また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4921572 全員に公開 ハイキング 金剛山・岩湧山

タカハタ谷 葛木岳 千早本道

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年11月16日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
金剛山登山口千早駐車場利用。
一日¥600、キャンディーのプレゼントがあります。
すぐ隣にきれいな「こごせトイレ」もあります。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:19
距離
7.2 km
登り
703 m
下り
695 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間54分
休憩
1時間26分
合計
3時間20分
S金剛登山口バス停08:4108:46黒栂谷道分岐08:52タカハタ谷分岐09:03腰折滝09:2410:09ツツジオ谷下降点10:1610:20六地蔵10:2110:24山頂広場10:2610:29金剛山10:3510:37転法輪寺11:1211:12山頂広場11:1311:18九合目(千早本道)11:3111:39八合目(千早本道)11:43二ノ滝11:58黒栂谷道分岐12:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
タカハタ谷ですが、腰折滝を見た後にツツジオ谷との分岐までの区間が非常に危険です、特に雨の際などはソールの種類によっては非常に滑ると思いますので、慎重な行動が必要です。

千早本道は非常に整備された素晴らしい道です!
下りでは水ヶ阪尾根の方へ誘われる可能性もありますが、ほぼ道迷いの心配は無いと思います。
それと足場が悪いとか荒れた箇所も無いので本当に安心して歩く事が出来ると思います。

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) GPS 携帯 ストック カメラ

写真

皆さんの千早本道のお写真拝見していて、少し遅いのですが下りで利用したくなり今日はここからスタートです♪
2022年11月16日 08:40撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さんの千早本道のお写真拝見していて、少し遅いのですが下りで利用したくなり今日はここからスタートです♪
8
登りは自然林を見たかったのでタカハタ谷をチョイス♪
このゲートを見て右に曲がります。
2022年11月16日 08:52撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは自然林を見たかったのでタカハタ谷をチョイス♪
このゲートを見て右に曲がります。
4
次に橋を渡らずにここで斜め左方向へ。
2022年11月16日 08:53撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に橋を渡らずにここで斜め左方向へ。
3
すぐに地味に危険な難所が待ってくれてますw
さすがに此処は山側へ荷重しても無事通過するのは難しいです...
2022年11月16日 08:54撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに地味に危険な難所が待ってくれてますw
さすがに此処は山側へ荷重しても無事通過するのは難しいです...
13
苔が美しい景色を楽しみながら何度か渡渉しながら進みます。
2022年11月16日 08:59撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔が美しい景色を楽しみながら何度か渡渉しながら進みます。
8
谷から離れ始め腰折滝を右前方に見ると...
2022年11月16日 09:04撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷から離れ始め腰折滝を右前方に見ると...
6
金剛山の中でも危険度が高い岩場に差し掛かります。
2022年11月16日 09:04撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山の中でも危険度が高い岩場に差し掛かります。
7
このように
2022年11月16日 09:04撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このように
9
片側が切れ落ち狭い足場の中通過して行きます。
山側も切り立っているのでバランスを保ちながら進むのが難しい場所です。
2022年11月16日 09:05撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片側が切れ落ち狭い足場の中通過して行きます。
山側も切り立っているのでバランスを保ちながら進むのが難しい場所です。
12
ツツジオ谷にも高度感のある危険個所はあるのですが、路面が岩場ですのでこちらの方が危ないかな?
最後のここを超えて腰折滝の落ち口、タカハタ谷とツツジオ谷の分岐まで出るともう安心です。
2022年11月16日 09:06撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジオ谷にも高度感のある危険個所はあるのですが、路面が岩場ですのでこちらの方が危ないかな?
最後のここを超えて腰折滝の落ち口、タカハタ谷とツツジオ谷の分岐まで出るともう安心です。
8
でも自分的にはこのツツジオ谷へ向かう橋が怖くて通れないw
2022年11月16日 09:08撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも自分的にはこのツツジオ谷へ向かう橋が怖くて通れないw
10
そしていつものタカハタ谷入り口で朝食タイム♪
自分はザックを置いたところから右方向へ進みツツジオ谷へ向かってます。
2022年11月16日 09:09撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしていつものタカハタ谷入り口で朝食タイム♪
自分はザックを置いたところから右方向へ進みツツジオ谷へ向かってます。
6
食事中足元を見るとザックの傍にザトウムシくん♪
2022年11月16日 09:20撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事中足元を見るとザックの傍にザトウムシくん♪
9
タカハタ谷に入り松の木尾根方向を見上げると期待していた自然林♪
やっぱり好きな風景です♪♪♪
2022年11月16日 09:28撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカハタ谷に入り松の木尾根方向を見上げると期待していた自然林♪
やっぱり好きな風景です♪♪♪
20
下を向くと苔苔苔!
やっぱり素敵なタカハタ谷〜♪
2022年11月16日 09:29撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を向くと苔苔苔!
やっぱり素敵なタカハタ谷〜♪
9
この独特の景色。
これだから金剛山は素晴らしい、これだけ色んな方向から登れて、さらに目にする景色が全く違う、おまけに季節が違えばまた違う。
だから何度歩いても飽きない♪
2022年11月16日 09:34撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この独特の景色。
これだから金剛山は素晴らしい、これだけ色んな方向から登れて、さらに目にする景色が全く違う、おまけに季節が違えばまた違う。
だから何度歩いても飽きない♪
10
マムシはまだ妖しい色彩を放ってました。
2022年11月16日 09:39撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシはまだ妖しい色彩を放ってました。
7
ここを右でタカハタ谷。
左を取ると松の木尾根へ乗ります。
2022年11月16日 09:42撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを右でタカハタ谷。
左を取ると松の木尾根へ乗ります。
8
この辺りで谷を越えます。
この水場の上にもう一つ水場があるのですがどちらからでも先で合流します。
2022年11月16日 09:47撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで谷を越えます。
この水場の上にもう一つ水場があるのですがどちらからでも先で合流します。
6
ステージが変わり植林の中高度差約200mの急登を進みます。
2022年11月16日 09:52撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステージが変わり植林の中高度差約200mの急登を進みます。
9
一旦なだらかな場所に出ると再び右側に自然林が現れ景色を楽しませてくれます♪
2022年11月16日 09:57撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦なだらかな場所に出ると再び右側に自然林が現れ景色を楽しませてくれます♪
11
タコの足のように拡がった根の中、最後の高度差100mの急登に出合い。
2022年11月16日 10:04撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タコの足のように拡がった根の中、最後の高度差100mの急登に出合い。
10
ほどなく釜道、釜中道、松の木尾根と合流し六地蔵へ向かう尾根と合流します。
2022年11月16日 10:07撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく釜道、釜中道、松の木尾根と合流し六地蔵へ向かう尾根と合流します。
6
ここから山頂へはブナと自然林の織り成す極上の風景。
晩秋の風情♪
2022年11月16日 10:11撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山頂へはブナと自然林の織り成す極上の風景。
晩秋の風情♪
10
カトラ谷方向も素晴らしい♪♪♪
2022年11月16日 10:13撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カトラ谷方向も素晴らしい♪♪♪
13
そろそろ冬の装備準備しないといけませんね!
2022年11月16日 10:14撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ冬の装備準備しないといけませんね!
6
良いなぁ〜、素敵だなぁ〜
と、テンションが上がってるうちに六地蔵様へ。
2022年11月16日 10:20撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良いなぁ〜、素敵だなぁ〜
と、テンションが上がってるうちに六地蔵様へ。
10
下山後、京奈和道から見た大峯や高野、葛城(和泉山脈も含む)の峰々は霞みが入ってましたが葛城の現地からは澄み切った秋の碧い空♪♪♪
2022年11月16日 10:20撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、京奈和道から見た大峯や高野、葛城(和泉山脈も含む)の峰々は霞みが入ってましたが葛城の現地からは澄み切った秋の碧い空♪♪♪
11
国見城跡から望む大阪平野。
2022年11月16日 10:23撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見城跡から望む大阪平野。
13
金剛山坐葛城神社にて一言主様にお願い。
2022年11月16日 10:34撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山坐葛城神社にて一言主様にお願い。
7
そして転法輪寺へお参りして登拝寶印帖のお印。
ですが、葛城神社の位置に元は転法輪寺があったそうです。
2022年11月16日 10:38撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして転法輪寺へお参りして登拝寶印帖のお印。
ですが、葛城神社の位置に元は転法輪寺があったそうです。
12
山頂での仕上げは今日も天そば♪
本日の気温は5℃でした。
2022年11月16日 10:42撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂での仕上げは今日も天そば♪
本日の気温は5℃でした。
12
なんですが...
これはどうでしょうか?
左端のザックの方がリーダーで複数の方を案内されていたのですが、山の先輩ならNGを出すべき場面だと思うのですが...
ベンチは人が座る場所です...
オマケにまずリーダーの方がザックを置かれる際に、ぶん回した手持ちのトレッキングポールが顔面擦れ擦れに飛んで来て「ヒヤリハット」して大変怖かったです(怒)
自分はソロですがグループの際、ポールの使用時は距離を置いて周りに注意しながら使用すべきでは?
ここはそれより狭い空間です...
2022年11月16日 10:53撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんですが...
これはどうでしょうか?
左端のザックの方がリーダーで複数の方を案内されていたのですが、山の先輩ならNGを出すべき場面だと思うのですが...
ベンチは人が座る場所です...
オマケにまずリーダーの方がザックを置かれる際に、ぶん回した手持ちのトレッキングポールが顔面擦れ擦れに飛んで来て「ヒヤリハット」して大変怖かったです(怒)
自分はソロですがグループの際、ポールの使用時は距離を置いて周りに注意しながら使用すべきでは?
ここはそれより狭い空間です...
18
「上げておきますね」と言って戴いた掲示板に名前があるのを見て喜ぶ♪♪♪
2022年11月16日 11:10撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「上げておきますね」と言って戴いた掲示板に名前があるのを見て喜ぶ♪♪♪
14
それでは下山開始!
2022年11月16日 11:13撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは下山開始!
4
あの景色は新道だろうっ!と、見当をつけ
あ〜、やっぱり綺麗♪
来年はもちっと早い時期にここへ来なくちゃ!
2022年11月16日 11:16撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの景色は新道だろうっ!と、見当をつけ
あ〜、やっぱり綺麗♪
来年はもちっと早い時期にここへ来なくちゃ!
14
これは何の樹かな?
こんな色彩の紅葉は初めて見ました♪
2022年11月16日 11:20撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何の樹かな?
こんな色彩の紅葉は初めて見ました♪
9
紅蓮ノように燃え上がる色
2022年11月16日 11:26撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅蓮ノように燃え上がる色
15
この道たぶん金剛山で一番の紅葉スポットだろうなぁ〜
2022年11月16日 11:27撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道たぶん金剛山で一番の紅葉スポットだろうなぁ〜
14
妙見谷方向
この辺りで出会った方に以前のカトラ谷の姿を聞き、去年から通い始めた自分には凄く羨ましい景色でした...
2022年11月16日 11:34撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙見谷方向
この辺りで出会った方に以前のカトラ谷の姿を聞き、去年から通い始めた自分には凄く羨ましい景色でした...
13
そして素敵すぎてまったく進めないw
2022年11月16日 11:37撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして素敵すぎてまったく進めないw
13
本当に極彩色♪
2022年11月16日 11:38撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に極彩色♪
10
来年を楽しみにして今日も無事にただいまです♪
2022年11月16日 12:15撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来年を楽しみにして今日も無事にただいまです♪
9

感想/記録

いやぁ〜、丸滝谷が染まるのに期待してたのですが千早本道の新道側があんなにとは...

新道を知る前は短時間で下りたい時は千早本道と思っていたのですが、初めて歩いた時に「あ、植生豊かだなぁ」と感動していて。
ですが、あんなにカエデ類が多かったとは気づかずブナの多さに目が行っていて...
この二週間丸滝谷は歩いていないんですが、何となく感じたのは丸滝谷の極彩色は目の前に現れるのではなく、上から降り注いでくるものでは?みたいな。

先週、今週と京奈和道が橋本東から先が通行止めだったので
「じゃぁ、それなら」
と、橋本から紀見峠経由で千早側から向かう事にしたのですが、内心丸滝谷はその間どうだったの?とか思うところもあり...

なるほど、
だから皆さん行きたくなるんですね、金剛山へ♪♪♪

まず信仰の山であり
健康登山であり
いろんな場面でスキルを上げるトレーニングをしたり
雪の景色を楽しんだり
野鳥の観察であったり、植物の観察であったり
沢に親しんだり
ちょっと冒険してみたくなったり

なんかもうここだけで良いと思えてくる金剛山♪♪♪
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:221人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ