ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 543284
全員に公開
ハイキング
大台ケ原・大杉谷・高見山

高鉢山・・林道工事でズタズタになった悲しい“川俣富士”

2014年11月02日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
2
日帰りが可能
GPS
02:17
距離
7.5km
登り
694m
下り
689m
歩くペース
とても速い
0.50.6
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
2:11
休憩
0:06
合計
2:17
7:45
75
林道駐車地
9:00
9:06
56
高鉢山
10:02
ゴール地点
天候 曇り
過去天気図(気象庁) 2014年11月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
カーナビは「川俣郵便局」を検索し、乳峯神社方向に辿りました

乳峯神社前を進み、猪ゲートを開閉して小屋川を渡った辺りの林道に駐車(S・G地点)
コース状況/
危険箇所等
高鉢山はヤマレコに山名として登録されておらず、これが初レコかも?

ガイドブック(「名古屋周辺の山200コース」 山と渓谷社)にメインコースとして紹介されていた東側からの登山コースは、大荒れ状態で殆ど廃道化している感じでした

高鉢山頂上への案内道標は、林道経由で続いていました・・登山道は、建設が進み頂上まで繫がった林道にズタズタにされたのかも
R166から乳峯神社方向に進み、小屋川を渡った辺りでこの看板を見つけたので〜
2014年11月02日 07:41撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 7:41
R166から乳峯神社方向に進み、小屋川を渡った辺りでこの看板を見つけたので〜
路肩に車をとめて建設中らしき林道から登山開始
2014年11月02日 07:41撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 7:41
路肩に車をとめて建設中らしき林道から登山開始
堰堤が見えてきて〜
2014年11月02日 07:51撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 7:51
堰堤が見えてきて〜
植林帯の中のテープマークを頼りに高巻きます
2014年11月02日 07:52撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 7:52
植林帯の中のテープマークを頼りに高巻きます
堰堤を越えたらガイドブックの情報通り左岸へ
・・写真は高巻いた右岸の植林帯を振り返っています

2014年11月02日 07:57撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 7:57
堰堤を越えたらガイドブックの情報通り左岸へ
・・写真は高巻いた右岸の植林帯を振り返っています

そして左岸の道の最初の内は「やや荒れ気味」といった程度でしたが〜
2014年11月02日 07:58撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 7:58
そして左岸の道の最初の内は「やや荒れ気味」といった程度でしたが〜
次第に凄まじい荒れようとなり廃道状態
2014年11月02日 08:01撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 8:01
次第に凄まじい荒れようとなり廃道状態
ここまで荒れた登山道はいつ以来か
2014年11月02日 09:53撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 9:53
ここまで荒れた登山道はいつ以来か
たまらず林道に逃げます
2014年11月02日 08:07撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 8:07
たまらず林道に逃げます
案内看板は林道沿いに続いていました
2014年11月02日 08:17撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 8:17
案内看板は林道沿いに続いていました
やっぱり林道を行くしかないのか?

2014年11月02日 08:37撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 8:37
やっぱり林道を行くしかないのか?

頂上が近づいてきた感じ
2014年11月02日 09:00撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 9:00
頂上が近づいてきた感じ
三角点到着
2014年11月02日 09:00撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
1
11/2 9:00
三角点到着
下山は薄い踏み跡があった反射板のある本来の登山道から
2014年11月02日 09:05撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
1
11/2 9:05
下山は薄い踏み跡があった反射板のある本来の登山道から
植林帯の中を下り〜

2014年11月02日 09:09撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 9:09
植林帯の中を下り〜

踏み跡に出ましたが〜
2014年11月02日 09:15撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 9:15
踏み跡に出ましたが〜
やっぱりここに突き当たってしまいました

2014年11月02日 09:18撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 9:18
やっぱりここに突き当たってしまいました

分断されているので仕方なく林道へ下ります
2014年11月02日 09:18撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 9:18
分断されているので仕方なく林道へ下ります
林道から頂上方向・・ピークは見えていません
2014年11月02日 09:26撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 9:26
林道から頂上方向・・ピークは見えていません
工事現場から迷岳方面の展望

2014年11月02日 09:27撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
3
11/2 9:27
工事現場から迷岳方面の展望

ズームで
2014年11月02日 09:27撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
3
11/2 9:27
ズームで
「川俣富士」とも呼ばれる山なのですが無残な感じでした

2014年11月02日 09:28撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
2
11/2 9:28
「川俣富士」とも呼ばれる山なのですが無残な感じでした

下山時は、これも林道工事のためと思われるテープに沿って下ります・・登り時よりは随分マシでした
2014年11月02日 09:50撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 9:50
下山時は、これも林道工事のためと思われるテープに沿って下ります・・登り時よりは随分マシでした
堰堤を越える地点
2014年11月02日 09:57撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 9:57
堰堤を越える地点
登り時には見当たらなかった、ガイドブックにあった丸木橋は外されていました

2014年11月02日 09:58撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 9:58
登り時には見当たらなかった、ガイドブックにあった丸木橋は外されていました

駐車地帰着・・こういう林道工事が進めば登山者はさらに離れていくでしょうね
2014年11月02日 10:02撮影 by  PENTAX Optio WG-1, PENTAX
11/2 10:02
駐車地帰着・・こういう林道工事が進めば登山者はさらに離れていくでしょうね

感想

雲の中に入っていて展望が無かったものの、無難に登頂できていいウォームアップにもなった白猪山から移動して本日2山目の高鉢山へ。

「高鉢山」はヤマレコに山名登録されておらず、検索してもレコが見つからずに最新情報無しの山行となりました。

実際、ガイドブックにあった登山道は林道造成でズタズタにされた感じで、すさまじく荒れていて廃道状態の部分もありました。

林道は頂上付近までできていて、山頂への道標に従いひたすら林道を歩けば登頂できる状態。こんな状態ゆえにヤマレコでは相手にされないのかな?と納得。

皮肉にも、歩きやすい林道より、フィールドアスレチックの如く倒木群をクリアしていく廃道化した登山道の方が遥かに面白かったです。

林業のためとはいえ、これ程までに山や登山道を変えてしまうことに大きな?のついた山行となり、「川俣富士」とも呼ばれる高鉢山が、今後さらに登山対象から外れていくであろうことを残念に思いました。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:696人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら