ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 760748 全員に公開 ハイキング奥武蔵

ダメダメの「武甲山」+「ウノタワ」は結果オーライ

日程 2015年11月07日(土) [日帰り]
メンバー kennogu
天候曇り後晴れ、昼から曇り、夕方から雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
【往路】
自家用車で「さわらびの湯」第三駐車場(無料、24時間オープン)に駐車
【復路】
17:24「名郷」発、国際興行バス(飯能行、350円)「さわらびの湯」で下車、車回収
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間52分
休憩
1時間30分
合計
13時間22分
Sさわらびの湯バス停04:0604:50金比羅神社跡04:5104:57金比羅山04:5805:12中登坂05:1305:33大ヨケノ頭06:04藤棚山06:40蕨山(展望台)06:4306:52蕨山(最高点)06:5307:01逆川乗越07:0207:21有間山(橋小屋ノ頭)07:2207:40有間山(タタラの頭)07:55有間山(橋小屋ノ頭)07:5908:16ヤシンタイノ頭08:24滝入ノ頭08:2508:49鳥首峠09:24ウノタワ09:4210:00横倉山10:09大持山の肩10:1010:15大持山10:40小持山10:4111:03シラジクボ11:31長者屋敷の頭11:3812:07シラジクボとの分岐12:1012:15武甲山12:3612:51大杉の広場12:5213:05不動滝13:0714:38シラジクボ14:4615:15小持山15:41大持山15:4215:46大持山の肩16:19妻坂峠16:2316:41上名栗・山中登山口(仮)16:4217:01蛇滝17:16名郷17:2417:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
★本日のルート★
「さわらびの湯」を出発、金毘羅尾根から「有馬山」を経て「ウノタワ」で紅葉を楽しみ「大持山」「子持山」のピークを踏んで「武甲山」で昼食、そのあといったん一の鳥居まで下りて「武川岳」に登り返し「伊豆ヶ岳」を経由してR53へ下山、「さわらびの湯」まで周回する予定だった。ところが実際はミスコースで「シラジクボ」へ登りかえしてしまい、結局行きと同じコースに乗り本日2回目の「小持山」「大持山」のピークを踏んで、本来通るはずだった「妻坂峠」経由で「名郷」へエスケープ、バスで「さわらびの湯」まで戻りました。
コース状況/
危険箇所等
ハイキングコースで危険個所はないですが、「大持山」「小持山」の稜線は急登あり結構疲れました。GPSで迷走ぶりは見ていただけると思います。登り返しの間違い以外にも迷走してます。笑ってやって下さい。ちなみに「タタラの頭」と「長者屋敷の頭」に寄ったのはミスコースでなく当初の計画通りです。
その他周辺情報★駐車場★
「さわらびの湯」の第三駐車場はバス停から奥へ入っていくと右手にあります。トイレはないようです。
★金毘羅尾根の登山口★
夜だと判りにくくウロウロしてしまいました。「さわらびの湯」の反対にあるお墓の左手から入っていきます。
★トイレ★
コース上には「武甲山」の頂上手前のみ。水洗、ペーパー付き。

個人装備

個人装備品
数量
備考
ザック 1 グレゴリー8L
非常用ツエルト 1 Fine Track
雨具上下 1 モンベルGTX
ハイドレーション 1 2.0L
ペット飲料 2 0.32L
ヘッドランプ 1
手持懐中電灯 1
救急キット 1
朝食 1 おにぎり
行動食 4 ジェル、飴
トレッキングポール 1
ドライレイヤー 1 着用
ベースレイヤー 1 着用
個人装備品
数量
備考
ソフトシェル 1
携帯電話 1
カメラ 1
手袋 1
靴下 1 着用
トレランシューズ 1 着用
冬用タイツ 1 着用
非常食 2 バー
現金 SUICA 保険証 1
地図 1
コンパス 1
GPS 1

写真

[4:05] 登山口の表示
2015年11月07日 04:05撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[4:05] 登山口の表示
[4:48] 金比羅神社跡
2015年11月07日 04:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[4:48] 金比羅神社跡
[5:31] 大ヨケの頭
2015年11月07日 05:31撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[5:31] 大ヨケの頭
[6:02] 藤棚山
2015年11月07日 06:02撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[6:02] 藤棚山
[6:02] 朝の赤。しっとりしてます。
2015年11月07日 06:02撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[6:02] 朝の赤。しっとりしてます。
[6:04] 赤と黄。日の出前の時刻だけどこの明るさ。
2015年11月07日 06:04撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[6:04] 赤と黄。日の出前の時刻だけどこの明るさ。
[6:33] 蕨山
2015年11月07日 06:33撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[6:33] 蕨山
[6:34] 蕨山から「大持山」でしょうか。
2015年11月07日 06:34撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[6:34] 蕨山から「大持山」でしょうか。
[6:34] 綺麗な朝日を期待していたのですがこれが限界でした。
2015年11月07日 06:34撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[6:34] 綺麗な朝日を期待していたのですがこれが限界でした。
[6:34] 美しい山稜が重なる。
2015年11月07日 06:34撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[6:34] 美しい山稜が重なる。
[7:19] 本日1度目の「有馬山」
2015年11月07日 07:19撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[7:19] 本日1度目の「有馬山」
[7:38] 少しより道して「タタラの頭」に寄りました。
2015年11月07日 07:38撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[7:38] 少しより道して「タタラの頭」に寄りました。
[7:38] 一応三角点になっています。
2015年11月07日 07:38撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[7:38] 一応三角点になっています。
[7:55] 本日2度目の「有馬山」。これは予定通り。
2015年11月07日 07:55撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[7:55] 本日2度目の「有馬山」。これは予定通り。
[8:18] 「しょうじくぼの頭」。今日は色々な頭を通過していきます。
2015年11月07日 08:18撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:18] 「しょうじくぼの頭」。今日は色々な頭を通過していきます。
[8:19] 来た方から朝日。
2015年11月07日 08:19撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:19] 来た方から朝日。
[8:25] 「滝入ノ頭」
2015年11月07日 08:25撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:25] 「滝入ノ頭」
[8:34] 「鳥首峠」と思いきや「鳥首峠」はこの先だよという紛らわしい標識。
2015年11月07日 08:34撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:34] 「鳥首峠」と思いきや「鳥首峠」はこの先だよという紛らわしい標識。
[8:39] 道の真ん中に2葉の紅葉
2015年11月07日 08:39撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:39] 道の真ん中に2葉の紅葉
[8:39] 朝日をバックに。
2015年11月07日 08:39撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:39] 朝日をバックに。
[8:42] この急坂だけお助けロープが出てきました。
2015年11月07日 08:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:42] この急坂だけお助けロープが出てきました。
[8:48] 「鳥首峠」の祠
2015年11月07日 08:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:48] 「鳥首峠」の祠
[8:48] 鳥首峠。ここから「大持山」へは急登です。
2015年11月07日 08:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:48] 鳥首峠。ここから「大持山」へは急登です。
[8:57] 木の感じで坂の急なの判るでしょうか?
2015年11月07日 08:57撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[8:57] 木の感じで坂の急なの判るでしょうか?
[9:16] 朝日があたり今日一番鮮やかだった赤。
2015年11月07日 09:16撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:16] 朝日があたり今日一番鮮やかだった赤。
[9:24] 「ウノタワ」に到着。本当にポッカリと開けた不思議空間です。
2015年11月07日 09:24撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:24] 「ウノタワ」に到着。本当にポッカリと開けた不思議空間です。
[9:25] このなだらかな地面の曲線がなんとも言えないゆる〜い雰囲気を醸し出しています。
2015年11月07日 09:25撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:25] このなだらかな地面の曲線がなんとも言えないゆる〜い雰囲気を醸し出しています。
[9:25] 綺麗な紅葉。今日一番かも。
2015年11月07日 09:25撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:25] 綺麗な紅葉。今日一番かも。
[9:25] グルグル歩き回って色々な角度から撮影します。
2015年11月07日 09:25撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:25] グルグル歩き回って色々な角度から撮影します。
[9:26] 紅葉と朝日。自分の他には1組の親子連れだけ。静かな時が流れます。
2015年11月07日 09:26撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:26] 紅葉と朝日。自分の他には1組の親子連れだけ。静かな時が流れます。
[9:27] 地面に腰かけるとコケのカーペットをつぶしそうなのでこの木に腰掛けて朝飯にしました。
2015年11月07日 09:27撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:27] 地面に腰かけるとコケのカーペットをつぶしそうなのでこの木に腰掛けて朝飯にしました。
[9:35] もう少し赤が入ると映えるのだけど...
2015年11月07日 09:35撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:35] もう少し赤が入ると映えるのだけど...
[9:36] 楓の間から一筋の光。一眼レフでじっくり撮影してみたいです。
2015年11月07日 09:36撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:36] 楓の間から一筋の光。一眼レフでじっくり撮影してみたいです。
[9:37] 自然林が良い雰囲気ですね。
2015年11月07日 09:37撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:37] 自然林が良い雰囲気ですね。
[9:37] 木漏れ日が良い感じです。
2015年11月07日 09:37撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:37] 木漏れ日が良い感じです。
[9:40] ウノタワの標識。
2015年11月07日 09:40撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:40] ウノタワの標識。
[9:40] ここだけ緑。
2015年11月07日 09:40撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:40] ここだけ緑。
[9:41] 名残惜しいけどさようならウノタワ。
2015年11月07日 09:41撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:41] 名残惜しいけどさようならウノタワ。
[9:48] もうすこしボケを利かせたかった。
2015年11月07日 09:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:48] もうすこしボケを利かせたかった。
[10:00] 「横倉山」、いいなぁ、この澄んだ空気感
2015年11月07日 10:00撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:00] 「横倉山」、いいなぁ、この澄んだ空気感
[10:13] 大持山。まさか数時間後にここに戻ってくるとは....
2015年11月07日 10:13撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:13] 大持山。まさか数時間後にここに戻ってくるとは....
[10:15] 大持山山頂にいた方に撮っていただきました。
2015年11月07日 10:15撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:15] 大持山山頂にいた方に撮っていただきました。
[10:29] ここの赤だけ周りから浮いている。
2015年11月07日 10:29撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:29] ここの赤だけ周りから浮いている。
[10:39] 小持山。
2015年11月07日 10:39撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:39] 小持山。
[10:52] 武甲山の方でしょうか。
2015年11月07日 10:52撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:52] 武甲山の方でしょうか。
[11:03] シラジクボに到着。ここから武甲山に直登せずに巻いて行きます。
2015年11月07日 11:03撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:03] シラジクボに到着。ここから武甲山に直登せずに巻いて行きます。
[11:14] シラジクボからの巻き道
2015年11月07日 11:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:14] シラジクボからの巻き道
[11:17] 巻き道から黄色に染まる稜線。
2015年11月07日 11:17撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:17] 巻き道から黄色に染まる稜線。
[11:31] 屋敷の頭。と言ってもピークにはなっていませんでした。
2015年11月07日 11:31撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:31] 屋敷の頭。と言ってもピークにはなっていませんでした。
[12:02] ひときわ映える実、何だろう?
2015年11月07日 12:02撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:02] ひときわ映える実、何だろう?
[12:13] 神社の山門
2015年11月07日 12:13撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:13] 神社の山門
[12:13] 山頂にある御嶽神社
2015年11月07日 12:13撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:13] 山頂にある御嶽神社
[12:13] 神社の狛犬ですね。なかなかハンサムですな。
2015年11月07日 12:13撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:13] 神社の狛犬ですね。なかなかハンサムですな。
[12:15] 御嶽神社の鐘撞き堂。
2015年11月07日 12:15撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:15] 御嶽神社の鐘撞き堂。
[12:18] 武甲山の山頂。
2015年11月07日 12:18撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:18] 武甲山の山頂。
[12:26] 神社まで下りてきて、さてヒルメシと思ってザックをガサガサ。ない!車に置いてきた。仕方なく非常食のバーを1本で済ませる。
2015年11月07日 12:26撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:26] 神社まで下りてきて、さてヒルメシと思ってザックをガサガサ。ない!車に置いてきた。仕方なく非常食のバーを1本で済ませる。
[12:56] 下山は表参道を使います。何丁目の標識がたくさん。
2015年11月07日 12:56撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:56] 下山は表参道を使います。何丁目の標識がたくさん。
[13:05] 不動の滝、水場になっています。
2015年11月07日 13:05撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:05] 不動の滝、水場になっています。
[13:44] 本来この標識を見たらコースアウトしていることが判るはずなのに漫然と登っていて気がつかず。
2015年11月07日 13:44撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:44] 本来この標識を見たらコースアウトしていることが判るはずなのに漫然と登っていて気がつかず。
[13:52] 計画にはなかった史跡が出てきた。
2015年11月07日 13:52撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:52] 計画にはなかった史跡が出てきた。
[13:52] 寺の跡。
2015年11月07日 13:52撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:52] 寺の跡。
[14:38] あれっ?またシラジクボ。うすうす気づいていましたが、やってしまったコースミス。さてどうリカバリーしようか。地図を眺めてエスケープルートを確認します。
2015年11月07日 14:38撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[14:38] あれっ?またシラジクボ。うすうす気づいていましたが、やってしまったコースミス。さてどうリカバリーしようか。地図を眺めてエスケープルートを確認します。
[15:15] 本日2度目の小持山。もう誰もいませんでした。そりゃこの時間ならそうだ。
2015年11月07日 15:15撮影 by P04B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[15:15] 本日2度目の小持山。もう誰もいませんでした。そりゃこの時間ならそうだ。
1
[15:40] 本日2度目の大持山。同じピークをその日に2度踏むなんてめったにない。
2015年11月07日 15:40撮影 by P04B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[15:40] 本日2度目の大持山。同じピークをその日に2度踏むなんてめったにない。
3
[15:41] 大持山三角点。
2015年11月07日 15:41撮影 by P04B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[15:41] 大持山三角点。
3
[16:19] ようやく妻坂峠に着きました。非常食食べてエネルギー持たせます。
2015年11月07日 16:19撮影 by P04B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[16:19] ようやく妻坂峠に着きました。非常食食べてエネルギー持たせます。
[16:36] 暗くなる前に林道に出ました。エスケープとしては合格ですね。ホッと一息。
2015年11月07日 16:36撮影 by P04B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[16:36] 暗くなる前に林道に出ました。エスケープとしては合格ですね。ホッと一息。
1
[17:53] 車に戻りザックに入れ忘れた昼食のアンパンを貪るように食べる。
2015年11月07日 17:53撮影 by P04B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[17:53] 車に戻りザックに入れ忘れた昼食のアンパンを貪るように食べる。
5

感想/記録

★本日のダメダメその1★
昼食を詰め忘れた!武甲山の頂上を踏んで神社に戻りさぁ昼食と、ザックをガサガサ。あれっ無い!!!!メチャ腹減ってるのに。途方に暮れました。まだ先は長いし....あっそうだ、非常食があるじゃないか。これまでザックに詰めておいたものの一度も口にしたことのない非常食。ありがたや〜。低血糖にならずに済みます。1本のエネルギーバーを噛みしめながら食べました。もう1本ゼリータイプの非常食を持ってましたが何があるか判らないので温存します。

★本日のダメダメその2★
コースミス!今までも何度もコースミスはやらかしてますが今日のコースミスはちょっと次元が違います。ミスしたことを全く認識せずに登り続けていたことです。おかしいと思う兆候はありましたがそこでしっかり確認せずに漫然と登り続けていたのです。コースがコースなら遭難につながりかねない事態でした。登りで良かったです。経緯はこうです。本来の計画では「武甲山」からいったん「一の鳥居」まで下りて「妻坂峠」へ登り返す予定だったのですがその手前の「入口鉄板の橋」がそこだと勘違いして登り返してしまいました。ずんずん進む.....やっと標識が見えてきました。「よしこの時間ならまだ挽回できるぞ」と確認した標識はなんと「シラジクボ」。あれっ、ここさっき通ったやん???地図を確認すると、「あ〜やってしもうた。」登りかえす場所間違い。もうこの時間では挽回不能です。エスケープルートはバスの時刻を考えて入間川沿いへ下りる予定だったので「妻坂峠」経由「名郷」としました。肩落としながら「小持山」の急登へ取り付きます。

★本日のダメダメその3★
お気に入りのカメラを落とす!コンパクトだけどセンサーが大き目で気にいっていたリコーのGR。エスケープを決めたあと「小持山」への登りでシェルを脱いだ時にたぶんケースの口が開いていたのでしょう。気がついたときには手遅れでした。せっかく「ウノタワ」の紅葉を撮影したデータの数々。すでにエスケープに入っている自分にとって戻って捜索するにはリスキー(今日の夕方からは雨の予報)すぎます。無事戻ることを優先してカメラは諦め先を急ぎました。ガスが出てきてコースが判別しにくくなってきました。もうミスは許されないので支尾根が派生する地点では立ち止まりGPSと地図とコンパスで方向確認しながら進みました。まともな昼食食べてないので腹減ってます。非常食に残しておいたゼリーを立ち休憩の都度1粒づつ腹に収めしのぎます。非常食大事ですね。身にしみました。

★感想★
山にアクシデントはつきものなのでコースミス、道迷い、天候悪化、怪我、そんなリスクはある程度織り込んでいます。昼食詰め忘れは非常食でしのぎました。コースミスはエスケープルートを決めておいたのであわてずに済みました。カメラ紛失。これはリカバリーが利きませんが保険に入っているので実損は最小限で済みそうです。でもせっかく撮影した映像は戻ってこないですね。「ウノタワ」で何枚もお気に入りのショット撮影したのだけど....来年の紅葉の季節に再び「ウノタワ」チャレンジでしょうか。あの山の中にポカッと開けた不思議空間、雪の季節に再訪でも良いかも知れません。

【2016/2/10追記】
あきらめていたお気に入りのデジカメ。埼玉県警の遺失物ネット検索で調べると1件だけ落とした場所の条件の合うものがある。保管されている秩父署に電話するとメーカーと機種、拾われた場所は一致している。それだけでは自分のものと確認してもらえないらしい。製造番号は判りませんせんかと言われ業者からのメールにあった番号を言ったがそれではないとのこと。どういう映像を撮ったのか説明してもそれでもダメで後で電話するとのこと。待っていても電話はかかって来ない。何気なく取っておいた箱を確認したら製造番号が書いてあった。再び電話してその番号を告げるとそれで引き渡しできるとのこと。車飛ばして取りに行きました。エスケープのルートを決めた後、4人の方とすれ違っています。たぶんのそのうちのお一人が警察に届けてくれたのでしょう。御礼をと思い最後にそのことを聞こうと思ったら会計課の職員の方が届けてくれた方は持ち主にもどればそれで良い(つまり謝礼を受ける権利は放棄)とおっしゃったのでこれで手続きは終了ですとのこと。個人情報保護法で届けた方がそう言っている以上こちらからはそれ以上聞けない仕組みのようです。お陰様でデジカメは無傷で性能も全く問題ありませんでした。拾ってくれた方、ヤマレコを見ているか判りませんが、お陰様で無事手元に戻ってきました。これからも山で活躍すると思います。本当にありがとうございました。
訪問者数:523人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/2
投稿数: 2244
2015/11/10 20:43
 凄い計画!
こんばんは 初めまして ケダマと申します
香港のレコ、いつも楽しく拝見しております

ミスルートは残念でしたが、
当初の計画が凄い距離と標高差ですね!
ちょっと想像してみたのですが…イヤになっちゃいました

これに懲りず、また奥武蔵へお越し下さいませ

余談ですが、僕は今、広州に滞在しておりまして
ここには香港のような豊富なトレッキングコースはなく
香港がうらやましい限りです…
登録日: 2012/1/17
投稿数: 154
2015/11/11 20:48
 香港のコース
ケダマさん初めまして。

コメントありがとうございます。

奥武蔵は初めての山域だったのですがすっかり油断してました。お恥ずかしい限りです。

当初計画のコースは奥武蔵の頭がつくピークを周回で踏んで行こうと立ててみました。季節を変えてチャレンジしたいと思います。

香港には重慶や上海から日本人の方が登りに来られてます。機会があればぜひお越しください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ