また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 599105 全員に公開 沢登り丹沢

葛葉川水系 堂屋敷沢右俣

日程 2015年03月07日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
菜の花台駐車場
・23台駐車可
・トイレ、展望台あり(登山届ポストはなし)
・県道76号線(ヤビツ峠方面)沿いで秦野市街を一望できます
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

菜の花台12:00−
12:45堂屋敷沢入渓点−
13:52Co460m二俣−
15:26表丹沢林道−
15:52菜の花台
コース状況/
危険箇所等
■堂屋敷沢右俣
  葛葉川水系では一番難易度が高い沢だと思います。
  本流の左俣は6年前(2009/4/15)に遡行していますが
  12m大滝はじめ5〜6m滝が適度にあり、また堰堤の巻きも相応に悪いです。
  今回遡行した右俣には、6〜7m滝が3つほどあり、そこそこクライミング力が
  必要でした。
  春から秋はディート成分入り虫除けスプレー必携。
  遡行グレード:1級上(右俣)、2級下(左俣)

]爾凌慧捗戸遒砲脇擦盒垢生活道なので長時間駐車は地元のご迷惑になります。
 この周辺の沢(モトデイリ沢、滝ノ沢、堂屋敷沢等)に行くときは個人的には
 県道76号(蓑毛からヤビツ峠方面へ向かう道)沿いの展望のよい菜の花台に
 駐車し、読図をしながら下の向山林道へ下りるようにしています。

 今回は一旦三角山へ登りCo650m小ピークから西へ下りる尾根を使おうと進めば
 ちょっと見ない間に、三角山北から表丹沢林道入口まで尾根上を立派な植林用林道
 ができてしまいました。
 新東名の羽根トンネルも少し南側で蓑毛側から工事が始まっているので
 5年後は随分様変わりしてしまうのでしょう。

 何かやりきれない気持ちを押して650mから西にジグザグと延びる林道支線を
 途中まで下り、あとは植林がメインの尾根を下っていけば、下に茶畑が見え
 向山林道に飛び出ました。
 右の北東側に林道を進めば少しで堂屋敷沢が林道上を細い水量で流れています。
 ここは二俣になっており、右側の支沢の堰堤にも左側の本流の堂屋敷沢の堰堤にも
 「新田(あらた)沢」と記載されています。
 この支流も6年前に遡行しましたが、5m滝が1つと2.5m、多段4m小滝、あとは
 堰堤のみでした。

堂屋敷沢に進むと堰堤が9つほど出てきます。
 ほとんど右から巻き越しますが、8つ目の堰堤は石垣状8mで下の堰堤落ち口まで
 戻って巻きました。
 堰堤が出てくると興ざめする方もいらっしゃるようですが、私はこれも現代の沢の
 性格と思い楽しんでいます。

Co410mでようやく4m滝出現。この滝は右から支流が合わさりJF(ジャンク
 ションフォール)状になっています。
 流芯左壁を攀じると落ち口上のグラグラする細い木から苔むした古い残置ロープが
 垂れ下がっていました。(卦蕁A0)
 すぐに逆Y字状2×5m小滝で左を教蕁楪度で越えていきます。
 少し歩けばまた堰堤。右の土ザレを巻くと右岸(左側)に8mほどの壁。
 そして右に5m岩と左にゆるやかなくの字状2×5m小滝。
 岩の右から通過すれば流木架かった2m小滝です。
 左から取り付き倒木を跨いで流芯を登りました。(卦蕁檗

い海梁譴両紊Co460mの二俣で水量比は3:1。
 左の本流には奥に6mの立派な滝が見えていますが、もし本流に行く場合は
 この二俣から界尾根を巻くことになります。
 
 さて今日は右俣へ。
 出合の2段4m滝は左右どちらからも取り付け上段は流芯登ります。(卦蕁檗
 次のCS3mはちょい被り気味なので右から巻きました。
 2条3×5m小滝を卦蕁櫃捻曚垢函⊂し大き目の滝が出てきました。
 2段7×10mといったところで、巻きも面倒臭そうなので、右から取付き
 流芯右を直登しました。少しクライミングチックで卦蕁椶な。

 壁状2m、壁状1.5mを越せば下段2×5m、上段トイ状3.5mの2段滝。
 上段トイ状は流芯を直登しました。(卦蕁棔

 Co520mでは右から2段8mほどの涸棚で支流が合わさり、左の本流には
 今までで一番取付きがたそうな顔をしたスラブ状2段7×10m滝です。
 流芯を直登しますが下段落ち口の木がちょっと邪魔だった。(卦蕁棔

 その後は1.5〜2m小滝が3つと堰堤が3つ。
 堰堤基部で細かった水も完全に涸れ、スラブ状1.5×2m、2段2×4m小滝を
 越えると倒木群も現れ、正面に表丹沢林道が見えてきました。
 林道へは右のグズグズしたところを登って遡行終了。
 これより上流は堰堤と涸棚があるのみで下山もかったるいので。

ゲ嫉海鷲獣安林道入口ゲートの手前から先ほどアプローチで使ってしまった
 新しく三角山尾根上にできた林道を使い菜の花台に戻りました。

■丹沢限定沢登り記録集(All by kamog)
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html

 
過去天気図(気象庁) 2015年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ クイックドロー スリング ロープスリング セルフビレイランヤード タイブロック ハンマーバイル ナイフブレード 渓流シューズ

写真

菜の花台に車を置く
2015年03月07日 11:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜の花台に車を置く
三角山への登り口
2015年03月07日 11:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山への登り口
途中植生保護柵をハシゴで2回越す
2015年03月07日 11:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中植生保護柵をハシゴで2回越す
三角山尾根上に新しくできてしまった林道
2015年03月07日 12:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山尾根上に新しくできてしまった林道
Co650m小ピークから西へ下りる林道支線
2015年03月07日 12:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co650m小ピークから西へ下りる林道支線
林道支線を外れ尾根を下りる
2015年03月07日 12:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道支線を外れ尾根を下りる
向山林道へ下りました
2015年03月07日 12:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向山林道へ下りました
堂屋敷沢入渓
2015年03月07日 12:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂屋敷沢入渓
1
堰堤がしばらく続く
2015年03月07日 12:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤がしばらく続く
Co410mで出てきた4m滝は左壁を登る
2015年03月07日 13:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co410mで出てきた4m滝は左壁を登る
2
逆Y字状2×5m小滝
2015年03月07日 13:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆Y字状2×5m小滝
2
8m堰堤は右の土ザレから巻いた
2015年03月07日 13:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8m堰堤は右の土ザレから巻いた
5m岩とくの字状2×5m滝
2015年03月07日 13:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5m岩とくの字状2×5m滝
Co460m二俣手前の2m小滝
2015年03月07日 13:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co460m二俣手前の2m小滝
こちらは本流の左俣
奥に6m滝が見える
2015年03月07日 13:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは本流の左俣
奥に6m滝が見える
1
こちらが右俣の2段4m
2015年03月07日 13:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが右俣の2段4m
1
CS3mは右から巻いた
2015年03月07日 13:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CS3mは右から巻いた
1
2段7×10m滝
右から取付き流芯右を登った
2015年03月07日 14:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段7×10m滝
右から取付き流芯右を登った
1
下段2×5m、上段トイ状3.5m滝
直登した
2015年03月07日 14:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下段2×5m、上段トイ状3.5m滝
直登した
上段トイ状3.5m
2015年03月07日 14:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段トイ状3.5m
1
スラブ状2段7×10m滝
直登したがブッシュがうるさかった
2015年03月07日 14:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スラブ状2段7×10m滝
直登したがブッシュがうるさかった
1
上流に行けばタイヤ等不法投棄が目立った
林道からであろうが、わざわざこんなことをする奴らの気が知れない
2015年03月07日 14:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流に行けばタイヤ等不法投棄が目立った
林道からであろうが、わざわざこんなことをする奴らの気が知れない
1.5×2mスラブ小滝
2015年03月07日 15:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1.5×2mスラブ小滝
1
倒木群がちとうざい
2015年03月07日 15:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木群がちとうざい
1
表丹沢林道見えてきました
2015年03月07日 15:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表丹沢林道見えてきました
林道より上流部
2015年03月07日 15:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道より上流部
表丹沢林道入口ゲート手前から新しい林道ができている
2015年03月07日 15:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表丹沢林道入口ゲート手前から新しい林道ができている
1
植林伐採用とはいえ寂しいな
2015年03月07日 15:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林伐採用とはいえ寂しいな
1
こんな物も沢に落ちていた
2015年03月07日 15:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな物も沢に落ちていた
三角山の三角点
2015年03月07日 15:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山の三角点
1
菜の花台に戻る
2015年03月07日 15:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜の花台に戻る
今日は曇天につき展望いまいちだが夜景もきれいだよ
2015年03月07日 15:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は曇天につき展望いまいちだが夜景もきれいだよ

感想/記録
by kamog

予報では曇り時々雨なので今日はクライミング諦めて近くの堂屋敷沢。
6年振りなので、そろそろ記憶も薄らいできたので。
二俣まで来て未だ行っていない右俣へ行くことにする。
会に出した計画書にはそれも盛り込み済み。
右俣も7mクラスの滝が3つあり、すべて直登できたので印象はよかった。

今日は気温低め。
危惧していた奴らもこの寒さではまだ落ち葉の下で眠っているようだった。
訪問者数:922人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ