ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 553771 全員に公開 雪山ハイキング栗駒・早池峰

焼石岳(ツブ沼コース、中沼コースとの分岐まで)

日程 2014年11月24日(月) [日帰り]
メンバー
天候一日中晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.6〜1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間17分
休憩
2分
合計
7時間19分
Sつぶ沼コース登山口08:4911:23石沼13:00つぶ沼コース分岐13:0114:03石沼16:03つぶ沼コース登山口16:0416:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な箇所は無いですが、時間が掛かるコースです。(自分の場合です)
その他周辺情報ひめかゆの温泉があります。今回も遅くなったので利用しませんでした。
過去天気図(気象庁) 2014年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 靴下 グローブ 予備手袋 雨具 毛帽子 ザック スノーシュー 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 予備電池 GPS 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

登山口の直ぐ上から振り返りました。
2014年11月24日 09:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の直ぐ上から振り返りました。
歩いて直ぐの所。
2014年11月24日 09:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて直ぐの所。
初めはこんな感じです。
2014年11月24日 09:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めはこんな感じです。
椿ですかね。
2014年11月24日 09:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椿ですかね。
歩きやすいようですが、帰りは石が結構有るので辛くなります。
2014年11月24日 09:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすいようですが、帰りは石が結構有るので辛くなります。
かなり下に水場がありました。使いませんでした。
2014年11月24日 09:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり下に水場がありました。使いませんでした。
徒渉点付近。この付近は凍っていて怖かったです。
2014年11月24日 10:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徒渉点付近。この付近は凍っていて怖かったです。
山のおんツあんの足跡ですよね。
2014年11月24日 10:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山のおんツあんの足跡ですよね。
4
倒木が道を塞いでます。
2014年11月24日 14:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が道を塞いでます。
今回は特に余裕が無く、写真も少ないです。
2014年11月24日 14:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は特に余裕が無く、写真も少ないです。

感想/記録
by isam

 今回は直前まで悩みました。楽な駒ヶ岳にするか、大変な焼石にするか?楽な方を捨てて、焼石を行けるとこまで行くと言うことで、決断したんですが、ヘッドライトを持ってきてないことに気づきました。持ってきても来なくても午後1時には遅くても引き返さないと、暗くなることは分かってました。
 今回は少し上まで行きたいと言うことで、スノーシューを持っていったんですが、結論は予想以上に疲れてしまい、銀明水の手前、中沼コースとの分岐で引き返しました。
 自分のスノーシューはモンベルのスノーポンですが、持ち運びするときは簡易アイゼンは外してケースに入れた方が良いようです。そのままリュックへ括り付けたら、背負うとしたとき、もう少しで石沼へ落としてしまう所でした。
 登り始めをもっと早くして、休み休み登ることですね。少し焦りました。休憩を減らした結果、疲れてしまって、銀明水までも行けませんでした。自分の足だと、この季節は頂上は無理そうです。銀明水に1泊すれば、頂上に行けそうですがね。そんな装備も持ってませんしね。
 中沼コースとの分岐点に来ると、スキーで滑った跡が有りました。下ってきたのか、登っていったのか分かりませんが、そこまでは担いで行ったようです。凄い体力ですね。
 登山口で登山の予定を書く、所があるのですが、全開は開け方が分からず、書かないで登ったんですが、今回分かりました。レバーを押して回すこれで開きました。でも自分以外は誰も書いてませんでした。
訪問者数:311人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン 水場 倒木 スノーシュー
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ