ヤマレコ

記録ID: 91290 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

川苔山・本仁田山

日程 2010年12月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
奥多摩6:25発東日原行き。乗客5人ほど。川乗橋で降りたのは私一人。
奥多摩15:06発青梅行き。最初ガラガラ。御岳でほぼ満席。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

川乗橋BS6:40 - 竜王橋7:10 - 細倉橋7:15 - 百尋ノ滝8:00 8:05 - 足毛岩分岐8:47 - 足毛岩の肩9:15 9:20 - 川苔山10:00 10:10 - 舟井戸10:30 - 大ダワ11:15 - コブタカ山11:40 - 本仁田山12:00 12:50 - 尾根分岐13:30 - 乳房観音13:55 14:00 - 登山口14:05 -奥多摩駅14:40
コース状況/
危険箇所等
トイレ・雨宿り可
 途中には一切ありませんでした。(細倉橋のビニールの掛かっていた小屋はトイレだと思いますが、現時点では使えません。)

川乗橋->細倉橋
 ひたすら林道を行くのみ。

細倉橋->百尋ノ滝
 整備されていますが、沢筋の道です。結構高度感のある橋や、崖の上の道があります。落ちるような所は無いですが、落ちれば5m以上転落するところはあります。百尋ノ滝のちょっと上まで、過去滑落事故は結構あり、遭難死された方もいます。十分ご注意を。また、結構水際を行くところもありますので、降雨の際は要注意でしょう。尚、雪が残ってないか気にしていましたが、ここは残っていませんでした。

百尋ノ滝->足毛岩->川苔山
 百尋ノ滝のちょっと上まで行けば、普通の奥多摩の登山道になります。足毛岩分岐までは南面側。一枚脱ぎました。足毛岩分岐を過ぎると北側に回り込むので日当たりナシ。雪も残って結構寒々した道になります。足毛岩は余り展望が無くがっかり。最後、川苔山へ一登りで山頂へ。

川苔山->舟井戸->大ダワ-本仁田山
 舟井戸までは良く整備された道。舟井戸<->大ダワは悪路との情報がありますが、それ程歩きにくい道とは感じませんでした。当然、舟井戸->大根山の神への道に比べれば歩きにくい道ですが、困難を感じるほどでは無いと言うことです。そこそこアップダウンはあります。大ダワからは全く普通の登山道。大ダワまで下った分、登り返します。

本仁田山->奥多摩駅
 ひたすら下り。確かに大休場尾根は結構な登りでしょうね。これを登り返すのは一苦労だと思います。まぁ足と相談でゆっくり降りれば、降りる分には問題なしです。長丁場の下りになるので、ペース配分は膝との相談でしょう。安寺沢からは舗装道を行くのみ。
過去天気図(気象庁) 2010年12月の天気図 [pdf]

写真

大体、日の出時刻の川乗橋BS。写真よりもうチッと明るかったです。
2010年12月19日 17:14撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大体、日の出時刻の川乗橋BS。写真よりもうチッと明るかったです。
竜王橋。この下流の聖滝は、林道からは樹林の向こうになり、余り綺麗には見えませんでした。
2010年12月19日 17:16撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王橋。この下流の聖滝は、林道からは樹林の向こうになり、余り綺麗には見えませんでした。
細倉橋。正面の青ビニールはトイレだと思いますが、今は使用不可。林道とはここでお別れ。トイレの前を川の上流に向かって進みます。
2010年12月19日 17:17撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細倉橋。正面の青ビニールはトイレだと思いますが、今は使用不可。林道とはここでお別れ。トイレの前を川の上流に向かって進みます。
滝有り。登山道から。登山道のすぐ横は滝壺に向かって切れ落ちてます。落ちたら危ない一例。
2010年12月19日 17:18撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝有り。登山道から。登山道のすぐ横は滝壺に向かって切れ落ちてます。落ちたら危ない一例。
橋はどれもこのような橋。この橋は平均的な高さ。もっと高度感のある橋もあります。
2010年12月19日 17:18撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋はどれもこのような橋。この橋は平均的な高さ。もっと高度感のある橋もあります。
途中に滝あり。結構流れを横切るので、水は色々な所で手に入ります。飲めるかどうかは判りませんが....。
2010年12月19日 17:20撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に滝あり。結構流れを横切るので、水は色々な所で手に入ります。飲めるかどうかは判りませんが....。
ここは結構崩れたところ。でも危険は感じませんでした。崖の上などの高度のあるところの方が危ないと思います。
2010年12月19日 17:21撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは結構崩れたところ。でも危険は感じませんでした。崖の上などの高度のあるところの方が危ないと思います。
百尋の滝。コメントは不要でしょう。
2010年12月19日 17:22撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百尋の滝。コメントは不要でしょう。
横ヶ谷の向こう、川苔山の北側斜面。足毛岩への道が見えました。
2010年12月19日 17:31撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横ヶ谷の向こう、川苔山の北側斜面。足毛岩への道が見えました。
火打石谷を横切る。
2010年12月19日 17:31撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火打石谷を横切る。
足毛岩分岐の指導標。
2010年12月19日 17:32撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足毛岩分岐の指導標。
横ヶ谷にあった滝。これを逃すと川苔山を越した水場まで水はナシ。
2010年12月19日 17:33撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横ヶ谷にあった滝。これを逃すと川苔山を越した水場まで水はナシ。
山の北側に回り込んだので、結構寒々した道になります。
2010年12月19日 17:34撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の北側に回り込んだので、結構寒々した道になります。
足毛岩の肩から、足毛岩の上まで行ってみました。木に囲まれ余り展望ナシ。笙の岩山が見えました。
2010年12月19日 17:35撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足毛岩の肩から、足毛岩の上まで行ってみました。木に囲まれ余り展望ナシ。笙の岩山が見えました。
さて、いよいよ川苔山。こっち側から見るのは始めて。
2010年12月19日 17:36撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、いよいよ川苔山。こっち側から見るのは始めて。
最後の一登り。石尾根の高丸山、日陰名栗峰の登りを思い出しました。
2010年12月19日 17:37撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の一登り。石尾根の高丸山、日陰名栗峰の登りを思い出しました。
川苔山に到着。ここまで誰にも会わず。静かな山旅でした。
2010年12月19日 17:38撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山に到着。ここまで誰にも会わず。静かな山旅でした。
川苔山から雲取山方面。右手天祖山。左隅が鷹取山。
2010年12月19日 17:38撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山から雲取山方面。右手天祖山。左隅が鷹取山。
さて、本仁田山に向かいます。まずは舟井戸。ここから右手に上がる。
2010年12月19日 17:39撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、本仁田山に向かいます。まずは舟井戸。ここから右手に上がる。
所々、この様な岩場もあり。
2010年12月19日 17:39撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々、この様な岩場もあり。
正面に本仁田山。
2010年12月19日 17:40撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に本仁田山。
またもや岩場。しかし、危険を感じるような事は無かったです。
2010年12月19日 17:40撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またもや岩場。しかし、危険を感じるような事は無かったです。
ここを下りきれば大ダワ。こんなに下っちゃうのはなんだかもったいない。
2010年12月19日 17:42撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを下りきれば大ダワ。こんなに下っちゃうのはなんだかもったいない。
大ダワに到着。この辺から人が増えます。
2010年12月19日 17:43撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワに到着。この辺から人が増えます。
祠アリ。いわれなど不明。
2010年12月19日 17:44撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠アリ。いわれなど不明。
登り返してコブタカ山。
2010年12月19日 17:44撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返してコブタカ山。
赤杭尾根方面、エビ小屋山。いやぁ懐かしい。あそこに登った時は汗だく。今日は結構風が身にしみる。
2010年12月19日 17:45撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤杭尾根方面、エビ小屋山。いやぁ懐かしい。あそこに登った時は汗だく。今日は結構風が身にしみる。
無事に本仁田山到着。
2010年12月19日 17:45撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に本仁田山到着。
とにかくメシメシ。今日は五目ごはんと茄子のみそ汁。ただいまホエブス活躍中。
2010年12月19日 17:46撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかくメシメシ。今日は五目ごはんと茄子のみそ汁。ただいまホエブス活躍中。
高水三山方面。右手、岩茸石山、その向こうが高水山。
2010年12月19日 17:46撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高水三山方面。右手、岩茸石山、その向こうが高水山。
本仁田山からはひたすら下り。大休場尾根を外れて、安寺沢に降りるところ。一休みにちょうどよさそう。
2010年12月19日 17:48撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本仁田山からはひたすら下り。大休場尾根を外れて、安寺沢に降りるところ。一休みにちょうどよさそう。
安寺沢に降りる途中。鷹巣山が綺麗に見えました。左は六ッ石山だと思います。
2010年12月19日 17:48撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安寺沢に降りる途中。鷹巣山が綺麗に見えました。左は六ッ石山だと思います。
安寺沢のちょっと手前、分岐を50m程行ったところにある乳房観音。
2010年12月19日 17:49撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安寺沢のちょっと手前、分岐を50m程行ったところにある乳房観音。
乳房のいわれになった銀杏の木2代目。
2010年12月19日 17:49撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳房のいわれになった銀杏の木2代目。
登山口に降りてきました。左手上がり、家の左側から向こうに回り込むように登って行きます。
2010年12月19日 17:50撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に降りてきました。左手上がり、家の左側から向こうに回り込むように登って行きます。
奥多摩駅の近く、東京都水道局小河内線の橋が残ってました。まだまだ色々な所に残っているんですね。
2010年12月19日 17:51撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅の近く、東京都水道局小河内線の橋が残ってました。まだまだ色々な所に残っているんですね。
これは多分平岩山と平岩尾根。大休場尾根は右手工場の上でしょう。
2010年12月19日 17:51撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは多分平岩山と平岩尾根。大休場尾根は右手工場の上でしょう。
無事に奥多摩駅に到着。おつかれさん。
2010年12月19日 17:52撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に奥多摩駅に到着。おつかれさん。
撮影機材:

感想/記録
by a_tom

 本仁田山に足跡を残していないので、行ってみました。シーズンも終わったので、川乗橋->百尋の滝->川苔山のコースも行ってみることに。

 11月に笙の岩山に行ったときには、私を含め3名が登っていたのでびっくり。今日は、川乗橋で私しか降りずにびっくり。川苔山頂まで誰にも会わずに更にびっくり。日原行に乗ると川乗橋でバラバラ降りるのが常で、このコースを行くのを躊躇してましたが、今日まで待った甲斐がありました。

 沢沿いに行く道で、夏は涼しげ。滝も掛かり変化に富んでいるので、人気のコースになるのは肯けます。が、落ちるような所は無いものの、落ちれば5mや10mは落ちそうな切れ落ちた箇所もあり、滑落事故や死亡事故が発生しているのも肯けるコースでした。まずは、登りに使ってみるのが無難でしょう。

 舟井戸->大ダワは悪路との情報もありましたが、基本的に尾根道で、川苔谷沿いのコースよりは行きやすいように思います。樹林で展望に余り恵まれないのが難点でしょうが、標高の低い奥多摩では、どこでもこの様な感じになるので仕方ないですね。

 大休場尾根はひたすら下り。これを登るのはキツそうですな。さすがに奥多摩急登の一つに数えられるだけのことはあります。が、そのうち登って見たいものです。って、ドンドン行きたいコースが増えるのみで、中々減りません。

 取り敢えず、雲取山から東で行ってないめぼしい山頂は酉谷山・天祖山・石尾根の派生尾根の山位まで絞られました。冬場は少し標高を下げるつもりなので、来年の課題として、その辺を潰したいです。
訪問者数:1436人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 水場 滑落 遭難 ブス

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ