また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 510220 全員に公開 ハイキング 八ヶ岳・蓼科

蓼科山(大河原峠ピストン)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道諏訪南IC
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
1時間25分
合計
5時間45分
S大河原峠10:0011:30蓼科山荘12:1513:00蓼科山13:4015:45大河原峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
将軍平〜山頂の岩場、昇降する登山者で渋滞有り。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

ピンクずくめの大河原パー子とN君
2014年09月14日 10:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクずくめの大河原パー子とN君
2
蓼科山荘のラーメン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山荘のラーメン
1
南に広がる八ヶ岳連峰を望む
2014年09月14日 13:13撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南に広がる八ヶ岳連峰を望む
3
一年のブランクを経て久しぶりの2500m級登頂
2014年09月14日 13:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一年のブランクを経て久しぶりの2500m級登頂
3
太い足だとお散歩程度の山行だが
細い足でよく頑張って登った
2014年09月14日 13:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太い足だとお散歩程度の山行だが
細い足でよく頑張って登った
4

感想/記録

今回は4座目の山ガールSちゃんのガイド。
元ワンゲル部のN君を誘ってSLとして参加してもらった。N君は前回の登山から1年以上のブランクができてしまった状態なので、慣らし運転に調度良いと快諾。

前日八ヶ岳入りする際、車中、標高差1000mの観音平〜編笠と、標高差500mの大河原峠〜蓼科のどちらにするかを選択肢てもらったところ、なんとなく蓼科に決まる。
標高差こそ少ないが、将軍平より上は4つの手足使ってよじ登る岩場になることはあえて教えず。長野県警の電子登山届に送信。

前夜N君と浴びるほど飲み、泥のように眠る。
その結果誰も5時に起きれず、7時過ぎの起床。まったく前泊の意味が無い。
大河原峠を10時頃出発。Sちゃんの出で立ちは、LaLaさかいやで選んできたというピンクずくめ。まるで林家パー子。

前掛山の急登部を越えると、あとは将軍平までほぼ平ら。
蓼科山荘前は大賑わい。テラス席で休憩。道々生ビール、ラーメン、ケーキセットがあることは教えてあったが、N君がラーメン、Sちゃんは意外なことに豚汁を注文。私は珈琲。

気が済むまで休んで出発。徐々に目の前に立ち上がる岩場の斜度を見て「絶壁だ!」と大騒ぎ。登りも下りも登山者が多く時に渋滞停止。Sちゃんはストックしまって手足使った4つ足ムーブで岩登り。ひーこら言いながら何とか登頂。
残念ながら八ヶ岳、南・中・北ア、浅間は上半分が雲の中。でも一応山座同定し山名を教える。N君は蓼科から両神山が見えることに驚いていた。
雲がどくかもしれないのでしばらく山頂でおやつタイム。西〜編笠はピークまでくっきりと見えるようになった。
八ヶ岳は南端と北端に2500mのコニーデ火山、編笠と蓼科があり、佐久平の反対側の浅間も2500m火山。
蓼科の山頂に立つと、いつもそんなスケールの不思議な関連事項に思いを馳せる。

下山前にSちゃんの靴を下山用の紐の結び方に変更させる。
案の定Sちゃんには岩場の下りがたいへん。針金のような細い足の歩幅は、岩の大きさより小さいことが多く、ストックを1本長くして谷側に突かせたり、4つ足後ろ向きで下りてもらったり・・・本人も途中で膝が笑い出すなど、下り特有の筋肉の使い方に苦しんでいた。
蓼科山荘前で休憩。おやつ。両足投げ出させ、マッサージするよう指示。大休憩後出発。ゆっくりと往路と同じ行程を降りる。

下山後、牧場で焼き肉爆食い〜温泉〜帰京。
3連休の中日で空いていると思っていたら、中央道45km渋滞の表示。なんてこった・・・
Sちゃんは精魂尽き果て車中爆睡。
N君にはブランク克服のウォーミングアップ山行となった様子。
裏道つないで4時間弱で東京着。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:743人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ