ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 776556 全員に公開 キャンプ等、その他丹沢

鍋割山《後沢右岸尾根》&14:00から海老名で飲み会

日程 2015年12月23日(水) [日帰り]
メンバー
天候◆2015年12月23日(水・祝) 曇り(11:00ごろ少々雨)
アクセス
利用交通機関
電車バス
◆2015年12月23日(水・祝)
《往 路》
新松田6:55-7:20寄(やどりき)    富士急湘南バス \520
《復 路》
大 倉12:40-12:54渋 沢      神奈川中央交通バス \210
渋 沢13:10-13:35海老名      小田急 \310
※富士急湘南バス、神奈中バスともPASMO・Suica使えます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

◆2015年12月23日(水・祝)  鍋割山(後沢右岸尾根〜西山林道)
07:24 寄バス停発         09:11 1,000m地点、一般登山道本線合流
07:54 寄大橋通過         09:43 鍋割山着
08:08 登山口着          10:11 鍋割山発
08:41 ー柵扉・右から左へ    10:54 後沢乗越通過
08:44 ⊆柵扉・左から右へ    11:30 二俣通過
08:52 鹿柵扉・右から左へ    12:25 大倉着
    
※ルート図は手描きです。参考程度にご覧ください。
コース状況/
危険箇所等
◆後沢右岸尾根・・・作業道です。ある程度慣れてないと厳しいかもしれません。
寄沢沿いの登山道入口を入り指導標通りに上を目指して登ります。
ジグザグに取り付けられた登山道を登っていると鹿柵にぶつかります。
その鹿柵のすぐ横に「ボランティア林A 一周 30分」の指導標があります。
それに従って鹿柵扉をくぐらず急斜面に付けられた九十九折の作業道を
登っていきます。気を付けるべき点として左手にある鹿柵から離れすぎないように、
それと九十九折の道を間違えて真っ直ぐいかないように。

登山口から登り始めて約20分、ベンチが二つ出てきます。そうするとしばらくは
緩やかな斜面になります。ただここも尾根筋トップを外さないように、そして左横
にある鹿柵から離れないようにすることが大事です。

登山口から登り始めて約35分、鹿柵扉があります。ここで初めて鹿柵の左側へ。

その3分後、また扉があるので今度は右側へ。さらにその8分後、また扉があるので
左側へ。そのまま歩いていると右側に約2ヶ所、扉がありますがそのまま見送り上を
目指して登っていきます。鹿柵扉は3回くぐることになります。何ヵ所かくぐらずに
見送るべき扉があったりするので下りでいきなり使うのは間違えやすいと思います。

テープは林業用だと思うのですべてそれに頼った登り方をすると危険です。

◆泥濘
本日に関しましては気になる箇所はありませんでした。

※あくまでも個人の感想ですのでお取扱い、くれぐれもご注意ください。
 また、時間も個人差がありますので目安程度にご覧ください。
その他周辺情報◆コンビニ(小田急新松田駅前)  オダキューマート新松田店  ☎0465-83-2118
営業時間帯はお手数ですがご確認ください。この日、6:45の時点で開店していました。
◆WC
寄バス停に隣接するみやま運動広場内、寄バス停から登山口に向かって4〜5分歩いた
ところ(テニスコート脇)に1ヶ所、寄大橋から登山口に向かって3〜4分歩いたところに
1ヶ所、水洗トイレがあります。
鍋割山荘脇にあるトイレは\100で紙は持ち帰りです。
◆登山ポスト
・神奈川県警のオンライン
 https://www.police.pref.kanagawa.jp/inq/form/fmtozan.htm
・寄バス停(ポストだけ)、寄大橋そば水源の森管理棟(筆記用具・用紙あり)にあります。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

millionさんによろしくね!
       by kyoneko 
という伝言を賜り、
いざ出発。2catsは
ファンヒーターの前に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
millionさんによろしくね!
       by kyoneko 
という伝言を賜り、
いざ出発。2catsは
ファンヒーターの前に。
65
曇りがちな
寄(やどりき)バス停
を出発します。

 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇りがちな
寄(やどりき)バス停
を出発します。

 
7
寄大橋には暖冬のためか
桜が少し咲いていました。


 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄大橋には暖冬のためか
桜が少し咲いていました。


 
19
水源の森管理棟



 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水源の森管理棟



 
2
ここから登山道に
入ります。

 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道に
入ります。

 
8
登山口から2分。
寄沢&雨山峠へ行くには
左方面が近道になります
が今日は、右方面へ行き
ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から2分。
寄沢&雨山峠へ行くには
左方面が近道になります
が今日は、右方面へ行き
ます。
7
登山口から5分。
この鹿柵扉を
くぐらず右折
します。

 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から5分。
この鹿柵扉を
くぐらず右折
します。

 
5
ここからしばらく
作業径路は綺麗に
整備されていました。
ありがたく歩かせて
もらいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらく
作業径路は綺麗に
整備されていました。
ありがたく歩かせて
もらいました。
2
とはいっても
要注意です。

 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とはいっても
要注意です。

 
4
登山口から31分。
なだらかになって
きました。鹿柵扉が
倒れています。
 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から31分。
なだらかになって
きました。鹿柵扉が
倒れています。
 
9
登山口から33分。
ここで初めて鹿柵扉を
くぐり右から左に移動
します。
 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から33分。
ここで初めて鹿柵扉を
くぐり右から左に移動
します。
 
5
登山口から35分。
若干ですが一度
下ります。鹿柵扉の
左側をそのまま
歩いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から35分。
若干ですが一度
下ります。鹿柵扉の
左側をそのまま
歩いています。
5
登山口から36分。
また九十九折の作業道を
登り返しています。二つ
目の鹿柵扉を左側から
右側へ踏み跡どおりに
移動します。この後、
もう一回くぐります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から36分。
また九十九折の作業道を
登り返しています。二つ
目の鹿柵扉を左側から
右側へ踏み跡どおりに
移動します。この後、
もう一回くぐります。
3
登山口から53分。
最後の急斜面を
登ります。


 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から53分。
最後の急斜面を
登ります。


 
3
登山口から63分。
後沢乗越〜鍋割山の
一般登山道に合流し
ました。
標高1,000m地点です。

 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から63分。
後沢乗越〜鍋割山の
一般登山道に合流し
ました。
標高1,000m地点です。

 
6
鍋割山に到着。

これで"カラ酒"を
回避(^^;

 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山に到着。

これで"カラ酒"を
回避(^^;

 
85
鍋割山→後沢乗越→二俣
→大倉という一般ルート
で下山しました。
二俣あたりで軽く雨が
降りました。
 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山→後沢乗越→二俣
→大倉という一般ルート
で下山しました。
二俣あたりで軽く雨が
降りました。
 
5
(=ΦωΦ=)
大倉バス停の猫
大倉→渋沢=神奈中バス
渋沢→海老名=小田急
海老名でmillionさんと
合流し忘年会です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(=ΦωΦ=)
大倉バス停の猫
大倉→渋沢=神奈中バス
渋沢→海老名=小田急
海老名でmillionさんと
合流し忘年会です
48
6時間に及ぶ
忘年会の開始!

本日の戦果は合せて
生ビール26杯、角ハ
イボール3杯、シー
ドル1杯 でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時間に及ぶ
忘年会の開始!

本日の戦果は合せて
生ビール26杯、角ハ
イボール3杯、シー
ドル1杯 でした。
59
極めて危険な状況で
家路につきましたが
無事故で帰宅完了。

これにて2015年の
登山終了。ありがと
うございました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極めて危険な状況で
家路につきましたが
無事故で帰宅完了。

これにて2015年の
登山終了。ありがと
うございました!
71

感想/記録




14:00に海老名でmillionさんと合流し忘年会

その前に一汗かいて毒(=これまでの酒?)を抜いてということで鍋割山へ。
今年最後の山行、ルートは(おそらく)鍋割山へ公共交通機関で行くときの
最短ルート、後沢右岸尾根経由で。

忘年会では"ウコンの力"を忘れるという痛恨のミスはありましたがどなたにも
ご迷惑をおかけすることなく(きっと)帰宅。忘年会後半から今朝までの記憶は
見事に飛んでいますが・・・(^^;

millionさんとは来春、書策(かいさく)新道にご一緒することを約束。

思い返せば、自分がヤマレコユーザーさんと丹沢をご一緒する場合、
「後沢左岸尾根」「マルガヤ尾根」「書策新道」が多いかなと・・・。
(花とか雪とかを、ではなくルートをメインにした場合です)

自分が好んで歩く登山道、踏み跡をどのように感じられるか興味・関心が
あるのかなと思います。また、その道を知って欲しいという感情もあるの
だろうと思います。自分がどう思うか、それが全てかもしれませんが他の
方の目を通して映る自分が気付いていない部分を知るのも大事かなと。

今年の山歩きは今回で終了ですが、2016年も無事故であることに最大の
注意を払いながら、また感謝の気持ちをもって山を歩くことができればと
思っています。そして皆様におかれましても幸多き2016年になりますこ
とをお祈りいたします。


1年間、拙い記録にも関わらずご覧いただきありがとうございました。


訪問者数:1055人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/1/29
投稿数: 1731
2015/12/24 13:23
 2015年
navecatさん、こんにちは。

気合の入った忘年会、目に浮かびます
楽しすぎて、記憶も飛んで・・・ 私も同じパターンです。

「後沢右岸尾根」 なかなか、面白そうな尾根ですね。
2015年最終山行ですか?
(知っているのに、知らんぷり?)
私の方はまだまだシブトク、お山に行く予定でいます。
少し早いですが、今年は丹沢でお世話になりました。
楽しい記憶が残っています。ホント感謝、感謝です。

おおっと!天皇杯がありましたね。26日、29日に勝って
お互い、元旦にいい夢を見たいですね
登録日: 2011/11/28
投稿数: 5036
2015/12/24 14:23
 まだまだ続きますね!
s4redsさん、こんにちは

この後沢右岸尾根とツルハシ尾根に関しまして私の場合、
山頂へ、あるいは稜線への短絡ルートとして利用させて
もらっています。どちらも林業の作業径路をありがたく
歩かせてもらっています。

先週、「食堂 若竹」で5時間半の があったので
この日はけっこう順調でした・・・
"ウコンの力"を飲み忘れたことに店内で気付いたのですが
その時は思わず、外に買いに行こうかと思いました。

帰路、どうやって靴を履いたか、どうやって海老名駅まで
行ったか、どうやって乗り換えたか・・・
記憶がないまま今朝を迎えました。謎だらけです

当方、2015年の山歩きはこれにて終了ですが、s4redsさんは
まだまだ楽しまれるご様子。天気に恵まれると良いですね

今年はマルガヤ尾根、書策新道とご一緒でき、またいろいろと
お話もでき充実した時間をありがとうございました

さて、天皇杯こちらはさすがに疲労困憊かと・・・
元日はテレビで観戦する予定です
浦和の栄冠に期待しております

ちょっと早いですがまた来年もよろしくお願いいたします
登録日: 2010/4/24
投稿数: 1060
2015/12/27 0:56
 naveさん、こんばんは!
お久しぶりでございます。
しばらくコメントは控えていました。
山に行かなくなるとヤマレコ熱も冷めてしまうものですね
これからまたポツポツとやっていこうかと思いますので、よろしくお願いいたします。

年末まで1週間も残してもう登り納めですか?
初登りは当然鍋焼きうどんのある山でしょうね

書策新道は自分も歩いてみたんです
来春の計画、よろしければマゼマゼさせてほしいですぅ
大倉の猫ちゃんもなでなでしてみたいです

ではまだ少し日にちはありますが、今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします
登録日: 2011/11/28
投稿数: 5036
2015/12/27 7:36
 早戸川悶絶渡渉以来の3人コラボ?
kenさん、おはようございます

ヤマレコ熱ですか・・・。
SNSのことですからほどほどが一番なのでしょうね。我々が
ユーザー登録したころから4、5年も経過しますと山に行って
いても向かい方が変わってきたようにも感じます
月日の早さとか旬というものを感じたりする今日この頃です。
この先、長くなるか短いかは分かりませんがホソボソとでも
お互いSNSに関わっていくというかやっていきましょう

新年初登りの件はさすがに鋭い視点ですね
過去5年のうち4年は1月1日に鍋焼うどんを食べに行ってます。
が、2016年正月は相方サマの負傷により自宅待機しています
新年初登りは正月を外し神奈川県外の山でスタートの予定です。
もちろん雪のない低山です

来春の書策新道、、、millionさんがなんと言われるか・・・
それ次第ですね。チョット聞いてみます。
実現すると早戸川悶絶渡渉以来の3人コラボですね

今年は2月、マルガヤ尾根をご一緒させてもらいましたが私の
腰痛でルート縮小に、、、。 次回は万全で臨みたいです
来年もよろしくお願いいたします
登録日: 2013/7/20
投稿数: 749
2015/12/28 13:01
 一年お疲れ様でした♪
navecatさん

こんにちは〜♪
まだ丹沢は雪がないんですね…(+_+)
1年の締めくくり山行お疲れ様でした!
忘年会6時間も楽しまれた様子…
生ビール26杯はびっくりしました!

にゃんこちゃんたちも登場されて癒されます!

今年も後半はレコのコメント書き込みつつ交流ができてよかったです!
また来年もよろしくお願いいたします!
登録日: 2011/11/28
投稿数: 5036
2015/12/28 15:14
 2016年もよろしくお願いします!
Ekkorinさん、こんにちは

とりあえず私がよくお邪魔しています塔ノ岳や鍋割山あたりは
雪を見かけていないです。この先どうなるのか・・・

生ビール26杯ですか 自宅で自営業ですとトンと外で飲む機会が減り、
自宅飲みばかりです。そして節約を強要されていますので はなかなか
さらに洗い物もほとんど自分でやっているという健気さ
相方サマは"負傷"を理由に家事を"不肖"わたくしに押し付けてきます
という背景などから外で飲むともう美味しくてたまりません

山のこと、猫のこと、その他諸々、ありがとうございました
2016年もよろしくお願いします
登録日: 2011/4/28
投稿数: 2522
2015/12/28 17:30
 大変お世話になりました
navecat さん
こんばんは。(^-^)/
コメント遅くなりました。m(__)m

やはり丹沢で登り納めでしたか。
巨ネコちゃん達catcatcat
大倉ニャンコもお元気そうで何よりです。
巨ネコちゃんは「よろしくね!」とか
本当に色々喋りそう。
まるも、喋ってくれたら面白いのにな…

で記憶が飛んでしまっても
ちゃんと帰宅できるのはスゴいことですね!
猫の帰巣本能と同じ!?でしょうか!?

本年はnavecat さんと沢山お話ができて
楽しかったです!\(^-^)/
大変ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えくださいませ。
登録日: 2011/11/28
投稿数: 5036
2015/12/28 19:28
 こちらこそありがとうございました(^^)/
sionさん、こんばんは

sionさんからいただいたコメントでふと先ほど調べてみたのですが
●今年の山歩き=全42回(日帰り、泊まりとも1回でカウント)
●そのうち丹沢=全32回
●それ以外  =全10回
 内訳→広島県宮島=4回、高尾山=2回、八ヶ岳(赤岳)=1回、瑞牆山=1回、
    苗場山=1回、伊吹山=1回
※2015年の登り始めも登り納めも鍋割山です
※江の島などの街歩き系は含めていません

非常に極端で推測しやすい行動をとっていることが分かりますね
この動きは2016年もほぼ変わらないと思います。
宮島は天候にもよりますがもう少し増えると予想されます

2016年はまるちゃんもいろいろ喋ってくれそうな予感が
同級生、一日でも長くお互い同級生であって欲しいです

猫の帰巣本能・・・ cat
ふと思い返すと、昨年9月、お兄ちゃん猫とお別れをしてから何回となく
記憶喪失状態で帰宅していますが電車乗り過ごし&タクシーご利用という
悲惨な事態を回避しています
お兄ちゃん猫が守ってくれているのでしょうか
しょうもない話ですが泣けてきますね しっかりせねばと思います

sionさんにはMちゃんネタ、喜んでもらえたような・・・
ですのでいろいろ写真を引っ張り出して猫日記を書いてしまいました
ときには関連のないところから無理やり繋いだり

そして、伊藤新道。三俣山荘越しに鷲羽岳の中腹に付けられた踏み跡が
見てとれる写真は久しぶりに北アルプスへ気持ちがグイッと向かいました。

来年もまた良い山歩きをされますことを祈っています

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

乗越 右岸 左岸 山行 近道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ