また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > y-saidaさんのHP > プロフィール

プロフィール

ブルーステージ y-saida Premium

プロフィール

挑戦中の山リスト [?]

未登録
ユーザ名 y-saida
登山経験 1954年〜 (登山歴68年) / 山行日数 88日
現住所 神奈川県川崎市...
性別 男性
年齢 85歳
血液型 A型
出身地 群馬県高崎市
山以外の趣味 PC自作など電子工作、寺社巡り、城址探訪
自己紹介 かれこれ65年あまり山をやっている。
 10台の終わり頃から某社会人山岳会で岩と氷雪の山に熱中し、年間100日程度の山行をしていた。
30台半ばから40代半ばにかけては仕事が忙しくなり、ほとんど山スキーのみになった時期もあったが40台半ばに患った腰痛のリハビリで奥多摩の山に登り、森林限界より低い山の美しさと面白さに目覚め、中級山岳や低山にも足を向けるようになった。
 年間50日オーバーの山行を行っていたところ、60歳頃胃癌になって胃の部分切除手術を受けた。
手術のダメージから短期間で回復できたのは山で鍛えた気力・体力のお陰と思っている。

 山行形式は原則として単独行。
大自然との濃密な交信がたまらない魅力だ。
(高齢者がパーティーを組んで行動すると、メンバー数に比例してリスクが増すから、極めて慎重に計画・実行する必要があると思っている。)
 昨今はネットから情報を集めることが容易になっているので、入手できた情報をはじめ、もろもろのコンディションを組み合わせ、秤にかけて、目標の山を確実に歩き抜けるタクティクスを組み立てる。
山行から帰ったらできるだけ詳細な山行記録をまとめてレビューする、山の Plan Do See を楽しんでいる。

もとはスキーとアイゼンとを駆使する積雪期山行をもっとも好んでいたが60台後半からは加齢による身体能力の低下により、高い山、長いルートが難しくなった。
近頃は低山、里山歩きが多くなっているが、こちらでも既成ルートをなぞるだけでなく、長年養ってきた山勘と最新のナビゲーション技術を駆使し、自由に山野を歩き回るオフトレイルウオーキングが楽しい。
年取ると日時の経過が早くなり、あっという間に傘寿を通過してしまったが低山、里山、古道歩きならまだOKだし、ちょっとした藪ルートなら突破できる。
コロナで一時的に山行日数が減ったせいで衰えた脚力がネックになっているが年間山行50日の回復を目指し、生まれ育った国の、まだ見ぬ景色の探訪を続けたい。
他のホームページ http://www.saidayouichi.com
ページの先頭へ