また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5390551 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

笠山 道の駅東秩父村和紙の里から周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2023年04月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り・晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅東秩父村和紙の里の第4駐車場を利用しました。道の駅全体ではかなりのキャパがあります。
第4駐車場は朝7時過ぎではほんの数台泊っているだけでしたが、下山時の13時20分頃では満車でした。ただ、第3駐車場などはその時点でもガラガラでした。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:59
距離
18.1 km
登り
922 m
下り
940 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
48分
合計
5時間58分
S東秩父村和紙の里07:2108:23物見山08:2408:37リュウゴッパナ08:3909:10萩平丁字路09:1510:15笠山10:47笠山神社下社11:2111:22笠山神社参拝者駐車場11:2611:30栗山公衆トイレ11:3112:35切通しバス停12:53安戸バス停12:5413:09千部供養板碑群13:14健治二年の板石塔婆13:19東秩父村和紙の里13:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道はしっかりはっきりしてます。危険なところもありません。
例外は竜ヶ鼻(リュウゴッパナ)への寄り道で、途中ほんの1か所ですが踏み跡がほとんどなくなるところがあります。
過去天気図(気象庁) 2023年04月の天気図

写真

東秩父村和紙の里の第4駐車場から元気に出発!
2023年04月22日 07:13撮影 by iPhone 7Apple
東秩父村和紙の里の第4駐車場から元気に出発!
1
道の駅の裏にはなかなかいい感じの空間が広がってます。
2023年04月22日 07:23撮影 by iPhone 7Apple
道の駅の裏にはなかなかいい感じの空間が広がってます。
道の駅裏の高台から。ほぅほぅなかなか。
しかしこの曇天模様はどうにかならんもんだろか。
2023年04月22日 07:26撮影 by iPhone 7Apple
道の駅裏の高台から。ほぅほぅなかなか。
しかしこの曇天模様はどうにかならんもんだろか。
2
ちなみに展望台は進入禁止。
中に入るとゴロンと下に転がっていきそうな危うさを感じる。
2023年04月22日 07:27撮影 by iPhone 7Apple
ちなみに展望台は進入禁止。
中に入るとゴロンと下に転がっていきそうな危うさを感じる。
2
しばらくは忍耐の舗装道路歩き。
2023年04月22日 07:34撮影 by iPhone 7Apple
しばらくは忍耐の舗装道路歩き。
ここから登山道に入ります。
2023年04月22日 08:13撮影 by iPhone 7Apple
ここから登山道に入ります。
2023年04月22日 08:24撮影 by iPhone 7Apple
せっかくなので竜ヶ鼻に寄り道します。
てことでここを左に。
2023年04月22日 08:31撮影 by iPhone 7Apple
せっかくなので竜ヶ鼻に寄り道します。
てことでここを左に。
途中、踏み跡がなくなったりしながら竜ヶ鼻に到着!
まあなんだ、もう来なくてもいいかってタイプの山ですw
2023年04月22日 08:38撮影 by iPhone 7Apple
途中、踏み跡がなくなったりしながら竜ヶ鼻に到着!
まあなんだ、もう来なくてもいいかってタイプの山ですw
1
山頂全体はこんな感じ。山頂感まるでなし。
2023年04月22日 08:39撮影 by iPhone 7Apple
山頂全体はこんな感じ。山頂感まるでなし。
元の道に戻る途中で強引に登ったこのピークのほうがよっぽど山頂らしい。
後で思ったけどこれが山と高原地図に書いてあったツルキリ山かな?
2023年04月22日 08:44撮影 by iPhone 7Apple
元の道に戻る途中で強引に登ったこのピークのほうがよっぽど山頂らしい。
後で思ったけどこれが山と高原地図に書いてあったツルキリ山かな?
元の登山道に戻って先へ進みます。
アレ?そういえば知らぬ間に物見山を通過してた。どこに取り付きががあったんだろう。
2023年04月22日 08:49撮影 by iPhone 7Apple
元の登山道に戻って先へ進みます。
アレ?そういえば知らぬ間に物見山を通過してた。どこに取り付きががあったんだろう。
2023年04月22日 09:11撮影 by iPhone 7Apple
道のえぐれ具合がえぐいw
こういう感じのところけっこうあるけど、いつか限界を迎えて土手が崩れて道が埋まったりするんだろうか。
2023年04月22日 09:21撮影 by iPhone 7Apple
道のえぐれ具合がえぐいw
こういう感じのところけっこうあるけど、いつか限界を迎えて土手が崩れて道が埋まったりするんだろうか。
2023年04月22日 09:40撮影 by iPhone 7Apple
ミツバツツジを見て和む。
2023年04月22日 09:55撮影 by iPhone 7Apple
ミツバツツジを見て和む。
2
ヤマツツジを見ても和む。
2023年04月22日 10:05撮影 by iPhone 7Apple
ヤマツツジを見ても和む。
3
笠山登頂!
これで前回の登頂直前での撤退のリベンジを果たしました。
2023年04月22日 10:07撮影 by iPhone 7Apple
笠山登頂!
これで前回の登頂直前での撤退のリベンジを果たしました。
3
イワウチワを見られるらしいポイント。
花に執着のない自分は華麗にスルー。
2023年04月22日 10:13撮影 by iPhone 7Apple
イワウチワを見られるらしいポイント。
花に執着のない自分は華麗にスルー。
2
久しぶりに来たので参拝しておきます。
無事に下山できますように!健康でいられますように!来月予定の一泊登山では晴れますように! パンパン!
2023年04月22日 10:16撮影 by iPhone 7Apple
久しぶりに来たので参拝しておきます。
無事に下山できますように!健康でいられますように!来月予定の一泊登山では晴れますように! パンパン!
4
山頂でご飯にしようかと思ったけど、道の駅でラーメンでも食べた方が幸せになれるかなーと思って下山開始。
2023年04月22日 10:36撮影 by iPhone 7Apple
山頂でご飯にしようかと思ったけど、道の駅でラーメンでも食べた方が幸せになれるかなーと思って下山開始。
だが空腹に抗えず笠山神社下社でカレーメシ。
絵に描いたような2コマ落ち。
2023年04月22日 11:02撮影 by iPhone 7Apple
だが空腹に抗えず笠山神社下社でカレーメシ。
絵に描いたような2コマ落ち。
4
途中トイレを通過します。近い人も安心のコース。
2023年04月22日 11:30撮影 by iPhone 7Apple
途中トイレを通過します。近い人も安心のコース。
1
途中の集落からの眺め。
この眺めが今日見た中で一番いい、ってところが若干寂しい。
2023年04月22日 11:34撮影 by iPhone 7Apple
途中の集落からの眺め。
この眺めが今日見た中で一番いい、ってところが若干寂しい。
2
今日は土の道と舗装の道の切り替わりが激しい。
2023年04月22日 11:43撮影 by iPhone 7Apple
今日は土の道と舗装の道の切り替わりが激しい。
すっかり大物に成長したゼンマイ。
誰も採らないのね。
2023年04月22日 11:50撮影 by iPhone 7Apple
すっかり大物に成長したゼンマイ。
誰も採らないのね。
退屈な舗装道路歩きだけど、川沿いの道だと少し退屈が紛れることを発見しました。
2023年04月22日 12:11撮影 by iPhone 7Apple
退屈な舗装道路歩きだけど、川沿いの道だと少し退屈が紛れることを発見しました。
1
切通しに到着。
2023年04月22日 12:34撮影 by iPhone 7Apple
切通しに到着。
切通しから県道でまっすぐ戻るのもつまらないので川沿いリバーサイド♪を進む。
2023年04月22日 12:36撮影 by iPhone 7Apple
切通しから県道でまっすぐ戻るのもつまらないので川沿いリバーサイド♪を進む。
1
2023年04月22日 12:47撮影 by iPhone 7Apple
1
可愛い橋があったら渡るしかないでしょう、常識的に考えて。
2023年04月22日 12:55撮影 by iPhone 7Apple
可愛い橋があったら渡るしかないでしょう、常識的に考えて。
4
戻ってきました。
2023年04月22日 13:19撮影 by iPhone 7Apple
戻ってきました。
1
撮影機材:

感想/記録
by bean

山行記録にも書きましたが、芦ヶ久保から笠山へと抜ける計画で歩いて、笠山の直前で撤退するということがこの2月にありました。
ずっとこれが喉に刺さった魚の骨のように、歯に挟まったトウモロコシのカスのように、自分の心にこびり付いていました。
やはりここは笠山にちゃんと登りなおしてこそ次のステージへと進めるのだ!との思いで、今回笠山を歩いてきた次第です。
…嘘です。そんなすんごい決意や思いはありませんw
この前は登頂できなかったからまあ一応登りなおしておくか、というかるぅいノリで歩いてきました。

和紙の里から登るのはこれが初めてで、地図を見て覚悟はしてましたが、やっぱり舗装道路歩きが長い、そこが一番ツライところでした。ソロなので尚更。
でもこの時期のこのコースは花が楽しめます。ツツジや藤、シャガ、ヤマブキ、花ダイコンの他、自分には名前が分からない花各種w色々ありました。
ふくらはぎも完治したし、あーもっと長距離登山したいッ!
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:154人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ