また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 623575 全員に公開 沢登り丹沢

セドノ沢右俣(沢登り講習)

日程 2015年04月29日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢
・戸川林道終点近くの河原の駐車場
・トイレあり
・登山届ポストは2015年3月をもって撤去されたが、代わりに戸川林道/滝沢園
 入口に新たに登山届ポストが新設されたのでそちらに提出のこと。
 (西山林道/二俣のポストも撤去されておりますので登山計画書提出時は
  注意してください。なお計画書未提出のないようにお願いします。)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■沢登り、クライミング、読図等登山講習
 http://mt-farm.info/

■丹沢限定沢登り記録集(All by kamog)
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html

■水無川水系 セドノ沢右俣
  水無川流域では最大級の35m大滝を架ける同流域の卒業的な難渓。
  下流部の右俣F1、F2もそれなりに難しい。
  クライミング力の乏しい初心者、初級者、単独は厳禁です。
  遡行グレード:2級上
  クライミンググレード:元蕁棔RCC競哀譟璽鼻
過去天気図(気象庁) 2015年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) トポ コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング セルフビレイランヤード タイブロック ハンマーバイル ナイフブレード 渓流シューズ

写真

戸沢駐車場
心なしか今日は空いていました
2015年04月29日 08:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢駐車場
心なしか今日は空いていました
1
さて出発♪
今日の受講者はkaitoさんとryu84さんのお二人です
2015年04月29日 08:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて出発♪
今日の受講者はkaitoさんとryu84さんのお二人です
1
まずは水無川本谷へ向かい書策新道入口へ向かいます
2015年04月29日 08:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは水無川本谷へ向かい書策新道入口へ向かいます
1
水無川本谷最初の堰堤は左隅を越えます
2015年04月29日 08:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川本谷最初の堰堤は左隅を越えます
1
左手前に鎖場の巻き道もありますが、こちらの方がちょっと悪い
2015年04月29日 08:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手前に鎖場の巻き道もありますが、こちらの方がちょっと悪い
1
水無川本谷F1−2条10m
2015年04月29日 08:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川本谷F1−2条10m
2
2条10mは左側の鎖沿いに巻き登ります
(流芯左を登ることもできます)
2015年04月29日 08:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条10mは左側の鎖沿いに巻き登ります
(流芯左を登ることもできます)
1
すぐ上は本谷とセドノ沢の二俣
こちらは本谷F2
2015年04月29日 08:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ上は本谷とセドノ沢の二俣
こちらは本谷F2
1
右のセドノ沢へ
2015年04月29日 08:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のセドノ沢へ
1
セドノ沢F1−4m
2015年04月29日 08:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢F1−4m
1
受講者お二人は右から、kamogは左から登りました
2015年04月29日 08:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
受講者お二人は右から、kamogは左から登りました
1
セドノ沢F2−2条5m
2015年04月29日 08:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢F2−2条5m
kaitoさんは果敢に濡れながら取付きます

ズボンに入れたカメラが水没。防水ですが電池のふたが空いてオシャカに!kaito言
2015年04月29日 08:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kaitoさんは果敢に濡れながら取付きます

ズボンに入れたカメラが水没。防水ですが電池のふたが空いてオシャカに!kaito言
1
ryu84さんも
2015年04月29日 08:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ryu84さんも
2
セドノ沢二俣
左がセドノ沢左俣、右が同右俣です
2015年04月29日 08:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢二俣
左がセドノ沢左俣、右が同右俣です
1
看板も架け替え時期ですね
近いうちに修復したいと思います(遭対協なので)
2015年04月29日 08:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板も架け替え時期ですね
近いうちに修復したいと思います(遭対協なので)
セドノ沢右俣へ
2015年04月29日 09:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢右俣へ
早速セドノ沢右俣F1
2015年04月29日 09:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速セドノ沢右俣F1
下段3mを右から上がって上段10mへ
左隅をクライミングします(卦蕁棔
2015年04月29日 09:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下段3mを右から上がって上段10mへ
左隅をクライミングします(卦蕁棔
奥に残置ハーケン3枚のビレイポイント
流動分散のリスク面を補うため流動、固定ミックスにしました
(本来これをやるならダイニーマよりもナイロンがベター)

こういうのがたいへん勉強になる。kaito言
2015年04月29日 09:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に残置ハーケン3枚のビレイポイント
流動分散のリスク面を補うため流動、固定ミックスにしました
(本来これをやるならダイニーマよりもナイロンがベター)

こういうのがたいへん勉強になる。kaito言
3
kaitoさんガンバ!

ちょっと寝ていて簡単に見えたけど、真ん中あたりで行きづまる!つるつるで足場がない!確保無しではのぼれません。kaito言
2015年04月29日 09:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kaitoさんガンバ!

ちょっと寝ていて簡単に見えたけど、真ん中あたりで行きづまる!つるつるで足場がない!確保無しではのぼれません。kaito言
続いて右俣F2−8mです
2015年04月29日 09:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて右俣F2−8mです
左側から取付き流芯近くから右へ斜上します
元蕁
2015年04月29日 09:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側から取付き流芯近くから右へ斜上します
元蕁
2
ryu84さん準備OK
2015年04月29日 09:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ryu84さん準備OK
1
kaitoさんも登ってきました

出だしがちょっと難しかった。後半は楽勝?kaito言
2015年04月29日 09:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kaitoさんも登ってきました

出だしがちょっと難しかった。後半は楽勝?kaito言
1
ここは倒木にラウンドターンしてビレイポイントを作りました
ガースヒッチよりベターです

沢登り、立木や倒木を利用しることが多いので勉強になります。kaito言
2015年04月29日 09:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは倒木にラウンドターンしてビレイポイントを作りました
ガースヒッチよりベターです

沢登り、立木や倒木を利用しることが多いので勉強になります。kaito言
2
少し平凡になります
2015年04月29日 09:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し平凡になります
トイ状5×8m滝
左のカンテを登ります(卦蕁檗
2015年04月29日 10:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイ状5×8m滝
左のカンテを登ります(卦蕁檗
すぐに右俣F3−3段15m
右から取付きます
2015年04月29日 10:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに右俣F3−3段15m
右から取付きます
林業関係者じゃありません。立派な受講生です。kaito言
2015年04月29日 10:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林業関係者じゃありません。立派な受講生です。kaito言
2
倒木がちょっと邪魔
2015年04月29日 10:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木がちょっと邪魔
1
2段目も右の被った壁下を窮屈に登ります(卦蕁
2015年04月29日 10:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段目も右の被った壁下を窮屈に登ります(卦蕁
そして流芯をまたいで左側へ
ヌメリに充分注意
2015年04月29日 10:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして流芯をまたいで左側へ
ヌメリに充分注意
この二俣を越えると
2015年04月29日 10:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この二俣を越えると
出ました。右俣F4−35m大滝
2015年04月29日 10:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました。右俣F4−35m大滝
kaitoさん、昨年は右を大きく高巻いたので直登初めてとのこと

巻きもたいへんでした。かなり古びたテープ類はありましたが、踏み跡もなく、厳しいトラバースを強いられました。kaito言
2015年04月29日 10:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kaitoさん、昨年は右を大きく高巻いたので直登初めてとのこと

巻きもたいへんでした。かなり古びたテープ類はありましたが、踏み跡もなく、厳しいトラバースを強いられました。kaito言
1
ここも看板交換時
2015年04月29日 10:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも看板交換時
高巻くのなら右のザレから大きく巻かなければならないでしょうが、踏み跡もほとんどなく戻る所も悪いです
2015年04月29日 10:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻くのなら右のザレから大きく巻かなければならないでしょうが、踏み跡もほとんどなく戻る所も悪いです
kamogリードします
2015年04月29日 10:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kamogリードします
1
カメラが壊れたkaito!
それでは写真撮影をお願いしますとkamo先生のカメラを託された私です。kaito言
2015年04月29日 10:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラが壊れたkaito!
それでは写真撮影をお願いしますとkamo先生のカメラを託された私です。kaito言
3
どんどん登るkamo先生。kaito
2015年04月29日 10:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん登るkamo先生。kaito
2
簡単に登っていきます。kaito
2015年04月29日 10:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡単に登っていきます。kaito
1
テラスからやや左壁へ

ここでピッチを切るかと思ったのですが、そのまま行っちゃいました。kaito
2015年04月29日 10:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスからやや左壁へ

ここでピッチを切るかと思ったのですが、そのまま行っちゃいました。kaito
1
テラスから1段上がる。kaito
2015年04月29日 10:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスから1段上がる。kaito
1
さらに1段上に。kaito
2015年04月29日 11:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに1段上に。kaito
私が登れず苦しんだのはこのあたりから上だったかな?kaito
2015年04月29日 11:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私が登れず苦しんだのはこのあたりから上だったかな?kaito
2
大滝とkamo先生を入れて。kaito
2015年04月29日 11:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝とkamo先生を入れて。kaito
この後先生は見えなくなりました。kaito
2015年04月29日 11:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後先生は見えなくなりました。kaito
ryu84さんがセカンド
2015年04月29日 11:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ryu84さんがセカンド
1
ryuさんもどんどん登ったいきます。kaito
2015年04月29日 11:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ryuさんもどんどん登ったいきます。kaito
けっこう早い!kaito
2015年04月29日 11:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう早い!kaito
1
テラスに上がった。kaito
2015年04月29日 11:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスに上がった。kaito
1
テラスから左に。kaito
2015年04月29日 11:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスから左に。kaito
1
テラスから上に。ここで私も登り出したので写真撮影終わり。
2015年04月29日 11:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスから上に。ここで私も登り出したので写真撮影終わり。
1
終了点から左斜上し比較的明瞭な巻き道を木と根頼りに登ります
2015年04月29日 11:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終了点から左斜上し比較的明瞭な巻き道を木と根頼りに登ります
1
左の枝沢詰め近くまで行き右の尾根へ
2015年04月29日 11:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の枝沢詰め近くまで行き右の尾根へ
右の尾根へのターニングポイント
2015年04月29日 11:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の尾根へのターニングポイント
3
そして右俣へ戻ります
2015年04月29日 11:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして右俣へ戻ります
奥の二俣を右へ行くと5m黒滝
左から巻くように登ります(卦蕁次
2015年04月29日 12:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の二俣を右へ行くと5m黒滝
左から巻くように登ります(卦蕁次
巻き登るお二人
2015年04月29日 12:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き登るお二人
水も涸れ荒れたCS
2015年04月29日 12:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水も涸れ荒れたCS
表尾根目前
2015年04月29日 12:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根目前
政次郎尾根分岐点の少し下に出ました
2015年04月29日 12:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根分岐点の少し下に出ました
政次郎ノ頭から烏尾山方面
2015年04月29日 12:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎ノ頭から烏尾山方面
1
新大日方面
2015年04月29日 13:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大日方面
政次郎尾根を下降します
烏尾尾根ほど植林作業路が錯綜していません
2015年04月29日 13:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根を下降します
烏尾尾根ほど植林作業路が錯綜していません
最後は戸沢左岸沿いに下り
2015年04月29日 14:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は戸沢左岸沿いに下り
1
戸沢の臨時派出所前に下りました
(お、新しくペンキ塗り替えられている)
2015年04月29日 14:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢の臨時派出所前に下りました
(お、新しくペンキ塗り替えられている)
戸沢に戻りました
kaitoさん、ryu84さんお疲れさまでした
2015年04月29日 14:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢に戻りました
kaitoさん、ryu84さんお疲れさまでした
1

感想/記録
by kamog

kaitoさん、ryu84さん、水無川水系卒業試験的なセド右俣お疲れ様でした!

感想/記録
by kaito

kamo先生、ryuさんお世話になりました。
とっても楽しい山になりました。
久々にのどがカラカラになる登攀になりました。
大滝の中間部、手も足もでず、わらをもつかむ思いで腐った残置スリングをつかんでなんとか登りました。
下から見た感じ、ホールドもあり、途中テラスもあり、高さがあるがF1,F2より簡単に思えたのですが甘かった!
去年、滝を全部巻いたの大正解だったことを改めて思いました。
とくに大滝はアルペンクライミングの世界です。
kamo先生、60mダブルロープを使い、途中クイックドローは10数本、本格クライミングです。
もそっとクライミング技術を身につけないと、大滝の登攀は無理のようです。
kamo先生これからもよろしくお願いします。ryuさん、また一緒に登りたいです。
訪問者数:2979人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ