また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 512574 全員に公開 ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

岩手山縦走(網張温泉〜焼走り登山口)

日程 2014年09月13日(土) [日帰り]
メンバー
 CEI
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
in
盛岡〜網張温泉45分
網張温泉スキー場第1〜第3リフト30分(片道1,050円)
out
焼走り登山口〜大更15分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

網張温泉スキー場の第1リフト。土日祝日は朝7時から、平日は8時から運行しています。第1リフトの乗り場で料金を支払います(第3リフトまでの片道\1,050円)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
網張温泉スキー場の第1リフト。土日祝日は朝7時から、平日は8時から運行しています。第1リフトの乗り場で料金を支払います(第3リフトまでの片道\1,050円)。
盛岡から1日4往復の岩手県交通バスがやってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盛岡から1日4往復の岩手県交通バスがやってきます。
第1リフト乗り場と駐車場、スキーセンター。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1リフト乗り場と駐車場、スキーセンター。
2人乗りのリフト。青空に恵まれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2人乗りのリフト。青空に恵まれました。
1
エゾオヤマリンドウ。登山道脇にたくさん咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾオヤマリンドウ。登山道脇にたくさん咲いています。
4
第3リフトの終点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3リフトの終点。
展望台まではきれいに整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台まではきれいに整備されています。
1
網張元湯の噴煙。網張温泉はここから引湯しているようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
網張元湯の噴煙。網張温泉はここから引湯しているようです。
1
犬倉山への分岐。左は巻き道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬倉山への分岐。左は巻き道。
雫石・小岩井方面。雲が眼下に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雫石・小岩井方面。雲が眼下に。
黒倉山と岩手山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒倉山と岩手山。
3
高温で軟弱な熱泥箇所に注意の看板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高温で軟弱な熱泥箇所に注意の看板。
2
姥倉山の肩に上がります。松川温泉からの登山道に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥倉山の肩に上がります。松川温泉からの登山道に合流。
1
三角岩から黒倉山。このあたりが地熱が高いエリアです。植生なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角岩から黒倉山。このあたりが地熱が高いエリアです。植生なし。
1
三角岩を越えたあたりで高地熱エリアが終わり、植生が戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角岩を越えたあたりで高地熱エリアが終わり、植生が戻ります。
アキノキリンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ。
2
ミヤマカラマツ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカラマツ。
1
ヨツバヒヨドリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバヒヨドリ。
1
切通し。岩手山へのお花畑コースと鬼ヶ城コースの分岐点。お花畑に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切通し。岩手山へのお花畑コースと鬼ヶ城コースの分岐点。お花畑に向かいます。
1
大地獄谷まで下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大地獄谷まで下ります。
1
大地獄分岐。ここから岩手山に登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大地獄分岐。ここから岩手山に登ります。
1
白く濁った川底。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く濁った川底。
2
お花畑。湿原地帯に木道が走ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑。湿原地帯に木道が走ります。
2
千俵岩。たしかに俵を積んであるように見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千俵岩。たしかに俵を積んであるように見えます。
3
森を登り切ると不動平。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森を登り切ると不動平。
1
不動平避難小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平避難小屋。
1
不動平から山頂を望む。右下から伸る登山道は途中でY字に分かれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平から山頂を望む。右下から伸る登山道は途中でY字に分かれています。
3
少し登ると八合目避難小屋が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると八合目避難小屋が見えました。
2
砂地を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂地を登ります。
お鉢に出ます。祠がたくさん。時計でいうと6時の位置です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢に出ます。祠がたくさん。時計でいうと6時の位置です。
1
岩手山の最高峰・薬師岳の山頂。人が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山の最高峰・薬師岳の山頂。人が見えます。
7
「向正面下ル奥宮参道向左御鉢廻リ道」との道案内石碑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「向正面下ル奥宮参道向左御鉢廻リ道」との道案内石碑。
4
お鉢の中に下りて岩手山神社奥宮に向かいます。妙高岳と奥に薬師岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢の中に下りて岩手山神社奥宮に向かいます。妙高岳と奥に薬師岳。
4
岩手山神社奥宮の祠群。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山神社奥宮の祠群。
1
奥宮からお鉢に上がったところ。祠がたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮からお鉢に上がったところ。祠がたくさん。
1
薬師岳への最後の登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳への最後の登り。
1
岩手山(薬師岳)の山頂。狭いですが、眺望は素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山(薬師岳)の山頂。狭いですが、眺望は素晴らしい。
9
お鉢を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢を下ります。
2
お鉢を10時の位置から北に外れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢を10時の位置から北に外れます。
平笠不動避難小屋。この前で休憩しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平笠不動避難小屋。この前で休憩しました。
2
振り返って岩手山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って岩手山。
5
モミジカラマツ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ。
2
サラシナショウマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ。
砂礫地を斜めに巻いていきます。展望良好。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫地を斜めに巻いていきます。展望良好。
2
黒い扇状のところが焼走り。左に焼走り登山口の駐車場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒い扇状のところが焼走り。左に焼走り登山口の駐車場。
2
第一噴火口からは森に入り、まっすぐ下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一噴火口からは森に入り、まっすぐ下ります。
1
焼走り。黒い溶岩がゴロゴロと。登山道はこの脇を下りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼走り。黒い溶岩がゴロゴロと。登山道はこの脇を下りていきます。
3
焼走り登山口に到着。大きな駐車場があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼走り登山口に到着。大きな駐車場があります。
1
焼走りの湯600円。露天はありませんが、いいお湯です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼走りの湯600円。露天はありませんが、いいお湯です。
3

感想/記録
by CEI

■アプローチ
盛岡駅前のビジネスホテルに前泊して、レンタカーで6時15分に出発。
(盛岡駅前のレンタカー屋さんは早くても7時からの営業だったので、前夜に借りました。なお、夜も21時までの営業。)
国道4号線を北上し、滝沢で左折。広大な牧場の中を走ります。
スノーシェルターをくぐると右手に網張温泉スキー場。
7時15分に到着すると、すでにリフトは動いていました。
土日祝日は7時から、平日は8時から運行しています。

7時30分に第1リフトに乗り込みました。
第1から第3リフトまでは片道1,050円。
スキーセンターではなく、リフト乗り場で直接チケットを購入します。
2人乗りのリフトを乗り継いで、30分ほどで第3リフトの終点「いぬくら」まで上がります。
第3リフトに乗車中、右手に網張元湯の噴煙を眺めることができました。

■お花畑コース
第3リフトの終点からすぐ展望台があり、とてもよく整備されています。
明るい光の中、はっきりした踏み跡を辿ります。

犬倉山を巻いて、姥倉山の肩に出てからは稜線歩き。
三角岩を挟み、黒倉山までは地温が高いエリア。
実際に熱さを感じることはありませんでしたが、高温注意の看板がたくさんありました。

黒倉山を右に巻き、森の中に入って切通しの分岐に出ます。
岩手山まで鬼ヶ城経由とお花畑経由の2ルートに分かれます。
切り立った岩をたどる鬼ヶ城コースは歩きにくそうだったので、お花畑コースに進みました。

切通しから下っていくと硫黄に被われて荒涼とした大地獄分岐。
七滝コースと合流して、大地獄谷を渡渉しながら上がっていきます。
川底も鉄色になっていて、温泉成分が豊富な感じがしました。

上流に進むと川の水が澄んできます。
お花畑の湿原を木道で越えるときつい登りとなり、右手には鬼ヶ城の岸壁がそびえています。
たしかに俵が積んであるようにみえる千俵岩の脇を抜けて、不動平に到着。
不動平では馬返しや鬼ヶ城からのコースが合流して、人が多くなって賑やかになります。

■お鉢巡り
これから登る山頂は目の前。登っていく人がよく見えます。
砂まじりの道を斜めに上がり、途中で二手に分かれるところを右に進んで稜線に上がります。
外輪山となっているお鉢の縁で、仏像や祠がたくさんあります。
対面には最高峰の薬師岳があり、お鉢の中央には妙高岳があります。

反時計回りに進み、すぐに外輪山から内側の砂地に下りていきます。
妙高山のふもとに岩手山神社奥宮があり、剣がそびえ、大小の祠が建ち並びます。
近くからは噴煙も出ていて、これを御神体としているのかもしれません。

奥宮からお鉢に上がり、薬師岳に向かいます。
山頂は狭い尾根にありますが、これから下る焼走りや、お鉢の中の噴火口がよく見えました。
少し下ったところから、お鉢を北側に外れ、焼走り登山口に向かいます。
ハイマツ帯のガレ場を下ったところに平笠不動避難小屋。
その前の広場に座って20分ほど休憩しました。

■焼走り登山口
平笠不動から東に向かってツルハシ分かれ。
ここまでは歩きやすいダケカンバの森でした。
さらに山腹を東に巻いていくと、展望が良い砂礫地帯。
登山道のロープの両側にはコマクサの大群落があります。
花の多くは枯れていましたが、いくつかは残っていました。

焼走りの黒い溶岩が、森の緑の中に浮かんでいるのがよく見えます。
第1噴出口で巻き道が終わり、まっすぐに下りはじめます。
第2噴出口を経由して、ブナやミズナラ林の中の長い長いコースを歩きます。

焼走り登山口に出ると大きな駐車場があります。
右手に焼走りがあって、黒い溶岩が無数に転がっているのを見ることができます。
左手に進んだところに焼走りの湯(600円)があり、入浴しました。
露天はありませんが、良いお湯でした。

■まとめ
クルマで迎えにきてもらえたので縦走することができました。
天候にも恵まれた山行になりました。
リフトを下りてからの今日の行程は8時間40分。うち休憩30分。28,000歩でした。
訪問者数:758人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/19
投稿数: 18
2014/9/20 18:55
 お疲れさまでした。
今夏登ろうと思ってましたが悪天候で断念しました。
いい天気で良かったですね。うらやましい。
全ての写真たいへん興味深く拝見させてもらいました。
焼け走りの湯で焼け走りラーメン食べましたか?おいしいですよ。
CEI
登録日: 2012/2/20
投稿数: 51
2014/9/20 22:06
 Re: お疲れさまでした。
murakenさん、こんばんは。

天気予報は午後から雷雨とのことで、あまり良くなかったのですが、
天候に恵まれて楽しい登山になりました。
夕食の時間が迫っていたので、焼走りの湯では小岩井牛乳だけをいた
だきました。
次回は馬返しから岩手山に登ってみたいと思ってます。
その際はラーメンにも挑戦してみたいと思います

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ