また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4461310 全員に公開 アルパインクライミング 谷川・武尊

一ノ倉沢烏帽子沢奥壁南稜フランケ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年07月02日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・車は谷川ベースプラザに駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:30
距離
10.0 km
登り
949 m
下り
932 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間37分
休憩
54分
合計
9時間31分
S谷川岳ベースプラザ02:5703:37一ノ倉沢出合03:56テールリッジ基部04:46中央稜取付04:5004:55南稜フランケ取付05:1405:14南稜フランケ登攀開始時刻08:45南稜フランケ登攀終了時刻08:47南稜の馬の背リッジ途中から登攀開始時刻09:09南稜登攀終了時刻10:15南稜フランケ取付10:2910:42中央稜取付10:5411:19テールリッジ基部11:36一ノ倉沢出合11:40幽ノ沢への林道を途中まで11:44一ノ倉沢出合11:4912:28谷川岳ベースプラザG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
▶群馬県谷川岳遭難防止条例により危険地区内を登山する方は登山届け又は登山計画書の提出が必要になります。
 (一般登山者は登山しようとする日の10日前までに、山岳会所属の登山者は登山しようとする日までに谷川岳登山指導センターへ提出。)
https://www.police.pref.gunma.jp/seianbu/02tiiki/tozan-todoke_no.2.html

▶ルート状況(ルートグレードは参考にしたトポ図からで、あとは個人的な感想です。一ノ倉沢の雪渓の状態は2022年7/2現在のものです。)

◆アプローチ(一ノ倉沢出合〜テールリッジ基部)
・一ノ倉沢出合からテールリッジ基部まで雪渓通しで歩けなくなってました。雪渓に乗ってからすぐに右岸の夏の高巻き道へ上がりしばらく歩いてから夏の高巻き道から沢へ下りるところで雪渓に戻りました。
・雪渓歩きに慣れてない人はチェーンスパイク等があると安心だと思います。

◆アプローチ(テールリッジ基部〜中央稜取付〜南稜フランケ取付)
・岩が乾いている状態なら問題なく歩けますが濡れているときはスリップ注意!!(濡れ防止や軽さをも求めてアプローチシューズ以外の靴を履いてくると濡れている岩では滑って怖いらしいです。靴が濡れることは諦めクライミング時用の替えの靴下を携行してくることをお勧めします。)

◆一ノ倉沢烏帽子沢奥壁南稜フランケ(4級上、+)

ルート全般
・岩は比較的しっかりしてたと思います。
・ルート上は外傾しているホールドが多いので濡れている時の登攀はおすすめできません。(フリクションが効かないと滑って怖いと思います。)
・草で足元が見えないところは注意が必要です。
・2人とも初見でしたが迷ってルートを外すという事はありませんでした。
・ネットやトポの情報では中間支点が少なくランナウトするとありますが、個人的には中間支点はそれなりにあると感じました。(40mで6〜8個ぐらいあれば普通でしょ?)

1P フェースを右上〜直上 后30m(リード)
・フェースを右に出て右上にある終了点を目指して登れそうなところを適当に登りました。朝一で初見ルートだったので程よく緊張して登りました。
・残置中間支点はそれなりにあります。(4〜5個だったかな?)
・終了点はハンガー2つ
 
2P 草付凹状部を左上〜フェースを右上 后40m(フォロー)
・右上に見えるリッジ状を下部を目指して登れそうなところを適当に登りました。
・残置中間支点はほとんどありません。(3〜4個ぐらいだったかな?)
・終了点はハンガー1つとリングボルト2つ
 
3P  ハング下を右に出てフェースを直上 + 40m(リード)
・ハング下を右に出るのがトラバースがいやらしかったです。外傾したスタンスに左足を乗せ2つ目のピンにクイックドローを掛けロープクリップしようしたときにバランスを崩しそうになって思わずA0しました・・・。(落ちても一つ目のピンがありトラバースでグランドするわけでもないので粘れば良かったのかな?・・いや安全第一かな。)
・フェースに出てからは右上のバンドを目指して登れそうなところを適当に登りました。
・残置中間支点はそれなりにあります。(7〜8個だったかな?)
・終了点はハンガー2つ(私はバンド右端にあったこのハンガー2つが草で見えなかったのでそこを通り越し1段上のバンドまで登ってしまいました。下から見て終了点だと思った残置スリングの掛かった支点はリングボルト1つのみで終了点ではありませんでした。下のバンドを見るとハンガー2つが見えたのでカンテをクライムダウンして3P目の終了点へ辿り着きました。)

4P バンドを左へ出てカンテを1段上のバンドまで登りそこから左へ出て直上 + 40m(フォロー)
・カンテ上は問題なく登れます。1段上のバンドを左に行くと登れそうなところを登れば問題なく登れます。
・残置中間支点それなりにあります。(5〜6個だったかな?)
・終了点はハンガー1つと残置ハーケン2つ

5P フェースを左上 后檗40m(リード)
・頭上に見える馬の背リッジまでほぼ真っすぐ登れそうなところを登りました。途中から草付を左上しよかと思いましたが掴んだ灌木が抜けそうだったので(フォローのKさんが登った時には抜けてたそうです・・)そのまま真っすぐ登りました。
・ロープスケルは45mぐらい?(残りわずかでした。)
・残置中間支点はそれなりにあります。(3〜4個だったかな?)
・終了点は残置ハーケン2つと他の残置ハーケン2つに繋がったスリングをバックアップとして使いました。

6P 馬の背リッジの途中〜垂壁(南稜のルート) 検銑后20m+20m(フォロー)
・岩が濡れていなくて快適に登れました。
・ルート詳細は過去レコを参照してください。

◆下降
・6ルンゼ右俣〜南稜の下降に関する詳細は過去レコを参照してください。
過去天気図(気象庁) 2022年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 クライミングシューズ アプローチシューズ アルパイン用クイックドロー×6 50mダブルロープ ロックハンマー ハーケン×2〜3 捨て縄 その他登攀装備1式
共同装備 ファーストエイドキット ツエルト クイックドロー×2

写真

谷川岳ベースプラザを出発
2022年07月02日 02:57撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳ベースプラザを出発
2
一ノ倉沢出合を通過
2022年07月02日 03:37撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢出合を通過
1
テールリッジ基部を通過
2022年07月02日 03:56撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テールリッジ基部を通過
1
中央稜取付でクライミングシューズとロープ以外の装備を付ける
2022年07月02日 04:46撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜取付でクライミングシューズとロープ以外の装備を付ける
2
南稜フランケ取付に到着
2022年07月02日 04:55撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南稜フランケ取付に到着
1
南稜フランケ登攀開始します!(じゃんけんで勝ったので奇数ピッチをリードします。)
2022年07月02日 05:14撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南稜フランケ登攀開始します!(じゃんけんで勝ったので奇数ピッチをリードします。)
1
出だしは右上
2022年07月02日 05:19撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしは右上
3
足元に草でスタンスが見え辛い・・
2022年07月02日 05:19撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に草でスタンスが見え辛い・・
3
右に出たら後は適当に右上の終了点を目指して直上
2022年07月02日 05:24撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に出たら後は適当に右上の終了点を目指して直上
3
1P目終了点。右に変形チムニーが見える
2022年07月02日 05:31撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目終了点。右に変形チムニーが見える
1
1P目を登ってくるKさん
2022年07月02日 05:40撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目を登ってくるKさん
2
2P目をリードするKさん
2022年07月02日 06:13撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目をリードするKさん
3
2P目を登るヤマパン
2022年07月02日 06:21撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目を登るヤマパン
3
3P目出だしのトラバース。ここまで行けば問題なし(左ひざに見えてるカラビナのところでA0しました。)
2022年07月02日 06:39撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目出だしのトラバース。ここまで行けば問題なし(左ひざに見えてるカラビナのところでA0しました。)
4
この辺も問題なし
2022年07月02日 06:40撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺も問題なし
2
余裕あります
2022年07月02日 06:40撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余裕あります
3
変なムーブ(笑)
2022年07月02日 06:40撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変なムーブ(笑)
2
3P目終了点から4P目を見る。(カンテ上に私が掛けたアルヌンから少し上がったところが1段上のバンドで、そこからクライムダウンしてきました。)
2022年07月02日 07:07撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目終了点から4P目を見る。(カンテ上に私が掛けたアルヌンから少し上がったところが1段上のバンドで、そこからクライムダウンしてきました。)
3
3P目終了点から南稜を登るパーティーを見る
2022年07月02日 07:07撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目終了点から南稜を登るパーティーを見る
2
4P目のカンテ上をリードするKさん
2022年07月02日 07:37撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目のカンテ上をリードするKさん
3
4P目の1段上のバンドを左に出て上を目指してリードするKさん
2022年07月02日 07:44撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目の1段上のバンドを左に出て上を目指してリードするKさん
2
4P目フォロー中に撮った写真。1段上のバンドにある残置スリングの掛かったリングボルト(下から見てこいつを3P目終了点と間違ってここまで登った。)
2022年07月02日 08:01撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目フォロー中に撮った写真。1段上のバンドにある残置スリングの掛かったリングボルト(下から見てこいつを3P目終了点と間違ってここまで登った。)
1
4P目の1段上のバンドで笑顔のヤマパン
2022年07月02日 08:04撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目の1段上のバンドで笑顔のヤマパン
4
4P目終了点から5P目を見上げる
2022年07月02日 08:09撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目終了点から5P目を見上げる
2
適当に登れそうなところを登る
2022年07月02日 08:11撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当に登れそうなところを登る
3
草付は木登り(笑)
2022年07月02日 08:14撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草付は木登り(笑)
3
5P目終了点(馬の背リッジの途中にある終了点)
2022年07月02日 08:32撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目終了点(馬の背リッジの途中にある終了点)
1
5P目終了点から4P目終了点にいるKさんを見る
2022年07月02日 08:32撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目終了点から4P目終了点にいるKさんを見る
2
5P目終了点から南稜のルート(馬の背リッジの途中〜垂壁)を見る
2022年07月02日 08:32撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目終了点から南稜のルート(馬の背リッジの途中〜垂壁)を見る
3
南稜のルートの最後の垂壁を登るKさん
2022年07月02日 08:59撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南稜のルートの最後の垂壁を登るKさん
3
5回の懸垂下降で南稜フランケ取付まで下山
2022年07月02日 10:15撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5回の懸垂下降で南稜フランケ取付まで下山
1
懸垂下降中のKさん
2022年07月02日 10:16撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降中のKさん
3
南稜フランケ取付から50mロープ1本で最後の懸垂下降
2022年07月02日 10:29撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南稜フランケ取付から50mロープ1本で最後の懸垂下降
1
最後の懸垂下降でこの支点があるところまで下りました
2022年07月02日 10:33撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の懸垂下降でこの支点があるところまで下りました
1
南稜フランケを見上げる
2022年07月02日 10:33撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南稜フランケを見上げる
3
中央稜取付で不要な装備を片付ける
2022年07月02日 10:42撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜取付で不要な装備を片付ける
1
テールリッジ基部まで下山
2022年07月02日 11:19撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テールリッジ基部まで下山
3
一ノ倉沢出合までの雪渓は切れている
2022年07月02日 11:30撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢出合までの雪渓は切れている
2
ここから一ノ倉沢右岸の夏の高巻き道へ
2022年07月02日 11:30撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから一ノ倉沢右岸の夏の高巻き道へ
1
一ノ倉沢の雪渓の様子
2022年07月02日 11:32撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢の雪渓の様子
2
一ノ倉沢の雪渓の様子
2022年07月02日 11:32撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢の雪渓の様子
1
一ノ倉沢の雪渓の様子
2022年07月02日 11:32撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢の雪渓の様子
2
一ノ倉沢の雪渓の様子
2022年07月02日 11:33撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢の雪渓の様子
2
夏の高巻き道から雪渓に乗る
2022年07月02日 11:33撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏の高巻き道から雪渓に乗る
1
一ノ倉沢出合
2022年07月02日 11:35撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢出合
1
谷川岳ベースプラザまで下山して登山終了
2022年07月02日 12:29撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳ベースプラザまで下山して登山終了
1

感想/記録

Kさんとは明星山P6南壁左岩稜で登り順が前後だったり、栃木WCMで隣のルートを登っていたりと顔を合わせていた。そして先日5/20に中央カンテを登っていた時にはKさん達は凹状岩壁を登っていた(後日FBの投稿で知った。)Kさんから今度一緒に登りましょうとお誘いがあり日程調整して7/2(土)に一緒に登ることになった。登れるKさんなので今回は南稜フランケに登ることにした!
Climbing

ヾ響

・お昼過ぎから雨予報の天気予報もあったので今回も早めに谷川岳ベースプラザを出発しました。足の早いKさんにせかされたせいかいつもより早く一ノ倉沢出合に着きテールリッジ基部、中央稜取付へも早く着けました。

・どっちが核心の3P目を登るかを南稜フランケ取付で話しましたがお互いこだわりは無く、じゃんけんで勝った方が奇数ピッチを登ることにしてじゃんけんしたら勝ったので私が奇数ピッチを登りました。

・2人とも初見のルートでしたが時間もかからず楽しく登れました。

・よくネットの情報で中間支点が少なくランナウトするとありますが、個人的には中間支点はそれなりにあると感じました。

・ルート上は外傾しているホールドが多いので濡れていたら悪いと思います・・・と言うか、登らない方が賢明だと思います!(前日雨なら中止するつもりでした。)

・とにかく暑かったです!!

反省

・特にありません。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:298人

コメント

はじめまして、pochi23と申します。
フランケの記録を懐かしく拝見させていただきました。

核心3ピッチ目の出だしの写真を眺めていて偶然気付いたのですが、1ピン目のロープクリップ部でスリングがメインロープに絡まっているようです。次の写真では正常な状態に戻っているので、一時的にスリングがロープに絡まっただけだったようです。

どうしてこうのような状況が生まれたのかと少々悩んだのですが、ロープ側のカラビナにスリングを複数回巻きつけた状況だったでしょうか。岩とカラビナ、スリングの動きが悪い方向に作用してメインロープに絡まってしまったのではないかと推測しました。

今回の写真を見て、こんな事も起こるのだなと、改めて勉強させてもらいました。
私はもう一ノ倉のような怪しい場所でクライミングはしないとは思いますが、yama poundさんにはこの先もいろいろなところに行かれて、ご活躍を期待いたします。
2022/7/4 22:10
pochi23さん
はじめまして、こんにちはー
コメントありがとうございます。

私も写真の件、気付いてました。絡まっているように見えますがロープにスリングが1回巻きついていただけ(もしくはカラビナが回転した)なので次の写真で正常な状態に戻っていると思います。これについては核心でビレイヤーがロープを張り気味にしていてくれたこと、登るラインがトラバースであること、ピンより上にロープがあること等が関係してきてるのでしょうかね?原因はよくわかりません(笑)

一ノ倉や幽ノ沢ではまだまだ登ってないルートがたくさんあるので今後も登っていきたいと思います!
2022/7/5 8:22
ご返信ありがとうございます。
40年近い昔の事ですが、あの出だしだけは鮮明に覚えていて(先輩から絶対リードで落ちるなよと言われ)、yama poundさんの写真をたまたま拡大して眺めてしまったんで目にとまっちゃったんです。変なアラ探しのようでごめんなさい。

ただクライミングを長年やっていると、まさか、というような事を目にするも確かなので、くれぐれも気を付けて楽しんでくださいね。では、また。
2022/7/5 9:32
「中間支点が少なくランナウトする」という情報もあやしいですね。まさか、日頃練習しているフリーのゲレンデと比較するわけには行きませんよね(;・∀・)

ヤマパンさんのように、何メートルのルートで、何個、残置支点あり、と書いていただけると、正確な情報が分かっていいと思います。
2022/7/5 7:32
NYAAさん
こんにちはー

主観混じりの情報は個人の感覚で全然変わると思うので頭の片隅に入れておく程度で良いと思います。
私は後で見返せるように客観的に記録を残しておこうとレコを作ってますが、やっぱり主観も入るので記録を参考にするときはそこは無視してください(笑)
終了点なんかは写真で撮っておくので状況がわかりますが、残置中間支点は何個あったとかはうろ覚えです(笑)凹状4P目30mで残置2個とかなら記憶に残るんですが4個以上でてきたら覚えてないです(笑)
2022/7/5 8:36
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ