また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4450447 全員に公開 ハイキング 大山・蒜山

大山(弥山) ↑夏山登山道↓行者道

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年07月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
南光瓦河原駐車場に駐車。
無料でした。
深夜2時過ぎ到着で、9割方埋まっていました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:25
距離
7.9 km
登り
985 m
下り
965 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
1時間24分
合計
7時間16分
S大山寺橋・南光河原駐車場04:3904:51夏山道登山口(大山寺橋側)04:5104:53夏山登山口04:5405:32三合目05:3306:12五合目06:1206:16行者谷分かれ06:1606:28六合目避難小屋06:4607:30八合目07:4007:43石室方面との分岐07:4407:57大山頂上避難小屋07:5908:02大山頂上碑08:3308:43大山頂上避難小屋08:4309:00石室09:0409:06石室方面との分岐09:0709:18八合目09:2409:49六合目避難小屋09:5910:09行者谷分かれ10:0910:12五合目10:1211:14元谷堰堤右岸分岐11:1511:29元谷・下宝珠越分岐11:3011:34大神山神社11:3411:57大山館G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はありませんが、整備され尽くした木製階段と木道がほぼ全体を占めており、単調な山歩きです。
行者道コースは元谷を超えると、夏山登山道との合流地点まで急な木製階段が続きます。
八合目を超えると木道になり、やや勾配はありますが歩きやすく景色の素晴らしい山歩きとなります。
その他周辺情報南光瓦河原駐車場付近には店舗も多く、困ることはないと思いますが、夕方以降店は全て閉まります。
山頂の避難小屋には売店があり、山頂限定商品や飲料が購入できます。
売店営業日は南光瓦河原駐車場前で確認出来ます。
■トイレ
登山口に多くあります。
六合目避難小屋は携帯トイレブースがあります。
山頂避難小屋にもあります。

写真

朝4:50頃。
深夜3時頃には満車です。
2022年07月02日 04:47撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝4:50頃。
深夜3時頃には満車です。
1
一合目。
道標がしっかりしていて迷う心配なし。
2022年07月02日 05:06撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目。
道標がしっかりしていて迷う心配なし。
1
やる気みなぎっていらっしゃいます。
2022年07月02日 05:06撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やる気みなぎっていらっしゃいます。
2
加工された立派な木材の階段。
2022年07月02日 05:24撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加工された立派な木材の階段。
1
青いガクアジサイが綺麗です。
2022年07月02日 05:24撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青いガクアジサイが綺麗です。
3
ずーっと階段。
階段登りにきました!って言いそうになるw
2022年07月02日 06:11撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずーっと階段。
階段登りにきました!って言いそうになるw
1
六合目避難小屋。
中には携帯トイレブースがありました。
2022年07月02日 06:31撮影 by E-M5MarkIII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目避難小屋。
中には携帯トイレブースがありました。
1
少し霞んでいますが、日本海、美保湾が見えます。
2022年07月02日 07:22撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し霞んでいますが、日本海、美保湾が見えます。
3
八合目を過ぎ山頂に近づくと、木道に変わります。
木道といっても結構勾配ありますよ。
2022年07月02日 07:40撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目を過ぎ山頂に近づくと、木道に変わります。
木道といっても結構勾配ありますよ。
3
帰りは石室方面を回ろう。
2022年07月02日 07:43撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは石室方面を回ろう。
1
山頂が見えました。
この時のために階段登ったんだなー。
2022年07月02日 07:48撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えました。
この時のために階段登ったんだなー。
5
大山山頂、弥山到着。
先に見える剣ヶ峰は、ここより標高が20m高いですが、登山道崩壊のため立入禁止です。
2022年07月02日 07:59撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山山頂、弥山到着。
先に見える剣ヶ峰は、ここより標高が20m高いですが、登山道崩壊のため立入禁止です。
3
u.横に変なやつ居るねんけどと、お魚は思った。
t.ゆきおはお魚に励まされて登山した。感謝の記念撮影をした。
2022年07月02日 08:01撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
u.横に変なやつ居るねんけどと、お魚は思った。
t.ゆきおはお魚に励まされて登山した。感謝の記念撮影をした。
3
t.祝!初百名山!
ゆきおはくじけながら階段を登りきった! ゆきおエライ!
u.百名山企画してるので、次はくじけないで登りましょう🤗
2022年07月02日 08:01撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
t.祝!初百名山!
ゆきおはくじけながら階段を登りきった! ゆきおエライ!
u.百名山企画してるので、次はくじけないで登りましょう🤗
5
山頂から大山頂上避難小屋を見下ろす。
2022年07月02日 08:04撮影 by E-M5MarkIII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から大山頂上避難小屋を見下ろす。
4
絶景です。
少し霞んでいるのが残念。
2022年07月02日 08:05撮影 by E-M5MarkIII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景です。
少し霞んでいるのが残念。
2
石室方面回りで下山開始。
2022年07月02日 08:34撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石室方面回りで下山開始。
3
とてつもない爽快感。
2022年07月02日 08:48撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とてつもない爽快感。
8
行者道経由で下山。
元谷から大山を見上げる。
北壁が一望できるビュースポット。
2022年07月02日 10:42撮影 by E-M5MarkIII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者道経由で下山。
元谷から大山を見上げる。
北壁が一望できるビュースポット。
8
大神山神社の参道を下ると山行の終了です。
2022年07月02日 11:51撮影 by A001SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大神山神社の参道を下ると山行の終了です。
1
夕焼けが凄かった。
2022年07月02日 19:40撮影 by E-M5MarkIII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼けが凄かった。
10
夜は大山の南にある鍵掛峠で星空撮影。
2022年07月02日 20:57撮影 by E-M5MarkIII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜は大山の南にある鍵掛峠で星空撮影。
6

感想/記録
by uesun

新聞を読んでいると、崩落した登山道復旧のために売上2%寄付しているというホテルの記事を読み、急に協力すっかとホテルを予約。
日曜は天気が崩れるため金曜夜出発、土曜早朝から登山を開始した。

山を登りに来た、よいうより階段を登りに来たという方が正確だと思うくらい階段が多く、少々辟易しましたが、同時に登山道の復旧も含め丁寧に大切に扱われている事に、非常に好感を持ちました。

天然記念物のダイセンキャラボクの間を縫って歩くルートがあると思えば、荒々しい崩落地がその背面にあったり、目で見てとても楽しめました。

山頂の売店では山頂限定タオル、手ぬぐい、山バッジと、欲望に任せて散財しておいた。

復路は行者道を利用。
元谷から見える大山北壁は圧巻でした。
大山に行くなら、元谷には必ず訪れてほしいなと感じました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:173人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

避難小屋 崩落 山行 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ