また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 611024 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲信越

越後駒ヶ岳〜シルバーライン開通とともに

情報量の目安: A
-拍手
日程 2015年04月04日(土) 〜 2015年04月05日(日)
メンバー
天候4/4(土)晴れ、4/5(日)雨時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関越道小出インター出て、道の駅ゆのたにに前泊。4/4朝奥只見シルバーライン経由で銀山平石抱橋に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間0分
休憩
2時間0分
合計
9時間0分
S石抱橋07:3508:25骨投沢出合08:3509:10900m09:2010:101100m10:2511:05道行山11:55小倉山13:05前駒14:45駒の小屋15:4016:00越後駒ヶ岳16:3016:35駒の小屋
2日目
山行
2時間41分
休憩
22分
合計
3時間3分
駒の小屋09:0009:35百草の池09:4510:18道行山10:3011:00柳沢出合12:03石抱橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストなし。石抱橋から北ノ又川右岸を辿る。高温のため雪が緩み骨投沢出合でワカン装着。道行山への急坂にクラックありワカン脱着。小倉山手前でアイゼン装着して駒山頂まで。
下りは小屋から石抱橋までワカン。
過去天気図(気象庁) 2015年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイゼン ワカン ピッケル

写真

銀山平石抱橋に10台ほど
2015年04月04日 07:39撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀山平石抱橋に10台ほど
1
対岸には民宿群
2015年04月04日 08:01撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸には民宿群
斜面も多い
2015年04月04日 08:13撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面も多い
骨投沢のスノーブリッジを渡るが、上流には橋があった
2015年04月04日 08:29撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
骨投沢のスノーブリッジを渡るが、上流には橋があった
5
荒沢岳方向
2015年04月04日 08:29撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒沢岳方向
1
道行山方向
2015年04月04日 08:41撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道行山方向
この尾根から上がります
2015年04月04日 08:54撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根から上がります
最初から急坂
2015年04月04日 09:02撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初から急坂
1
暑くて半袖になる。奥は中ノ岳。気温8℃ほど
2015年04月04日 09:32撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑くて半袖になる。奥は中ノ岳。気温8℃ほど
13
熊棚かと思ったが違った
2015年04月04日 09:39撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊棚かと思ったが違った
1
駒のお出まし
2015年04月04日 09:58撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒のお出まし
4
まだ遠いぞ
2015年04月04日 09:58撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ遠いぞ
1
駒〜中ノ岳
2015年04月04日 10:02撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒〜中ノ岳
9
ここでワカン外した
2015年04月04日 10:32撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでワカン外した
1
ずっと見ながら登れる
2015年04月04日 10:59撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと見ながら登れる
4
もうすぐ道行山
2015年04月04日 11:01撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ道行山
1
中ノ岳も入れて
2015年04月04日 11:11撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳も入れて
7
小倉山から前駒へて駒への稜線
2015年04月04日 11:11撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山から前駒へて駒への稜線
2
浅草岳。左奥に守門岳
2015年04月04日 11:13撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳。左奥に守門岳
4
道行山から駒。圧倒的なスケール感だ
2015年04月04日 11:16撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道行山から駒。圧倒的なスケール感だ
28
一旦くだって小倉山へ
2015年04月04日 11:47撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦くだって小倉山へ
2
小倉山から百草の池までは平坦
2015年04月04日 11:47撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山から百草の池までは平坦
1
前駒への登り。腿が痙攣しかけて亀足になる
2015年04月04日 12:45撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前駒への登り。腿が痙攣しかけて亀足になる
5
その丸っこい先が小屋だ
2015年04月04日 13:44撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その丸っこい先が小屋だ
急になってきた
2015年04月04日 14:00撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急になってきた
1
陰影の妙。ゾウが寝ているような気がした
2015年04月04日 14:18撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陰影の妙。ゾウが寝ているような気がした
12
耳を広げたダンボに見えてきた。
もうすぐ小屋
2015年04月04日 14:18撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
耳を広げたダンボに見えてきた。
もうすぐ小屋
3
向うは犬、こっちはゾウ
2015年04月04日 14:19撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向うは犬、こっちはゾウ
4
小屋に着き一段落してから山頂に向かう
2015年04月04日 15:44撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に着き一段落してから山頂に向かう
6
足長おじさん地鳥
2015年04月04日 15:54撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足長おじさん地鳥
5
望遠レンズに替えて。守門
2015年04月04日 16:23撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠レンズに替えて。守門
6
以下よくわからず
2015年04月04日 16:23撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以下よくわからず
3
灰ノ又山かな
2015年04月04日 16:24撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灰ノ又山かな
2
中ノ岳アップ
2015年04月04日 16:25撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳アップ
5
下津川山か
2015年04月04日 16:25撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下津川山か
3
巻機あたり
2015年04月04日 16:25撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機あたり
3
皆既月食が欠け始めから戻るまで見えた。二階の入口に腰かけホットウィスキーやりながら月夜を堪能。完全に隠れると星空が輝き流れ星多数。風もなく穏やかな夜だ
2015年04月04日 22:16撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆既月食が欠け始めから戻るまで見えた。二階の入口に腰かけホットウィスキーやりながら月夜を堪能。完全に隠れると星空が輝き流れ星多数。風もなく穏やかな夜だ
9
戻ったところ
2015年04月04日 22:35撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ったところ
2
9時に小屋出発
2015年04月05日 09:01撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時に小屋出発
1
下山方向。結構急だ
2015年04月05日 09:01撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山方向。結構急だ
1
左小倉山、右道行山
2015年04月05日 09:01撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左小倉山、右道行山
3
沢筋はこんな
2015年04月05日 09:10撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢筋はこんな
2
こんなのも
2015年04月05日 09:10撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなのも
1
振り返って。小屋の風向計が目印
2015年04月05日 09:13撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。小屋の風向計が目印
1
駒。見納めじゃ
2015年04月05日 10:06撮影 by E-520 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒。見納めじゃ
3
撮影機材:

感想/記録

 奥只見シルバーラインの開通が遅れ、ようやく4/3から開通。だったら行かなくちゃということで久しぶりの越後駒。数年前には駒の湯から登り百草の池で撤退したので30年振りとなる。

 道の駅ゆのたにで前泊し、4/4(土)シルバーラインの開通時間に合わせて銀山平へ。石抱橋には既に10台が縦列駐車。除雪奥からは登れず、橋脇から雪面に上がる。気温高くずぼずほだ。北ノ又川左岸を辿る。骨投沢をスノーブリッジで渡ったところでワカンつける。柳沢を渡ると夏道外れ1064m標高点に直接登る。ここも地味に急坂だ。気温8℃だが暑くて半袖になる。やがて中ノ岳が顔出し、そして駒が登場するが遥か彼方だ。道行山への急登で一部クラックありワカン脱ぐ。道行山からの駒は圧倒的な存在感。駒見るのに一番いい場所かもな。一旦下り緩やかに小倉山へ。天気良く爽快だ。小倉山手前でアイゼン装着し、小倉山はトラバースし百草の池までゆるりと進む。ここから小屋まで350m、前駒を挟み二段の急坂。暑くて水補給が足りなかったか、腿が痙攣して途端に亀足となる。頻繁に立ち止まりつつようやく駒の小屋へ着いた。

 この頃にはBCスキーヤーは全員下山し誰もいない。二階から入り居場所を作る。小屋にある厚めの銀マットと毛布で寝床を作る。シュラフは要らなかったかも。1時間ほど休んだ後駒頂上に向かう。夏道は左目に行くが真っ直ぐ向かう。20分で着いた。八海山が目の前に。巻機は全貌見えない。思えば、学生時代に丹後山から大水上山経て平ヶ岳・景鶴山・尾瀬に行き残雪期が大好きになった。次いで、越後駒から巻機山まで行って上越国境全踏破の礎となった、思い出の稜線。残念ながら両方向とも稜線は良く見えないが感慨深い。30年前と比べると随分雪が少なくなり、結構早い時期に行く必要があるが、また再トライしてみたいものだ。
 
小屋まで5分で降りた。小屋前の箱に水が流れ込んでいる。パイプを抜いて水を利用できた(勿論元通りにしておいた)。ただし草の味がして味はよくない。宴は、苦労して担ぎ上げたビールを雪中でギンギンに冷やし、食事は冬中定番だった鍋を止め、今夜はキャベツと焼き鳥缶・ウィンナー炒めのチーズかけと、カレーピラフのチーズ乗せ。チーズが大活躍。
 そうするうちに、皆既月食が始まった。2階の出入り口に腰かけ、ホットウイスキーを片手に月夜を眺める。月が欠け始めると連れて星が輝き始める。完全に隠れると星の輝きが最大に。その後また月が満ちるまでずっと眺めつづけた。風もなく静かでいい夜だった。お蔭で寝たのは10時半頃だったか。
 朝は風雨が激しく、安眠を貪る。7時を過ぎて収まってきた。ゆっくり食事して9時に下山開始。曇り空だが、ルートは明瞭。小屋直下が急坂だが腐っているのでワカンに。予想通り3時間で石抱橋に到着した。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2623人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ