また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510288 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥岳登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
1時間24分
合計
5時間30分
S奥岳登山口05:4705:55あだたら渓谷奥岳自然遊歩道05:5707:14勢至平分岐07:30金明水07:36くろがね小屋08:0608:35峰の辻08:54峰ノ辻分岐08:5809:13安達太良山09:5610:33仙女平分岐10:57あだたらエクスプレス 山頂駅11:0211:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(1) ザックカバー(1) 登山靴(1) 日よけ帽子(1) 雨具(1) グローブ(1) ストック(1) ヘッドランプ(1) 笛(1) 鈴(1) ナイフ(1) サングラス(1) クッカー(1) シェラカップ(1) コップ(1) ガスバーナー(1) ガス(1) エマージェンシーシート(1) ファーストエイドキッド(1) 地理院地図(1) 山と高原地図(1) 保険証(1) ティッシュ(2) ロールペーパー(1) GPSロガー(1) 時計(1) 携帯灰皿(1) Tシャツ(1) トレーナー(1) ズボン(1) タイツ(1) 靴下(1) 防寒着 タオル(2) 携帯座布団(1) 飲料(2) 非常食(1) 予備電池(4) モバイルバッテリー(1) iphone(1) 携帯電話(1) ビニール袋(2)

写真

以前来た時に強風の影響で倒木があり立ち入り禁止になっていたので、今日はあだたら渓谷自然遊歩道経由で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前来た時に強風の影響で倒木があり立ち入り禁止になっていたので、今日はあだたら渓谷自然遊歩道経由で。
道は整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は整備されています。
何度か橋を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か橋を渡ります。
ここから登山道と合流。くろがね小屋に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道と合流。くろがね小屋に向かいます。
整備された馬車道と旧道との分岐。馬車道と旧道は何度か交差します。とりあえず馬車道を歩くことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された馬車道と旧道との分岐。馬車道と旧道は何度か交差します。とりあえず馬車道を歩くことに。
なだらかで非常に歩きやすいんですが・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかで非常に歩きやすいんですが・・・。
つまらないので旧道へw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つまらないので旧道へw
旧道が終わると再び整備された道に。くろがね小屋までこんな感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道が終わると再び整備された道に。くろがね小屋までこんな感じです。
峰の辻経由とくろがね小屋経由の分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の辻経由とくろがね小屋経由の分岐。
くろがね小屋の手前にある金明水。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろがね小屋の手前にある金明水。
くろがね小屋。温泉等の営業は10時からとのこと。知らずに7時ごろに山バッチを購入。「本当は10時からなんだけどね」と言われ、すいません。快く対応してくれた山小屋の皆様ありがとうございました。パンフレットまでいただいちゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろがね小屋。温泉等の営業は10時からとのこと。知らずに7時ごろに山バッチを購入。「本当は10時からなんだけどね」と言われ、すいません。快く対応してくれた山小屋の皆様ありがとうございました。パンフレットまでいただいちゃいました。
1
くろがね小屋から撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろがね小屋から撮影。
ここからひたすら登りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからひたすら登りです。
乳首が見えてきたw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乳首が見えてきたw
3
牛の背経由と山頂への分岐。牛の背へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛の背経由と山頂への分岐。牛の背へ。
牛の背までもひたすら登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛の背までもひたすら登り。
ひたすら登りですが、そこまで急ではありません。距離も短いので。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら登りですが、そこまで急ではありません。距離も短いので。
牛の背に到着。牛の背か馬の背かわからなくなってきたw
ここから鉄山方面が馬の背、安達太良山方面が牛の背。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛の背に到着。牛の背か馬の背かわからなくなってきたw
ここから鉄山方面が馬の背、安達太良山方面が牛の背。
鉄山方面の馬の背。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山方面の馬の背。
安達太良山方面の牛の背。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山方面の牛の背。
安達太良山山頂がわってます。「
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山山頂がわってます。「
1
乳首の上は岩場を登る必要があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乳首の上は岩場を登る必要があります。
こちらも山頂から撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも山頂から撮影。
1
昼食をとりロープウェイ方面へ下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食をとりロープウェイ方面へ下ります。
下りはじめたらロープウェイから登ってきた団体さんがたくさんおり、すれ違うのに一苦労。撮影できず。撮影するところもなかったですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはじめたらロープウェイから登ってきた団体さんがたくさんおり、すれ違うのに一苦労。撮影できず。撮影するところもなかったですが。
前日よりフォレストパークでキャンプをしており、家族をおいてきたので、時間短縮のためロープウェイを利用させていただきます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日よりフォレストパークでキャンプをしており、家族をおいてきたので、時間短縮のためロープウェイを利用させていただきます!
ロープウェイは早い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイは早い!

感想/記録
by hueda

フォレストパークのキャンプついでに、安達太良山にトレーニングを兼ねて登りました。最近、腸脛靭帯炎に悩まされており、始めた筋トレ、柔軟と腸脛靭帯炎用のサポーター「ZAMST RK-1」の効果も検証。しかし標高差と距離が少なく、効いているのか不明に終わりました。
とはいえ、火山特有の景色が広がり稜線は見ごたえがありました。
訪問者数:526人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ