また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509360 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日高山脈

伏美岳→ピパイロ岳→1967峰

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
 STH
, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間4分
休憩
44分
合計
10時間48分
Sスタート地点05:0807:13伏美岳07:1709:28ピパイロ岳09:3210:301940m峰10:5312:16ピパイロ岳12:2814:23伏美岳14:2415:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログを登録したら1967峰が1940m峰と表示されました。
各山頂の滞在時間が短く記録されていますが,正確な時間は分からないものの,もっと長く滞在していました。
次回からは,GPSログを取るようになる前と同様にきちんと時間を記録しておいて,ログとは別に時間を入力しようと思います。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

登山口で車中泊するため,前日夜に十勝に。そして,当然,インデアンで夕食。インデアンは1年ぶりです。この日は,インデアンエビ大盛辛口。爆ウマでした。
2014年09月13日 20:26撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口で車中泊するため,前日夜に十勝に。そして,当然,インデアンで夕食。インデアンは1年ぶりです。この日は,インデアンエビ大盛辛口。爆ウマでした。
6
登山口は曇っていました。
2014年09月14日 05:08撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口は曇っていました。
歩いているうちにガスの中に。
2014年09月14日 05:53撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いているうちにガスの中に。
1
ガスの中から抜け出します。
2014年09月14日 06:10撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中から抜け出します。
2
妙敷山が見えてきました。
2014年09月14日 06:16撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙敷山が見えてきました。
3
右手を振り返ると雲海が。
2014年09月14日 06:47撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手を振り返ると雲海が。
10
見上げていた妙敷山がこんな高さに見えるようになりました。頂上はもうすぐのはず。
2014年09月14日 06:56撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げていた妙敷山がこんな高さに見えるようになりました。頂上はもうすぐのはず。
5
伏美岳に到着。そこには絶景が待っていました!
2014年09月14日 07:02撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳に到着。そこには絶景が待っていました!
17
幌尻岳方向。
2014年09月14日 07:02撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幌尻岳方向。
5
夏山ガイドの写真とほぼ同じアングルで。カムエクが少しだけ見えている(はず)。
2014年09月14日 07:05撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏山ガイドの写真とほぼ同じアングルで。カムエクが少しだけ見えている(はず)。
8
芽室岳方向。
2014年09月14日 07:08撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芽室岳方向。
5
遠くに十勝連峰や大雪山も見えています。
2014年09月14日 07:08撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに十勝連峰や大雪山も見えています。
7
これから目指すピパイロ岳の上には月が見えています。
2014年09月14日 07:09撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから目指すピパイロ岳の上には月が見えています。
7
帯広の方に広がる雲海。
2014年09月14日 07:16撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帯広の方に広がる雲海。
9
秋のこういう感じも好きです。
2014年09月14日 07:23撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋のこういう感じも好きです。
天気もいいし,気持ちがいいです。
2014年09月14日 07:31撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気もいいし,気持ちがいいです。
2
ピパイロ岳はまだまだ遠い。
2014年09月14日 07:50撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロ岳はまだまだ遠い。
写真で見ると分かりずらそうにも見えますが,道ははっきりしています。
2014年09月14日 07:53撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真で見ると分かりずらそうにも見えますが,道ははっきりしています。
きれいですね〜。
2014年09月14日 07:55撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいですね〜。
2
幌尻と戸蔦別が近くなってきました。
2014年09月14日 07:58撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幌尻と戸蔦別が近くなってきました。
6
伏美岳が遠くなってきました。
2014年09月14日 09:00撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳が遠くなってきました。
7
ピパイロ岳までもう少しです。
2014年09月14日 09:06撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロ岳までもう少しです。
1
エサオマントッタとカムエクも少し見えています。素晴らしい眺めです。
2014年09月14日 09:06撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エサオマントッタとカムエクも少し見えています。素晴らしい眺めです。
8
ピパイロ岳山頂が近づくと,月も近くに見えました。
2014年09月14日 09:12撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロ岳山頂が近づくと,月も近くに見えました。
7
ピパイロ岳に着きました。
2014年09月14日 09:19撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロ岳に着きました。
17
山頂からの眺め。カチポロの方から時計回りで。
2014年09月14日 09:20撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺め。カチポロの方から時計回りで。
6
大雪山はまだ見えています。
2014年09月14日 09:21撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪山はまだ見えています。
5
伏美岳と妙敷山。
2014年09月14日 09:30撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳と妙敷山。
6
正直に言うと,僕は,「天気もいいし,今日はピパイロまででやめて,景色でも見ながらのんびりするのもいいなぁ〜。」なんて思い,もはや1967峰に行く気もなくなってきていました。一応,先輩に「どうします?」とか聞いてみましたが,「いや,行けるでしょ。」と言われ,気を取り直して1967に行くことに。
2014年09月14日 09:33撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正直に言うと,僕は,「天気もいいし,今日はピパイロまででやめて,景色でも見ながらのんびりするのもいいなぁ〜。」なんて思い,もはや1967峰に行く気もなくなってきていました。一応,先輩に「どうします?」とか聞いてみましたが,「いや,行けるでしょ。」と言われ,気を取り直して1967に行くことに。
11
ピパイロの肩までは岩の左側を歩きます。
2014年09月14日 09:38撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロの肩までは岩の左側を歩きます。
7
1967峰まで続く稜線。かっこいい!
2014年09月14日 09:49撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1967峰まで続く稜線。かっこいい!
10
なんか小っちゃいニペソツに見えてきました。
2014年09月14日 10:03撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか小っちゃいニペソツに見えてきました。
10
戸蔦別と幌尻が重なりました。
2014年09月14日 10:04撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸蔦別と幌尻が重なりました。
2
1967への登り。
2014年09月14日 10:24撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1967への登り。
3
1967峰に到着!ここに来れたのは,先輩の一言があったから。先輩,ありがとうございました!
2014年09月14日 10:34撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1967峰に到着!ここに来れたのは,先輩の一言があったから。先輩,ありがとうございました!
17
ピパイロを振り返る。
2014年09月14日 10:34撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロを振り返る。
6
絶景です。
2014年09月14日 10:35撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景です。
5
戸蔦別まで続く稜線。
2014年09月14日 10:41撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸蔦別まで続く稜線。
7
正面に見えるのはチロロ岳。
2014年09月14日 10:41撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に見えるのはチロロ岳。
4
山頂の標識は,表と裏で色が違いました。
2014年09月14日 10:47撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の標識は,表と裏で色が違いました。
8
1967に行けたら飲もうと思い,先輩の分と2缶担いできました。ノンアルコールだけど,格別の味でした。
2014年09月14日 10:48撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1967に行けたら飲もうと思い,先輩の分と2缶担いできました。ノンアルコールだけど,格別の味でした。
8
1967峰を出発する頃には,ガスがわいてきました。
2014年09月14日 11:18撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1967峰を出発する頃には,ガスがわいてきました。
ピパイロまで戻ってきました。
2014年09月14日 12:01撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロまで戻ってきました。
この頃になると,ガスが多くなり…
2014年09月14日 12:01撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃になると,ガスが多くなり…
伏美岳も見えなくなりました。
あまりお腹もすいていませんでしたが,とりあえず,ラーメンを食べて休憩しました。
2014年09月14日 12:01撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳も見えなくなりました。
あまりお腹もすいていませんでしたが,とりあえず,ラーメンを食べて休憩しました。
ピパイロを出発しましたが,腹もすいていないのにラーメンを食ったのが悪かったらしく,腹がきつくて調子がでません。
でも,そんなことには関係なく,紅葉はきれい。
2014年09月14日 12:39撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロを出発しましたが,腹もすいていないのにラーメンを食ったのが悪かったらしく,腹がきつくて調子がでません。
でも,そんなことには関係なく,紅葉はきれい。
1
ガスが切れて伏見岳が見えてきました。
2014年09月14日 13:51撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが切れて伏見岳が見えてきました。
伏美岳山頂近くにリスがいました。
人馴れしているのか,まったく逃げません。
2014年09月14日 14:11撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳山頂近くにリスがいました。
人馴れしているのか,まったく逃げません。
9
伏美岳山頂まで戻ってきました。帯広は,今日一日ずっと曇ってたんだろうな。
2014年09月14日 14:23撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳山頂まで戻ってきました。帯広は,今日一日ずっと曇ってたんだろうな。
伏美岳の山頂を後にすると,ガスの中に突入。
ガスと紅葉って幻想的ですね。
2014年09月14日 14:52撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳の山頂を後にすると,ガスの中に突入。
ガスと紅葉って幻想的ですね。
無事に登山口に戻ってきました。
2014年09月14日 15:46撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に登山口に戻ってきました。
3
2日連続のメムデアン。今日は,ハンバーグ大盛辛口。インデアンのカレーなら毎日でも食べたいくらいに大好きです。再来週は,職場の後輩の結婚式が帯広であるから,その時にまた来よっと。
2014年09月14日 18:04撮影 by NIKON D5200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日連続のメムデアン。今日は,ハンバーグ大盛辛口。インデアンのカレーなら毎日でも食べたいくらいに大好きです。再来週は,職場の後輩の結婚式が帯広であるから,その時にまた来よっと。
6
撮影機材:

感想/記録
by STH

 以前から,職場の先輩と2人で伏美岳からピパイロ岳に行く約束をしていました。
 地図を見ているうちに1967峰まで行けないものかと思うようになり,綿密にコースタイムを積算してみると(山と高原地図のコースタイムに単純に0.6をかけただけです(笑)),休憩時間を2時間としても,5時に登山口を出発すれば17時20分には戻って来れる計算になりました。
 なので,とりあえず,ピパイロまで行ってみて,時間と体力を考慮して判断するということにしました。

 この日,登山口は曇りでその後はガスの中を歩くことになりましたが,伏見岳の山頂が近づく頃にはガスの中を抜けました。
 伏美岳の山頂まで来ると,そこから見えたのは美しい稜線と雲海という最高の景色で,遠くには十勝連峰や大雪山も見えました。
 ほぼ初めて見るに等しい日高の稜線の美しさには,本当に感動しました。
 この日は,1967峰で休憩して出発するまで,ずっとこの景色を見せてもらえましたので,本当にラッキーだったと思います。

 登山道は,伏美岳からピパイロ岳までの間と,ピパイロの肩から1793mコルまでの間で少しハイマツがうるさい箇所がありましたが,ハイマツ漕ぎを覚悟の上で来ていますので,さほど気になりませんでした(もっとも,日高では,これくらいのハイマツ漕ぎはハイマツ漕ぎとは言えないのだと思いますが…)。

 日高の美しい景色に圧倒されっぱなしの,最高に楽しい一日でした。
訪問者数:981人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/6/17
投稿数: 2717
2014/9/16 21:30
 絶対行くでしょー
STHさん、こんばんは!

35の景色みたら、絶対行くでしょ〜1967峰
その先輩さんが正しい

それはそうと、さっきニュースでやってましたが大雪山、真っ白でしたね
STHさんは今年の冬も山はお休みですか?さみしくなるなぁ。
STH
登録日: 2013/6/2
投稿数: 239
2014/9/17 19:48
 Re: 絶対行くでしょー
 zawadaさん,こんばんわ。

 初雪のニュースは,昨日,僕も見ました。
 例年よりも早かったみたいです

 冬は,今年もお休みです
 今年はテントを担いで歩いてみて,自分の脚力の弱さを実感しましたので,冬の間にみっちりトレーニングして,来年はもっと楽に登れるようになりたいと思っています
 そして,zawadaさんのレコで脳内冬山登山もさせていただく予定です!!(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ