ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 857020 全員に公開 ハイキング房総・三浦

三浦アルプス(仙元山 乳頭山 二子山)

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
55分
合計
6時間25分
Sスタート地点07:5608:16風早橋バス停08:36仙元山09:01戸根山・ソッカー09:34観音塚(地蔵山)09:3809:46高塚10:24栗坪分岐10:2610:49茅塚10:57三国峠10:5811:02乳頭山11:3311:50六把峠(南中峠)11:5211:58うなぎ淵12:22二子山順路入口12:2312:45二子山12:5913:12下二子山14:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下二子山の西行下山道の、森戸林道への道は、事実上廃道状態でした。阿部倉山へ向かうこと。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

新逗子駅、バスに乗らず、歩く。
2016年05月01日 07:56撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新逗子駅、バスに乗らず、歩く。
1
ここを左に折り返す
2016年05月01日 08:20撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを左に折り返す
教会の横が入口
2016年05月01日 08:26撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
教会の横が入口
1
江の島を望む。クマンバチがうろうろ。早々に出発。
2016年05月01日 08:34撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江の島を望む。クマンバチがうろうろ。早々に出発。
1
地図には250段とある
2016年05月01日 08:49撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図には250段とある
登り206段でした。登りに掛かる手前の下りも数えるのかも
2016年05月01日 08:54撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り206段でした。登りに掛かる手前の下りも数えるのかも
あちこちでブーンブンと、飛び回っています
2016年05月01日 09:07撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちでブーンブンと、飛び回っています
海岸方面へちょっと寄り道
2016年05月01日 09:15撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海岸方面へちょっと寄り道
1
もどって、本来の観音塚へ向かう
2016年05月01日 09:27撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もどって、本来の観音塚へ向かう
観音塚
2016年05月01日 09:34撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音塚
1
次の目的地は、乳頭山。柱の「D」は、大和ハウス工業が設置したこと意味しているそうです。
2016年05月01日 09:35撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の目的地は、乳頭山。柱の「D」は、大和ハウス工業が設置したこと意味しているそうです。
乳頭山の三角点
2016年05月01日 11:00撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳頭山の三角点
乳頭山山頂
2016年05月01日 11:01撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳頭山山頂
1
東が開けている
2016年05月01日 11:01撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東が開けている
空母?
2016年05月01日 11:01撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空母?
当初田浦へ下りる予定だったが、時間が有るので、二子山に向かう
2016年05月01日 11:04撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初田浦へ下りる予定だったが、時間が有るので、二子山に向かう
1
森戸川の上流部の小附沢沿いを遡行。この水は飲める。
2016年05月01日 12:16撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森戸川の上流部の小附沢沿いを遡行。この水は飲める。
途中、渡渉もあるが、濡れることはない。でも、スニーカーだと滑っている人がいた。
2016年05月01日 12:19撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、渡渉もあるが、濡れることはない。でも、スニーカーだと滑っている人がいた。
うなぎがいたのか?
2016年05月01日 12:23撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うなぎがいたのか?
滑るかも
2016年05月01日 12:27撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑るかも
支柱の「ず」は、逗子市役所が設置した印。
2016年05月01日 12:35撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支柱の「ず」は、逗子市役所が設置した印。
熊ベルを鳴らしている人がいたけど、マムシには効かないなぁ
2016年05月01日 12:37撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊ベルを鳴らしている人がいたけど、マムシには効かないなぁ
二子山
2016年05月01日 12:46撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山
1
ランドマークタワー
2016年05月01日 12:47撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランドマークタワー
地図では、破線状態。数人の方が行くので、ここから下二子山へ。ただ、この道は、標識が急にマニアックになるし、分岐で標識が無いところもあるので、注意。
2016年05月01日 13:02撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図では、破線状態。数人の方が行くので、ここから下二子山へ。ただ、この道は、標識が急にマニアックになるし、分岐で標識が無いところもあるので、注意。
1
ここからの下り森戸川方面は、標識はなし。GPSを頼りに、森戸川に向かったが、大失敗。途中から、沢状態、倒木、沼状態の最悪のみち。田んぼに打た時は、本当にほっとした。阿部倉山に向かうこと。
2016年05月01日 13:12撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの下り森戸川方面は、標識はなし。GPSを頼りに、森戸川に向かったが、大失敗。途中から、沢状態、倒木、沼状態の最悪のみち。田んぼに打た時は、本当にほっとした。阿部倉山に向かうこと。
2
森戸川に架かる橋
2016年05月01日 13:44撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森戸川に架かる橋
ここから、車道を新逗子へ向かう
2016年05月01日 13:45撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、車道を新逗子へ向かう
訪問者数:268人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ