ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 574824 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

焼岳

日程 2015年01月12日(月) [日帰り]
メンバー tianshan, その他メンバー1人
天候雪時々晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:20中の湯−12:40焼岳山頂−14:30中の湯
過去天気図(気象庁) 2015年01月の天気図 [pdf]

感想/記録

ここ数日間雪が降り続けており、昨日のトレースも埋まっているので当然ラッセル。焼岳南尾根はマーキングもしっかり付いているので、基本的に大きく迷う事はない。

斜度が緩くなるところで若干進行方向が変わるので、ここだけ多少注意が必要。
再び斜度が急になるポイントで、いつもラッセルに苦労させられる。

約一メートル程度の新雪だったが、センター幅90mmの板でもなんとか登行可能。
斜度が急になるとスキーのトップがガッツリ埋まるので、予め手で新雪を払い除けながら進む。これ以上の深雪となると、やはり110mm程度の板が欲しいところ。

焼岳のピークが見えてきたところで、トレースを辿ってきた後続の姿が見えるが結局追いついては来ず。頭上には噴煙とライチョウの姿。

一旦晴れ間も覗いていたが、シール登行の限界ポイント(2300m付近)で、徐々に天候が悪化。ホワイトアウトと強風で、かなり厳しいコンディションに。
これではとても狙いのルートは滑降できないが、最低限焼岳の山頂は踏みたいのでアイゼンを装着して登る。

山頂は当然展望ゼロなので早々に引き返すが、ホワイトアウトの為、ルーファイに少し苦戦。コンパスで方向を入念に合わせながら、スキーのデポ地点に戻る。

後続は下堀沢に滑り込んだ様子なので、我々は登ってきた南尾根を滑ることとする。
序盤はしばし極上の深雪斜面。雄叫びを上げながらのパウダーラン。
後半は樹林帯を行きのトレースに沿って持久戦の滑り。
最後に現れるオープン斜面で、なんとかベンディング小回りをキメる。

山頂から二時間かからずに中の湯到着。
年始からずっとコンディションが悪く、思ったような山行ができなかったが、とりあえず一つシビアな条件の中でピークを踏めたのは良かった。
訪問者数:1071人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ