ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 774754 全員に公開 ハイキング奥秩父

猪狩山〜秩父御嶽山 − 大パノラマの「オイヌさま」巡り −

日程 2015年12月05日(土) [日帰り]
メンバー piazzolla, その他メンバー1人
天候○ 天気 : 快晴。
○ 風 : 普通(5m程度)。
○ 気温 : この時季にしては暖かめ(8℃くらい)。
○ 視程 : かなり長め。
アクセス
利用交通機関
電車バス
○往路
 ・JR中央線/06:32 {最寄駅} - 06:40 国分寺
 ・西武国分寺線/06:43 国分寺 - 06:53 東村山
 ・西武新宿線/07:01 東村山 - 07:04 所沢
 ・西武池袋線/07:13 所沢 - 08:12 西武秩父 ※西武特急ちちぶ3号
 ・秩父鉄道/08:22 御花畑(芝桜) - 08:42 三峰口
 ・小鹿野町営バス/08:55 三峰口BS - 09:05 古池BS
  ※バス料金 : 200円 (ICカード利用不可)
  ※参考HP : http://www.knet.ne.jp/~ats/c/a/oga.htm

○復路
 ・西武バス/16:55 大滝温泉遊湯館BS - 17:43 西武秩父駅BS
  ※ICカード利用可
  ※参考HP : http://www.city.chichibu.lg.jp/2059.html
 ・西武秩父線/18:00 西武秩父 - 18:55 飯能
 ・西武池袋線/18:56 飯能 - 19:19 所沢
 ・西武新宿線/19:20 所沢 - 19:23 東村山
 ・西武国分寺線/19:26 東村山 - 19:38 国分寺
 ・JR中央線/19:43 国分寺 - 19:50 {最寄駅}
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
58分
合計
5時間45分
S古池バス停09:1209:20猪狩神社09:2810:30猪狩神社奥宮10:3110:48猪狩山10:4912:10秩父御岳山12:5814:07杉ノ峠14:57大滝温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 6時間00分
○ CT(実績) : 4時間50分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
○ 山崩れにつき落合コースは通行禁止です(林道で迂回可能)。
○ 昭文社の地図では、祠のあるピーク(奥宮)が「猪狩山」と表記されてますが、
  本当の猪狩山は「鞍掛山」と表記されているほうです(地図の誤記?)。
○ 猪狩神社から奥宮までは岩場混じりの急登が続きます(ロープあり)。
○ しかも、この時季は枯れ葉が敷き詰められており、大変滑りやすかったです。
  (上りでも危うかったので、下りは相当危険だと思います)
○ 猪狩神社奥宮から猪狩山まではヤセ尾根が続きます(ロープあり)。
○ 猪狩神社奥宮からタツミチまでは道標が乏しく道迷いも発生しているようです。
○ 秩父御嶽山から杉ノ峠へ下る道の序盤はヤセ尾根が続きます(ロープ・鎖あり)。
○ ここも所々枯れ葉が敷き詰められており、滑りやすかったです。
○ それらを除けば、特に危険箇所はありません。
○ なお、ヤマレコでも熊の目撃情報があるくらいなので、熊鈴等があると安心です。
その他周辺情報(1) トイレ
 確認した限りでは、コース中の以下にありました。
   三峰口駅(秩父鉄道)
   稲荷神社(落合集落)
  ※登山道に入ってからはトイレが無いので,悩僂泙擦討くと良いでしょう。

(2) 登山ポスト
 三峰口駅(秩父鉄道)の改札を出たところにありました。

(3) 温泉施設
 下山後「大滝温泉 遊湯館」の日帰り温泉に行きました。
  ※営業時間 : 10:00 〜 19:00 (冬季)
  ※料金 : 700円
  ※参考HP : http://www.ootakionsen.co.jp/onsen/index.html

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル カメラ
備考 念のため軽アイゼンを持って行きました(今日は出番無し)。

写真

三峰口駅(秩父鉄道)から小鹿野町営バスに揺られて10分ほど。古池BSにて下車し、晴れ渡る空の下、山行スタートです!
2015年12月05日 09:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰口駅(秩父鉄道)から小鹿野町営バスに揺られて10分ほど。古池BSにて下車し、晴れ渡る空の下、山行スタートです!
1
椿のピンクも青空に映えます。
2015年12月05日 09:21撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椿のピンクも青空に映えます。
まずは、猪狩神社(いかりじんじゃ)の真っ赤な鳥居をくぐり、その境内へと足を進めます。
2015年12月05日 09:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、猪狩神社(いかりじんじゃ)の真っ赤な鳥居をくぐり、その境内へと足を進めます。
1
灯篭の窓から顔を覗かす嫁。
2015年12月05日 09:26撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灯篭の窓から顔を覗かす嫁。
1
猪狩神社(里宮)の社殿が見えてきました。まるで静かに山に抱かれているかのような佇まいです。
2015年12月05日 09:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪狩神社(里宮)の社殿が見えてきました。まるで静かに山に抱かれているかのような佇まいです。
1
そして、早速本日のお目当ての一つ、オオカミ型の狛犬を見つけました!両神山の可愛いのとも、武甲山の怖いのとも違う、凛々しい姿のオオカミ(「オイヌさま」と呼ぶらしい)でした。
2015年12月05日 09:30撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、早速本日のお目当ての一つ、オオカミ型の狛犬を見つけました!両神山の可愛いのとも、武甲山の怖いのとも違う、凛々しい姿のオオカミ(「オイヌさま」と呼ぶらしい)でした。
2
そう。猪狩山(いかりやま:822m)は秩父地域に多いオオカミ信仰の聖山なのです。
2015年12月05日 09:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そう。猪狩山(いかりやま:822m)は秩父地域に多いオオカミ信仰の聖山なのです。
「オイヌさま」に旅の無事をお祈りします。
2015年12月05日 09:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「オイヌさま」に旅の無事をお祈りします。
1
猪狩神社では、毎年11月に「奥宮祭」が行われます。その名残でしょうか(さすがに日が経ち過ぎてるから違うかな)。赤飯のお供えがしてありました。
2015年12月05日 09:33撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪狩神社では、毎年11月に「奥宮祭」が行われます。その名残でしょうか(さすがに日が経ち過ぎてるから違うかな)。赤飯のお供えがしてありました。
さて、猪狩神社(里宮)の裏手から、いよいよ登山道が始まります。
2015年12月05日 09:37撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、猪狩神社(里宮)の裏手から、いよいよ登山道が始まります。
とっくに過ぎ去ったと思っていた紅葉がまだ一部残ってました。やはり、秩父は暖かいのでしょうね。
2015年12月05日 10:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とっくに過ぎ去ったと思っていた紅葉がまだ一部残ってました。やはり、秩父は暖かいのでしょうね。
あわわわわ。紅葉の先には、物凄い急登が待っていました。しばし立ちすくむ嫁。
2015年12月05日 10:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あわわわわ。紅葉の先には、物凄い急登が待っていました。しばし立ちすくむ嫁。
2
ただ急なだけならまだしも、今の時期は一面に敷き詰められていた枯葉が実に良く滑るのです。この道は下りたくないです。
2015年12月05日 10:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ急なだけならまだしも、今の時期は一面に敷き詰められていた枯葉が実に良く滑るのです。この道は下りたくないです。
2
いつの間にか拾った棒をピッケル代わりに使って、枯葉をラッセルしながら(笑)登ります。
2015年12月05日 10:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつの間にか拾った棒をピッケル代わりに使って、枯葉をラッセルしながら(笑)登ります。
1
おー祠が見えてきた♪
2015年12月05日 10:37撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー祠が見えてきた♪
猪狩神社の奥宮に着きました!「オイヌさま」に枯れ葉に転ばなかったことを感謝します。
2015年12月05日 10:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪狩神社の奥宮に着きました!「オイヌさま」に枯れ葉に転ばなかったことを感謝します。
2
急登はひと段落しましたが、ここからはしばらくヤセ尾根が続きます。まだ気が抜けません(汗)。
2015年12月05日 10:43撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登はひと段落しましたが、ここからはしばらくヤセ尾根が続きます。まだ気が抜けません(汗)。
1
更に進むと、ようやく歩きやすい尾根道になりました。ここまで来れば一安心です。
2015年12月05日 11:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に進むと、ようやく歩きやすい尾根道になりました。ここまで来れば一安心です。
1
ところが!いつのまにか図らずも猪狩山のピークをスルーしてしまっていたようです!がっかり(涙)。この辺は地図にも載っていない作業道が入り組んでいて、登山道を見失い易いようです。。。
2015年12月05日 11:12撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところが!いつのまにか図らずも猪狩山のピークをスルーしてしまっていたようです!がっかり(涙)。この辺は地図にも載っていない作業道が入り組んでいて、登山道を見失い易いようです。。。
1
たまにプチ岩場が出てきたり、、、
2015年12月05日 11:19撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまにプチ岩場が出てきたり、、、
林道を横断したりします。なんか奥武蔵みたいですね。奥武蔵といえば道迷い。シュン。。。
2015年12月05日 11:33撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横断したりします。なんか奥武蔵みたいですね。奥武蔵といえば道迷い。シュン。。。
「タツミチ」という不可解な名前の場所で、三峰口駅からの直登ルートと合流します。これまでの道とは違い、踏み固められたトレースが(猪狩山ルートと比べて)ハイカーの多さを物語ります。
2015年12月05日 11:42撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「タツミチ」という不可解な名前の場所で、三峰口駅からの直登ルートと合流します。これまでの道とは違い、踏み固められたトレースが(猪狩山ルートと比べて)ハイカーの多さを物語ります。
1
山頂直下。ちょこっとだけ急な登り。でも、枯れ葉がないのでかなり歩きやすかったです。真っ暗な森に差し込む太陽の光に向かってラストスパートです。
2015年12月05日 12:14撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下。ちょこっとだけ急な登り。でも、枯れ葉がないのでかなり歩きやすかったです。真っ暗な森に差し込む太陽の光に向かってラストスパートです。
おっ!山頂かなー。
2015年12月05日 12:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ!山頂かなー。
と、その直前で狛犬発見!猪狩神社のものとは異なり、こっちは獅子型でした。
2015年12月05日 12:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、その直前で狛犬発見!猪狩神社のものとは異なり、こっちは獅子型でした。
1
ヤター、秩父御嶽山(ちちぶおんたけさん:1081m)到着♪
2015年12月05日 12:18撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤター、秩父御嶽山(ちちぶおんたけさん:1081m)到着♪
4
すっごい眺め!こんなに展望に恵まれた山だったとは。両神山に二子山(小鹿野)。それに浅間山も!その割にハイカーかなり少なめ。なぜ!?。御嶽山の件があって自粛しているのだろうか。。。
2015年12月05日 12:19撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっごい眺め!こんなに展望に恵まれた山だったとは。両神山に二子山(小鹿野)。それに浅間山も!その割にハイカーかなり少なめ。なぜ!?。御嶽山の件があって自粛しているのだろうか。。。
1
雲取山(左)に和名倉山(右)。ってか、和名倉山でかっ!ここから見ると、百名山の雲取山を凌ぐほどの存在感です。
2015年12月05日 12:20撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山(左)に和名倉山(右)。ってか、和名倉山でかっ!ここから見ると、百名山の雲取山を凌ぐほどの存在感です。
2
谷川岳に赤城山。あー、写真だと全然分かんない(涙)。ズームが欲しい。。。僕のカメラは単焦点なので、遠景は苦手なんです。
2015年12月05日 12:21撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳に赤城山。あー、写真だと全然分かんない(涙)。ズームが欲しい。。。僕のカメラは単焦点なので、遠景は苦手なんです。
2
「こんなにいっぱい遠くまで見えたのは初めてかも」と嫁。確かに秩父ではここまで見えたのは初めてかも。大パノラマを臨みながらのランチは格別でした。
2015年12月05日 12:28撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「こんなにいっぱい遠くまで見えたのは初めてかも」と嫁。確かに秩父ではここまで見えたのは初めてかも。大パノラマを臨みながらのランチは格別でした。
3
下山開始。大滝温泉に入りたかったので、杉ノ峠(すぎのとうげ:760m)経由で落合へと下るルートをチョイスしました。途中、広くて不思議な空間に出くわします。
2015年12月05日 13:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。大滝温泉に入りたかったので、杉ノ峠(すぎのとうげ:760m)経由で落合へと下るルートをチョイスしました。途中、広くて不思議な空間に出くわします。
2
冬枯れて明るい尾根。木立の合間から武甲山を眺めながら徐々に標高を下げて行きます。この後、しばらく枯れ葉の積もったヤセ尾根が続きました(必死だったのか写真はありません)。
2015年12月05日 13:18撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬枯れて明るい尾根。木立の合間から武甲山を眺めながら徐々に標高を下げて行きます。この後、しばらく枯れ葉の積もったヤセ尾根が続きました(必死だったのか写真はありません)。
やはり時折枯れ葉が滑ります。ピッケル(木の棒)が大活躍でした。
2015年12月05日 13:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり時折枯れ葉が滑ります。ピッケル(木の棒)が大活躍でした。
鉄塔の立つ場所の北側が開けていて、秩父御嶽山が初めてその姿を現しました。なかなかの尖峰ですね。
2015年12月05日 14:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔の立つ場所の北側が開けていて、秩父御嶽山が初めてその姿を現しました。なかなかの尖峰ですね。
1
杉ノ峠に到着。名前の通り、杉の大木に囲まれた峠は、古くは甲州往還(秩父側の呼び名)と呼ばれ、南へ大きく迂回する荒川の難所を避ける近道として利用されていたそうです。
2015年12月05日 14:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉ノ峠に到着。名前の通り、杉の大木に囲まれた峠は、古くは甲州往還(秩父側の呼び名)と呼ばれ、南へ大きく迂回する荒川の難所を避ける近道として利用されていたそうです。
1
小さな沢に架かる木橋。と、なぜかそこに座りだす嫁。
2015年12月05日 14:43撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな沢に架かる木橋。と、なぜかそこに座りだす嫁。
落合の集落まで降りてくると、なにやら赤い鳥居があったので入ってみると、、、
2015年12月05日 14:55撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合の集落まで降りてくると、なにやら赤い鳥居があったので入ってみると、、、
ここにもオオカミ型の狛犬発見!?一瞬そう思いましたが、すぐに悔い改めました。なぜならここが稲荷神社だったからです。キツネでしたね。
2015年12月05日 14:56撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにもオオカミ型の狛犬発見!?一瞬そう思いましたが、すぐに悔い改めました。なぜならここが稲荷神社だったからです。キツネでしたね。
普寛神社(ふかんじんじゃ)に到着。普寛とは、秩父御嶽山を開いた(ここ落合出身の)行者のことだそうで、木曾御嶽山、八海山、武尊山を開いたのもこの方なのだそうです。へぇー。
2015年12月05日 14:59撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普寛神社(ふかんじんじゃ)に到着。普寛とは、秩父御嶽山を開いた(ここ落合出身の)行者のことだそうで、木曾御嶽山、八海山、武尊山を開いたのもこの方なのだそうです。へぇー。
1
大滝温泉にゴール!お疲れ様でした。
2015年12月05日 15:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝温泉にゴール!お疲れ様でした。
2
撮影機材:

感想/記録

『オオカミの護符』という本をご存知でしょうか?

明治までは実在したとされる、ニホンオオカミ(=「オイヌさま」)にまつわる
山岳信仰の興味深い記録が綴られた、ハイカーにオススメの本です。

と言うのも、御岳山(奥多摩)、宝登山、三峯神社など、特に首都近郊で
山登りを嗜む方々にとっては馴染みの深い山が次々に登場するためです。

テレビでも雑誌でも本でも、自分が登ったことのある山が取り上げられると、
嬉しいものですよね。ちょうどそんな嬉しい感覚が味わえるのがこの本です。
(少なくとも僕はそう思います)

ところが、読み進めていくと、そんなハイカーの自尊心を傷付けるが如く(笑)、
見たことも聞いたことも無い名前の山が話題に挙がるのです。
(少なくとも僕は知りませんでした)

それが、猪狩山(いかりやま:822m)でした!

以来、秩父御嶽山(ちちぶおんたけさん:1081m)に登る際は、
必ず、この前衛のオオカミ山も一緒に極めよう。そう企んでいました。

それにも関らず、肝心の猪狩山の山頂をスルーしてしまうなんて(涙)。。。
バカバカ!

失意の僕を救ったのは(←O型なんで結構復活も早いんです)、
やはり秩父御嶽山からの大観でした。

この山域には何度か足を踏み入れていますが、何れも視程の短い日ばかりで、
四周を取り巻く山々が、これほどまでクリアに、これほどまで沢山見えたのは
(確かに嫁の言うように)初めてかもしれません。

こんなに展望に優れた山の割に、極端にハイカーが少ないのはなぜでしょう!?
(恐らくコースを通じて10人くらいしか会わなかったです)
まさか去年の御嶽山の一件で自粛されているのでしょうか。。。
それだったら、それ以前のレポートは多いはずなので、そんな訳ないか。
秩父御嶽山、良い山でしたよー♪

という訳で、失敗はありましたが、結果オーライな山行でした。
ということにしましょう!

ところで、つい先日(12/3)、秩父夜祭(大祭)が開かれたばかりですよね。
今年も平日で行けませんでしたが、一度は見てみたいものです。
この秩父夜祭と山登りとをセットで楽しもう!というのが、次なる企みです。

まだ大分気の早い話ですが。乞うご期待(笑)。
訪問者数:682人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ