また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509955 全員に公開 ハイキング栗駒・早池峰

禿岳〜初めての新中峰コース〜7合目で撤退

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち雷雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
0分
合計
3時間50分
Sスタート地点10:0013:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新中峰コース登山口まで〜古川高校の小屋から上部のアプローチルートはゴロ石が車の底をすります。
駐車台数普通車2台が限界。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

初めて新中峰コースの挑戦。現在晴れ。
どんな山行になるでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて新中峰コースの挑戦。現在晴れ。
どんな山行になるでしょうか?
手ブレしてます(^▽^;)
緩やかな林道100m強、左手に標識があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手ブレしてます(^▽^;)
緩やかな林道100m強、左手に標識があります。
いきなり階段状の急登から始まり…なんとなく苦行の予感…
階段状は苦手なのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり階段状の急登から始まり…なんとなく苦行の予感…
階段状は苦手なのです。
下草刈りがしっかりされていました。感謝!感謝!!
ここら辺はとても歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下草刈りがしっかりされていました。感謝!感謝!!
ここら辺はとても歩きやすいです。
禿岳、船形山一帯はブナが素晴らしいのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
禿岳、船形山一帯はブナが素晴らしいのです。
1
灌木帯のトンネル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木帯のトンネル。
やっと3合目到着。
地形図通り急登の連続でした。花立コースとは全く様相が違います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと3合目到着。
地形図通り急登の連続でした。花立コースとは全く様相が違います。
いつものペースより大幅に遅いのですが、焦らずに木漏れ日を仰ぎながら行きましょー(^^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものペースより大幅に遅いのですが、焦らずに木漏れ日を仰ぎながら行きましょー(^^)/
○合目の標識がこのような佇まいで設置されています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
○合目の標識がこのような佇まいで設置されています
景色が開けてきました。北東に栗駒山が山頂に雲を抱いた姿で見えました。その手前の山稜は須金岳。しっかり見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色が開けてきました。北東に栗駒山が山頂に雲を抱いた姿で見えました。その手前の山稜は須金岳。しっかり見えています。
北隣の支尾根
雪崩によって浸食されているのでしょうね山肌が露わに(;'∀')
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北隣の支尾根
雪崩によって浸食されているのでしょうね山肌が露わに(;'∀')
主尾根北方面のこちらの1259.5mピークにはルートがないらしいのですが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主尾根北方面のこちらの1259.5mピークにはルートがないらしいのですが…
2
環状盆地がはっきり見渡せます。いつもながら壮観な眺めです。
…少し雲が出てきてます…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
環状盆地がはっきり見渡せます。いつもながら壮観な眺めです。
…少し雲が出てきてます…
1
急斜面てほどでもないのですが、人通りが少ないために下草や樹根がかなり滑ります。ポール必携です。
ここまで虎ロープ設置個所2か所ありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面てほどでもないのですが、人通りが少ないために下草や樹根がかなり滑ります。ポール必携です。
ここまで虎ロープ設置個所2か所ありました。
中央火山の荒雄岳
外周を荒雄川(江合川)が周回しています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央火山の荒雄岳
外周を荒雄川(江合川)が周回しています
3
雲の模様が見事です。しばし見入っておりました…決して疲労困憊で動けないのではありません…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の模様が見事です。しばし見入っておりました…決して疲労困憊で動けないのではありません…
ん?怪しい雲が( 一一)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん?怪しい雲が( 一一)
外輪山南方に聳える大柴、小柴山がよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪山南方に聳える大柴、小柴山がよく見えます。
とりあえず、頭上はまだ安全な雲のようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、頭上はまだ安全な雲のようです
文字切れていますが5合目です。よく見ると爪痕なのか噛んだ痕なのか…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文字切れていますが5合目です。よく見ると爪痕なのか噛んだ痕なのか…
6合目到着。主尾根のようです。
やはり北方面は笹薮で侵入困難です。
ここまでがかなりキツイ部分みたいです(;'∀')
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目到着。主尾根のようです。
やはり北方面は笹薮で侵入困難です。
ここまでがかなりキツイ部分みたいです(;'∀')
頂上手前のピークらしき頂きが見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前のピークらしき頂きが見えます
南峰から頂上までの稜線。
いつもここを歩くときは鼻歌になるんですよね(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰から頂上までの稜線。
いつもここを歩くときは鼻歌になるんですよね(^^♪
1
少し雲…湧いてきたか!?まだいける!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雲…湧いてきたか!?まだいける!!
手前ピークまでの鞍部西方は広い笹原。
ここら辺に避難小屋があったらなぁ〜
いい景色です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前ピークまでの鞍部西方は広い笹原。
ここら辺に避難小屋があったらなぁ〜
いい景色です。
3
自然の造形の素晴らしさにまたまた立ち尽くす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然の造形の素晴らしさにまたまた立ち尽くす。
葉っぱ
まだ青いのです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉っぱ
まだ青いのです
1
ん??
この雲は??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん??
この雲は??
どんどん容積を増してくる
白い集団
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん容積を増してくる
白い集団
2
ここまでは来たものの・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでは来たものの・・・
東の空はこんな“龍の巣”が(゜_゜)
下りは雨が降ると転倒の危険が大なので
頂上は諦めて下山します・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の空はこんな“龍の巣”が(゜_゜)
下りは雨が降ると転倒の危険が大なので
頂上は諦めて下山します・・・
7
一本立ちのキノコ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本立ちのキノコ
こちらは控えめながら主張が強い輩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは控えめながら主張が強い輩
1
おいらにも笠貸してくれたまえ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おいらにも笠貸してくれたまえ
このように土に還っていくのですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このように土に還っていくのですね
ちょうど3合目で土砂降り。
木々に守られてズブ濡れにはなりませんでした。
3度スリップ。ポールのお蔭で転倒回避(^_-)-☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど3合目で土砂降り。
木々に守られてズブ濡れにはなりませんでした。
3度スリップ。ポールのお蔭で転倒回避(^_-)-☆
1
鬼首はススキの野原が素敵なところです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼首はススキの野原が素敵なところです
3
あれれ?晴れてきましたね。
こちらがアプローチルートとなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれれ?晴れてきましたね。
こちらがアプローチルートとなります。
山頂はのぞめませんでしたが、
今日の山行にありがとう。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はのぞめませんでしたが、
今日の山行にありがとう。。。
3

感想/記録

第一印象。勾配が急です!6合目の主尾根取り付きまで休めそうな緩やかな部分はほとんどありません。花立コース5合目手前の急斜面が新中峰コースでは登りはじめから3合目まで続くような感じ。その後4合目過ぎた地点まで灌木帯なので見晴らしは臨めません。5〜6合目の途中、足を踏み間違えたら一気に谷底という箇所もありますので細心の足運びが必要です。下草は刈ってあるのですが、如何せん茎が浮いた状態+樹根なので極端にスリッピーです。残念ながら雷雲に阻まれ7合目止まり…山頂には辿り着けませんでしたが、6合目以降はおそらく楽に行けると思います。
訪問者数:278人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ