ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1004078 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

仙丈ケ岳・甲斐駒ケ岳

日程 2016年11月09日(水) 〜 2016年11月10日(木)
メンバー yomiura
天候11/9 晴れ(稜線上強風)
11/10 曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
南アルプス林道バス 仙流荘〜歌宿 片道1,040円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間15分
休憩
45分
合計
7時間0分
S歌宿08:4010:05大平山荘10:15北沢峠10:30長衛小屋11:0512:20薮沢大滝ノ頭13:40小仙丈ヶ岳13:5014:30薮沢大滝ノ頭15:40長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)
2日目
山行
7時間15分
休憩
50分
合計
8時間5分
長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)06:4007:15仙水小屋07:45仙水峠09:05駒津峰09:50六方石10:55甲斐駒ヶ岳11:2512:10六方石12:40駒津峰13:10双児山14:00北沢峠14:10長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)14:3014:45大平山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◼歌宿〜北沢峠/日陰にブラックアイスバーン。要注意。
◼仙丈ヶ岳(小仙丈ヶ岳まで)/特に危険な箇所はありません。六合目からアイゼン(12本)を装着しましたが、前爪を効かせるような状況もなく、また効くような雪質でもないのでチェーンスパイクか軽アイゼンの方が現時点では無難と思いました。
◼甲斐駒ヶ岳/特に危険な箇所はありません。
・長衛小屋〜仙水小屋/沢沿いなので凍結多数。
・仙水小屋〜仙水峠/5冂の積雪でガレ場ペンキマークは隠れている。始めての人は踏み跡がないと迷うと思います。
・仙水峠〜駒津峰/ほぼ夏道、所々に雪。
・駒津峰〜六方石/5〜10僂寮兩穃漫FГ濱廚ない下降は雪で滑らないように足場を確保する必要あり。軽アイゼンを持ってきていたら多分使用していたと思います。
・六方石〜山頂(巻き道)/砂礫の斜面はほぼ夏道。ただし岩場に積もった吹きだまりの雪は想像以上に深い箇所もあるので注意。山頂に雪はほとんどありません。
・駒津峰〜双児山〜北沢峠/夏道と雪道(5冂)のミックス。

今回用意した装備は12本爪アイゼン+ピッケルでしたが、チェーンスパイクまたは軽アイゼン+トレッキングポール(1本)の方がよかったと思いました。あくまでも個人的な見解ですが。
その他周辺情報高遠温泉 さくらの湯 600円

写真

林道バスまさかの歌宿止まり。ここから北沢峠まで1時間30分〜2時間程、テン泊装備を背負って歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道バスまさかの歌宿止まり。ここから北沢峠まで1時間30分〜2時間程、テン泊装備を背負って歩きます。
初日に仙丈ヶ岳、翌日に甲斐駒ヶ岳に行く予定でしたが、仙丈ヶ岳山頂へ行くのは厳しそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日に仙丈ヶ岳、翌日に甲斐駒ヶ岳に行く予定でしたが、仙丈ヶ岳山頂へ行くのは厳しそうです。
残雪期の予行演習と言うことで、気持ちを切り替えて北沢峠を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪期の予行演習と言うことで、気持ちを切り替えて北沢峠を目指します。
ここは真っ白
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは真っ白
1
立ち止まって見てしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち止まって見てしまいました。
暑くなったり寒くなったり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑くなったり寒くなったり。
3
仙丈ヶ岳の方も晴れてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳の方も晴れてきました。
大平山荘前、藪沢新道分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平山荘前、藪沢新道分岐
1
北沢峠こもれび山荘
閉まっていますが発電機の音が響いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠こもれび山荘
閉まっていますが発電機の音が響いています。
1
今年初の南アルプスです。
バス停が常設で立派に!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年初の南アルプスです。
バス停が常設で立派に!
長衛小屋
急いでテントを設営します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長衛小屋
急いでテントを設営します。
3
ありがたいことに水場はまだ利用できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがたいことに水場はまだ利用できました。
この日のテン場は自分を含め3張り。2時になったら引き返すと決めて出発。おそらく小仙丈ケ岳までかな…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日のテン場は自分を含め3張り。2時になったら引き返すと決めて出発。おそらく小仙丈ケ岳までかな…
5
二合目
ここまでは夏道に時々雪が出てくる程度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二合目
ここまでは夏道に時々雪が出てくる程度。
三合目
二合目からここまでは5〜10僂寮兩磧
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目
二合目からここまでは5〜10僂寮兩磧
三合目からの北岳。風が強そうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目からの北岳。風が強そうです。
1
五合目 大滝ノ頭
手前で6名のパーティーを抜いてきたのでここから先に踏み跡はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目 大滝ノ頭
手前で6名のパーティーを抜いてきたのでここから先に踏み跡はありません。
六合目
ここでアイゼン装着。風が強いのでウインドシェルも着ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目
ここでアイゼン装着。風が強いのでウインドシェルも着ます。
2
ここから小仙丈ヶ岳まで常に強風。積雪量は吹きだまりになっている所で膝下辺り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから小仙丈ヶ岳まで常に強風。積雪量は吹きだまりになっている所で膝下辺り。
1
小仙丈ヶ岳到着。快晴ですがとにかく風が…
向かいの甲斐駒も白くなっています。もともと白いのですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈ヶ岳到着。快晴ですがとにかく風が…
向かいの甲斐駒も白くなっています。もともと白いのですが。
3
栗沢山とアサヨ峰、鳳凰三山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山とアサヨ峰、鳳凰三山
3
南アルプス南部の山々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス南部の山々
1
まだ2時になってはいませんが、ここで引き返します。強風で舞い上がった雪(氷)がバチバチと音をたてて全身に当たります。
気高く、厳しい冬の女王。来年の残雪期には白いヴェールを纏った穏やかな女王に会いに行くと決めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ2時になってはいませんが、ここで引き返します。強風で舞い上がった雪(氷)がバチバチと音をたてて全身に当たります。
気高く、厳しい冬の女王。来年の残雪期には白いヴェールを纏った穏やかな女王に会いに行くと決めました。
3
北岳本日見納め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳本日見納め
1
長衛翁のレリーフ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長衛翁のレリーフ
1
本日の夕食は豚汁うどんとホルモン(牛豚ミックス)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の夕食は豚汁うどんとホルモン(牛豚ミックス)
4
さあ今日こそはピークハント。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ今日こそはピークハント。
仙水峠から仙丈ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙水峠から仙丈ヶ岳
駒津峰から先に踏み跡はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒津峰から先に踏み跡はありません。
振り返って六方石
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って六方石
もちろん巻き道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん巻き道へ
1
今回の山行で一番雪が多かったところです。股下あたりまで沈みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の山行で一番雪が多かったところです。股下あたりまで沈みました。
1
摩利支天分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天分岐
摩利支天への踏み跡もなし。今回は時間がないのでパス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天への踏み跡もなし。今回は時間がないのでパス。
1
山頂まであとわずか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであとわずか。
2
日差しはあまりありませんが、高曇りで360度の大パノラマ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しはあまりありませんが、高曇りで360度の大パノラマ。
4
北岳、間ノ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳
中央アルプス南部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス南部
中央アルプス北部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス北部
1
焼岳、西穂高岳、笠ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳、西穂高岳、笠ヶ岳
1
六方石越しに中央アルプスと御嶽山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六方石越しに中央アルプスと御嶽山
1
八合目まで戻ってきました。
自分の踏み跡があるので気が楽です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目まで戻ってきました。
自分の踏み跡があるので気が楽です。
駒津峰から双児山経由で北沢峠に下ります。双児山への登り返しがあるので敬遠する人もいますが景色を楽しみたいのならこのルートは外せません。富士山〜北アルプスを一望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒津峰から双児山経由で北沢峠に下ります。双児山への登り返しがあるので敬遠する人もいますが景色を楽しみたいのならこのルートは外せません。富士山〜北アルプスを一望。
双児山
直前のハイマツ通過後で全身雪まみれになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双児山
直前のハイマツ通過後で全身雪まみれになりました。
…やっぱり。歌宿発の最終便は4時15分。十分間に合いますが、急ぎテン場に戻り撤収。ひたすら林道を歩くことになるかと思いきや、大平山荘前で伊那市職員の方にピックアップして頂いたので3時15分の便に間に合いました。ありがとうございます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…やっぱり。歌宿発の最終便は4時15分。十分間に合いますが、急ぎテン場に戻り撤収。ひたすら林道を歩くことになるかと思いきや、大平山荘前で伊那市職員の方にピックアップして頂いたので3時15分の便に間に合いました。ありがとうございます。
2
予定より早かったので、さくらの湯へ寄って汗を流してきました。食堂で久し振りにローメンを頂きましたが、相変わらず言葉で表現するのが難しい味です。でも美味しいですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定より早かったので、さくらの湯へ寄って汗を流してきました。食堂で久し振りにローメンを頂きましたが、相変わらず言葉で表現するのが難しい味です。でも美味しいですよ。
2

感想/記録

今年初の南アルプス、そしておそらく今年最後のアルプス山行。
休日等の関係で自宅からのアクセスが比較的容易な北アルプスが今年の山行のメインとなったのですが、やはり年に1回は行っておきたい南アルプス。午後半休+連休という夢のような休日がとれたので、ようやく南アルプスへ。
林道バスはまさかの展開でしたが、良い体験をさせてもらったと感じています。
写真のコメントにも書きましたが、来年は残雪期の仙丈ヶ岳にも挑戦したいです。
訪問者数:369人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ