ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6896469
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
房総・三浦

南房総 鋸山〜富山

2024年06月08日(土) [日帰り]
 - 拍手
体力度
5
1泊以上が適当
GPS
08:39
距離
23.7km
登り
1,848m
下り
1,843m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
6:25
休憩
2:37
合計
9:02
8:36
3
8:39
8:40
4
8:56
8:59
23
9:22
9:23
6
9:29
9:38
4
9:42
9:44
3
9:47
9:48
4
9:52
9:57
10
10:07
10:18
11
10:34
10:34
5
10:39
10:42
3
10:45
10:52
2
10:54
10:56
3
11:09
11:16
16
11:32
11:36
12
11:48
11:53
4
12:04
12:05
15
12:20
12:21
5
12:26
12:26
7
12:39
12:39
4
12:43
12:43
5
12:48
12:55
8
13:03
13:03
29
13:32
13:34
23
13:57
13:57
11
14:08
14:11
61
15:12
15:20
2
15:27
15:28
5
15:33
15:47
3
15:50
15:56
9
16:05
16:09
21
16:30
16:36
22
16:58
17:02
12
17:38
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車 バス
行きはJR浜金谷駅から
途中JR浜金谷駅からJR岩井駅まで電車で移動
帰りは、道の駅富楽里とみやまから高速バス 南総里見号を利用
コース状況/
危険箇所等
鋸山は、階段が急なところがある。日本寺の山頂展望台と鋸山の山頂は違うので間違うかも。登山の人が多かったのでこれも注意。
富山は、コースは特に危険個所はなかった。帰りのコースは一部崩落等で気を付けていく必要がある。これからの季節、蜂には要注意かも。
その他周辺情報 道の駅富楽里とみやまはハイウェイオアシスと一体になっていて高速バスのバス停がある。リニューアルオープンして、施設も新しい。
電車に乗ってやってきた。JR浜金谷駅からスタート 登山の方が結構いました。
2024年06月08日 08:33撮影 by  A004SH, SHARP
2
6/8 8:33
電車に乗ってやってきた。JR浜金谷駅からスタート 登山の方が結構いました。
駅から登山の方が結構いました。
2024年06月08日 08:33撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 8:33
駅から登山の方が結構いました。
分岐点からふれあいの道ルートを選択。最初から長い階段が続く。
2024年06月08日 08:50撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 8:50
分岐点からふれあいの道ルートを選択。最初から長い階段が続く。
途中、開けた場所で 金谷港 三浦半島も見える。
2024年06月08日 09:05撮影 by  A004SH, SHARP
4
6/8 9:05
途中、開けた場所で 金谷港 三浦半島も見える。
遠くに薄っすらと富士山が見えました。
2024年06月08日 09:06撮影 by  A004SH, SHARP
3
6/8 9:06
遠くに薄っすらと富士山が見えました。
遺構 切り出した石を樋を滑らせて下へと落としていたとのこと。
2024年06月08日 09:16撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 9:16
遺構 切り出した石を樋を滑らせて下へと落としていたとのこと。
上を見るとすごい。地獄のぞきが見える。
2024年06月08日 09:23撮影 by  A004SH, SHARP
4
6/8 9:23
上を見るとすごい。地獄のぞきが見える。
ラピュタの壁 
2024年06月08日 09:35撮影 by  A004SH, SHARP
4
6/8 9:35
ラピュタの壁 
日本寺に入り、百済観音 バーミヤンを彷彿とさせる
2024年06月08日 09:41撮影 by  A004SH, SHARP
7
6/8 9:41
日本寺に入り、百済観音 バーミヤンを彷彿とさせる
地獄のぞき
2024年06月08日 09:51撮影 by  A004SH, SHARP
4
6/8 9:51
地獄のぞき
地獄のぞきの向こうに房総の海
2024年06月08日 09:51撮影 by  A004SH, SHARP
2
6/8 9:51
地獄のぞきの向こうに房総の海
浜金谷の駅、金谷の港 海の向こうに三浦半島が見える
2024年06月08日 09:51撮影 by  A004SH, SHARP
6
6/8 9:51
浜金谷の駅、金谷の港 海の向こうに三浦半島が見える
東京湾が広がる
2024年06月08日 09:51撮影 by  A004SH, SHARP
2
6/8 9:51
東京湾が広がる
地獄のぞきは上からみるより眺めると怖いかも。
2024年06月08日 09:52撮影 by  A004SH, SHARP
2
6/8 9:52
地獄のぞきは上からみるより眺めると怖いかも。
瑠璃光展望台からの地獄のぞき こちらはスリルあります。
2024年06月08日 09:54撮影 by  A004SH, SHARP
7
6/8 9:54
瑠璃光展望台からの地獄のぞき こちらはスリルあります。
少し下って 日本寺の大仏 こちらも大きい。
2024年06月08日 10:09撮影 by  A004SH, SHARP
2
6/8 10:09
少し下って 日本寺の大仏 こちらも大きい。
日本寺を離れて、山頂を目指す。こちら石切り場の跡 安全第一と書かれている。
2024年06月08日 10:48撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 10:48
日本寺を離れて、山頂を目指す。こちら石切り場の跡 安全第一と書かれている。
昔使われていた機械がそのまま置いてある。遺構
2024年06月08日 10:51撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 10:51
昔使われていた機械がそのまま置いてある。遺構
どうしたらこうなるのか。すごいの一言
2024年06月08日 10:54撮影 by  A004SH, SHARP
5
6/8 10:54
どうしたらこうなるのか。すごいの一言
東京湾を望む展望台から館山の方向 ここにも多くの人がいました。
2024年06月08日 11:13撮影 by  A004SH, SHARP
2
6/8 11:13
東京湾を望む展望台から館山の方向 ここにも多くの人がいました。
途中上り下りを繰り返し鋸山の山頂に到着。こちらも人がたくさん。
ここから先の通行事情がよくわからなかったので引き返す。
2024年06月08日 11:31撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 11:31
途中上り下りを繰り返し鋸山の山頂に到着。こちらも人がたくさん。
ここから先の通行事情がよくわからなかったので引き返す。
不思議です。
2024年06月08日 11:58撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 11:58
不思議です。
帰りは車力道を選択 荷車で一日三往復と書いてあり 昔の人はすごい。
2024年06月08日 12:11撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 12:11
帰りは車力道を選択 荷車で一日三往復と書いてあり 昔の人はすごい。
昔はここを荷車で通ったのかと思うとすごい。
2024年06月08日 12:13撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 12:13
昔はここを荷車で通ったのかと思うとすごい。
荷車の道
2024年06月08日 12:15撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 12:15
荷車の道
浜金谷駅へ戻ってきた。電車まで少し時間があったので海のほうへ。東京湾フェリーの乗り場 お土産物屋や飲食店など人がたくさん来ていました。
2024年06月08日 12:48撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 12:48
浜金谷駅へ戻ってきた。電車まで少し時間があったので海のほうへ。東京湾フェリーの乗り場 お土産物屋や飲食店など人がたくさん来ていました。
潮の香が心地よい。
2024年06月08日 12:50撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 12:50
潮の香が心地よい。
磯まで下りてきました。沖にはタンカー もう少しゆっくりしたかった。
2024年06月08日 12:51撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 12:51
磯まで下りてきました。沖にはタンカー もう少しゆっくりしたかった。
海から眺めた鋸山方面
2024年06月08日 12:53撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 12:53
海から眺めた鋸山方面
浜金谷駅から電車に乗り、次の目的地へ向かいます。
2024年06月08日 13:07撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 13:07
浜金谷駅から電車に乗り、次の目的地へ向かいます。
JR岩井駅から再スタート。鋸山でうろうろしたせいだいぶ時間が押してしまった。しばらくロード歩きです。
2024年06月08日 13:33撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 13:33
JR岩井駅から再スタート。鋸山でうろうろしたせいだいぶ時間が押してしまった。しばらくロード歩きです。
ここから登山道スタート。
2024年06月08日 14:07撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 14:07
ここから登山道スタート。
福満寺の仁王門。仁王像が立っています。
2024年06月08日 14:07撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 14:07
福満寺の仁王門。仁王像が立っています。
竹杖のサービスあり。鋸山でかなり消耗していたので利用させていただきました。
2024年06月08日 14:10撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 14:10
竹杖のサービスあり。鋸山でかなり消耗していたので利用させていただきました。
途中、四合目の表示あり。まだ4合目。
2024年06月08日 14:37撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 14:37
途中、四合目の表示あり。まだ4合目。
途中から、急な階段が始まります。ヘロヘロです。
2024年06月08日 14:51撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 14:51
途中から、急な階段が始まります。ヘロヘロです。
南峰到着 寂れていました。
2024年06月08日 15:17撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 15:17
南峰到着 寂れていました。
愛の鐘だそうです。
2024年06月08日 15:24撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 15:24
愛の鐘だそうです。
富山は八犬伝の舞台。
2024年06月08日 15:27撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 15:27
富山は八犬伝の舞台。
海の展望アップ 岩井方面
2024年06月08日 15:27撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 15:27
海の展望アップ 岩井方面
八犬士終焉の地 と書かれています。
2024年06月08日 15:28撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 15:28
八犬士終焉の地 と書かれています。
山頂につきました。349.5m 眺望もよし
2024年06月08日 15:34撮影 by  A004SH, SHARP
2
6/8 15:34
山頂につきました。349.5m 眺望もよし
展望広場はこんな感じ
2024年06月08日 15:38撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 15:38
展望広場はこんな感じ
海の向こうの三浦半島が見える。結構近い。
2024年06月08日 15:39撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 15:39
海の向こうの三浦半島が見える。結構近い。
さらに北の方 鋸山は見えたかな
2024年06月08日 15:39撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 15:39
さらに北の方 鋸山は見えたかな
房総半島の先の方 海に浮かぶのは伊豆大島
2024年06月08日 15:40撮影 by  A004SH, SHARP
2
6/8 15:40
房総半島の先の方 海に浮かぶのは伊豆大島
帰りは伏姫籠穴コースから 途中、崩落注意する箇所あり。
2024年06月08日 15:58撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 15:58
帰りは伏姫籠穴コースから 途中、崩落注意する箇所あり。
道は少し荒れていました。
2024年06月08日 16:01撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 16:01
道は少し荒れていました。
伏姫籠穴の入口到着。ここで杖を返します。大変助かりました。
2024年06月08日 16:27撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 16:27
伏姫籠穴の入口到着。ここで杖を返します。大変助かりました。
伏姫籠穴入口門 立派です。
2024年06月08日 16:27撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 16:27
伏姫籠穴入口門 立派です。
八方陣 真ん中に立つと何か起きるかな。
2024年06月08日 16:32撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 16:32
八方陣 真ん中に立つと何か起きるかな。
これが伏姫のいた籠穴 中は割と奥まである
2024年06月08日 16:35撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 16:35
これが伏姫のいた籠穴 中は割と奥まである
穴の中はこんな感じ 
2024年06月08日 16:36撮影 by  A004SH, SHARP
2
6/8 16:36
穴の中はこんな感じ 
上から見た八方陣
2024年06月08日 16:36撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 16:36
上から見た八方陣
山を下って帰り とみやま方面
2024年06月08日 17:05撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 17:05
山を下って帰り とみやま方面
道の駅に到着。岩井駅まで25分程度。疲れたので暫時休憩と時間調整します。
2024年06月08日 17:13撮影 by  A004SH, SHARP
6/8 17:13
道の駅に到着。岩井駅まで25分程度。疲れたので暫時休憩と時間調整します。
時間調整のつもりが、高速バスが出ているのでこちらを利用。ゆったり帰れました。
2024年06月08日 17:27撮影 by  A004SH, SHARP
1
6/8 17:27
時間調整のつもりが、高速バスが出ているのでこちらを利用。ゆったり帰れました。
快適に千葉駅に到着できました。写真は館山行き。
2024年06月08日 19:03撮影 by  A004SH, SHARP
3
6/8 19:03
快適に千葉駅に到着できました。写真は館山行き。

感想

思い立って南房総方面へ。鋸山はあまり下調べしていなかったので、山頂と地獄のぞき両方行くとそれなりに時間がかかってしまった。
鋸山で思ったよりも時間がかかり消耗したが、富山も思ったよりきつかった。歴史伝説のある山なので、いろいろ立ち寄りながらゆっくり歩きました。
帰りは疲れていたので、道の駅富楽里とみやまから、高速バスで帰れたのはラッキーでした。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:162人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら