また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 511474 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

冷え冷えビールと谷川岳馬蹄型縦走

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候9/13(土)晴時々曇
9/14(日)晴時々曇 明け方雨&ガス
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間20分
休憩
50分
合計
9時間10分
S白毛門登山口駐車場06:5009:40松ノ木沢の頭09:5010:40白毛門10:5012:00笠ヶ岳12:2013:50朝日岳14:0014:20ジャンクションピーク16:00清水峠
2日目
山行
8時間10分
休憩
1時間20分
合計
9時間30分
清水峠07:0008:00七ツ小屋山08:1009:00蓬峠09:1010:10武能岳10:2012:30茂倉岳12:5013:00一ノ倉岳13:1014:30谷川岳(オキの耳)14:4015:00谷川岳・肩の小屋15:1016:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険なところはない。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

土合駅から出発。白毛門岳とじじ岩ばば岩が見える。
2014年09月13日 06:25撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合駅から出発。白毛門岳とじじ岩ばば岩が見える。
趣ある概念図
2014年09月13日 06:52撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
趣ある概念図
1
なるほど、木の根の登山道
2014年09月13日 07:26撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なるほど、木の根の登山道
1
一ノ倉が正面だが、頂上は雲の中
2014年09月13日 09:37撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉が正面だが、頂上は雲の中
白毛門岳とじじ岩ばば岩
2014年09月13日 09:40撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門岳とじじ岩ばば岩
2
じじ岩ばば岩アップ
2014年09月13日 10:05撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じじ岩ばば岩アップ
やっと姿を見せたオキとトマ
2014年09月13日 10:40撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと姿を見せたオキとトマ
1
笠ケ岳から朝日岳をのぞむ。まだまだー
2014年09月13日 12:02撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ケ岳から朝日岳をのぞむ。まだまだー
一ノ倉バックに笠ケ岳
2014年09月13日 12:43撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉バックに笠ケ岳
すこしずつ色づきはじめている
2014年09月13日 13:20撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこしずつ色づきはじめている
池塘と草紅葉が美しい
2014年09月13日 14:01撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘と草紅葉が美しい
1
巻機山への分岐。いつか歩いてみたいなあ。
2014年09月13日 14:26撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山への分岐。いつか歩いてみたいなあ。
ガスがでてきて、道があっているのかどうか不暗になる。
2014年09月13日 14:34撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがでてきて、道があっているのかどうか不暗になる。
やっと、清水峠に到着。同行者が重いビールとワインを氷で冷やしながら持ち上げてくれていたので、キンキンに冷えたビール!激ウマ!
2014年09月13日 17:12撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、清水峠に到着。同行者が重いビールとワインを氷で冷やしながら持ち上げてくれていたので、キンキンに冷えたビール!激ウマ!
3
明け方は雨。ガスに浮かぶ谷川岳。
2014年09月14日 06:38撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明け方は雨。ガスに浮かぶ谷川岳。
清水峠の避難小屋
2014年09月14日 06:50撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水峠の避難小屋
まだ夏の花も咲いている。
2014年09月14日 07:13撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ夏の花も咲いている。
ガスガスガスガス
2014年09月14日 07:59撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガスガスガス
ガスガス・・・涼しくてよいが。
2014年09月14日 08:15撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガス・・・涼しくてよいが。
ちょっと晴れてきた。このあたり、一番気持ちのよいところ。走りたくなる。
2014年09月14日 08:26撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと晴れてきた。このあたり、一番気持ちのよいところ。走りたくなる。
1
何も見えないのでとりあえす、山頂。武能岳。
2014年09月14日 10:14撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何も見えないのでとりあえす、山頂。武能岳。
視界が開けて歩いてきた道が見えた。
2014年09月14日 10:26撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開けて歩いてきた道が見えた。
1
行手の茂倉岳も見えてきた。青空バックw
2014年09月14日 11:06撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行手の茂倉岳も見えてきた。青空バックw
3
清水峠の避難小屋と蓬峠の避難小屋が見える。なんともすごい大らかな景色。気持ちがいい!
2014年09月14日 11:45撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水峠の避難小屋と蓬峠の避難小屋が見える。なんともすごい大らかな景色。気持ちがいい!
4
のぞきから一ノ倉沢
2014年09月14日 13:43撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のぞきから一ノ倉沢
2
ヘロヘロでオキ到着
2014年09月14日 14:37撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘロヘロでオキ到着

感想/記録
by ameyan

去年の10月、主脈か馬蹄を歩こうとしていたのに、台風の後、寒波がやってきて初雪に降られて撤退した谷川岳。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-359720.html
宿題をやっつけるべく、馬蹄と主脈で2泊3日+平標山の家に1泊ご褒美宿泊とゆうプラン。

ところが、2ヶ月ほど前から、踵が痛くて足をつけず、会社へ行くのもピョコタンピョコタン歩いている始末。
それが原因で、腰も膝までも調子がわるい。
医者にいくと骨棘ができているとゆうことだったが、靴にインソール入れるとかしか治療法はなくて、歩いたからといって骨が折れるとかゆうものでもなさそう。
要は炎症なので、痛み止めとテーピングとストックでなんとかなるかな・・・と。

そんな、なさけない状態で歩いてみたけど、やっぱり泊装備もって長時間はちょっとしんどかった。
2日目主脈に入って、オジカ沢の避難小屋までゆくか、熊穴沢の避難小屋で泊まるか・・・とか考えたが、主脈を歩くとなると時間制限があって、どうにも自信がなくて、結局ロープウエイの最終時間に間に合うので、降りてしまった。

残念な気持ちでいっぱいだったけど、それでも、翌日、しゃがむのに膝が曲げにくいくらい腫れていたので、まあ、無理しないのも正しい選択だったかな?

歩くのはヘロヘロヨタヨタでしたが、景色は美しかったです。
重い荷物を背負ったので、ゆっくり景色見れてよかったw

同行者が、その上に氷で冷やしたビールとワインを担ぎ上げてくれており、清水峠で飲んだキンキンに冷えたビールはめちゃウマでした。

ありがとう!
訪問者数:594人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ