また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 512016 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

蓼科山(竜源橋〜女の神〜山頂〜将軍平〜竜源橋)

日程 2014年09月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(雲多し)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
竜源橋駐車場(容量数台程度)起点周遊
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間26分
休憩
44分
合計
6時間10分
S竜源橋 登山口07:2107:29女の神展望台07:3507:42女ノ神茶屋 登山口07:4310:03蓼科山頂ヒュッテ10:2410:28蓼科山10:3410:36蓼科神社奥宮10:4010:52蓼科山頂ヒュッテ11:11蓼科山荘11:1713:31竜源橋 登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
迷う個所は無し、ただし下山ルートでは案内票に「竜源橋」の記載はほぼ無いので注意を要す、分岐点では地図の確認を推奨します。 山頂付近に近づくにつれて、大きな岩が多くなり、登山者を苦しめる!(一一") 
その他周辺情報竜源橋の駐車場より数百メートル下った県道沿いに、岩から湧き出す苔むした滝があるが、一見の価値あり!
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

未明に富山の自宅を出発し、安房トンネルを抜けて松本市に入ったところで夜明けを迎える。 美ヶ原がシルエットとなって浮かび上がる。
2014年09月13日 05:44撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未明に富山の自宅を出発し、安房トンネルを抜けて松本市に入ったところで夜明けを迎える。 美ヶ原がシルエットとなって浮かび上がる。
2
登山口へ向かう途中の県道から見た蓼科山。
2014年09月13日 06:48撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口へ向かう途中の県道から見た蓼科山。
3
さらに県道を行くと、苔むした小さな滝を見かける。 場所は登山口の竜源橋の数百メートル手前。
2014年09月13日 06:58撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに県道を行くと、苔むした小さな滝を見かける。 場所は登山口の竜源橋の数百メートル手前。
2
支度を終えて、竜源橋を出発する。 まずは県道を歩き、女の神登山口を目指す。 歩道が無いので走り屋の車や単車に注意!
2014年09月13日 07:21撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支度を終えて、竜源橋を出発する。 まずは県道を歩き、女の神登山口を目指す。 歩道が無いので走り屋の車や単車に注意!
途中で「女の神展望台」に立ち寄り、八ヶ岳連峰を眺める。
2014年09月13日 07:31撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で「女の神展望台」に立ち寄り、八ヶ岳連峰を眺める。
20分ほど県道を歩き、女の神茶屋登山口から登山道に入る。
2014年09月13日 07:42撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど県道を歩き、女の神茶屋登山口から登山道に入る。
登山口付近は広葉樹の樹木が多い。
2014年09月13日 07:44撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口付近は広葉樹の樹木が多い。
平坦なササ地帯を進む。
2014年09月13日 07:49撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦なササ地帯を進む。
しかし、しばらく進むと多くの岩が出現する。
2014年09月13日 08:19撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、しばらく進むと多くの岩が出現する。
行く手に立ち枯れた木々が見えてきた。
2014年09月13日 09:42撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手に立ち枯れた木々が見えてきた。
1
そこは、原因に真の結論が出ていない「縞枯れ現象」場所であった。 老いた木々が立ち枯れ、その足元に若木が育っているので、世代交代、種の安定保存が目的ではないかと考える。
2014年09月13日 09:44撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこは、原因に真の結論が出ていない「縞枯れ現象」場所であった。 老いた木々が立ち枯れ、その足元に若木が育っているので、世代交代、種の安定保存が目的ではないかと考える。
1
ようやく、山頂部が見えてきた。
2014年09月13日 09:51撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、山頂部が見えてきた。
山頂部は多くの岩で覆われている。
2014年09月13日 09:59撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部は多くの岩で覆われている。
真っ直ぐ山頂へは行かず、空腹を満たすために「蓼科山頂ヒュッテ」へ向かう。 ここでは山バッヂの無人販売システムあり。
2014年09月13日 10:10撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ直ぐ山頂へは行かず、空腹を満たすために「蓼科山頂ヒュッテ」へ向かう。 ここでは山バッヂの無人販売システムあり。
まずは腹ごしらえ、ラーメン(\800)を頂く。
2014年09月13日 10:15撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは腹ごしらえ、ラーメン(\800)を頂く。
4
休憩を終えて、山頂に向かう。 ところで、ハロウィンは9月でしたっけ?
2014年09月13日 10:30撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩を終えて、山頂に向かう。 ところで、ハロウィンは9月でしたっけ?
岩石の山頂を持つ山としては、平たくとても広い山頂部。 ガスに巻かれると迷いそうだ。
2014年09月13日 10:35撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩石の山頂を持つ山としては、平たくとても広い山頂部。 ガスに巻かれると迷いそうだ。
2
山頂部を後にする。
2014年09月13日 10:52撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部を後にする。
3
登って来た登山ルートと反対側の登山ルートを下ると、多くの登山者が登って来る。 こちらが蓼科山のメインルートの様だ。
2014年09月13日 11:01撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来た登山ルートと反対側の登山ルートを下ると、多くの登山者が登って来る。 こちらが蓼科山のメインルートの様だ。
将軍平に建つ蓼科山荘は登山道の十字路、下山ルートを慎重に確認する。 竜源橋は天祥寺原方面へ向かう。
2014年09月13日 11:17撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平に建つ蓼科山荘は登山道の十字路、下山ルートを慎重に確認する。 竜源橋は天祥寺原方面へ向かう。
1
このルートを歩く登山者は少ない。
2014年09月13日 11:26撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートを歩く登山者は少ない。
こんがりと焼けたパンのようなキノコ。
2014年09月13日 11:31撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんがりと焼けたパンのようなキノコ。
登山道が樹木に覆われて狭くなると、
2014年09月13日 11:45撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が樹木に覆われて狭くなると、
突然広い涸れた河原に飛び出す。
2014年09月13日 11:51撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然広い涸れた河原に飛び出す。
傾斜も緩み、木漏れ日の林を気持ち良く歩く。
2014年09月13日 12:24撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜も緩み、木漏れ日の林を気持ち良く歩く。
一カ所だけ登山道の右手に、端正な蓼科山を望める場所がある。
2014年09月13日 12:29撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一カ所だけ登山道の右手に、端正な蓼科山を望める場所がある。
3
木々の背が高く辺りが薄暗くなり、地表はコケ類で覆われている。
2014年09月13日 12:42撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の背が高く辺りが薄暗くなり、地表はコケ類で覆われている。
1
行く手を阻む大きな倒木。 またぐ事は出来ず、ハイハイでくぐる場合もザックを引っかけてしまう絶妙に迷惑な高さ!
2014年09月13日 12:50撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手を阻む大きな倒木。 またぐ事は出来ず、ハイハイでくぐる場合もザックを引っかけてしまう絶妙に迷惑な高さ!
ここではコケがとても元気!
2014年09月13日 12:53撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここではコケがとても元気!
1
無事に竜源橋登山口に下山する。
2014年09月13日 13:31撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に竜源橋登山口に下山する。
蓼科山を後に、霧ヶ峰をハシゴする事にする。(ビーナスラインから見た、蓼科山と白樺湖。)
2014年09月13日 13:47撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山を後に、霧ヶ峰をハシゴする事にする。(ビーナスラインから見た、蓼科山と白樺湖。)
3
撮影機材:

感想/記録

今年の夏は天候不順がつづき特に週末は天気が芳しくなかった。 晴れたとしても大気中の水蒸気が多いために視程が悪く、夕方には雷雲も発達し、山行を控えざるをえなかった。 9月に入り迎えた三連休、天候が良さそうので過ぎ去った夏の日を取り戻すべく、初日に蓼科山と霧ヶ峰、二日目と三日目で瑞牆山と金峰山へ登頂するという詰め込み登山を計画した。 初日の蓼科山は天候はまずまずで、気温の上昇も無く、気持ち良く山行をこなす事ができた。 しかし、山頂からの眺望は多くの雲に遮られて八ヶ岳も満足に眺める事が出来なかった。 山の印象としては登山口から山頂まで歩くことで木々の植生の変化を短時間で観察する事ができ、面白い山ではあった。
訪問者数:456人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ