ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5047350
全員に公開
ハイキング
四国

室戸池山 幻の池を求めて

2023年01月01日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
3
日帰りが可能
GPS
04:41
距離
10.2km
登り
886m
下り
909m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
3:52
休憩
0:42
合計
4:34
9:01
107
10:48
10:48
2
池山池分岐
10:50
11:28
4
11:32
11:32
5
11:37
11:40
113
13:33
13:34
1
13:35
ゴール地点
天候 ■1/1
晴れ
過去天気図(気象庁) 2023年01月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
■行き
マイカーで室戸市元奥郷の登山口へ

登山口:元奥郷登山口
ルート:元奥郷登山口→499mピーク→池山→池山池分岐→池山池 ピストン
下山口:元奥郷登山口

■帰り
室戸市元奥郷登山口からマイカーで次の山へ
コース状況/
危険箇所等
■登山道
登山道はよく整備されています。
新年一発目の元日登山。 
室戸市の元地区の最奥、奥郷集落からのスタートです。
2023年01月01日 08:56撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 8:56
新年一発目の元日登山。 
室戸市の元地区の最奥、奥郷集落からのスタートです。
室戸岬から北におよそ11kmほどの山中に、池山池という池があります。地図や航空写真で見ても大きい池ですが、必ずしもこの池に水があるわけではなく、水が枯れていることもおおいそうです。
今回の目的は、この池を見ることです。それも、水がある状態を、できれば見たいです。
(地理院地図より)
室戸岬から北におよそ11kmほどの山中に、池山池という池があります。地図や航空写真で見ても大きい池ですが、必ずしもこの池に水があるわけではなく、水が枯れていることもおおいそうです。
今回の目的は、この池を見ることです。それも、水がある状態を、できれば見たいです。
(地理院地図より)
まずは森の中の緩やかな登り。
2023年01月01日 09:06撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 9:06
まずは森の中の緩やかな登り。
「遍路道」って、ホント?
お遍路でここを通る必然性は無い気もしますが、昔は室戸岬東側の道がなかったのかな。
2023年01月01日 09:09撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 9:09
「遍路道」って、ホント?
お遍路でここを通る必然性は無い気もしますが、昔は室戸岬東側の道がなかったのかな。
なにやら古びた車輪とロープが。 
木材搬出用のロープウェイでもあったのでしょうか。
2023年01月01日 09:16撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 9:16
なにやら古びた車輪とロープが。 
木材搬出用のロープウェイでもあったのでしょうか。
程なくして、トラバースが続くようになります。 
最初は良かったのですが
2023年01月01日 09:21撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 9:21
程なくして、トラバースが続くようになります。 
最初は良かったのですが
あまり歩かれていない道であるためか、地面の土が非常にやわらかく、歩きにくいです。 
しかも、それでいてなで肩上のトラバースであるため、地味につらい・・・
2023年01月01日 09:41撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 9:41
あまり歩かれていない道であるためか、地面の土が非常にやわらかく、歩きにくいです。 
しかも、それでいてなで肩上のトラバースであるため、地味につらい・・・
崩落地を横断。 
崩れたあと地面が固まっていないので、慎重に横断します。
2023年01月01日 09:56撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 9:56
崩落地を横断。 
崩れたあと地面が固まっていないので、慎重に横断します。
大きな崩落に巻き込まれてしまっている箇所もあり、非常に気を使います。
2023年01月01日 10:12撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:12
大きな崩落に巻き込まれてしまっている箇所もあり、非常に気を使います。
トラバース地獄を抜けたかな。 
少し道が緩やかになってきました。何よりも地面が平になるのがありがたいです。
2023年01月01日 10:17撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:17
トラバース地獄を抜けたかな。 
少し道が緩やかになってきました。何よりも地面が平になるのがありがたいです。
やがて林相が変わり、完全に尾根上の道になりました。 
此処から先は距離こそ長いですが、アップダウンが少なくなり、とても歩きやすい道になります。
2023年01月01日 10:28撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:28
やがて林相が変わり、完全に尾根上の道になりました。 
此処から先は距離こそ長いですが、アップダウンが少なくなり、とても歩きやすい道になります。
これは良い道。
2023年01月01日 10:43撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:43
これは良い道。
室津地区の河内集落からの道が合流。 
ここまでくれば、池山池は目前。直進方向が河内方面。左折が池山池方面です。
2023年01月01日 10:48撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:48
室津地区の河内集落からの道が合流。 
ここまでくれば、池山池は目前。直進方向が河内方面。左折が池山池方面です。
この小山を回り込めばまもなく池が見えてくるはず・・・ 
果たして、池の水はあるでしょうか。
2023年01月01日 10:50撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:50
この小山を回り込めばまもなく池が見えてくるはず・・・ 
果たして、池の水はあるでしょうか。
うおおおおおお 
これは、水あるぞ!!
2023年01月01日 10:50撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:50
うおおおおおお 
これは、水あるぞ!!
ついに池山池に到着。 
見事に水があります。素晴らしい。
2023年01月01日 10:53撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:53
ついに池山池に到着。 
見事に水があります。素晴らしい。
周囲を森に囲まれた池山池。 
池などありそうにない山の中に、これだけ大きな池があるとは
2023年01月01日 10:54撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:54
周囲を森に囲まれた池山池。 
池などありそうにない山の中に、これだけ大きな池があるとは
対岸に見える神社が池山神社です。
2023年01月01日 10:54撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:54
対岸に見える神社が池山神社です。
では、池の周りをまわりこんで、池山神社に向かいます。
2023年01月01日 10:55撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:55
では、池の周りをまわりこんで、池山神社に向かいます。
良い森ですね。
2023年01月01日 10:57撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:57
良い森ですね。
池山神社の入口。 
橋を渡っていきます。ちなみにこの橋、結構たわみます。
2023年01月01日 10:58撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:58
池山神社の入口。 
橋を渡っていきます。ちなみにこの橋、結構たわみます。
この入口の風景も非常に美しいです。
2023年01月01日 10:59撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:59
この入口の風景も非常に美しいです。
橋から左方向(東側)を望む。
2023年01月01日 10:59撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 10:59
橋から左方向(東側)を望む。
素晴らしい雰囲気の神社です。
2023年01月01日 11:00撮影
1/1 11:00
素晴らしい雰囲気の神社です。
本殿は石造りになっていますね。
2023年01月01日 11:01撮影
1/1 11:01
本殿は石造りになっていますね。
対岸からは空を映して青く見えた池山池ですが、こちらからだと茶色に見えます。
2023年01月01日 11:01撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 11:01
対岸からは空を映して青く見えた池山池ですが、こちらからだと茶色に見えます。
東の奥のほうはやや平らな地形になっているようです。
2023年01月01日 11:06撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 11:06
東の奥のほうはやや平らな地形になっているようです。
こちらが池山池の西側。いま歩いてきた畔の道もこちらにあります。
2023年01月01日 11:06撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 11:06
こちらが池山池の西側。いま歩いてきた畔の道もこちらにあります。
入口の狛犬。すこし変わった形のような気もします。
2023年01月01日 11:07撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 11:07
入口の狛犬。すこし変わった形のような気もします。
池山神社全体を望む。 
素晴らしい場所でした。
2023年01月01日 11:09撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 11:09
池山神社全体を望む。 
素晴らしい場所でした。
では、来た道を戻ることにします。
2023年01月01日 11:12撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 11:12
では、来た道を戻ることにします。
池山神社の入口まで戻ってきました。 
やはり、こちらからだと空が映って青色になりますね。
2023年01月01日 11:13撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 11:13
池山神社の入口まで戻ってきました。 
やはり、こちらからだと空が映って青色になりますね。
名残惜しいですが、そろそろ下山します。
2023年01月01日 11:30撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 11:30
名残惜しいですが、そろそろ下山します。
下山の際、池山に立ち寄ることにしました。 
池山の山頂は、メインルートから少しだけ離れています。
2023年01月01日 11:33撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 11:33
下山の際、池山に立ち寄ることにしました。 
池山の山頂は、メインルートから少しだけ離れています。
三等三角点「池山」
2023年01月01日 11:37撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 11:37
三等三角点「池山」
常緑のアセビの美しい緑。
2023年01月01日 11:56撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 11:56
常緑のアセビの美しい緑。
ふたたび地獄のトラバースエリアへ・・・
崩落地を慎重に通過します。
2023年01月01日 12:30撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 12:30
ふたたび地獄のトラバースエリアへ・・・
崩落地を慎重に通過します。
何とか平和なゾーンまで戻ってきました。 
ここまでくれば一安心。
2023年01月01日 13:14撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 13:14
何とか平和なゾーンまで戻ってきました。 
ここまでくれば一安心。
元奥郷集落が見えてきたー
2023年01月01日 13:31撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 13:31
元奥郷集落が見えてきたー
無事に帰還。お疲れ様でした。
2023年01月01日 13:34撮影 by  E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
1/1 13:34
無事に帰還。お疲れ様でした。

装備

個人装備
ヘッドランプ(1) 予備電池(1) 1/25000地形図 ガイド地図(1) コンパス(1) 笛(1) 熊鈴(1) 筆記具(1) 保険証(1) 飲料(1) ティッシュ(1) トイレットペーパー(1) ウェットティッシュ(1) フェイスペーパー(1) 日焼け止め(1) バンドエイド(1) タオル(1) 携帯電話(1) 計画書(2) 雨具(1) 防寒着(1) ストック(1) 水筒(1) 時計(1) カメラ(1) ズームレンズ(1) カメラメンテナンスキット(1) 予備カメラ電池(1) 予備SDカード(1) 非常食(1) 帽子(1) サングラス(1) スパッツ(1) ザックカバー(1)

感想

室戸の池山池。
地図で見ると大きな池が書かれているのですが、実際はほとんど水があることはない、という話も聞く、幻の池だそうです。

そんな室戸の池山池、水がある状態を一度見てみたい、という思いをずっと持っていました。
そして、この2023年の年始、初めて室戸池山に訪問しました。

事前に10〜11月の池山の登山記録を確認したところ、どうやら池の水がありそうだったこと。
そして、登山8日前の12月23日に高知でまとまった雪が降ったことが話題になっていたこと。
これらから、いま池山池には水があるのではないか?と仮説を立てて、思い切ってチャレンジしてみました。
なかなか簡単にはいけない立地ですし、満を持して臨みましたが、その結果、見事に水をたたえた池山池を見ることができました。

池山池に至るまでの道は、あまり歩かれていないためか、土が固まっておらず、なおかつなで肩のトラバースのために、なかなか難儀ですが、その道を歩いていくだけの価値は十分にある、素晴らしい池でした。

――EXPLORING RECORD――――――>>
ヤマレコ 256記録
3000m峰 10/21
日本百高峰 40/100
日本百名山 71/100
日本二百名山 102/200
日本三百名山 119/301
一等三角点百名山 43/100
都道府県最高峰 24/47
――――――――――――――――――

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:462人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら