ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5300531
全員に公開
雪山ハイキング
八ヶ岳・蓼科

ガスガスの蓼科山(アイゼンワーク鬼特訓!)

2023年03月24日(金) [日帰り]
 - 拍手
よっさん その他1人
体力度
2
日帰りが可能
GPS
06:07
距離
6.4km
登り
780m
下り
776m
歩くペース
標準
1.01.1
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
5:09
休憩
0:59
合計
6:08
11:21
11:23
10
11:33
11:33
91
13:05
13:13
1
13:14
13:47
3
13:50
13:50
49
14:39
14:39
11
14:50
15:08
54
天候 超曇天!濃密なガスに一日中包まれていました。
正午過ぎ山頂の気温は0℃
風は5m/s以下で山頂でランチを食べる余裕がありました。
過去天気図(気象庁) 2023年03月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
すずらん峠園地駐車場 駐車台数

住所 〒391-0000 長野県茅野市すずらん峠4029

トイレ 有

アクセス
中央道の諏訪インターチェンジを→国道20号線の白樺湖・蓼科方面へ右折→国道152号線の立体交差を側道から左折→3.5kmほど先の御座石神社の交差点で県道192号線(ビーナスライン)の白樺湖・蓼科高原方面へ左折→蓼科山登山口のバス停と女乃神茶屋を過ぎたすぐ先に道路の左右に未舗装の駐車場があります。
蓼科山の登山口は女乃神茶屋の向かいにあります。
八子ヶ峰の登山口は左側の駐車場奥にあります。
駐車場の700mほど手前には女の神展望台の駐車スペースもあります。
コース状況/
危険箇所等
登山口付近は雪解けしドロドロ。
落葉松林の上から残雪有り。
登山道の雪の状態はアイス、腐れ雪、状態は悪い。
山頂部ゴーロ帯は残雪少ない。
その他周辺情報 長門牧場

所在地 〒386-0601 長野県小県郡長和町大門3539-2

交通アクセス (1)お車で ①諏訪ICから車で50分 ②佐久南ICから車で50分 (2)電車で ①北陸新幹線佐久平駅から蓼科役場行きのバス(1時間) 蓼科役場から蓼科スマイル交通で(30分)  

営業期間 営業時間:売店 9:00〜17:30 (3月下旬から11月末まで) レストラン 10:00〜16:30(ラストオーダー16:00)
すずらん園地駐車場。
天気の悪い平日の駐車場はガラガラでした。
2023年03月24日 09:50撮影 by  L-41A, LGE
2
3/24 9:50
すずらん園地駐車場。
天気の悪い平日の駐車場はガラガラでした。
霧の立ち込める落葉松林は幻想的です♪
2023年03月24日 10:20撮影 by  L-41A, LGE
7
3/24 10:20
霧の立ち込める落葉松林は幻想的です♪
昨晩の雨でみずみずしい苔。
2023年03月24日 10:27撮影 by  L-41A, LGE
4
3/24 10:27
昨晩の雨でみずみずしい苔。
ここからはアイゼン装着。
所々アイスの箇所もあるので滑り止めは必要です。
2023年03月24日 10:56撮影 by  L-41A, LGE
2
3/24 10:56
ここからはアイゼン装着。
所々アイスの箇所もあるので滑り止めは必要です。
標高が上がるにつれて森の残雪もしっかり残っています。
2023年03月24日 11:31撮影 by  L-41A, LGE
1
3/24 11:31
標高が上がるにつれて森の残雪もしっかり残っています。
ここからの急登がキツイ所だね!
T君を置き去りにお先にスタコラ登る私(鬼だな)(^^;
4
ここからの急登がキツイ所だね!
T君を置き去りにお先にスタコラ登る私(鬼だな)(^^;
森林限界を越えて山頂直下のゴーロ帯へ突入!
場所によって雪は全く無い。
2023年03月24日 12:50撮影 by  L-41A, LGE
3
3/24 12:50
森林限界を越えて山頂直下のゴーロ帯へ突入!
場所によって雪は全く無い。
アイゼンを装着したまま岩場を歩くのも大変ですが練習です。
1
アイゼンを装着したまま岩場を歩くのも大変ですが練習です。
蓼科山登頂!おめでとうT君(*’ω’ノノ゙☆パチパチ
11
蓼科山登頂!おめでとうT君(*’ω’ノノ゙☆パチパチ
記念のツーショット♪(*≧∀≦)(≧∀≦*)d
2023年03月24日 13:08撮影 by  L-41A, LGE
12
3/24 13:08
記念のツーショット♪(*≧∀≦)(≧∀≦*)d
山頂ヒュッテは雪で埋没中。
2023年03月24日 13:15撮影 by  L-41A, LGE
2
3/24 13:15
山頂ヒュッテは雪で埋没中。
ちょっと休憩できそうにないな(^_^;)
3
ちょっと休憩できそうにないな(^_^;)
山頂の適当な岩場でランチ♪
ようやくラーメン意外の食事も美味しくいただける季節になりました!
2023年03月24日 13:23撮影 by  L-41A, LGE
6
3/24 13:23
山頂の適当な岩場でランチ♪
ようやくラーメン意外の食事も美味しくいただける季節になりました!
360℃真っ白!時より雲が濃くなるとホワイトアウトしてしまうぐらいに白かったなぁ。
2023年03月24日 13:46撮影 by  L-41A, LGE
1
3/24 13:46
360℃真っ白!時より雲が濃くなるとホワイトアウトしてしまうぐらいに白かったなぁ。
踏み抜く人(笑)
2023年03月24日 13:46撮影 by  L-41A, LGE
6
3/24 13:46
踏み抜く人(笑)
さぁ帰るか!
スタート地点の雪原が見えてきました。
4
スタート地点の雪原が見えてきました。
雪解けは進んでいます。
2023年03月24日 14:35撮影 by  L-41A, LGE
1
3/24 14:35
雪解けは進んでいます。
久しぶりの雪を踏む感覚を楽しむ人♪
5
久しぶりの雪を踏む感覚を楽しむ人♪
エリンギみたいな残雪のキノコ。
2023年03月24日 14:38撮影 by  L-41A, LGE
1
3/24 14:38
エリンギみたいな残雪のキノコ。
曲がりくねった大木を接写!
2023年03月24日 15:24撮影 by  L-41A, LGE
3
3/24 15:24
曲がりくねった大木を接写!
撮られてました(^o^;)
5
撮られてました(^o^;)
良い木ですね(^^)b
8
良い木ですね(^^)b
落葉松の林でアイゼンを外す。
雪で綺麗にします。
2023年03月24日 15:28撮影 by  L-41A, LGE
1
3/24 15:28
落葉松の林でアイゼンを外す。
雪で綺麗にします。
林の下はドロドロ(。>д<)
2023年03月24日 15:59撮影 by  L-41A, LGE
1
3/24 15:59
林の下はドロドロ(。>д<)
駐車場到着!山あるある、今かよ青空(-_-#)
T君!悪路の中、山頂までがんばりましたね(^o^)
次回は、絶景を見に行きましょう!お疲れ様でした!
2023年03月24日 16:17撮影 by  L-41A, LGE
7
3/24 16:17
駐車場到着!山あるある、今かよ青空(-_-#)
T君!悪路の中、山頂までがんばりましたね(^o^)
次回は、絶景を見に行きましょう!お疲れ様でした!

感想

雨上がりの信州東信地域、今日は一日中曇天の予報でした。

空読みしてみると、青空の山頂を踏めるのは湯ノ丸山や烏帽子岳だったのでしょうが、今日はあえてガスガスの蓼科山を歩くことにしました。

最近、山を始めたT君、前回の浅間山外輪山ですっかり雪山に魅了されてしまったようだ(^o^)
初めての雪山ハイク、残雪の山並み、感動するよね。

でも、山はいつも最高のコンディションで迎えてくれるとは限らない。 

悪天候の時は辛く厳しい状況の中を歩くことになります。

今日は展望0、雨上がりの腐れ雪、濃密なガスでホワイトアウトに近い中を歩いてもらいました。

リアルな山ってやつですね!
悪路の急登、ご褒美の絶景は無し!
もはや修行(^_^;)

こんな天気だからアイゼンワークなんかや雪山の歩き方をみっちり学びながら歩く事ができると思ったのです。

慣れないアイゼンで山頂までよく頑張りました!
展望の全く無い山頂で食った山飯は旨かったなぁ♪

心が折れそうになった急登!山頂を踏みしめた達成感!T君は蓼科山を再訪するだろうか?

私には「次は、360℃の絶景のパノラマを見てやる!」
というT君の心の声が聞こえたような気がしました(*´∀`)

蓼科山の女神様、次回はT君に絶景のご褒美をお願いしますね!

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:264人

コメント

すれ違った者です。今日は残念な天気でしたね。お疲れ様でした!
2023/3/24 21:08
-Yuki-さん こんばんは!

あの後、私達はゆっくり上って来ましたが午後になっても回復せず真っ白な山頂でした(^o^;)

次回は晴天の日に登りたいものですね!
お疲れ様でした!
2023/3/24 21:13
よっさん こんばんは

自分は蓼科山との相性が悪いらしく、景色を楽しむことができたのは3回目の時でした。たぶんT君も再訪するのではないでしょうか?
2023/3/24 21:22
chii1961さん こんばんは!

蓼科山の女神様は気まぐれなで恥ずかしがり屋の神様なんでしょうかね(^^;
私も何度も登っていますが確率は半々ぐらいですね。山頂だけがガスったりよくある山です。

人の思い通りにいかないところも、山の魅力の一つなのだということを知ってもらえれば嬉しいですね(^o^)
2023/3/24 21:37
あら〜 Tちゃん よかったねまた連れて行ってもらえて☆ 今シーズンの雪山は終わるけど早くも今度の冬の山の夢を抱いてるかと(o^^o)
 お疲れ様でした鬼教官👹🙃
2023/3/25 11:33
生憎の天気でしたが、T君は最後まで頑張って登ってくれました!

今年は残雪期に雪山のギアを体験して慣れてもらえればいいかなぁと誘ってみました。

来シーズンは厳冬期の山にもチャレンジできると良いですね(^_^)

私は鬼教官なので、ショコラさんは優しく教えてあげてくださいね(^o^)


2023/3/25 13:09
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科 [日帰り]
女乃神茶屋登山口から蓼科山
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
1/5
体力レベル
2/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら