また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4720262 全員に公開 ハイキング 鳥海山

鳥海山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年09月26日(月) ~ 2022年09月27日(火)
メンバー , その他メンバー2人
天候午前中、台風15号の発生による雨、午後から晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湯の台登山口駐車場まで、マイカー
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:55
距離
10.5 km
登り
1,116 m
下り
499 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間24分
休憩
22分
合計
5時間46分
S湯ノ台口12:3412:56滝ノ小屋13:0914:47河原宿14:4816:01幸次郎沢16:0816:48千畳ヶ原16:4816:52丁字分岐16:5317:03蛇石流分岐17:0317:29鳥海湖分岐17:3118:01御浜・鳥海湖分岐18:0118:23御浜小屋
2日目
山行
8時間18分
休憩
51分
合計
9時間9分
御浜小屋04:4705:08御田ヶ原05:0805:20御田ヶ原分岐05:2105:53七五三掛05:5306:05外輪山・千蛇谷分岐06:1709:08鳥海山山頂御室参籠所09:29鳥海山09:5811:28伏拝岳13:35河原宿13:4513:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1日目
湯の台登山口→滝の小屋→八丁坂→河原宿小屋→月山森を左に眺めながら横切る→幸次郎沢下り→千畳ヶ原→仙人平→鳥海湖→御浜小屋→宿泊
2日目
御浜小屋→御田ヶ原→七五三掛→分岐左千蛇谷雪渓→大物忌神社→七高山分岐→新山→七高山分岐→行者岳→伏拝岳→あざみ坂→心字雪渓→河原宿小屋→八丁坂→滝の小屋→湯の台登山口
その他周辺情報2日目はGPS中断
過去天気図(気象庁) 2022年09月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

9/24午前、台風15号の影響で大雨
9/25午後、雨が止んだので、強風だったが午後の予報が晴れだったので12:30登山開始。滝の小屋前後は川となっており靴カバーの装備で乗り切る。幸次郎沢も滝になっていたので、ここでも靴カバーが大活躍。滝下りに夢中でコースを外れたので、右に分岐する道を見失わないように気を付ける必要あり(あのまま降れば遭難するところだった、危ない危ない)。千畳ヶ原からみたあざみ坂は、ハウルの動く城が走ってきそうな風景、あるいはゲド戦記のテルーの歌が流れてきそうな絶景で感動感動。
鳥海湖に向かい登るところで体力切れしたので、千畳ヶ原で腹ごしらえすべきだった。
陽が落ち暗くなったのでヘッドライトを装着、鳥海湖を一周して御浜小屋で素泊まり宿泊、(1000円)アルファ米と味噌汁で腹を満たし、就寝、ダウンと寝袋でも寒く眠れなかった。貸出毛布があった事に後から気づき、後悔。毛布が一枚あれば寝れたかも。寝袋は冬用でなければならないと痛感した。でも夜の星空に感動。
2日目はほぼ寝てない状況から、4:30に御浜小屋を出発。(2時あたりからご来光を目指す方々が次々と登って行っていました)5:30朝焼けが見える。千蛇ヶ谷雪渓に分岐する道はロープが貼られ、別ルートが出来ていた。(急な下り階段で大変危ない場所でした)雪渓を過ぎて登っていると、いよいよ、自分達も陽の光をあびる。スマホのバッテリーが切れそうなのでヤマレコGPSは中断、寝不足が祟り、足が進まない、が、時間がたっぷりあるので休憩をたくさん取りながら、景色を味わい、神社に到着、リュックが邪魔なので神社からもう少し歩いた七高山分岐手前にリュックを置く、ここでたくさん食べてから、新山登頂、そのあと七高山へ向い、一旦降る、登って左が七高山、右が行者岳、その後、稜線を歩いて下る、暑い、日差しが暑い。左に広がる雲海にポツリポツリと見える他の山々。どれがなんの山だかわからないので、下山したら復習することとした。あざみ坂の下で膝が壊れそうになる。水を切らしていたが、雪渓が見えてきたあたりから、川が流れていたので、冷たい雪解け水を確保。河原宿小屋が見えるとやる気を取り戻し、足をすすめる。八丁坂をすぎて滝の小屋に向かう、昨日川だった道は水もなくすんなり歩けた。滝の小屋に到着し、登山口までは整備された石畳をくだって、下山となる。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:284人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 ご来光 雪渓 遭難 ハイキング
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ