ヤマレコ

記録ID: 532425 全員に公開 ハイキング甲信越

京ヶ倉

日程 2014年10月19日(日) [日帰り]
メンバー
 nobou(SL)
, その他メンバー25人
天候快晴・無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路;各自宅-道の駅松川-万平登山口
復路;眠峠登山口-道の駅松川-各自宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
2時間34分
合計
6時間40分
S京ヶ倉登山口07:0508:02おおこば見晴らし台08:1908:43稜線08:4408:59馬の背09:0209:18京ヶ倉10:2210:33大城11:3012:35東屋12:4512:56眠峠下降点12:5713:24眠峠登山口13:2513:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
随所にロープあり
過去天気図(気象庁) 2014年10月の天気図 [pdf]

写真

10月6:4919日(日) 出発前の挨拶
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10月6:4919日(日) 出発前の挨拶
同 会長挨拶
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同 会長挨拶
6:52 準備運動
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:52 準備運動
6:54 一面の霧
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:54 一面の霧
1
7:11 竜脳菊
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:11 竜脳菊
7:24 クモの巣の道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:24 クモの巣の道
7:55 爺・鹿島槍ヶ岳を望む 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:55 爺・鹿島槍ヶ岳を望む 
1
7:57 胸突き八丁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:57 胸突き八丁
1
8:02 おおこば見晴らし台へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:02 おおこば見晴らし台へ
8:10 雲海 生坂村〜蝶・常念岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:10 雲海 生坂村〜蝶・常念岳方面
1
同 同 安曇野〜常念岳以南方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同 同 安曇野〜常念岳以南方面
8:40 京ヶ倉を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:40 京ヶ倉を望む
8:43 稜線に出る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:43 稜線に出る
8:43 快適な稜線歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:43 快適な稜線歩き
8:49 餓鬼岳・唐沢岳〜裏銀座を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:49 餓鬼岳・唐沢岳〜裏銀座を望む
8:56 岩稜へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:56 岩稜へ
8:59 馬の背を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:59 馬の背を行く
9:01 馬の背を抜け
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:01 馬の背を抜け
9:01 ホッと寛ぐ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:01 ホッと寛ぐ
1
9:03 トドの背岩は下を巻く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:03 トドの背岩は下を巻く
9:07 頂上への急登始まる 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:07 頂上への急登始まる 
9:08 霧が晴れて水鳥公園を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:08 霧が晴れて水鳥公園を見下ろす
9:08 同 犀川の蛇行と万平登山口方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:08 同 犀川の蛇行と万平登山口方面
9:13 頂上直下
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:13 頂上直下
9:13 最後の登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:13 最後の登り
9:18 京ヶ倉登頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:18 京ヶ倉登頂
9:18 無風・快晴の後立山連峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:18 無風・快晴の後立山連峰
9:22 山頂に憩う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:22 山頂に憩う
9:25 1班勢揃い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:25 1班勢揃い
1
9:27 2班勢揃い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:27 2班勢揃い
1
9:43 白馬三山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:43 白馬三山
9:45 鹿島槍・五竜岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:45 鹿島槍・五竜岳
1
10:17 ミヤマママコナ(若干疑問が残る)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:17 ミヤマママコナ(若干疑問が残る)
10:23 大城へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:23 大城へ
10:23 一気に下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:23 一気に下る
10:26 双子岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:26 双子岩
10:33 大城着〜11:30まで昼食休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:33 大城着〜11:30まで昼食休憩
10:33 姨捨山,根子岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:33 姨捨山,根子岳
10:33 浅間山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:33 浅間山
11:54 何の食み痕?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:54 何の食み痕?
12:08 萩の尾峠通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:08 萩の尾峠通過
12:37 東屋にて休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:37 東屋にて休憩
12:41 『雲の平の歌』を高らかに歌う長老
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:41 『雲の平の歌』を高らかに歌う長老
12:43 『ふるさと』を合唱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:43 『ふるさと』を合唱
12:43 『ウサギ美味し鹿のやまぁ〜』
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:43 『ウサギ美味し鹿のやまぁ〜』
12:56 眠峠登山口への下降点〜これより下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:56 眠峠登山口への下降点〜これより下山
13:14 石仏様
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:14 石仏様
13:20 天然のヒラタケ発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:20 天然のヒラタケ発見
14:01 終りの挨拶
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:01 終りの挨拶
14:05 お疲れ様でした。また来春,鍬ノ峰で!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:05 お疲れ様でした。また来春,鍬ノ峰で!!
1

感想/記録
by nobou

 2014年10月19日(日)
 昨年に続く大町労山の京ヶ倉募集山行に、一般16名(男3/女13)、会員10名(男8/女2)の計26名が参加。2班に分けてそれぞれのペースで登ることとなり、自分は2班のSLを務める。
 この日は朝から雲一つない快晴・無風のまたとない登山日和だったが、松本平から犀川に沿った平野部は来い朝霧に包まれ、出発点の万平も深い霧の中にあった。
 7:05登山口を出発。集団登山は先頭が早く歩いて後ろが伸びてしまいがちなので、ペース取りが抜群にうまいOさんにトップを任せ、前の班につかず離れずの距離を保ってゆっくり登る。
 万平のコースは前半の前半、稜線までの登りが急登で、途中におおこば見晴らし台と言うビューポイントがあり、そこまでの標高差が約220m,距離1kmあまりに35分を要するが、そのペースではきついし汗もかくので極端と言えるくらいゆっくりのペースで1時間近くかけて登る。
 展望台からの眺望は、安曇野平と犀川に沿ってにびっしりと覆う厚い雲(霧)海の向こうに、奇勝継子落としを擁する東山丘陵、その先に常念山脈の山なみがくっきりと浮かび上がると言う初めて目にする光景だった。霧が無ければ、ここは眼下に蛇行する犀川の面白さに声を上げる所であるが、思いがけない見事なその光景に誰もみな声もなく見入る。
 しっかり休んで8:19発。幾分緩やかになった登りを北隣りの尾根にトラバース気味に進んで稜線のすぐ下まで来ると、左手に目指す京ヶ倉の山容を見ることのできる場所に出る。どこをどのように登るかを遠目に見ることが出来るその場所から、トドの背と呼ばれる大岩や、そこから山頂へと連続する急峻な岩場を見てもらう。
 8:43稜線に到達。そこから南進すれば延々と続く痩せ尾根で、しばしばキノコ採りの事故が起きているためか、木の枝を雑に組んだバリケードが施されている。
 左手に餓鬼岳・唐沢岳とその右奥に裏銀座〜七倉岳・不動岳・南沢岳等アルプスの連山、右手に筑北の聖高原・姨捨(冠着)山とそれに重なる根子岳・四阿山・浅間山を見ながら気持ちのいい稜線を歩くこと15分で馬の背に着き、ここを慎重に越えてトドの背岩下の広場で逆走する前の班を交わして先に山頂下の岩場の登りにかかる。
 樋のような細い岩の間をロープや木の根・岩角を手掛かりに攀じ登って9:18京ヶ倉に着く。下界をびっしりと覆い尽くしていた霧はあとかたもなく晴れ、山里の広場から聞こえてくる祭り〜赤トンボフェスティバル〜囃子を聴きながら、文字通り360度の大展望を山座解説つきで心ゆくまで堪能して1時間あまりを過ごし、10:22、次の目標の大城へ向かう。
 京ヶ倉から大城へは879mの鞍部まで急降下して40m登り返す。60才代後半から70才代後半の参加者が多いので、時間をかけて慎重に下りてもらい、10:33に大城着。少し早いが見晴らしのいい最後の場所なので1時間の昼食休憩とする。
 食べながら交流し、11:30発。クマの爪痕やシカの食痕等のフィールドサインを見たり、三角点や展望台からの眺めを楽しんだりして12:08萩の尾峠を通過。眠峠下降点に近い東屋で休憩する。ここで我が長老K氏の歌が飛び出す。曲目は伊藤正一さんがつくったと言う『雲の平の歌』を越え高々と歌い上げ喝采を浴びる。またk氏のリードで『穂高よさらば』『ふるさと』を合唱し、下山に就く。
 12:56 眠峠登山分岐通過。13:24眠峠登山口着。1kmあまり先の田園地帯まで歩いてもらう間に分乗車の運転者を万平登山口に搬送し、車が戻ってきた時点で挨拶して14:05解散となる。

 京ヶ倉から剣岳が見えることに初めて気づく。鹿島槍ヶ岳と五竜岳の鞍部に貌を覗かせているのがそれである(9:45の写真)。
訪問者数:417人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ