコン設置させても、自分の部屋にエアコンを付ける金はなく、家では毎日蒸し風呂に入っているようだ。PCを見始めても、一瞬で意識朦朧となり、ヤマレコもご無沙汰。そしてほとんど眠れず睡眠不足。・・・。 それなので、会社でも居眠りばかり。・・・。 話を元に戻そう。

・2009年10月、妻と娘を連れて、日帰りで独標まで行ってきたことはあるが、それ以来の西穂高だ。あの時は雪がうっすら降って、その思いがけない山の美しさに感動した。いい思い出になったはずだったが、今では妻も娘もどの山に行ったのかすら全く覚えていない。・・・。どうしてだ。・・・。 話を元に戻そう。

・それ以降はご無沙汰の西穂高だが、今回は2日間をかけて、ちゃんと山頂まで行く計画を立てた。そして重いザックでも、西穂山荘まで1時間ほど担げばいいので、けちってテント泊にした。
・例年であれば、まだ梅雨なので、ガスや小雨ぐらいなら仕方がないと思っていたが、二日ともに好天に恵まれて、最高の登山になった。北アルプス南部の山々、笠ヶ岳、霞沢岳、焼岳のいい景色がたくさん撮れたし、夕景、星景の写真も撮れた。そして夏の花もたくさん撮れた。その中には初めて見る花もいくつかあった。最高の山行じゃん。この夏の山行の出だしは最高、この調子で続けよう。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:444人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ