ヤマレコ

記録ID: 959458 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

リベンジ妙高山

日程 2016年09月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
前日に戸隠キャンプ場に宿泊、朝妙高高原スカイケーブル下駅まで車で移動
ケーブル使用で上駅まで、そこで登山届を提出
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
1時間22分
合計
5時間55分
S妙高高原スカイケーブル山頂駅08:2109:32林道出合(赤倉登山道)09:3309:37大谷ヒュッテ09:4209:58天狗堂10:0510:22光善寺池10:2610:51燕登山道九合目・鎖場11:0111:17妙高山11:3011:32日本岩11:36妙高山(北峰)11:5611:59日本岩12:0012:01妙高山12:18燕登山道九合目・鎖場12:2912:41光善寺池12:4312:56天狗堂13:0113:15大谷ヒュッテ13:1813:22林道出合(赤倉登山道)14:16妙高高原スカイケーブル山頂駅14:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高2300m付近の鎖場はしっかりとステップが刻んであり、危険個所ではありますが、十分注意して通れば問題なしのレベル
山頂直下の岩場の登りは、マーカーを外したところにもと踏み跡が付いておりマーカーを確認しながら通る必要があります
事実私も何度か道を外しましたし、他の登山者も道が分かりにくいと言っていましたし、下山に明らかに登山道を外して降りてくる人もいました

あとは普通の登山道と同じで危険個所はありません
その他周辺情報スカイケーブル下駅周辺にはいくつもの温泉施設がありますが、自分はこちらには寄らず、車で20分程度の黒姫高原へ(@600、手帳提示で@500)
ここはコスモスとダリアが見ごろを迎えていました
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

本日は手抜きをして、ゴンドラを利用
ここで登山届を提出
ちょっとガスが掛かっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は手抜きをして、ゴンドラを利用
ここで登山届を提出
ちょっとガスが掛かっています
ゴンドラ上駅から100mほど横に移動した後
ゲレンデ斜面を登っていくことになります
と言うか、みんな直登しているのね・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラ上駅から100mほど横に移動した後
ゲレンデ斜面を登っていくことになります
と言うか、みんな直登しているのね・・・
ゲレンデ斜面を登り切ると、樹林帯の中を歩きます
全体的によく整備された歩き易い登山道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ斜面を登り切ると、樹林帯の中を歩きます
全体的によく整備された歩き易い登山道です
黒い屋根が大谷ヒュッテになります
この辺りは林道を歩くことになり、ちょっと白け気味
標高は1700m程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒い屋根が大谷ヒュッテになります
この辺りは林道を歩くことになり、ちょっと白け気味
標高は1700m程度
山頂方面を望みます
ちょっと硫黄臭があるのが、ここが火山だと実感されます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面を望みます
ちょっと硫黄臭があるのが、ここが火山だと実感されます
天狗堂
ここで燕温泉からの登山道と合流します
標高は1900m程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗堂
ここで燕温泉からの登山道と合流します
標高は1900m程度
七合目(2070m)
順調に高度を上げていきます
昨日の高妻山では、ヘロヘロだったのがウソみたいに快調です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目(2070m)
順調に高度を上げていきます
昨日の高妻山では、ヘロヘロだったのがウソみたいに快調です
八合目(2120m)
風穴があったと思われるのですが、ここで休憩を取られている方もいますので、先を行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目(2120m)
風穴があったと思われるのですが、ここで休憩を取られている方もいますので、先を行きます
九合目(2260m)
この辺から核心部分へと突入します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目(2260m)
この辺から核心部分へと突入します
2300m付近の鎖場
斜度はありますが、ステップが刻んであり
思ったより登りやすかったのが、正直な感想
逆に通過が楽しかったですw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2300m付近の鎖場
斜度はありますが、ステップが刻んであり
思ったより登りやすかったのが、正直な感想
逆に通過が楽しかったですw
2
鎖を登り切ると、今度は横へのトラバース
ここもしっかりとステップが刻まれています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖を登り切ると、今度は横へのトラバース
ここもしっかりとステップが刻まれています
2
この向こうが頂上かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この向こうが頂上かな?
ここにはマーカーがありますが、この写真の左側に明らかな踏み跡がありました
今現在下っている方は、下山道を外して降りているかと思われます
マーカーだけではなく、全体を見て踏み跡を確認した方が宜しいかと思われます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにはマーカーがありますが、この写真の左側に明らかな踏み跡がありました
今現在下っている方は、下山道を外して降りているかと思われます
マーカーだけではなく、全体を見て踏み跡を確認した方が宜しいかと思われます
十合目(2454m)
ここが頂上なのかと思った瞬間
ちなみにガスっており、あまり視界が利いていません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十合目(2454m)
ここが頂上なのかと思った瞬間
ちなみにガスっており、あまり視界が利いていません
すぐ裏手にお地蔵さんが、、、
けど山頂を示す道標が見つかりません
で、この辺り周辺へ探しまくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ裏手にお地蔵さんが、、、
けど山頂を示す道標が見つかりません
で、この辺り周辺へ探しまくる
1
先行者から、この向こうに道標があるよと教えて頂く
やっと頂上が見つかりました
シャッターありがとうございました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者から、この向こうに道標があるよと教えて頂く
やっと頂上が見つかりました
シャッターありがとうございました
5
三角点たっち
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点たっち
1
山頂はガスっぽいのですが、こちら方面だけがガスが取れています
外輪山の赤倉山(2141m)方面と思われます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はガスっぽいのですが、こちら方面だけがガスが取れています
外輪山の赤倉山(2141m)方面と思われます
頂上までご一緒された方と一緒に下山します
福島さん(仮名)となぜかポーズをとる長野さん(仮名)
まぁ、可愛かったから許しますw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上までご一緒された方と一緒に下山します
福島さん(仮名)となぜかポーズをとる長野さん(仮名)
まぁ、可愛かったから許しますw
1
下山後に温泉に行かず、黒姫高原へ
コスモスとダリアが見ごろを迎えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後に温泉に行かず、黒姫高原へ
コスモスとダリアが見ごろを迎えています
帰路はちょっと遠回りをして北陸道米山SAへ
鯛飯御前(だったかな?@1200位)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路はちょっと遠回りをして北陸道米山SAへ
鯛飯御前(だったかな?@1200位)
1
サバサンド(@280・・380だったかも)
去年のレコを見直していたら、その時もここで食べていた・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サバサンド(@280・・380だったかも)
去年のレコを見直していたら、その時もここで食べていた・・・
1

感想/記録

昨年笹ヶ峰から途中まで登ったが撤退した妙高山のリベンジです
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-708255.html

前日に高妻山麓のキャンプ場に宿泊、朝にスカイケーブル駐車場まで移動
高妻山でヘロヘロになったので、少しでも体力を温存する作戦に出ました
結果的にはこれが大成功だったようで、登山道がよく整備されていたことも併せても非常に快調に登ることが出来ました

また下りでずっとご一緒して頂いた福島さん(仮名)、ありがとうございました
単独行で入山したのですが、色々な話ができ楽しかったです
またどこかの山でお会いしてみたいです

これで昨年のリベンジができたかと思ったのですが、頂上にジオキャッシュ(インターネットを使った宝探し)があるのですが、これを探すのをすっかり忘れていました
はぁ、また妙高山へ行く理由が出来てしまった・・・
訪問者数:601人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ