また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 510948 全員に公開 ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

鳥甲山(狢平〜屋敷周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
狢平登山口駐車場(20台くらい)。
国道405号や秋山林道は完全舗装されていて走りやすいが、道幅が狭くてすれ違いできない箇所も多い。
湯沢から十日町に抜ける国道353号線は時間帯によって通行止なので、県道76号の迂回路を使った。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち98%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間26分
休憩
20分
合計
10時間46分
S狢平駐車場07:3008:55万仏岩08:5610:52白凜瞭11:38カミソリ岩11:3912:39鳥甲山12:5613:23赤凜瞭14:28赤凜慮14:2916:56屋敷登山口18:16狢平駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道はよく整備されていて、道標はないが、迷うようなところはない。
痩せ尾根や崖っぷちの道も多いが、しっかり鎖も付けられており、慎重に行けば問題ない。全体的に黒土と岩交じりの急な道が多く、非常に滑りやすいので注意が必要。
その他周辺情報飯山線津南駅構内にある「リバーサイド津南」500円。
時間が遅くなってしまい、秋山郷の日帰り入浴が終了してしまったため、ここに来たが人も少なくのんびり汗を流せた。うす茶色のいいお湯だった。
同じ場所にある「かねさま蕎麦」は残念ながらもう終了していた。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

狢平の登山口。
2014年09月14日 07:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狢平の登山口。
7時で駐車場はまだガラガラ状態。鳥甲の岩壁が見える。
2014年09月14日 07:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時で駐車場はまだガラガラ状態。鳥甲の岩壁が見える。
こんな道、結構急だ。
2014年09月14日 07:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道、結構急だ。
尾根に出ると展望が開ける。これから進む尾根を見上げる。
2014年09月14日 08:40撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出ると展望が開ける。これから進む尾根を見上げる。
苗場山の特徴的な山容。
2014年09月14日 08:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山の特徴的な山容。
あこがれの左武流山。
2014年09月14日 08:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あこがれの左武流山。
北側の津南方面の展望。
2014年09月14日 08:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の津南方面の展望。
大部登ってきた。
2014年09月14日 08:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大部登ってきた。
万仏岩を臨む。
2014年09月14日 08:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万仏岩を臨む。
万仏岩。右側の梯子はしっかりしてそうだが上部が不安なので、最初から左側を登った。足場もしっかりしており問題ない。
2014年09月14日 08:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万仏岩。右側の梯子はしっかりしてそうだが上部が不安なので、最初から左側を登った。足場もしっかりしており問題ない。
万仏岩の上から見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万仏岩の上から見下ろす。
万仏岩の上からアップ。
2014年09月14日 09:00撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万仏岩の上からアップ。
狢平の駐車場が良く見える。車が増えている。
2014年09月14日 09:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狢平の駐車場が良く見える。車が増えている。
まだまだ一直線の急な登りは続く。
2014年09月14日 09:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ一直線の急な登りは続く。
だいぶ登ってきた。
2014年09月14日 09:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきた。
やっと白凜瞭が見えてきた。まだ遠い。
2014年09月14日 09:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと白凜瞭が見えてきた。まだ遠い。
こんな崖っぷちも進む。
2014年09月14日 09:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな崖っぷちも進む。
シラタマノキの実?
2014年09月14日 09:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラタマノキの実?
紅葉はまだまだ。
2014年09月14日 09:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉はまだまだ。
日に照らされた鳥甲の岸壁が素晴らしい。
2014年09月14日 09:48撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日に照らされた鳥甲の岸壁が素晴らしい。
1
白凜瞭はまだまだ先。
2014年09月14日 09:48撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白凜瞭はまだまだ先。
ようやく、白凜瞭に着いた。何の変哲もない道の途中だ。
2014年09月14日 10:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、白凜瞭に着いた。何の変哲もない道の途中だ。
かみそり岩手前の痩せ尾根を進む、しっかりした鎖が手摺のように付けられている。
2014年09月14日 11:34撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かみそり岩手前の痩せ尾根を進む、しっかりした鎖が手摺のように付けられている。
やっと鳥甲の山頂が見えてきた。
2014年09月14日 11:34撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと鳥甲の山頂が見えてきた。
岩場を下って見上げる。鎖はしかっりしているが切れ落ちているので慎重に進む。
2014年09月14日 11:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を下って見上げる。鎖はしかっりしているが切れ落ちているので慎重に進む。
絶壁の淵を進む。
2014年09月14日 11:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶壁の淵を進む。
入ってはいけません。普通ははいらないと思うが。
2014年09月14日 11:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入ってはいけません。普通ははいらないと思うが。
右下のまき道を進む。
2014年09月14日 11:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右下のまき道を進む。
振り返るとガスにかすむカミソリ岩。
2014年09月14日 11:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとガスにかすむカミソリ岩。
針金で固められた極短いナイフリッジ。平坦でなくデコボコしており、高度感もあるため結構怖い。左側の鎖を掴みつつ、慎重に進む。
2014年09月14日 12:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針金で固められた極短いナイフリッジ。平坦でなくデコボコしており、高度感もあるため結構怖い。左側の鎖を掴みつつ、慎重に進む。
もうすぐ鳥甲の山頂だ。
2014年09月14日 12:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ鳥甲の山頂だ。
ナイフリッジを渡って振り返る。
2014年09月14日 12:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジを渡って振り返る。
山頂への最後の登り。
2014年09月14日 12:16撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への最後の登り。
ウメバチソウ?
2014年09月14日 12:19撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ?
ついに山頂の肩。道標はないが、左が山頂、直進が屋敷。
2014年09月14日 12:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに山頂の肩。道標はないが、左が山頂、直進が屋敷。
すごい形のカミソリ岩。
2014年09月14日 12:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい形のカミソリ岩。
やっと着いた鳥甲山山頂。日本200名山。
2014年09月14日 12:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着いた鳥甲山山頂。日本200名山。
山頂は結構広いが展望はあまり良くない。
2014年09月14日 12:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は結構広いが展望はあまり良くない。
一人占めの山頂。恒例のコーヒータイム。
2014年09月14日 12:49撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人占めの山頂。恒例のコーヒータイム。
すごい絶壁。
2014年09月14日 13:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい絶壁。
尾根上をほぼ忠実に辿る道。ところどころ右側が切れ落ちている箇所を通る。
2014年09月14日 13:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上をほぼ忠実に辿る道。ところどころ右側が切れ落ちている箇所を通る。
道から離れて下に渡してある鎖は何のため?まさか落ちたときに引っかかるためではないと思うが。
2014年09月14日 13:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道から離れて下に渡してある鎖は何のため?まさか落ちたときに引っかかるためではないと思うが。
振り返ってガスかすむ鳥甲山頂を望む。
2014年09月14日 13:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってガスかすむ鳥甲山頂を望む。
1
マツムシソウ。もう秋だな。
2014年09月14日 13:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マツムシソウ。もう秋だな。
手前の岩は赤くて赤堯奥の岩は白くて白堯△版柴澄
2014年09月14日 13:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の岩は赤くて赤堯奥の岩は白くて白堯△版柴澄
突如現れた巨大な堰堤?雪崩止め?向こう側を左に進む。
2014年09月14日 16:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突如現れた巨大な堰堤?雪崩止め?向こう側を左に進む。
やっと屋敷登山口に降りてきた。長い急な下りだった。
2014年09月14日 16:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと屋敷登山口に降りてきた。長い急な下りだった。
最後は一時間ちょっとの舗装された林道歩き。
2014年09月14日 17:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は一時間ちょっとの舗装された林道歩き。
林道途中の立派な滝。
2014年09月14日 17:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 930 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中の立派な滝。

感想/記録
by tat7

以前からあこがれていた鳥甲山に思い切って行ってきた。

登山口まで片道4時間あまりのドライブ、帰りは渋滞でもっと時間がかかるのでつらいが、何とか日帰りできる範囲だ。

まだ紅葉には早く人も多くないと予想していが、実際会ったのは数パーティだけで静かな山歩きが楽しめた。

鳥甲山は、その雄大な山容、変化に富んだ眺望の良い道、など予想以上に素晴らしい山であったが、いかんせん私にはかなりきつかった。登りも下りも、とにかく一直線の急ですべり易い道の連続のため、大幅に時間を食ってしまい、駐車場に戻ったころは真っ暗になる直前であった。もうこのようなきつい山行は無理なのかと自信を失ってしまった。

405号のドライブでは行きはカモシカが道を渡ろうとしていたすぐ脇を通過したり、目の前の木がゆさゆさ揺れたと思ったらサルが道に降りてきたりした。帰りは狸が道をささっと横断することが3回もあった。本当に山奥なんだなぁと思った。

予想より大幅に時間がかかってしまったため、楽しみにしていた切明温泉にはもう間に合わないので、津南駅構内にあり21時までやっている「リバーサイド津南」で一汗流してきた。また、時間があれば天池からの鳥甲も見てみたかったがそんな余裕はとてもなかった。また遅くなってしまったため、「へぎそば」も食べられなかったことが心残りだった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1299人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ