また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 65685 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

奥穂高岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2007年09月15日(土) ~ 2007年09月16日(日)
メンバー
天候15日 晴れ(山頂付近では濃霧)
16日 晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

15日 5:30上高地バスターミナル-5:40河童橋-8:40紀美子平-10:00奥穂高岳-11:40紀美子平-12:10前穂高岳-16:20穂高・岳沢登山口-17:00ホテル白樺荘

16日 8:00ホテル白樺荘-8:50田代池-9:00大正池
コース状況/
危険箇所等
紀美子平でザックをデポして、前穂高岳登っていく人多い。

前穂高岳山頂では天気が良ければ、槍ヶ岳を眺めることができる。遠く感じる。

前穂高から奥穂高への吊尾根では天気が良ければ、焼岳、乗鞍岳、御嶽山を遠く眺めることが出来る。

吊尾根では途中、鎖場がある。多少登山客で渋滞する。
過去天気図(気象庁) 2007年09月の天気図 [pdf]

写真

かっぱばし。早朝の為誰もいない。
2007年09月15日 05:36撮影 by Digital Camera , Digital Camera
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かっぱばし。早朝の為誰もいない。
紀美子平。まずは奥穂高岳に登る
2007年09月15日 08:37撮影 by Digital Camera , Digital Camera
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀美子平。まずは奥穂高岳に登る
奥穂に着く頃には霧も晴れていた
2007年09月15日 10:02撮影 by Digital Camera , Digital Camera
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂に着く頃には霧も晴れていた
折り返して前穂高岳に登る
2007年09月15日 10:22撮影 by Digital Camera , Digital Camera
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折り返して前穂高岳に登る
山頂には誰もいないし、何も無い、霧で真っ白、静かでした。
2007年09月15日 12:07撮影 by Digital Camera , Digital Camera
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には誰もいないし、何も無い、霧で真っ白、静かでした。
ザックをデポして前穂高に登っている
2007年09月15日 12:47撮影 by Digital Camera , Digital Camera
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックをデポして前穂高に登っている
雄大さを肌で感じた
2007年09月15日 13:21撮影 by Digital Camera , Digital Camera
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄大さを肌で感じた
水が澄んでいて梅花藻?
2007年09月16日 08:55撮影 by Digital Camera , Digital Camera
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が澄んでいて梅花藻?
次は焼岳に登ろうと思った
2007年09月16日 09:08撮影 by Digital Camera , Digital Camera
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は焼岳に登ろうと思った

感想/記録
by strand

紀美子平の場所とザックのデポの意味を知った。

ホテル白樺荘は、敷居が高く一見さんお断りみたいな感じがしたが、洒落た旅館。夕食では、高級感あふれる懐石料理みたいで独りだと場違いな感じがあり、ちょっと恥ずかしかった。

大正池と田代池の散策コースは、山登りしない友人や会社同僚に勧めたいと思った。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:575人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 鎖場 白樺 デポ 吊尾根

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ