ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 770649 全員に公開 ハイキング富士・御坂

清八山〜本社ヶ丸〜鶴ヶ鳥屋山 なぜか子猫と歩くことに、、

日程 2015年11月28日(土) [日帰り]
メンバー gutie
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き JR笹子駅
帰り JR初狩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間57分
休憩
1時間11分
合計
6時間8分
S笹子駅08:0508:21追分バス停09:00清八山、本社ヶ丸登山口09:0609:42清八山10:0310:05清八峠10:27本社ヶ丸10:5511:13石切山11:25新道分岐11:2711:36角研山11:4712:01ヤグラ12:24鶴ヶ鳥屋山12:2713:03恩六二九石標14:13初狩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山と高原地図タイム(’09年版) 8時間35分
コース状況/
危険箇所等
*笹子駅〜登山口〜清八峠
変電所を通る林道歩きは長いです。登山口からは急登がつづきます。

*清八峠〜清八山〜本社ヶ丸
ロックアイスをばらまいたような箇所が多くあり下りはかなり滑りやすいです。
明日以降どのように変化するかわかりませんが、念のためにもチェーンアイゼン等の携行をお勧めします。
本社ヶ丸山頂直下やその手前に岩稜帯があり注意して歩いてください。

*本社ヶ丸〜鶴ヶ鳥屋山〜初狩駅
本社ヶ丸から、氷ばらまき箇所がある道がしばらくつづきましたが、いつのまにかなくなりました。
全体的にアップダウンがきびしいコースです。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

変電所の横を通る
2015年11月28日 08:44撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
変電所の横を通る
1
飲料用かち割り氷をばらまいたような道
2015年11月28日 09:40撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飲料用かち割り氷をばらまいたような道
4
南アルプス
2015年11月28日 09:45撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス
4
釈迦ヶ岳の後ろは赤石岳と聖岳か?違ってたらごめんなさい
(左に赤石岳で右は荒川岳の間違いですね)
2015年11月28日 09:45撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳の後ろは赤石岳と聖岳か?違ってたらごめんなさい
(左に赤石岳で右は荒川岳の間違いですね)
8
本社ヶ丸手前の岩稜
2015年11月28日 10:05撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本社ヶ丸手前の岩稜
1
本社ヶ丸への道もロックアイスがバラバラしてるので下りは気をつけてください
2015年11月28日 10:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本社ヶ丸への道もロックアイスがバラバラしてるので下りは気をつけてください
1
三つ峠と富士
2015年11月28日 10:23撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ峠と富士
6
右に金峰山、瑞牆山 左に八ヶ岳
2015年11月28日 10:24撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に金峰山、瑞牆山 左に八ヶ岳
2
相変わらずロックアイスばらまき道 
2015年11月28日 10:58撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずロックアイスばらまき道 
2
ここを通過する時、ちょうど道標の前に立ってる方がいて、分岐に気がつかず笹子駅への道を200m位下ってしまった
2015年11月28日 11:43撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを通過する時、ちょうど道標の前に立ってる方がいて、分岐に気がつかず笹子駅への道を200m位下ってしまった
1
鶴ヶ鳥屋山
2015年11月28日 12:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴ヶ鳥屋山
2
今日はどこからでもバッチリ見えます
2015年11月28日 12:21撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はどこからでもバッチリ見えます
2
あれ?子猫? 
前を歩く方について歩いてます。。。
2015年11月28日 12:37撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?子猫? 
前を歩く方について歩いてます。。。
6
頑張ってついていく
2015年11月28日 12:43撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張ってついていく
4
今度はニャーニャー鳴きながら、おれについてくる。。。!
2015年11月28日 12:38撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度はニャーニャー鳴きながら、おれについてくる。。。!
8
困ったなー 置いてけぼりにはできないし、、とりあえず、麓まではガイドしてあげるか。。
2015年11月28日 12:38撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
困ったなー 置いてけぼりにはできないし、、とりあえず、麓まではガイドしてあげるか。。
8
頑張ってる
2015年11月28日 12:39撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張ってる
8
生後半年くらいかなー どう考えてもこんな山の中にいるのは不自然。だれかが山で捨てたのか、、
2015年11月28日 12:55撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生後半年くらいかなー どう考えてもこんな山の中にいるのは不自然。だれかが山で捨てたのか、、
4
山を下り、林道手前に沢があるので猫を手に持って渡った。あとは、二人組の女性登山者についていたのでおまかせしましたが、、
2015年11月28日 13:26撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山を下り、林道手前に沢があるので猫を手に持って渡った。あとは、二人組の女性登山者についていたのでおまかせしましたが、、
4
撮影機材:

感想/記録
by gutie

笹子駅から清八山〜本社ヶ丸〜鶴ヶ鳥屋山を歩きました。
期待どおりの素晴らしい眺望でした。

清八山や本社ヶ丸周辺の道に、飲料用ロックアイスをばらまいたような箇所が多くあり、ああいうのは初めて見ました。
登りはそれほど気になりませんが、下りは滑りやすく、一度、派手に尻もちをつきました。明日以降、もしかしたらアイスバーン化する可能性もあるし、チェーンアイゼンがあると安心だと思います。

鶴ヶ鳥屋山から下山中、前を歩く方に鳴きながらついていく子猫がいました。「飼い猫なんですか?」と尋ねると「鶴ヶ鳥屋山手前までは他の人についていたのだけど、今は私についてきてるんです」と話されました。
生後半年位で、やたらと人に慣れているので飼い猫だったと思われます。実家で長年、猫を飼っているので知っていますが、成猫でも行動半径は500m位です。こんな山奥に子猫がいるのは通常考えられず、山で捨てられた可能性が高いです。
猫を連れて歩いていた方は、途中の林道からは自転車で下るとのこと。必死でついてくる子猫を置き去りにもできないし、麓までは私が連れて歩くことになりました。崖のような急斜面では手に持ってサポートしたり、時々休憩してやりながら麓近くまで一緒に歩きました。やがて、二人の女性登山者に追いつき事情を話しました。猫はお二人について歩き出したのでバトンタッチという感じでお任せしました。
駅までの車道で、追いついてきたお二人の後ろに猫がいなかったので聞いてみると、車道ですれ違った工事関係の方についていったそうです。
私を含め他の登山者も同じでしょうが、山で出会った子猫の面倒を最後までみるのは難しいです。あの猫がなんとか元気に生きてくれればいいのですが、、
山の余韻にひたることのない、なんともすっきりしない心境で終えた山行でした。
訪問者数:598人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/5/5
投稿数: 22
2015/11/29 0:15
 私も子猫に会いました
同日の朝、笹子駅から角研山と鶴ヶ鳥屋山の間の尾根道へ登る登山道で出会いました。林道から登山道に入って間もないところでした。おそらく、笹子駅周辺から登山者を追いかけて来てしまったのかと想像します。
とりあえず食料を分けてあげて、下山者が来たら一緒に下界まで降りてくれたらと祈って、沢を渡って子猫を振り切って本社ヶ丸へ登りました。
結局、鶴ヶ鳥屋山まで登って、初狩方面まで降りたんですね。子猫に幸あらんことを。
登録日: 2013/1/16
投稿数: 48
2015/11/29 7:52
 Re: 私も子猫に会いました
soranoiroさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
林道の近くにいたのですか。笹子から上がっきたのかもしれないし、林道で捨てられたかもしれないですね。麓まで降りたのは間違いないのですが、あの辺りは民家が近くにないので心配です。可愛らしい猫でしたし頑張り屋さんなので、誰かに拾ってもらえるといいのですけどね。。
登録日: 2015/12/1
投稿数: 2
2015/12/1 18:34
 引き継いだ女性登山者です
こんばんは
バトンタッチをした女性登山者です。
なんとも言えない気持ちの登山になってしまいましたね。
今でもミャーミャーか細い声で鳴きながらついてくる子猫の姿が忘れられません。
工事関係と思われる男性二人組は、軽トラックで山に入られていたので、きっと麓まで子猫を連れて行って頂けた、と信じています。
自分達がどうすることも出来ないので、はっきりとお願いすることもできず。ただ子猫の無事を祈るばかりです。
頑張り屋の猫ちゃんだったので、きっと元気に今頃は麓で暮らしていると信じています。
登録日: 2013/1/16
投稿数: 48
2015/12/1 19:00
 makikassyさん、こんばんは。
makikassyさん、わざわざユーザー登録されてのコメントありがとうございます。
あの時は、なんとなくお任せする形になってしまい、すみませんでした。
それにしてもあの子猫、soranoiroさんのお話では笹子の方から登ってますので、すごい頑張りですよ。
普通、あのくらい成長してると、自分の家もちゃんと覚えるはずで、知らない人に延々とついて行くことはないですよね。知らない土地に捨てられた子猫がパニックになった時の行動パターンだと思います。
私もあの後、無理矢理抱えてでも初狩駅周辺の住宅街までつれてくるほうがよかったか、などといろいろ考えてしまいます。
今となっては、仰る通り、誰かに拾われて元気に暮らしていると信じるしかないですね。
登録日: 2015/12/1
投稿数: 2
2015/12/1 19:14
 Re:
gutieさん、こんばんは
コメントしたくて、先ほど急いで登録をしました。

子猫、パニックになっていたのかも知れませんね。
すごく甘えてきたので、よっぽど怖い目にあったのか。想像するとますます切なく、心配になってしまいます。
誰かが捨てたのだとしたら、あまりにも酷く悲しすぎます。

鶴ヶ鳥屋山を見るたびに子猫のことを思い出してしまいますね。
無事を祈りましょう!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ