また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 573233 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走四国剣山

矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)

日程 2015年01月11日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【2014年 12月 大雪】

--------------------------------------------------------------------------
■剣山系の山域でも とりわけ 雪深い 矢筈山。
地味だが 大雪の年は かなり手強い。
2014年12月、徳島県西部に かなりの降雪があった。
--------------------------------------------------------------------------
■徳島県道 木地屋赤松線 倒木多し
2014年12月の大雪で倒木がいっぱい。
さらに倒れそうな倒木 
電線に引っかかった倒木など有り 要注意。
--------------------------------------------------------------------------
■原則 除雪対象となるのは最終民家まで

原則「どんな場合でも 最終民家手前の駐車であれば まず間違いない」

注(最終民家でも 廃屋でなく 『人が実際住んでいる最終民家』)
--------------------------------------------------------------------------
■最終民家から先の 除雪は 林道工事次第。

もしも除雪があっても
 冬期間工事中の 木地屋橋 付近は 大きく工事中で
工事関係車両が数多く 駐車スペース 作業ヤードなどを占めているため
登山者は 工事関係車両の邪魔にならないよう

木地屋橋付近を避けて はるか手前に駐車しなければならない。 

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

【記録】

木地屋 駐車地点 6:10 --木地屋橋 6:17---矢筈山(10:25--10:59)---石堂山(12:08-12:26)---白滝山 (13:23-13:37)---石堂神社 (14:17-14:32)--林道大惣線登山口 (14:52-14:58)---林道大惣線 ヘアピン地点 15:05 ---木地屋駐車地点 15:19
コース状況/
危険箇所等
【大雪の時の難所】

--------------------------------------------------------------------------
■片川沿いの山道

急峻な溪谷の中腹を まいて通過する 登山道は 大雪のつき方次第で 一気に難所となる。

今回は上手く通過できたが 雪の状況によっては さらに大高捲きしたことも 過去 何度もある。

----------------------------------------------------------------------------

■橋 片川沿いの橋

橋の上に 大量の雪がつもり キノコ状態になり どこが 橋本体か まったくわからなくなる。

わたりながら キノコ雪を 叩き落とすとなると 一気にブロック崩壊しそうで 大変危険。

こうした時は 橋は諦めたほうがいい。

うまくいけば スノーブリッジで渡るか そもそも冬は水量が少ないので 徒渉のほうが 安全確実。

幸い 今回は 橋のうえで 渡れた。


----------------------------------------------------------------------------


■大雪時は 「2連橋片川 左岸」より 「片川 右岸」のルートをリコメンド


片川にかかる2連橋を通って 片川 左岸を まいていく 道は 南面で 雪崩が発生する 危険箇所が何箇所かあり 過去何度も デブリを目撃している。

大雪時、場合によっては 更に高捲きするか・左岸沿いをやめて 「片川 右岸沿いのルート」を選択したほうがいい。

今回は 「片川 右岸沿いのルート」を選択したが
未明のまだ暗いうちでも 確実に ルートファインディングできることがポイントとなる。 

----------------------------------------------------------------------------

■矢筈山(1848) 山頂北側稜線

過去 何度も 苦労している箇所で 雪庇 張出しが大きい。

踏み込まなくても 微妙なバランスで成り立っている 大きな張出しは、近づくだけで一気に ブロック崩壊する場合がある。過去 危険を感じて 風上側の灌木帯に 入ることも 何度もあった。
雪のつき次第で 特に要注意。

今回の雪庇は とくに大きな張出しだった。
とくに 雪庇踏抜き ブロック崩壊 に細心の注意をはらいつつ 慎重に行動。

http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/teiten/yhazu-ryosen1.html

--------------------------------------------------------------------------

■白滝山 木地屋下山分岐標識から から 石堂神社 への 下降

夏道は 分岐から100m すぐ尾根南側を捲いていくが 冬は ここが 難所。

寡雪のときは 夏道でも 問題なく通過できるが
大雪の時は南斜面で 大規模雪崩が発生し易い。

大雪のときは 稜線どうしで 冬道で 下るのが 大正解。

今回も 稜線を 下りながら 夏道を見ると、
 案の定 南面で 雪崩痕跡が残っていた。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/37/42/e8be79b3308777d3abb1be715daf1b88.png
その他周辺情報■剣山木綿麻温泉
http://www.town.tokushima-tsurugi.lg.jp/yuumaspa.html

■つるぎの宿 岩戸
http://ww81.tiki.ne.jp/~iwado/index.html
過去天気図(気象庁) 2015年01月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

---------------------------------------------------------------
【山頂】

矢筈山 山頂 「-6.5度 北5-6m ガス 視界なし。雪多い」

石堂山 山頂 「-4.5度 西4m 曇 ガスはとれてきた 矢筈山山頂付近はまだガスがかかる ときおり 陽がさしてきた」

白滝山 山頂 「-2.9度 西3-4m 曇。時折 地吹雪 木々の雪が落ちてくる」


つるぎ町古見から 片川ぞいに 木地屋赤松線へ
道中見かけた 木地屋赤松線の倒木の数の凄さは
12月の記録的大雪ぶりを 物語ってくれていました。

今冬の矢筈山系は間違いなく 大雪。

大雪の矢筈山を矢筈 石堂 白滝と周回することができ
おかげさまで 十二分に雪山を堪能することができました。
---------------------------------------------------------------
【写真】

flickr
http://www.flickr.com/photos/shumiyama/sets/72157650181882196/


GoPro
http://www.flickr.com/photos/shumiyama/sets/72157647913377364/
---------------------------------------------------------------
【動画】

http://youtu.be/DiIS8fQP1-I



---------------------------------------------------------------
【趣深山WEB】

■趣深山shumiyama.com 平成27年1月11日
http://shumiyama.com/mt/shumiyama_web/2015/01/27111-1848-1636-1526.html

■趣深山Jimdo
http://shumiyama.jimdo.com/2015-1/20150111/

■平成27年1月11日fc2
"http://shumiyama.web.fc2.com/2015/20150111yahaz.html

■平成27年1月11日digi2
http://shumiyama.digi2.jp/2015/20150111yahaz.html

■趣深山ブログgoo
http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/dfd125a90fb826a9f6cc72faf2fa4c3a

■趣深山ブログfc2
http://shumiyama2.blog.fc2.com/blog-entry-987.html

---------------------------------------------------------------
訪問者数:738人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ