また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 604141 全員に公開 雪山ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

雪が溶けて川になって・・・伊吹山も冬から春へ

情報量の目安: B
-拍手
日程 2015年03月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一番手前の声かけてきたおじい様の駐車場に停めました.三ノ宮神社の辺りはだいたい500円でした.
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な箇所はありません.登山届のポストはそういえば気付かなかったので今日は出してなかったわ.
その他周辺情報登山口近くの道の駅で食べたコーンスープがあったかくておいしかった.
過去天気図(気象庁) 2015年03月の天気図 [pdf]

写真

上野登山口
2015年03月22日 09:12撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上野登山口
1合目付近からの眺め
2015年03月22日 09:37撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1合目付近からの眺め
3
旧スキー場の施設.芝生の丘が気持ちいい.
2015年03月22日 09:44撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧スキー場の施設.芝生の丘が気持ちいい.
2合目に向かって登っていきます.
2015年03月22日 09:48撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目に向かって登っていきます.
2
2合目.横の樹木の下にベンチがあります.
2015年03月22日 09:57撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目.横の樹木の下にベンチがあります.
登山道横に見える徳蔵山.
2015年03月22日 10:22撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道横に見える徳蔵山.
3合目手前の眺め
2015年03月22日 10:28撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目手前の眺め
4
旧伊吹高原ホテル.「原」の文字がないのが悲しい.
2015年03月22日 10:31撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧伊吹高原ホテル.「原」の文字がないのが悲しい.
4合目に行く途中で振り返る.
2015年03月22日 10:39撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目に行く途中で振り返る.
1
5合目の手前から雪がようやく
2015年03月22日 11:01撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目の手前から雪がようやく
3
一旦途切れて避難小屋の辺りからまた雪が
2015年03月22日 11:02撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦途切れて避難小屋の辺りからまた雪が
1
上の方は溶けた所もあちこちありますがまだまだあります.
2015年03月22日 11:03撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の方は溶けた所もあちこちありますがまだまだあります.
1
たくさんの人が
2015年03月22日 11:03撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんの人が
3
避難小屋辺りから下の景色
2015年03月22日 11:16撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋辺りから下の景色
3
すばらしい眺めです.
2015年03月22日 11:16撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すばらしい眺めです.
1
たくさんの人が雪を満喫しています.
2015年03月22日 11:16撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんの人が雪を満喫しています.
3
この辺はまだ余裕ありました.
2015年03月22日 11:46撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺はまだ余裕ありました.
2
だんだん上がるにつれて
2015年03月22日 11:46撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん上がるにつれて
2
傾斜が急になってきます.左手にお堂のようなものが見えます.
2015年03月22日 11:46撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が急になってきます.左手にお堂のようなものが見えます.
2
お堂のアップ
2015年03月22日 11:46撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お堂のアップ
下から次々に人が上がってきます
2015年03月22日 11:47撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から次々に人が上がってきます
この後,急激に失速し写真なし.気付いた時には山頂に着いていました.山頂の日本武尊像.
2015年03月22日 12:38撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後,急激に失速し写真なし.気付いた時には山頂に着いていました.山頂の日本武尊像.
5
山頂から北側の風景
2015年03月22日 12:41撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北側の風景
5
山頂から北西の風景
2015年03月22日 12:41撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北西の風景
3
もう下りです.9合目付近ですが下から見るより傾斜がきついです.
2015年03月22日 12:58撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう下りです.9合目付近ですが下から見るより傾斜がきついです.
3
下りてきました.ここで皆さんアイゼンOFF
2015年03月22日 13:39撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてきました.ここで皆さんアイゼンOFF
雪が溶けて(登山道が)川になって流れていきます.
2015年03月22日 13:39撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が溶けて(登山道が)川になって流れていきます.
1
もうすぐ春ですね.
2015年03月22日 13:52撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ春ですね.
1
4合目から3合目へ,遠くに霊仙山
2015年03月22日 14:00撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目から3合目へ,遠くに霊仙山
帰りの徳蔵山
2015年03月22日 14:09撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの徳蔵山
1

感想/記録

久しぶりに時間が取れたので山行を計画した.いままでのうっ憤ばらしに,いままで行ったことがない所に行きたかった.皆さまのレコを見ていて,近畿の中に合っていまだ多くの雪を抱えている伊吹山が目にとまった.距離も結構長いが,厳冬期でなければ私でも大丈夫だろう.
朝5時30分に家を出て登山口に7:40頃着いた.ちんたら準備して8時のスタートとなった.5合目あたりまでは普通の春秋のハイキングの雰囲気だったが,徐々に雪が見えてきた.避難小屋の上からみんなと同じようにアイゼン(私は6本爪)をはいて残雪に挑んでいったが,雪はシャーベット状で踏みこむとズルズルと後退する.傾斜も下から見ると大したこと無さそうだが,上がっていくにつれてきつくなる.厳冬期ではつるつるになって大変だろう.ま冬に来るには私は修行が足りないようである
何とか休み休みで9合目までたどり着く.山頂付近はこの季節にしてはしっかりと締まった雪だった.十分に今シーズン最後の雪を堪能することができた.山頂で簡単に食事してすぐ下りに向かう.しゃりしゃりの雪に苦労しながらなんとか5合目まで戻ってきた.その下の登山道は,5合目から上に積もった雪が徐々に溶けだして川のようになっていた.昔の歌を思い出し春を感じながら水浸しの登山道を下って行った.
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1141人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

避難小屋 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ