また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5357640 全員に公開 ハイキング 近畿

高島トレイル

情報量の目安: A
-拍手
日程 2023年04月09日(日) 〜 2023年04月10日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:マキノ駅まで電車、そこからヒッチハイクで国境まで
帰り:桑原から安曇川駅までバス、そこから電車
経路を調べる(Google Transit)
GPS
23:53
距離
77.3 km
登り
5,378 m
下り
5,343 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間50分
休憩
14分
合計
11時間4分
Sスタート地点07:3008:33乗鞍岳08:3309:30黒河峠09:3010:02三国山分岐10:0310:10三国山10:1110:16三国山分岐10:1710:29明王ノ禿10:3010:42赤坂山10:4310:48粟柄越10:4811:22寒風11:2211:43大谷山11:4511:51白石平11:5212:12抜土12:1212:44近江坂分岐12:4413:11大御影山13:1113:56大日尾根分岐13:5714:46三重嶽14:5316:17武奈ヶ嶽16:2217:29水坂峠17:3018:13桜峠18:1318:41宿泊地
2日目
山行
11時間55分
休憩
43分
合計
12時間38分
宿泊地00:4702:47横谷峠02:4904:01駒ヶ池(明神池)04:0104:14焼尾東谷道分岐04:1404:30国境尾根出合04:3104:40駒ヶ岳04:4105:20与助谷山05:2005:55桜谷山05:5506:06木地山峠06:0706:43百里ヶ岳06:4406:58百里新道分岐(県境尾根分岐)06:5907:02シチクレ峠07:0307:09百里新道分岐(県境尾根分岐)07:0907:24白石山07:2407:37おにゅう峠07:4909:06ナベクボ峠09:0609:22三国峠09:3210:02地蔵峠10:2011:26岩谷峠11:2612:17三国岳12:1813:24桑原橋13:2413:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2023年04月の天気図

写真

2023年04月09日 07:05撮影 by iPhone 12 miniApple
2
ここからスタート
2023年04月09日 07:33撮影 by iPhone 12 miniApple
ここからスタート
2
最初はスキー場を登っていく
2023年04月09日 07:37撮影 by iPhone 12 miniApple
最初はスキー場を登っていく
2
昨日雪だったみたいで少し積もってた
2023年04月09日 08:30撮影 by iPhone 12 miniApple
昨日雪だったみたいで少し積もってた
2
2023年04月09日 08:32撮影 by iPhone 12 miniApple
2
2023年04月09日 08:37撮影 by iPhone 12 miniApple
3
綺麗なトイレ
2023年04月09日 09:32撮影 by iPhone 12 miniApple
綺麗なトイレ
2
琵琶湖
2023年04月09日 10:30撮影 by iPhone 12 miniApple
琵琶湖
2
赤坂山は人が多かった
2023年04月09日 10:42撮影 by iPhone 12 miniApple
赤坂山は人が多かった
2
知り合いの4人組
2023年04月09日 11:12撮影 by iPhone 12 miniApple
知り合いの4人組
2
シングルトラックが気持ちいい
2023年04月09日 11:30撮影 by iPhone 12 miniApple
シングルトラックが気持ちいい
2
2023年04月09日 11:42撮影 by iPhone 12 miniApple
3
2023年04月09日 11:48撮影 by iPhone 12 miniApple
2
2023年04月09日 13:11撮影 by iPhone 12 miniApple
1
恐竜みたいな木
2023年04月09日 14:29撮影 by iPhone 12 miniApple
恐竜みたいな木
2
2023年04月09日 17:43撮影 by iPhone 12 miniApple
2
起床
2日目も長いので早めに出発
2023年04月10日 00:31撮影 by iPhone 12 miniApple
起床
2日目も長いので早めに出発
1
明るくなってきた
2023年04月10日 04:39撮影 by iPhone 12 miniApple
明るくなってきた
2
2023年04月10日 05:16撮影 by iPhone 12 miniApple
2
日の出
2023年04月10日 05:35撮影 by iPhone 12 miniApple
日の出
2
月に助けられたナイトハイク
2023年04月10日 05:42撮影 by iPhone 12 miniApple
月に助けられたナイトハイク
2
山深い
2023年04月10日 05:42撮影 by iPhone 12 miniApple
山深い
2
2023年04月10日 05:54撮影 by iPhone 12 miniApple
3
2023年04月10日 05:55撮影 by iPhone 12 miniApple
3
2023年04月10日 06:21撮影 by iPhone 12 miniApple
2
この時点で2日目約18km
まだまだ先が長い
2023年04月10日 06:43撮影 by iPhone 12 miniApple
この時点で2日目約18km
まだまだ先が長い
3
2023年04月10日 07:31撮影 by iPhone 12 miniApple
2
ここからがきつかった
2023年04月10日 07:37撮影 by iPhone 12 miniApple
ここからがきつかった
3
マーキングほぼゼロなので注意
2023年04月10日 09:06撮影 by iPhone 12 miniApple
マーキングほぼゼロなので注意
2
激急登
2023年04月10日 11:45撮影 by iPhone 12 miniApple
激急登
2
下山〜
2023年04月10日 13:23撮影 by iPhone 12 miniApple
下山〜
2
なんとかバスに間に合った
2023年04月10日 13:29撮影 by iPhone 12 miniApple
なんとかバスに間に合った
2

感想/記録
by edyuu

今回は高島トレイルを1泊2日で歩いてきました。
今月後半にあるLDHDで高島トレイルにフォーカスした話があるとのことで歩いておこうと思い行くことにしました。

1日目
夜行バスで京都駅へ、そこから電車でマキノ駅へ
マキノ駅からヒッチハイクで国境まで
最初はスキー場を上がっていく
昨日雪が降ったみたいで少し積雪があった
赤坂山まではほとんど人に会わなかったが、赤坂山には多くの人がいた
ひらけた稜線で琵琶湖がみえてシングルトラックが続いているいいところだった
peg.のハイカーナイトで知り合った方とスライド
まさかここで会うとはという感じでした
1日目は桜峠までの40kmオーバーのハードな行程の予定で、水坂峠から二の谷山は巻いてなんとか桜峠へ
タープを持ってきていたが屋根があるところにお邪魔させてもらうことに
サクッと夜ご飯を食べて20時過ぎに就寝

2日目
0時半に起床
コーヒーだけ飲んで1時前に出発
今日も長い行程なのと獲得標高が大きいので余裕を持って出発
夜はマーキングが見えづらく支尾根なんどか行ってしまう
日が出るとそれも解消して安心して歩ける
日の出の時間はやはり至福で、この時間に歩くために山に来ているんだなと思った
行動食を食べながらおにゅう峠まではいいペースでいけた
問題はそこからで急坂のアップダウンを繰り返すルートでペースがガタ落ち
冬に体力だけでなく筋力も落ちていることも自覚
脚がひたすらにしんどかった
なんとか三国岳に到着
はやく出発したはずなのにバスの時間が迫ってきている
三国岳のくだりは急坂で蜘蛛の巣地獄
ここだけはもう通りたくないと思った
バスにはギリギリ間に合って帰路につけた

今回、前回TTTをやったこともあり少しハードな山行にしました。
水場がすごく少ないと聞いていたので、3L強担ぎましたが1日目は所々に沢がありました。2日目はトレイル上には1箇所も水場なしでした。
南の方に行けば行くほど道が荒れていて短パンで歩いていたのもあって脚が傷だらけに。
急坂で滑った際にトレッキングポールが折れるハプニングも。
トータルすると、ひらけた稜線と静かな樹林帯どっちも楽しめるいいトレイルでした。
食料は、定番化してきている辛ラーメン。行動食はトルティーヤ、チーズ、ツナ、チョコチューブ。トルティーヤは食欲なくても食べれるし挟むもの変えればバリエーションも出せるので採用率高め。
服装は、山と道のDF Mesh Merino SleevelessにpatagoniaのCap cool daily hoody、山と道のDW 5-Pocket Shortsが基本。寒い時や藪がひどい時はpatagoniaのテルボンヌジョガーズを着用しました。休憩時や睡眠時にはpatagoniaのmicro puff hoodyを着用しました。
GWには大峯奥駈道に行く予定なのでそれに向けた調整と、翌日に疲れを持ち越さないようにするストレッチの方法を自分の中で確立したい。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:827人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ