また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4775340 全員に公開 ハイキング 十勝連峰

三段山(白銀荘〜十勝岳温泉〜白銀荘)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年10月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝6時で白銀荘はたくさん停められました。ちなみに望岳台はほぼ満車でした。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
7.9 km
登り
736 m
下り
720 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間29分
休憩
39分
合計
4時間8分
S吹上温泉白銀荘07:2609:18三段山09:4510:36十勝岳温泉凌雲閣10:4811:34吹上温泉白銀荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはGPSログを見ながら手動で書いたので、多少ずれているかもしれません。ちなみにGPSログでは総合距離8.63劼任靴拭
コース状況/
危険箇所等
白銀荘〜三段山まで
雪付きハイマツが夏道を覆っているところが多かったので、腰をかがめて進んだり、四つん這いでくぐって進んだ所も多いので、この時期おすすめしません。腰の悪い方は特に。十勝岳温泉側から登ることを、おすすめします。

十勝岳温泉〜白銀荘まで
全て舗装道路で行くよりも、山道で行った方が距離が半分になります。
(舗装道路:約5辧〇各:約2.5辧
ふかふかで、とても整備されています。序盤に約20m前後の急登が現れますが、ほとんど下り基調なので快適です。
その他周辺情報白銀荘大人700円
過去天気図(気象庁) 2022年10月の天気図 [pdf]

写真

快晴です!
2022年10月09日 07:21撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴です!
3
朝のキャンプ場の芝。霜が張ってます。
2022年10月09日 07:23撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝のキャンプ場の芝。霜が張ってます。
十勝岳は左へ。三段山は右へ行きます。
2022年10月09日 07:26撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳は左へ。三段山は右へ行きます。
1
出発!
2022年10月09日 07:26撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発!
1
芝がきれいに刈られていて歩きやすいです。感謝。
2022年10月09日 07:33撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝がきれいに刈られていて歩きやすいです。感謝。
1
一段目。
2022年10月09日 07:36撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一段目。
1
一段目を登り切ったところ。ここまでは冬にもよく見かける雰囲気です。
2022年10月09日 07:48撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一段目を登り切ったところ。ここまでは冬にもよく見かける雰囲気です。
階段も。三姉妹の木は回りが高くて見られませんでした。
2022年10月09日 07:58撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段も。三姉妹の木は回りが高くて見られませんでした。
ふむふむ。夏道は冬とは反対側の谷沿いを歩いて行くんですね。
2022年10月09日 08:11撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふむふむ。夏道は冬とは反対側の谷沿いを歩いて行くんですね。
1
だんだんとハイ松がうざくなってきました。
2022年10月09日 08:30撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんとハイ松がうざくなってきました。
1
登山道が塞がれた…。
2022年10月09日 08:33撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が塞がれた…。
これも登山道を塞いでいるんです。ここはハイ松を掴みながら笹の上を歩きましたが、滑って転んだら下に落ちていきます。
2022年10月09日 08:37撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも登山道を塞いでいるんです。ここはハイ松を掴みながら笹の上を歩きましたが、滑って転んだら下に落ちていきます。
1
もう、どうしろっていうんだい?四つん這いで進みます。
2022年10月09日 08:50撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、どうしろっていうんだい?四つん這いで進みます。
やっとハイ松地獄から抜け出しましたが、これで終わりではなかったです。
2022年10月09日 08:56撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとハイ松地獄から抜け出しましたが、これで終わりではなかったです。
1
雪の深さはこんな感じ。
2022年10月09日 08:58撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の深さはこんな感じ。
1
まだアイゼンは必要ではありませんでした。
2022年10月09日 08:58撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだアイゼンは必要ではありませんでした。
1
噴火口もばっちり見えますね。
2022年10月09日 09:13撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴火口もばっちり見えますね。
2
山頂直下です。ここも這いつくばって進みます。
2022年10月09日 09:17撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下です。ここも這いつくばって進みます。
1
登頂!
2022年10月09日 09:18撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂!
4
頂上から。噴火口〜十勝岳
2022年10月09日 09:19撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から。噴火口〜十勝岳
2
十勝岳〜大砲岩
2022年10月09日 09:19撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳〜大砲岩
1
大砲岩〜上ホロカメットク山
2022年10月09日 09:19撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大砲岩〜上ホロカメットク山
上ホロカメットク山〜三峰山
2022年10月09日 09:19撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上ホロカメットク山〜三峰山
3
三峰山〜富良野岳
2022年10月09日 09:19撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山〜富良野岳
富良野岳アップ。
2022年10月09日 09:19撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富良野岳アップ。
3
十勝岳アップ。
2022年10月09日 09:19撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳アップ。
2
冬のために、地形チェック
2022年10月09日 09:26撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬のために、地形チェック
2
さて帰りましょう。
2022年10月09日 09:26撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて帰りましょう。
1
安政火口の方
2022年10月09日 09:29撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安政火口の方
美瑛岳みっけ。
2022年10月09日 09:37撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳みっけ。
1
地形チェック
2022年10月09日 09:47撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形チェック
1
三段山と十勝岳
2022年10月09日 09:53撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三段山と十勝岳
1
十勝岳温泉側の登山道。
2022年10月09日 09:57撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳温泉側の登山道。
1
沼が見えてきた。
2022年10月09日 10:09撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼が見えてきた。
1
大きくはないです。
2022年10月09日 10:22撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きくはないです。
1
氷張ってます。
2022年10月09日 10:23撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷張ってます。
1
分岐着。当初は十勝岳に登り返して白銀荘に戻ろうと思っていましたが、気分が乗らないのでそのまま下山します。
2022年10月09日 10:24撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐着。当初は十勝岳に登り返して白銀荘に戻ろうと思っていましたが、気分が乗らないのでそのまま下山します。
1
あとはダラダラ歩きます。
2022年10月09日 10:24撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはダラダラ歩きます。
とりあえず十勝岳温泉着!駐車場は満車です。
2022年10月09日 10:36撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず十勝岳温泉着!駐車場は満車です。
1
十勝岳温泉から写真を撮ってみる。
2022年10月09日 10:38撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳温泉から写真を撮ってみる。
1
ほんと、ヨーロッパアルプスみたい。行ったことないですけど。
2022年10月09日 10:40撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんと、ヨーロッパアルプスみたい。行ったことないですけど。
1
見え難いですがピンクテープがあります。ここの山道から白銀荘へ戻ります。
2022年10月09日 10:48撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見え難いですがピンクテープがあります。ここの山道から白銀荘へ戻ります。
2
ちょうどこの車が停まっている場所の道路を挟んで向かい側になります。
2022年10月09日 10:48撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうどこの車が停まっている場所の道路を挟んで向かい側になります。
とても整備されていて歩きやすい!ストレスフリー!
2022年10月09日 10:53撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても整備されていて歩きやすい!ストレスフリー!
1
トレランの方はすごく走りやすいと思います。ふかふか!
2022年10月09日 11:01撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレランの方はすごく走りやすいと思います。ふかふか!
1
一旦下がって石の枯れ沢を左に行くとすぐに車道が見えますが、そのまま山道を行った方がよろしいかと思います。
2022年10月09日 11:24撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下がって石の枯れ沢を左に行くとすぐに車道が見えますが、そのまま山道を行った方がよろしいかと思います。
2
温泉が流れている沢を過ぎると…。
2022年10月09日 11:33撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉が流れている沢を過ぎると…。
2
白銀荘着!
2022年10月09日 11:34撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白銀荘着!
ちょうど写真の左側にあるピンクテープの場所に出ます。後ろは白銀荘です。
2022年10月09日 11:35撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど写真の左側にあるピンクテープの場所に出ます。後ろは白銀荘です。
2
富良野の山岡家で〆。ネギ味噌ラーメン。麺固め、ネギの味濃いめ。
2022年10月09日 14:02撮影 by F-41B, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富良野の山岡家で〆。ネギ味噌ラーメン。麺固め、ネギの味濃いめ。
3
SUNTOのGPSログのスクショ。十勝岳温泉から白銀荘へ戻る際は、全て舗装道路を行くよりも山道を行った方が半分の距離で白銀荘へ帰れます。しかも全体を通してなだらかな下り基調。素晴らしくふかふかの登山道。この道は白銀荘を拠点にした、新たな十勝連峰のオプションになりそうです。
2022年10月10日 10:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
SUNTOのGPSログのスクショ。十勝岳温泉から白銀荘へ戻る際は、全て舗装道路を行くよりも山道を行った方が半分の距離で白銀荘へ帰れます。しかも全体を通してなだらかな下り基調。素晴らしくふかふかの登山道。この道は白銀荘を拠点にした、新たな十勝連峰のオプションになりそうです。
4

感想/記録
by aorin

雪の付いた十勝連峰を見たかったのと、夏道で登った事がなかったのと、冬に滑る場所がどんな地形なのか確認したかったので、初の夏道の三段山。背丈の高い雪の付いたハイマツに登山道を塞がれて、腰をかがめて進んだり、四つん這いで進んだりと四苦八苦でした。この時期、白銀荘からの登山道はあまりおすすめしません。十勝岳温泉から登った方が無難です。
でも天気も良かったし、風もなかったので、頂上では快適に過ごす事が出来ました。三段山はやっぱり冬かなと思いました。

おつかれやまでした。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:169人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン ハイマツ 急登 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ