また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 748558 全員に公開 トレイルラン 奥多摩・高尾

大菩薩嶺(裂石登山口〜大菩薩嶺〜牛ノ寝通り〜小菅の湯)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2015年10月22日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
塩山駅発 / 7:35発〜大菩薩峠登山口(裂石)着 / 8:02 300円
帰り
小菅の湯発 / 14:43発〜大月駅着 / 15:45 1100円

小菅の湯発のバスは時間が微妙なので事前に要チェック。
(奥多摩駅行きは土・日のみ)

大月駅行き / 14:41 〜午後はこれ1本
奥多摩駅行き / 14:38、 17:45〜午後はこれ2本
上野原駅行き〜土・日祝のみ?

今回は早く着いたので、14時台のバスに乗れた。
状況によっては山頂でゆっくりするなり、ルートを増やすなどして最終でも良い。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間28分
休憩
22分
合計
5時間50分
S大菩薩峠登山口(裂石)08:0008:20裂石ゲート前駐車場09:30丸川荘(丸川峠)10:25大菩薩嶺10:48賽ノ河原10:5010:51親不知ノ頭11:00大菩薩峠11:0511:20熊沢山11:25石丸峠11:35米代(長峰分岐)12:00榧ノ尾山(川入・ホンゴウ)12:1513:00大ダワ(棚倉)13:20モロクボ平13:50小菅の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
「介山荘」でバッジ購入などちょっと休憩。(5分)
「榧ノ尾山」でご飯タイム休憩。(15分)

「裂石登山口」の標高は900M。
「大菩薩嶺」まで約1100M登ることになるが、丸川荘までが比較的きつく、それ以降は楽に登れると思う。
樹林帯になるので、夏場は厳しそう。

「牛ノ寝ルート」での
「榧ノ尾山」からの下りは本当に走りやすく、人もいなく快適なルート。
「榧ノ尾山」までの下りも走りやすいが、落葉の下に石が転がっていたりするので
注意も必要。

地図に載っている「ショナメ」という場所が分からなかった。

「山と高原地図」ルートタイム 9時間25分
コース状況/
危険箇所等
特に危険なところはなし。迷うところも無いと思う。が地図は必携。
落葉の下の石には注意。
「牛ノ根通り」には水場というか、何もないので夏は特に注意。
また「牛ノ寝通り」でピークを踏みたい人は注意深く行く必要がある。
ちなみに「ショナメ」の位置が分からなかった。
その他周辺情報「小菅の湯」
入浴料620円。タオルセット(バスタオル、普通のタオル)160円。
広いし、綺麗だし、お風呂の数も多いし安いのでお勧め。
ただ週末は地元の人で混んでそう。
この中でも食事出来るし、隣に「道の駅」もあるのでそこで食べる事も出来る。
バス停もここの目の前。
過去天気図(気象庁) 2015年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル カメラ
備考 また「保険証」忘れた。登山届けも今回提出せず。

写真

バス到着地点です。裂石登山口です。
ここで標高が900Mです。
始発で乗りましたが2人しかいませんでした。
上日川峠からの方が多いのかもしれません。
2015年10月22日 08:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス到着地点です。裂石登山口です。
ここで標高が900Mです。
始発で乗りましたが2人しかいませんでした。
上日川峠からの方が多いのかもしれません。
茶屋があります。
帰りのバス待ちの時にはありがたいですね。
2015年10月22日 08:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶屋があります。
帰りのバス待ちの時にはありがたいですね。
ちょっと登っていくと駐車場があり分岐があります。
丸川峠の方に行きます。
2015年10月22日 08:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと登っていくと駐車場があり分岐があります。
丸川峠の方に行きます。
こんな感じのゆるやかな登りではじまります。
2015年10月22日 08:29撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じのゆるやかな登りではじまります。
丸川峠まで
2015年10月22日 08:32撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸川峠まで
丸川峠まで
2015年10月22日 08:39撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸川峠まで
丸川峠まで
2015年10月22日 08:53撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸川峠まで
ずっと登りではなく、たまにフラットな道もあります。
2015年10月22日 09:05撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと登りではなく、たまにフラットな道もあります。
だんだんと高度をあげていきますが、極端に段差のあるところや
危険のあるところはありません。
ただ樹林帯での登りはとても暑く、上着を脱ぎました。
2015年10月22日 09:10撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと高度をあげていきますが、極端に段差のあるところや
危険のあるところはありません。
ただ樹林帯での登りはとても暑く、上着を脱ぎました。
ご苦労さまです。
2015年10月22日 09:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご苦労さまです。
2
トレイルは落ち葉で埋め尽くされています。
2015年10月22日 09:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレイルは落ち葉で埋め尽くされています。
1
こんな感じの道になってくると丸川荘は近くです。
2015年10月22日 09:23撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの道になってくると丸川荘は近くです。
1
急に視界がひらけます。
丸川峠近くです。
紅葉が愉しめました。
2015年10月22日 09:26撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急に視界がひらけます。
丸川峠近くです。
紅葉が愉しめました。
6
丸川荘。
人の気配はありませんでした。
2015年10月22日 09:28撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸川荘。
人の気配はありませんでした。
1
晴れて良かったです。
おはようございます。
2015年10月22日 09:29撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れて良かったです。
おはようございます。
1
ここらからも高度をあげますが、急登ではなくジグザグにあげて
行く感じですので、それほど辛くはありません。
2015年10月22日 09:49撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらからも高度をあげますが、急登ではなくジグザグにあげて
行く感じですので、それほど辛くはありません。
大菩薩嶺への道
2015年10月22日 09:50撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺への道
大菩薩嶺への道
人の手が加えてあります。
ここら辺りから他の人に会うようになりました。
2015年10月22日 09:59撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺への道
人の手が加えてあります。
ここら辺りから他の人に会うようになりました。
大菩薩嶺への道
2015年10月22日 10:09撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺への道
大菩薩嶺への道
もうすぐです。
2015年10月22日 10:17撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺への道
もうすぐです。
大菩薩嶺。
地味です。
2015年10月22日 10:25撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺。
地味です。
3
途中でとても展望の良い広場があります。
稜線に出ると多くの人とすれ違いました。
ここでは皆さん休憩していました。
富士山も見えるのでとても良い場所です。
2015年10月22日 10:31撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でとても展望の良い広場があります。
稜線に出ると多くの人とすれ違いました。
ここでは皆さん休憩していました。
富士山も見えるのでとても良い場所です。
パノラマ写真。
手前の湖は「大菩薩湖」です。
2015年10月22日 10:31撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真。
手前の湖は「大菩薩湖」です。
ちょっと富士山が薄いですが、とても良い天気です。
2000Mの稜線上でも風もなく、ちょうど良い気温でした。
2015年10月22日 10:37撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと富士山が薄いですが、とても良い天気です。
2000Mの稜線上でも風もなく、ちょうど良い気温でした。
3
標高2000M地点です。
2015年10月22日 10:38撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2000M地点です。
2
大菩薩峠への道
2015年10月22日 10:38撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠への道
2
大菩薩峠への道
2015年10月22日 10:39撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠への道
2
休憩舎近くから、来た道を振り返って。
2015年10月22日 10:47撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩舎近くから、来た道を振り返って。
「賽の河原」。
2015年10月22日 10:48撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「賽の河原」。
1
石がたくさんあります。
僕も何個か積んでおきました。
2015年10月22日 10:48撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石がたくさんあります。
僕も何個か積んでおきました。
何度も振りかえります。
2015年10月22日 10:50撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も振りかえります。
1
「親不知ノ頭」です。
2015年10月22日 10:51撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「親不知ノ頭」です。
「介山荘」です。
バッジなどのグッズ。ドリンク、食べ物いろいろ売っています。
2015年10月22日 10:57撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「介山荘」です。
バッジなどのグッズ。ドリンク、食べ物いろいろ売っています。
「介山荘」のすぐ前です。
2015年10月22日 10:58撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「介山荘」のすぐ前です。
1
「牛の寝通り」に向かいます。
2015年10月22日 11:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「牛の寝通り」に向かいます。
「熊沢山」です。
道標を見ないと認識出来ないです。
2015年10月22日 11:19撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「熊沢山」です。
道標を見ないと認識出来ないです。
1
石丸峠への下りです。
2015年10月22日 11:22撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石丸峠への下りです。
1
「石丸峠」です。
2015年10月22日 11:25撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「石丸峠」です。
振り返って。
2015年10月22日 11:27撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。
5
ここから基本的には下りです。
ただトレイルは落葉で埋め尽くされていますが、その下は石が
ゴロゴロしていたりするので注意が必要です。
2015年10月22日 11:27撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから基本的には下りです。
ただトレイルは落葉で埋め尽くされていますが、その下は石が
ゴロゴロしていたりするので注意が必要です。
走りやすい道になってきます。
2015年10月22日 11:33撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
走りやすい道になってきます。
下の写真と一緒の道標ですが、「牛ノ寝通り」は「松姫峠」の
方へ行きます。
2015年10月22日 11:36撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の写真と一緒の道標ですが、「牛ノ寝通り」は「松姫峠」の
方へ行きます。
「長峰」の方はルートが不明瞭で行くと面倒なことになりそうです。
2015年10月22日 11:36撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「長峰」の方はルートが不明瞭で行くと面倒なことになりそうです。
「榧ノ尾山」への道
2015年10月22日 11:37撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「榧ノ尾山」への道
「榧ノ尾山」への道
2015年10月22日 11:41撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「榧ノ尾山」への道
「榧ノ尾山」への道
2015年10月22日 11:46撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「榧ノ尾山」への道
「榧ノ尾山」への道
2015年10月22日 11:53撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「榧ノ尾山」への道
「榧ノ尾山」への道
あるはずの「玉蝶山」が見当たりませんでした。
「牛ノ寝通り」は山頂を巻いているので、注意深くしていないと
分からないかもしれません。
2015年10月22日 11:59撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「榧ノ尾山」への道
あるはずの「玉蝶山」が見当たりませんでした。
「牛ノ寝通り」は山頂を巻いているので、注意深くしていないと
分からないかもしれません。
「榧ノ尾山」です。
看板がないと分かりません。
2015年10月22日 12:00撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「榧ノ尾山」です。
看板がないと分かりません。
1
こんな感じにひらけています。
ここでご飯休憩です。
2015年10月22日 12:13撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じにひらけています。
ここでご飯休憩です。
ここからは落ち葉の下の石もなくなり、本当に走りやすくなってきます。
「牛ノ寝通り」で出会った人は1人でした。
とても静かで心地良いです。
2015年10月22日 12:35撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは落ち葉の下の石もなくなり、本当に走りやすくなってきます。
「牛ノ寝通り」で出会った人は1人でした。
とても静かで心地良いです。
この印が適度な間隔で配置されています。
2015年10月22日 12:53撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この印が適度な間隔で配置されています。
「モロクボ平」への道
2015年10月22日 13:03撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「モロクボ平」への道
「モロクボ平」への道
2015年10月22日 13:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「モロクボ平」への道
「モロクボ平」への道
2015年10月22日 13:13撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「モロクボ平」への道
「モロクボ平」です。
2015年10月22日 13:20撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「モロクボ平」です。
良く見ると分かります。
2015年10月22日 13:20撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見ると分かります。
1
どんどん進みます。
2015年10月22日 13:22撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん進みます。
丁寧な道標があります。
「小菅」方面に下ります。
もうすぐゴールです。
2015年10月22日 13:32撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁寧な道標があります。
「小菅」方面に下ります。
もうすぐゴールです。
地上に降りてきました。
この辺りはとても水が綺麗なところで「わさび田」もあります。
本当は「わさび田」を通るルートで下りたかったのですが、
棚倉小屋跡(大ダワ)を過ぎた所の分岐で間違ったみたいです。
2015年10月22日 13:43撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地上に降りてきました。
この辺りはとても水が綺麗なところで「わさび田」もあります。
本当は「わさび田」を通るルートで下りたかったのですが、
棚倉小屋跡(大ダワ)を過ぎた所の分岐で間違ったみたいです。
「小菅の湯」に到着です。
予定より早く着きました。
2015年10月22日 13:53撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「小菅の湯」に到着です。
予定より早く着きました。
2

感想/記録
by cidar

天候にも恵まれてとても気持ちが良かった。
序盤の樹林帯は逆に暑すぎる位だった。
「大菩薩嶺」は地味だが「大菩薩峠」までの稜線上はとても快適で景色も良く
人気があるのもうなずける。
今度は「介山荘」でおでんか何かを食べたいと思った。

「上日川峠」を利用すれば山小屋も頻繁にあるので登山始めたての人がとても
楽しめる山だと思った。
都内から日帰りでも行けるのでとても貴重。
「上日川峠」のルートだと時間が短縮出来るがちょっと物足りないかもしれない。
かなり標高の高い所まで来るまでこれるので土、日はすごい混みそうな気もする。

行く気になれば「塩山駅」から「裂石登山口」まで走って(歩きを入れて)行けそうな気もする。

何気に「大菩薩峠」から富士山は見えないで、「神部岩」?近辺の開けた広場
が一番の絶景ポイントだった。
基本的に「牛ノ寝通り」は心地良く走れて人も少ないと思うのでまた利用したい。
ゴールが温泉になるのも良い。

ただ帰りのバスのアクセルは要チェック。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:767人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 水場 紅葉 道標 温泉 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ