また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 581950 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

御林山、一本杉、浅間嶺から松生山へ

日程 2015年01月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:仲の平バス停(武蔵五日市駅から)
復路:払沢の滝入口バス停(武蔵五日市駅へ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間4分
休憩
41分
合計
6時間45分
S仲の平バス停08:3909:27仲の平分岐09:2809:41御林山09:4209:52仲の平分岐10:10数馬峠(藤原峠)10:1310:32数馬分岐10:3710:44猿石11:02一本松11:0511:27石宮ノ頭11:39人里峠12:05浅間嶺12:13浅間尾根休憩所12:18浅間嶺展望台12:2412:47入沢山12:4812:55天領山13:03松生山13:2113:28天領山13:2913:36入沢山14:44時坂峠14:4514:49時坂路傍施設便所15:19払沢の滝駐車場15:23払沢の滝入口バス停15:2415:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
人里峠手前から浅間嶺展望台まで、ほとんど雪道です。北斜面をトラバースする道は踏み固められて凍結しており、かなり滑りやすくなっています。軽アイゼンなしで最後まで歩き通しましたが(持って行ってはいました)、急斜面で滑落の恐れもあり、装着して歩いたほうが無難です。
過去天気図(気象庁) 2015年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ 軽アイゼン

写真

浅間嶺展望台から松生山方面を望む。
2015年01月24日 12:25撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺展望台から松生山方面を望む。
2
撮影機材:

感想/記録

これまで一度も歩いたことのなかった浅間尾根を歩いてみました。

全体的に距離があまりないので、できるだけ長く歩けるようにスタート地点を数馬の手前、仲の平バス停とし、浅間尾根上の仲の平分岐から一旦御林山まで行ってから浅間嶺方面に向けて尾根歩きを始めました。

歩き始めの御林山周辺には若干の積雪があったものの、その後は殆ど積雪もなく、冬の尾根道を満喫できましたが・・・人里峠手前辺りから雪道になり、しかも北斜面のトラバース道が多いため、凍結した路面の連続となりました。結局最後まで軽アイゼンを装着せずに歩きましたが、滑落の危険もあるので無理せず早めに装着しておけば・・・と反省しています。

浅間嶺の先は松行山まで足を延ばした後に引き返し、時坂峠経由で払沢の滝入口バス停まで下りてきましたが、楽しみにしていたお蕎麦屋さん「そば処みちこ」は冬季休業中でした。

今回の山行きの写真つきレポートはブログの方で公開しております。
http://mudabonefactory.blog.fc2.com/blog-entry-234.html
訪問者数:593人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ