また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 592009 全員に公開 ハイキング 中国

茶臼山(降松神社〜深切山〜葉山〜茶臼山〜大谷山〜降松神社)周回

情報量の目安: S
-拍手
日程 2015年02月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自家用車で降松神社の境内に駐車(駐車可の表示あり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
1時間40分
合計
5時間10分
Sスタート地点09:0009:00降松神社09:1009:40中宮09:50鷲頭山10:20深切山10:3010:40縦走路分岐10:5011:00葉山11:1011:50茶臼山12:5013:20大谷山14:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
全体的歩きやすいルート 茶臼山には188号線からの登山ルートや光虹ヶ浜カントリー横から頂上近くの電波塔まで車道もあり、ここまで車で登ると山頂までは10分程度。
コース状況/
危険箇所等
登山の開始は降松神社からスタート。登山の安全を祈願し出発。舗装路を約109mごと(?)に建てられた丁塚を数えながら歩いて行く。中宮まで十八丁。途中舗装路が土道になったら、桟敷席を備えた角力場(相撲場)を右下に見ながら立派な山門前に到着。初めて訪れた方は、立派な山門に驚かれること間違いなし。さらに進んで中宮への階段道と本日の縦走路(車道で中宮へ向かう道)との分岐に到着。ここは中宮にも安全祈願をするため、少し寄り道して階段へ向かう。登りきるとほどなく中宮へ到着。これからの周回路の安全祈願をし、中宮右脇から奥へ続く道を進み鷲頭山へ向かう。少し下って登り返すとお社に到着。お参りをし、ふと左の方を見ると毛利の家紋が刻まれた屋根瓦の破片。城跡の遺構(?)と神社辺りの説明板に記載があったような?お社の裏には、何かを奉ったような石が柵に囲まれ鎮座している。
 安全祈願はOK!いよいよ縦走に入る。
 中宮の社から荒れて落ち葉であふれた車道を下り、分岐から縦走路へ入る。道はしっかりして迷うことはない。大きな起伏もなく、快適に歩みを進めると、中宮下の分岐から約30分で深切山に到着。登り口は、峠を越えた左の赤テープが目印。1分で山頂へ。周南市方面のコンビナートがよく見える。
 縦走路へ戻り約5分で虎が岳・烏帽子が岳からの縦走路(分岐)に到着。ここを右折し、約40mの急登を登りきると葉山に到着。光市の海岸、向こうには象鼻ヶ崎が美しい。
 ここから、茶臼山まではピークを7つ越えていく。まさにアップダウンの繰り返しである。途中、数人のハイカーにすれ違いながら、約30分で眺望の良い茶臼山の山頂の到着。山頂付近には、手作りのベンチなどが四方に設置され、整備された人たちに感謝。山頂からは360度の絶景。やはり登りきっての眺望は最高。あいにく今日は少し霞んでたが、天気の良い日は、由布岳・国東半島・姫島もしっかり見える。北側にも長野山・馬糞ヶ岳、羅漢山も確認できる。
 昼食にアフターティーをいただき帰路につく。そのまま山頂を通り越え、大谷山へ向かう。2月という時期で、草の繁り方は弱いといいながら、よく踏まれた道で、こちらも迷うことはない。ただ1カ所、←瓢箪池・松ヶ坪→の表示は、松ヶ坪方向へ。常に尾根道を進めばほどなく大谷山へ到着。目の前には笠戸島から西方面の絶景が広がる。
 さらに下ると松ヶ坪登山口に到着。朽ちて落ちかけたハイキングコースの案内板がかつての整備を物語る。左に行けば大谷ダム方向、右に行けば降松神社方向。右に進路を取ると5分も経たないうちに舗装路に出る。下るように道を進んでいけば降松神社に到着である。
過去天気図(気象庁) 2015年02月の天気図 [pdf]

写真

降松神社参道(出発です!)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降松神社参道(出発です!)
丁塚(中宮まで十八丁)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁塚(中宮まで十八丁)
お参りをして登山の安全祈願
2015年02月21日 08:57撮影 by SO-02E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お参りをして登山の安全祈願
降松神社の古図
2015年02月21日 08:58撮影 by SO-02E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降松神社の古図
神社の境内(写真の左側に駐車可、登山は正面の車出入り口を下っていきます。)
2015年02月21日 09:02撮影 by SO-02E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の境内(写真の左側に駐車可、登山は正面の車出入り口を下っていきます。)
山門が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山門が見えてきました。
分岐(左…中宮、右…縦走路方向)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐(左…中宮、右…縦走路方向)
中宮に向かう階段
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中宮に向かう階段
中宮(ここからも周南市方面(西側)の眺望良 お社の右を抜けて鷲頭山へ。
2015年02月21日 09:45撮影 by SO-02E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中宮(ここからも周南市方面(西側)の眺望良 お社の右を抜けて鷲頭山へ。
鷲頭山の手前の鳥居(石がたくさん乗っています。)山口あたりでは、鳥居の上に石をのせると願い事が叶うとかいいことがあるとか言われてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲頭山の手前の鳥居(石がたくさん乗っています。)山口あたりでは、鳥居の上に石をのせると願い事が叶うとかいいことがあるとか言われてます。
鷲頭山山頂のお社
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲頭山山頂のお社
深切山から西側方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深切山から西側方面
中宮別れ分岐 ここから(正面)分岐に出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中宮別れ分岐 ここから(正面)分岐に出てきました。
中宮別れ分岐(虎が岳・烏帽子が岳からの縦走路分岐の表示)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中宮別れ分岐(虎が岳・烏帽子が岳からの縦走路分岐の表示)
1
中宮別れ分岐(5〜10m離れた位置に設置されていた縦走路表示)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中宮別れ分岐(5〜10m離れた位置に設置されていた縦走路表示)
1
中宮別れから葉山に向かって急登を力強く登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中宮別れから葉山に向かって急登を力強く登っていきます。
葉山到着(広く刈り払われている)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉山到着(広く刈り払われている)
葉山から虹ヶ浜(向こうの大きい島は祝島)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉山から虹ヶ浜(向こうの大きい島は祝島)
葉山から象鼻ヶ崎と室積海岸
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉山から象鼻ヶ崎と室積海岸
茶臼山山頂手前分岐(正面の下から登ってきました。)南からの登山道との合流点 山頂まであと2分!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山山頂手前分岐(正面の下から登ってきました。)南からの登山道との合流点 山頂まであと2分!!
縦走路のアップダウン図
2015年02月21日 11:48撮影 by SO-02E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路のアップダウン図
茶臼山山頂 三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山山頂 三角点
茶臼山 山頂ベンチ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山 山頂ベンチ
茶臼山 東側方面(右の尾根を歩いてきました)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山 東側方面(右の尾根を歩いてきました)
茶臼山 周南市方面(右尾根先…大谷山)
2015年02月21日 11:58撮影 by SO-02E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山 周南市方面(右尾根先…大谷山)
茶臼山 下松方面と大華山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山 下松方面と大華山
茶臼山 南側方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山 南側方面
茶臼山 光市(虹ヶ浜〜室積海岸〜象鼻ヶ崎)
2015年02月21日 11:58撮影 by SO-02E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山 光市(虹ヶ浜〜室積海岸〜象鼻ヶ崎)
大谷山(正面奥は、茶臼山)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷山(正面奥は、茶臼山)
大谷山 南側方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷山 南側方面

感想/記録

 落ち葉が多く、滑りやすいところ、猪により掘り返されたところもあり、注意は必要である。だが、全体的に歩きやすく、山頂からの絶景が望める茶臼山は、評価が高い。家族にもおすすめの山である。
 なお、降松神社中宮に向かう途中、NPO法人降松平和の里ハイキングの会の方が平成27年3月8日(日)に開催される桜の木植樹の準備をされていた。多くの方への参加と今回の縦走路コース一部整備事業への寄付をぜひお願いしたいとのこと。関係資料(http://shunan.mypl.net/event/00000173496/)こちらを参照ください。地元の方の地域作り、ふるさと整備、応援したいですね。山仲間としても、ハイキングコースの整備は、大変ありがたく、感謝、感謝です。応援しています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:883人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

赤テープ 急登 三角点 簡易標識 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ